loading
Now Loading...
  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • Tumbler

デイトジャスト, ロレックス, レディースウォッチ, 時計の雑学

ロレックス オイスターパーペチュアルを徹底解説!

  • にほんブログ村

ロレックスと聞いて、どのモデルを思い浮かべますか?

キング・オブ・クロノグラフのデイトナ、シンプルさがかっこいいエクスプローラー、ダイバーズウォッチの王様サブマリーナ、複数の時間帯を同時に表示できるGMTマスター・・・

どのモデルも傑作ばかりで、老若男女問わず幅広い層から人気を博しています。

一つ難点を挙げるとすれば、価格高騰が続き、ほとんどのモデルが高額であること。

そこで、価格面で躊躇している方におすすめしたいのが、オイスターパーペチュアル

新品で40万円台から手に入れられるモデルがある一方で、性能は他のロレックス同様非常に優れているのです。それでいて、カラーバリエーションが豊富なのも嬉しいところ。

そんなオイスターパーペチュアルを、サイズ、デザイン、価格など含め徹底解説いたします!

ロレックス オイスターパーペチュアル

 

1.ロレックス オイスターパーペチュアルとは?

デイトジャストの廉価版的立ち位置ですが、オイスターパーペチュアルが誕生したのは1933年と非常に早い段階。ちなみにデイトジャストが登場したのは1945年です。

というのも、オイスター・パーペチュアル・デイトジャストは全てロレックスの「三大発明」と称される機構に由来するもの。1926年に史上初完全防水の、牡蠣のように堅牢なオイスターケースを、1931年に360度回転式ローターによる自動巻き機構―パーペチュアル―を開発したことにより、オイスターパーペチュアルが誕生しました。

そう、廉価的な立ち位置でありながら、実は現在のロレックスウォッチの礎とも言うべき存在なのです。

その後1945年に0時に日付がカシャっと変わるデイトジャストが誕生し、ロレックスの三大発明が完成されたこととなります。

ロレックス デイトジャスト

↑現在のデイトジャスト。ステンレスが一般的でなかったこともあり、初代からオール金無垢・ジュビリーブレスがゴージャスなモデルでした。

「デイトジャスト」は今やロレックスを代表するモデルで、メンズ・レディースとラインの豊富さ、フォーマルシーンにもふさわしいクラシカルテイストから絶大な人気を博しています。

しかし、オイスターパーペチュアルがそのベースとなったことは間違いなく、エクスプローラー、ミルガウス、サブマリーナなどスポーツロレックスへと系譜が続くこととなります。

それゆえ、「安く買えるロレックス」であると同時に、多くの時計好事家から高い評価を得るロレックスのアイコン的存在なのです。

 

2.オイスターパーペチュアルのバリエーション

「オイスターパーペチュアル」というと日付すら持たないシンプルモデルを想像しがちですが、実はバリエーションがあります。

①機能

現行モデルは基本的に日付のない3針機能のみとなります。

しかし、過去には「オイスターパーペチュアル デイト」も存在しました。このデイトは厳密にはデイトジャストではありませんでしたが、機能性に大きな違いはありません。

 

②サイズ

ロレックス オイスターパーペチュアル

↑36mmサイズの11600

デイトジャスト同様、オイスターパーペチュアルはメンズ・レディースともにラインナップされています。

現行モデルではメンズが39mm、36mm、34mm、レディースが26mm、ボーイズ(男女兼用モデル)が31mmとなっております。

ダイバーズラインのようにゴツくなく、またどこまでもシンプルで端正。ちょっとフォーマルなシーンにもカジュアルファッションにもマッチします。

ちなみに34mmサイズは「エアキング」と呼ばれています。

 

③デザイン

デイトジャスト同様、豊富な文字盤デザイン有しているため、選択の幅が増えるのが嬉しいところ。

生産終了したモデルも合わせると、その数は膨大です。

もちろん文字盤に留まらず、過去には独特の切れ込みが入ったベゼルやゴールドとのコンビモデルなども誕生しており、中古に特に抵抗の無い方は人と違ったロレックスウォッチを探すのも面白いでしょう。

ロレックス オイスターパーペチュアル

116000 レッドグレープ15210 ブルー14203 ブラック

 

