• Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • Tumbler

WEBマガジン, エントリーモデル特集, ロレックス, パネライ, オメガ, タグホイヤー, アンティーク時計, レディースウォッチ

チュードルってどんなブランド?その魅力を調べてみた!

多くのファンをもつ人気ブランド「チュードル」。
ロレックスに手が届かない人でもロレックスと同じパーツを使った時計が買える」チュードルはロレックスの普及版のイメージが強く、このようなイメージをもつ方も多いかと思います。果たしてチュードルは今でもロレックスの普及版なのでしょうか。今回は人気ブランドへと成長を遂げたチュードルの魅力を掘り下げていきたいと思います。初めての高級腕時計としてもオススメな「チュードル」の魅力を是非お知りになってください。

 

1.ロレックスの廉価ブランドとしてのチュードル

チュードル(TUDOR)は1930年代にロレックスのディフュージョンブランドとして誕生しました。創立者はロレックスの創始者ハンス・ウィルスドルフ氏。ディフュージョンブランドとは普及を目的とし、知名度の向上や販売の拡大の為につくられた「廉価ブランド」のことです。当時ロレックス本社のあったイギリスでの市場拡大を目的に「一般庶民」向けに作られたブランドがチュードルでした。

チュードルというブランド名はエリザベス1世を輩出したイギリスの王家の一つ「チューダー家」にちなんだものです。誰もが知っている王家の名前をブランド名にすることで、イギリス庶民に親しまれるブランドとして定着させることが狙いでした。この点からもチュードルがイギリスでの展開を意識したブランドということを感じ取ることができます。思惑通りチュードルはロレックスの普及モデルとして、イギリスの一般庶民に受け入れられ、知名度をどんどん上げていきます。

素晴らしい製造技術を誇りながらも、時計製造コストが高く認知度が低かったロレックスに対して、低価格で一般庶民に親しまれたチュードル。結果的にはチュードルが世間に認められたことで、ロレックスの認知度は急激に高まり、ロレックスは現在の「世界的に有名」なブランドとして認められるようになりました。

 

 

1-1 ロレックスと共通の部品を使用していたチュードル

チュードル最大の強みは低価格でありながら、文字盤やリューズ、裏蓋といった大半パーツにロレックスのパーツが使われているということです。特に世界初の腕時計用防水ケースであるオイスターケースがチュードルにも採用されているのは大きな魅力の一つです。また、サイズバリエーションやカラーバリエーションといった豊富なラインナップを取りそろえたブランドでもあります。チュードルはロレックスの普及モデルというイメージが強く、実際に1970年以降にロゴモチーフが薔薇から盾モチーフとなった後はロレックスの普及モデルとしての売り出し方が強くなります。特にモデル名が同じ「サブマリーナ」は、チュードル・サブマリーナと呼ばれ、ロレックス・サブマリーナと見た目ほぼそっくりなモデルとして有名です。

ロレックス サブマリーナ         チュードル サブマリーナ

上記写真の通りロゴ以外ほぼそっくりだということが分かります。ロレックス サブマリーナと同様に青文字盤のモデルも存在します。

サブマリーナ以外にも「チュードル:レンジャー/ロレックス:エクスプローラー」「チュードル:オイスタープリンス/ロレックス:オイスターロイヤル」といったロレックスとデザインが似ているモデルがチュードルには数多くあります。外観はほぼロレックスなので、時計にそこまで詳しくない人が見ればロレックスの時計だと勘違いしてしまうかもしれません。

チュードル レンジャー
ロレックスのエクスプローラーに相当するチュードルのレンジャー。
時針に「矢印針」を採用しており、丸みを帯びた個性的なデザインとなっています。

 

チュードル クロノタイム
ロレックスのデイトナをリスペクトしたクロノグラフ「クロノタイム」。
リューズと裏蓋にはロレックスの王冠マーク、文字盤には“OYSTERDATE”の表記がございます。

 

 

1-2 リーズナブルな価格の秘密

パーツのほとんどをロレックス製で作られているチュードルですが、なぜここまで低価格が実現できたのでしょうか。
その秘密は内部のパーツ、つまり「ムーブメント」に隠されています。

ムーブメントはスイス製ETA

出典:http://www.eta.ch

ロレックスのムーブメントはマニュファクチュールとして自社製を使っていますが、チュードルのムーブメントは他社製であるETA社製の汎用ムーブメントを使用しています。ETA社のムーブメントはオメガパネライタグホイヤーといった一流メーカーで使用されているムーブメントであり、ロレックスの自社開発ムーブメントと比べても遜色のない性能のムーブメントです。ただ、チュードルのムーブメントはETA社の最高級ムーブメントではなく「汎用ムーブメント」を使って製造コストを下げています。
汎用ムーブメントとはいっても、精度自体は一定品質以上を保っており、問題なく使用することができます。

