• Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • Tumbler

ROLEX  DATEJUST | ロレックス デイトジャスト 中古・新品

ロレックス デイトジャスト

トップ > ロレックス > ロレックス特集 > デイトジャストについて

デイトジャストについて

1945年に誕生して以来実用性の高いステンレスのモデルからゴージャスなドレスウォッチと幅広いモデルを輩出してきた。
また、サンダーバードやオイスタークオーツなどの派生モデルも誕生している。

ロレックスの3大機構といわれるパーペチュアル機構、オイスターケース、デイトジャスト機構を搭載しオンオフ問わず使えるデザインから実用時計として非常に高い人気を誇るロレックスの代表的なモデル。

デイジャストの新着商品


No items.


デイトジャストの歴史

1945年〜 デイトジャストファーストモデル

オイスターケース、パーペチュアル機構、デイトジャスト機構の3大機構を全て搭載した初めての時計。
サイクロップレンズがまだ採用されていない珍しいモデル。

1950年代後半 デイトジャストセカンドモデル

サイクロップレンズを搭載し視認性が向上。

双方向全回転方式のキャリバーへと変更、巻き上げ効率が飛躍的に向上した。

1960年〜1980年頃 現在のデイトジャストの基本系モデル


ロレックス デイトジャスト 1601

1956年に最上位モデルとしてデイデイトが誕生し、今まで最上位モデルだったデイトジャストからステンレススティールモデルが誕生しより幅広い層に浸透していった。

フルーテッドベゼルが現行の形に近づいた。ポリッシュドベゼルもこの頃から開始。

< ロレックス デイトジャスト 1601


1980年代 デイトジャスト 5桁Refに


ロレックス デイトジャスト 85番 17014

デイトジャスト Ref16014・Ref.16030など、製造期間が短く市場に出回っている数も少ないモデル。

ハック機能や日付け早送り機能を搭載した初めてのデイトジャストムーブメントであるCal.3035を搭載。
8振動のハイビートムーブメントで精度はかなり向上。

< ロレックス デイトジャスト 16030

1977年〜2000年代 クオーツデイトジャスト


ロレックス デイトジャスト 85番 17014

腕時計ブランドの中で、比較的後発のクオーツモデルの発表。

1980年代以降のクオーツデイトジャストはクオーツながらクロノメーター認定を受けており、性能は高い。
希少性が高いモデルについては高い価値のものも存在する。

< ロレックス デイトジャスト 85番 17014

1984年〜1998年代 デイトジャストレディース 69173 69174


ロレックス デイトジャスト レディース 69173

風防がサファイアクリスタルになり現行のデイトジャストのイメージが定着した2代前のデイトジャスト イエローゴールドとステンレススティールのコンビモデル69173とホワイトゴールドとステンレススティールのコンビモデル69174。

< ロレックス デイトジャスト レディース 69173

1980年〜2000年代 先代のデイトジャスト


ロレックス デイトジャスト 16233 ホワイトローマ

ムーブメントがCal.3135に改良されたのが大きな変更点。
サブマリーナなどと同様の高精度と耐久性に優れたクロノメーター認定のムーブメント。

この世代のものから文字盤やインデックスなど様々なバリエーションが誕生。

< ロレックス デイトジャスト 16233 ホワイトローマ

1997年〜2006年 先代のデイトジャストボーイズ


ロレックス デイトジャスト 16233 ホワイトローマ

ケース径30cmにCal.2235を搭載した先代のデイトジャストのボーイズサイズ。

 


1999年〜2004年 デイトジャスト レディース 79173 79174


ロレックス デイトジャスト レディース 79174

Cal.2235を搭載した先代のデイトジャストのレディースサイズ。

< ロレックス デイトジャスト レディース 79174

2003年〜 現行のデイトジャスト レディース 179171 179173 179174


ロレックス デイトジャスト レディース 79174

新しくピンクゴールドがラインナップされた現行のデイトジャストレディースサイズ。

< ロレックス デイトジャスト レディース 179171

2004年〜 デイトジャスト レディースのステンレススティールモデル


ロレックス デイトジャスト レディース 179160

レディーデイトジャストからステンレススティールモデルが登場。

< ロレックス デイトジャスト レディース 179160

2007年〜 現行のデイトジャストボーイズ

ムーブメントは先代と変わらず外観がリニューアル。

2004年以降 現行のデイトジャスト登場


ロレックス デイトジャスト 116200

ムーブメントは先代のデイトジャストと同様Cal.3135。

インデックスが太くなり視認性が向上。
100パターン以上の文字盤のバリエーションから選ぶことができるのも魅力的。

< ロレックス デイトジャスト 116200


2009年 デイトジャスト2登場


ロレックス デイトジャストII 116334 ブルー/ローマ

デイトジャスト2 Ref.116333,116334がラインナップ。
ケース径が一回り大きくなり41mmに。
ムーブメントは耐磁性と耐衝撃性に優れたCal.3136搭載。

Ref.116333はイエローゴールドとステンレススティールのコンビモデル、Ref.116334はホワイトゴールドとステンレススティールのコンビモデル。

< ロレックス デイトジャストII 116334 ブルー/ローマ


2012年 デイトジャスト2 116300


ロレックス デイトジャストII 116334 ブルー/ローマ

デイトジャスト2のステンレススティールモデル。
ステンレススティールモデルの登場でラインナップが豊富に。

< ロレックス デイトジャストII 116300 シルバー/バー

ロレックス デイトジャストの使い方

自動巻き機構の使い方

リューズの動かし方

使い始め、また止まっている状態の時は下記の操作手順でゼンマイを巻き上げてからご使用下さい。

(1)リューズを2の状態にして前方向に20回くらい巻いて下さい。
   ゼンマイが巻き上がります。必要以上にゼンマイは巻き上がらないため、巻きすぎの心配はありません。

1日8時間以上腕に着用していただくと24時間以上動きます。
※ただし、運動量によって多少の違いが生じます。

時間の合わせ方

(2)リューズを4の位置まで引き出すと秒針が止まります。
   この位置で時間合わせをしますが、午前と午後を間違えないようにご注意下さい。
   針を進行方向に回し、短針が12時を通過する時に日付が変わるのを確認し、その位置から午前・午後を計算してあわせたい
   時間まで針を回してください。
※午前と午後を間違えて合わせると、昼の12時に日付が変わります。

(3)合わせたい時間が来たらリューズを?の状態から押し込んでください。
   秒針が動き出します。

日付けの合わせ方

(4)リューズを3の位置にし、日付を合わせてください。
   ただし、下記の条件の位置で日付を早送りしますと故障の原因になりますのでご注意下さい。

※次の時間帯に針位置がある状態では日付の早送りをしないで下さい。

ロレックス

※このような操作による故障は保証対象外となりますのでご注意下さい。

(5)時間合わせ・日付セットが完了したら、リューズをケーづにそっと押し付けながらゆっくり回し、1の状態までしっかり閉めこんでください。

※リューズを閉め忘れると防水性能が正しく機能しませんのでお気をつけ下さい。

< デイデイトの曜日のあわせ方はこちら

関連リンク

< ロレックス 一覧    < デイトジャスト


ロレックスのモデル情報


ロレックス特集

ロレックス特集

パテックフィリップ特集

パテックフィリップ特集

フランクミュラー特集

フランクミュラー特集

パネライ特集

パネライ特集

ブライトリング特集

ブライトリング特集

カルティエ特集

カルティエ特集

シャネル特集

シャネル特集

オメガ特集

オメガ特集