• Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • Tumbler

ROLEX EXPLORER I | ロレックス エクスプローラー1

ロレックス エクスプローラー 
トップ > ロレックス > ロレックス特集 > ロレックス エクスプローラー1

エクスプローラー1について

高精度で視認性が高く冒険家が挑む過酷な状況下の使用にも耐えうるスポーツウォッチ。

エクスプローラーIは1953年にロレックスがイギリスのエベレスト遠征隊の公式スポンサーとなりエクスプローラーが世界中で注目されるようになった。
それ以前にも14回にわたってヒマラヤ遠征にオイスターは使用されてきましたがこのエクスプローラーIは遠征隊の目的に合うよう特に丈夫に作られたものである。

1960年には有人潜水艇トリエステ号マリアナ海溝の水深10,916mに到達した。


エクスプローラー1の新着情報


No items.


Photo Gallery| フォトギャラリー


エクスプローラーIの歴史

エクスプローラーI 6350

1953年に登場したロレックスのカタログに初めて掲載されたエクスプローラー。ムーブメントは一方向巻上げ方式の自動巻き機構Cal.A296が搭載されている。
文字盤にEXPLORERという文字が初めて刻まれたエクスプローラーはRef.6350だが、その前にリリースされたRef.6098、6150が「プレ・エクスプローラー」といわれており、3時・6時・9時に独特なアラビアインデックスを配し、メルセデスハンドを採用している。

エクスプローラーI 6610

1959年に登場したエクスプローラーのセカンドモデルといわれているRef6610。
セミバブルがフラットバックになった。
ムーブメントはCal.1030を搭載。両方向巻上げ方式を採用したことで巻き上げ効率が格段にアップした。
振動数は18,000。
エクスプローラー6350 6610ともに針とミニッツインデックスが金色なのが特徴的。

エクスプローラーI 1016

1963年に登場、サークルラインが廃止されデザインが現行に近づいてきたエクスプローラーI 1016。

四半期ほど生産されたロングセラーモデル。
ムーブメントは前期はCal.1560で、1970年頃から後期型として時刻合わせの際に便利な秒針停止機能「ハック機能」を備えたCal.1570を搭載。前期後期ともに100m防水。

希少モデルとなっており、特に最終型である「R・L」ナンバーは特に人気で希少性が高い。

エクスプローラーI 14270

ロレックス エクスプローラーI 14270

1990年に発売された2代前のエクスプローラーI。
エクスプローラーの現在の人気を決定づけたモデル。

インデックスにメタルフレームがつき、サファイアクリスタル風防に夜光塗料を使用したホワイトゴールドのアブライドインデックスを採用。

ムーブメントはCal.3000を搭載。
振動数が今までの毎時19,800から毎時28,800へと引き上げられ精度が大きく向上した。


エクスプローラーI 114270

ロレックス エクスプローラーI 114270

2001年に登場したエクスプローラーI Ref.114270。

デザイン的には先代の14270と大きくは異ならないがムーブメントは大きく性能向上している。

ムーブメントはCal.3130、テンプ受けがシングルからダブルブリッジになったことで耐久性は大きく向上。

風防に王冠マークが刻まれケース内周に"ROLEX"と繰り返し配された。

リファレンスが6桁になったRef.114270

エクスプローラー 214270

ロレックス エクスプローラーI 214270

2010年に登場したエクスプローラー Ref.214270。

ケース径が3mm大きくなり39mmになったことで存在感アップ。
他外装の変更点としては3・6・9のインデックスの夜光が省かれ、114270に比べて分針が短くなっている。

ディープシーとサブマリーナで使用されている新しい蓄光塗料ルミネッセンス・クロマライトが採用されており暗所で針とインデックスが発光する仕様になっている。

ムーブメントはデイトジャストやサブマリーナに搭載されているCal.3135のデイト機能が無いバージョンのCal.3132。
パラクロムヒゲゼンマイとロレックスが自社開発したショックアブソーバー「パラフレックス」の採用で精度や耐衝撃性は向上。


エクスプローラー114270、214270の違い


スペック 旧型
新型
型番 Ref.114270 Ref.214270
素材 ステンレススチール ステンレススチール
ケース径 36mm 39mm
防水性能 100m 100m
駆動方式 自動巻き
(Cal.3130)
自動巻き
(Cal.3132)


エクスプローラーI 114270 メイン画像エクスプローラー 214270 メイン画像


サイズが3mm大きくなっております。
ご自身の腕のサイズに合わせて旧型か新型か選んでいただくのも良いかと思います。

イージーリンクつきオイスターロックブレスレットは操作性が向上し堅牢性にすぐれています。


ロレックス エクスプローラーI 214270


EXPLORERの表記位置が旧型では
王冠マークの下に位置しておりましたが新型214270では6時位置の上に移動しております。

 

左Ref:114270 右Ref:214270

無題2  無題

また、3、6、9の文字にホワイトゴールドを採用し豪華な仕様になっております。

エクスプローラー14270、114270の違い

14270と114270はサイズが同じで見た目もかなり似ておりますが、若干の違いがあります。
左側のブレスレット(フラッシュフィット)が一体型に変わっております。
左:14270 右:114270

 

IMG_8719

また、14270に搭載されているムーブメントがCL:3000に比べて114270に搭載されているCal:3130はテンプ受けがシングルからダブルブリッジになったことで耐久性が大きく向上しております。


関連リンク

< ロレックス 一覧    < エクスプローラー一覧


ロレックスのモデル情報


ロレックス特集

ロレックス特集

パテックフィリップ特集

パテックフィリップ特集

フランクミュラー特集

フランクミュラー特集

パネライ特集

パネライ特集

ブライトリング特集

ブライトリング特集

カルティエ特集

カルティエ特集

シャネル特集

シャネル特集

オメガ特集

オメガ特集