 

 

1-3 王家の薔薇をモチーフにしたデザイン

王家のバラをモチーフにした「チュードルローズ」と呼ばれるロゴ

チュードルのロゴは様々なデザインが使用されていますが、1970年以前のモデルは薔薇モチーフが使われており、アンティーク時計として高い人気があります。チュードルの薔薇モチーフは「チュードル・ローズ」と呼ばれ、大きい薔薇に「デカバラ」、小さい薔薇に「チビバラ」という愛称がつけられて、中には現行のロゴである「盾」と「薔薇」を交えた「盾バラ」と呼ばれるものも存在します。

出典:https://www.tudorwatch.com/

プリントではなく手間のかかる立体的なデザインであることが人気の理由の一つであった薔薇モチーフ。しかし、その手間が製造コストを上げてしまった結果、1970年以降はより低コストで製造ができる現在の盾モチーフに変更になりました。

 

 

 

2.廉価ブランドからの脱却|独自の道を開拓し始めたチュードル

モデル名までもが同じだったサブマリーナを中心に、ベンツ針やインデックス・ベゼルのデザインなどロレックスとの共通パーツが目立っていたチュードルですが、1990年代頃から、ロレックスの廉価ブランドとしてではなくひとつのブランドとして独自の道を開拓し始めます。

2015年には初となる完全自社開発ムーブメント「MT5601」を発表。2016年のバーゼルワールドではケースの材質に”銅”を採用した「ヘリテージ・ブラックベイ・ブロンズ」を発表し大きな話題を呼びました。現在発表するチュードルの時計は一目でチュードルと判別できるほどの独自性を生み出しており、ロレックスの廉価ブランドからの脱却に見事に成功したのです。

 

2-1 チュードル独自のデザイン性

近年発表されるチュードルの腕時計にはチュードル独自の個性が至る所に隠れています。写真の針は「イカ針」と呼ばれ、1970年代にサブマリーナで使用されて以降、チューダーファンに長く愛され続けています。近年の人気モデル”ブラックベイ”でも、このイカ針が採用されておりロレックスにはない独自性を高めています。

 

チュードル グラマーデイト

36mmの小柄なケースに白をベースとした清潔感のあるデザインが人気のモデル。
ロレックスにはない針のデザインと、シンプルな盾のモチーフにチュードル独自の魅力を感じることができます。

 

細かな違いからロレックスとの差別化を始めたチュードルですが、近年は1970年以前の「チュードルローズ」の復刻モデルを発表したり、ロレックスにはないポップなデザインを強調するなど、ロレックスとは異なるデザインの時計を次々と発表していきました。ロレックスの廉価版だった時代から脱却し、チュードルは「独自のデザイン性」をもつブランドとして地位を確立していきます。

 

チュードル ファストライダー

2015年に発売されたバイクメーカー「ドゥカティ」とのコラボモデルのファストライダー。
ダイヤルカラーに黄色・赤・緑の3色が用意されており、
ロレックスにはないポップさを前面に押し出した個性的なデザインです。

 

ヘリテージブラックベイ ブロンズ

2016年には”ヘリテージブラックベイ ブロンズ”が発売。ヘリテージとは「遺産」という意味を表し、チュードルの歴史を感じる「アンティークデザイン」に多くの人が魅了されました。ロレックスだけでなく、他社の一流メーカーでも取扱がほとんどなかったブロンズケースを取り入れたことで、多くの腕時計ファンにチュードルの独自性を広めることに成功しました。

 

2-2 独自路線の開拓 自社ムーブメント「MT5601」

出典:https://www.tudorwatch.com/

2015年に開発されたチュードル初の自社製ムーブメント「MT5601」。「MT5601」のMTは「MANUFACTURE TUDOR」の略で、自社開発の証です。特徴は70時間パワーリザーブで、他社の高級ムーブメントに引けをとらない持続時間を誇ります。温度変化や磁力の影響を受けないヒゲゼンマイや、安定性の高いダブルブリッジを採用するなど細かな項目でも高品質を証明しており、スイスクロノメーターの認定を受けています。本家ロレックスの次世代ムーブメント「3200」シリーズと比較しても引けを取らないスペックです。

 

3.チュードル人気モデルのご紹介

チュードルにはサブマリーナ、クロノタイムといった人気モデルが多数存在していますが、一番人気は現行モデルである”ヘリテージブラックベイ”です。今回は”ヘリテージブラックベイ”の中でも話題の3商品、近年発売されたモデル”ノースフラッグ”  “ペラゴス”、さらには根強い人気のある”プリンスデイト”  “クロノタイム”をご紹介します。

 

 