3.オイスタパーペチュアルをおすすめしたい二つの理由

オイスターパーペチュアルをおすすめしたい最大の理由は、なんといってもコストパフォーマンスの良さ

オイスターパーペチュアルは新品でも50万円前後、安いものだと40万円台から購入することができますが、性能は他のロレックスウォッチと遜色ありません。

例えばムーブメント。現行モデルの39mmサイズにはCal.3132が搭載されていますが、これは最新型エクスプローラーRef.214270と同じもの。

ロレックス Cal.3132

出典:https://www.rolex.com/ja

高い信頼性や耐磁性、耐衝撃性を持ち、パワーリザーブ約48時間と実用性は申し分ありません。

バックルの操作性の良さなんかもよく取沙汰されますね。

他モデルが軒並み価格高騰を続けている中、オイスターパーペチュアルは安定しています。

特にリセールバリューなどにこだわりがなければ、断然オイスターパーペチュアルをおすすめいたします。

デイトがないことで不便を感じる方もいるかもしれませんが、この値段を考えると補って余りあるデメリットではないでしょうか。

もう一つのおすすめ理由は、人とかぶらないロレックスウォッチを見つけられること

ロレックス オイスターパーペチュアル

114360 ダークロジウム

スポーツロレックスは本当に人気があるので、街中で身に着けている方をよく見かけます。

一方オイスターパーペチュアルは同じサイズでも、文字盤カラーやインデックスにバリエーションがあれば自分だけの腕時計という特別感が生まれるもの。

もちろんシンプルなブラック/バータイプを選ぶもよし、インデックスに遊びがあるものを選ぶもよし、好みに合わせた選択ができるのです。

 

Column:ロレックス三大発明の歴史

ロレックスの歴史は、創設者であるハンス・ウイルスドルフの先駆的かつ先見性のある精神に密接に結びついています。

1905年、24歳のウイルスドルフ氏はロンドンに時計販売の専門会社を設立。

当時、腕時計の性能はあまりいいものではありませんでした。一方彼は、腕時計がエレガントであるだけでなく、今後信頼性も兼ね備えるものになると予見していたそうです。

そんな中生み出されたのが、ロレックスの三大発明機構でした。

 

①オイスターケースの誕生

オイスターケースとは、ねじ込み式の裏蓋とリュウズを持つロレックス時計のオイスターケースの事を指し、まるで牡蠣のように強固な事から名付けられました。

1926年には史上初の完全防水ケースのオイスターケースの特許をスイス連邦著作権局に申請。

*基本形であるオイスターケースは現在でも基 本は変わらず、改良を加え生産し続けられています。

IMG_1913

メルセデス・グライツ嬢がロレックス社製のオイスターケースの腕時計をはめたままドーバー海峡を泳ぎ切り、この間時計は壊れることなく動き続けたそうです。
この事が公表されることで、ロレックスの社名が一気に知れ渡りました。

 

②パーペチュアルの誕生

パーペチュアルとは、今で言う自動巻き機構のこと。

ロレックスは360度回転式ローターによる「全回転機構」に「永久」を意味するパーペチュアルの名を与え、1931年に特許を取得。

実用化された自動巻き腕時計の第一号として誕生しました。

IMG_1923

防水性能が高かったオイスターケースでしたが、リューズを手で巻く事で動力を得ていたため、リューズの閉め忘れが原因で時計に水が入ってしまうという事故が多かったそうです。

しかしこの自動巻機構の発明により、リューズを手で巻くという動作が不要に。リューズの閉め忘れという事故も防げるようになりました。

このパーペチュアルという自動巻の機構は、現在の腕時計の原点とも言うべき存在です。

 

③デイトジャストの誕生

デイトジャストとは、0時に日付がカシャっと変わる機能のこと。

今では腕時計によくある、文字盤の3時位置でデイト機能を最初に実現したのがロレックスでした。

1945年、ロレックスは小窓の日付が毎日1回夜0時ちょうど付近で瞬時に切替わる「デイトジャスト機構」を発表。

 

デイトジャストII 116333 メイン画像

デイトジャストII 116333 グレー/グリーンローマ

機械式時計は時針・分針・秒針全てをゼンマイひとつで動かします。

日付が記入された円盤も同じゼンマイで動かすため、本来であれば円盤がゆっくり回転して日付表示が切替わっていくのですが、ロレックスのデイトジャスト機構には日付の円盤にスプリングを加えることで、日付が瞬時に切替わる利便性の高いデイト機能を実現しました。

1954年に日付を約2.5倍の大きさに見せるサイクロップレンズを発表したことも、他社に実用面で先鞭をつけたと言えます。

よくデイトジャスト機能は真夜中12時ピッタリにカレンダーが切り替わる機能だと思われていますが、

実はこの様にゆっくりとカレンダーが切り替わるのでなく、パシャっと替わる機能の事だったんですね!

 

まとめ

コストパフォーマンスに優れ、しかも個性が出せるロレックスウォッチ・オイスターパーペチュアル。

ロレックスはステータスシンボルであったり、とにかくかっこいい外観ももちろん魅力的ではありますが、真髄は品質の良さ。

そんな最高レベルの実用時計を、この金額で満喫できるというのは非常に稀有なことです。

シンプルゆえ、シーンや年代を選ばないことも嬉しいポイント。

今後為替動向で値上がりすることも十分考えられますので、気になる方は早めにチェックしてみてください!

 

関連記事

人気機種別!ロレックス価格動向調査2018!

ロレックス派に捧げる!これは所有しておきたいモデル7選

ロレックスの中で一番人気があるモデルは?

  • にほんブログ村
 
RASINオンラインサイトへ RASIN買取サイトへ
バーゼルワールド2018速報  

デイトジャスト新着商品




デイトジャストのブログ一覧

バーゼルワールド2018
販売サイトへ
買取サイトへ

お勧めアイコン
人気記事ランキング



お勧めアイコン
おすすめ記事

ページトップへ