ヘリテージブラックベイ 79220シリーズ

チュードル ヘリテージ ブラックベイ 79220シリーズ

2015年に発売された”ヘリテージブラックベイ”。人気の秘密はロゴに1970年以前に使われていた「チューダーローズ」が使用されていること。シャープなデザインが魅力の人気モデルです。ムーブメントはETA社の「自動巻きCal.2824」を搭載しています。

 

 

ヘリテージブラックベイ 79230シリーズ

チュードル ヘリテージ ブラックベイ 79230シリーズ

2016年に発売された”ヘリテージブラックベイ”の最新モデル。チューダーローズのロゴを使用していた79220シリーズに対して、79230シリーズは従来通りの「盾」のデザインを使用しています。もう一つ大きな違いとしては79230シリーズには自社ムーブメント「MT5601」が使用されています。79220シリーズでは38時間のパワーリザーブだったところ、79230シリーズは70時間のパワーリザーブを誇り、約2倍の持続時間があります。

 

ヘリテージブラックベイ:79250BM

 

チュードル ヘリテージ ブラックベイ ブロンズ 79250BM

2016年に発売され、大きな話題を生んだ”ヘリテージブラックベイ ブロンズ”。
最大の特徴はブロンズケースと呼ばれるに銅を採用したケースです。有名ブランドがブロンズケースの時計を作ることは大変少なく、希少価値のある時計として人気があります。

ムーブメントには79230シリーズと同じく「MT5601」が使用されており、性能面でも高い評価を得ています。ちなみに「79220/79230」は革ベルトとブレスレットの2種類が展開されています。カラーも複数存在するので、自分好みの商品を選ぶことができます。

 

ノースフラッグ

チュードル ノースフラッグ 91210

2015年に発売された極寒の地を進む「冒険家」の為のモデル。耐久性を重視したこのモデルは40mmほどの視認性の高いケースにステンレスとセラミックのダブル素材で作られた耐久性の高いケースが最大の魅力です。100m防水でもあり、過酷な環境に耐えるタフネスを持つチュードルの人気モデルです。

 

ぺラゴス

チュードル ペラゴス 25600T

イカ針を搭載したサブマリーナ、通称「イカサブ」をリニューアルしたモデル。ケース素材にチタンが使われており、ムーブメントは自社ムーブメントの「Cal.MT5621」が採用されているという特徴があります。イカサブファンにとっては嬉しいリニューアルとなりました。

 

プリンスデイト

チュードル プリンスデイト サブマリーナ 75190

現在は生産終了している希少価値の高い通称「サブマリーナ」と呼ばれているモデル。
200M防水性能をもつダイバーズウォッチです。

 

チュードル プリンスデイト 74000N

ロレックスのデザインを踏襲していた頃の人気モデル“プリンスデイト”です。
デイトジャストを彷彿させるオーソドックスなスタイルのため、飽きずに長く使えるデザインと言えるでしょう。

 

チュードル プリンスデイト ミニサブ 73190

女性向けの小さいサイズの「ミニサブマリーナ」です。通称は「ミニサブ」。
ロレックスにはないサイズのため人気を博しました。最近は市場で見かけることも少なくなり、希少価値が高まっています。

 

 

クロノタイム

チュードル クロノタイム 79280P

ロレックスのデイトナをリスペクトしたクロノグラフ。
「型番79280」は1998年にチュードルと公式スポンサー契約をしたプロゴルフプレーヤー
のタイガーウッズが使用したモデルであり、ウッズの活躍もあり強い人気を得ました。

 

チュードル クロノタイム 79270

79280の一つ前のモデル。白い文字盤と黒いダイヤルによる視認性の高さがウリです。
赤い針のクロノ針が個性的です。

 

チュードル クロノタイム 79260

79270の一つ前のモデル。ロレックスの旧デイトナに似ていて、シンプルなデザインが魅力。
チュードルを支えてきたロングセラーモデルです。

 

4.まとめ

ロレックスの廉価ブランドとして歴史を歩んできた「チュードル」。

見た目ではロレックスと違いが分からない時計が多く、ただ安く買えることがチュードルの魅力だと思われてた時代もありました。しかし、イギリスらしい薔薇のモチーフを使ったアンティーク時計やロレックスにはない独自のデザイン性を高めたチュードルの時計は、次第にロレックスの廉価ブランドから独自のブランドとして認められていきました。

ロレックスから脱却をした近年のチュードルは”ヘリテージブラックベイ”や自社ムーブメントを製造するなど、さらなる独自路線を歩み始め、新たなファン層を獲得しています。独自路線に進んでもリーズナブルな価格で高品質な時計を提供するチュードルは今後の動向に目が離せない注目のブランドであることに間違いありません。

 

ロレックス新着商品




WEBマガジンのブログ一覧


ブログアクセスランキング


 

お勧めアイコン
おすすめ記事