loading
Now Loading...
  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • Tumbler

ロレックスと並び当店で常に高い人気を誇っている人気ブランド オメガ

とりわけオメガはエントリーモデルからハイエンドモデルまで幅広いモデルが用意されていることから、30代~40代の男性を中心に多くの支持を集めています。

そこで今回は東京銀座にある腕時計専門店GINZA RASINの2018年売上データを基に、2019年に売れるモデルをピックアップしました!
時計愛好家・オメガファン、そしてこれからオメガの時計を購入しようと考えている方に必見の内容となっております。

オメガ

 

第10位 シーマスター プラネットオーシャン 232.30.42.21.01.001

オメガ シーマスター 232.30.42.21.01.001

オメガ シーマスター プラネットオーシャン 232.30.42.21.01.001

歴史的な海洋探検に深く携わってきたオメガの定番ダイバーズウォッチが10位にランクイン。

シーマスター プラネットオーシャンは特徴的なブロードアロー3針にシンプルなデイト表示をもつ個性的なモデルで、秒針の先端と「Seamaster」ロゴには鮮やかな赤が配色されています。

オメガ シーマスター 232.30.42.21.01.001

視認性抜群の6・9・12インデックスとバーダイアル、暗闇では広く見やすく塗布されたスーパールミノバ夜光が青々と輝いて時を知らせます。

黒文字盤と青文字盤が存在しますが、どちらも人気です。

 

第9位 トリロジー レイルマスター 60周年リミテッド 220.10.38.20.01.002

オメガ トリロジー レイルマスター 60周年リミテッド 220.10.38.20.01.002

オメガ トリロジー レイルマスター 60周年リミテッド 220.10.38.20.01.002

9位にランクインしたのは、2017年に発売されたトリロジーのレイルマスター。

このモデルは1957~1961年というわずかな期間だけ製造されたレイルマスターの復刻モデルであり、ドーム型のプラスチック風防が配されたヴィンテージ感溢れるデザインで仕上げられています。

オメガ レイルマスター

レイルマスターは一分一秒を争う現場で使われる鉄道時計として開発された背景から、正確で視認性が良いことが最重要視されたモデルです。そのため、クロノグラフやパワーリザーブといった機能を一切省いたシンプルなデザインになっています。

 

第8位 シーマスター プラネットオーシャン 215.30.44.21.03.001

オメガ シーマスター 215.30.44.21.03.001

オメガ シーマスター プラネットオーシャン 215.30.44.21.03.001

ディープブルーの文字盤が美しいシーマスタープラネットオーシャン”215.30.44.21.03.001″。2016年に発売されてから、その人気を着々と高めています。

10位に輝いた黒文字盤はどちらかといえばビジネスに向いたデザインですが、ディープブルー色の文字盤が配された青文字盤はカジュアルシーンにおいて強い存在感を放ちます。

発売されてから3年程度のため、誰もが知るモデルとはいえませんが、それでも8位にランクインしてくるのは見事です。今後知名度が上がればさらに順位を上げてくる可能性があります。

オメガ シーマスター プラネットオーシャン 600M コーアクシャル マスタークロノメーター 215.30.44.21.03.001

プラネットオーシャンの特徴は何といってもムーブメント。スイス連邦計量・認定局(METAS)承認のマスタークロノメーターの認定を受けた超高精度ムーブメントを搭載しています。また秒針の先端と「Seamaster」ロゴは個性的なオレンジカラーとなっており、爽やかな印象です。

 

第7位 アクアテラ マスタークロノメーター 220.10.38.20.03.001

オメガ シーマスター アクアテラ 150M コーアクシャル マスタークロノメーター 220.10.38.20.03.001

オメガ アクアテラ マスタークロノメーター 38mm 220.10.38.20.03.001

7位はスポーツエレガンスを体現した「シーマスター・アクアテラ」の2017年発表モデル。これまでのアクアテラは文字盤に縦目のチークコンセプトが刻まれていましたが、今作からは横目に変更されています。

ムーブメントにはオメガが誇るMETAS認定のコーアクシャルムーブメント「マスタークロノメーターCal.8800」を搭載。機能性が格段に向上したことにより、従来のアクアテラ231系に取って代わる形でランクインしました。

オメガ シーマスター アクアテラ 150M コーアクシャル マスタークロノメーター 220.10.38.20.03.001

新型アクアテラには38mmモデルと41mmモデルが存在しますが、こちらは38mmモデル。控えめな大きさで作られているため、スーツの袖口にピッタリと収まります。細身の男性や主にビジネスシーンで使いたい方にうってつけです。

 

尚、アクアテラといえば青文字盤という印象ですが、黒文字盤も高い人気を誇ります。

オメガ シーマスター アクアテラ 150m コーアクシャル マスタークロノメーター 220.10.38.20.01.001

オメガ アクアテラ マスタークロノメーター 38mm 220.10.38.20.01.001

 

 

第6位 アクアテラ マスタークロノメーター 220.10.41.21.03.001

オメガ シーマスター アクアテラ コーアクシャルマスター クロノメーター 41MM 220.10.41.21.03.001

アクアテラ マスタークロノメーター 41mm 220.10.41.21.03.001

第6位にランクインしたのは新アクアテラの41mmモデル。38mmモデルよりも存在感のあるデザインとなっており、こちらも大人気です。

こちらのモデルは7位にランクインした「220.10.38.20.03.001」のサイズアップバージョンというわけではありません。

実はインデックスの数字が15分刻みで青色になっており、ロゴのシーマスターの文字・秒針の先端にもアクセントとして青色が使われています。

オメガ シーマスター アクアテラ コーアクシャルマスター クロノメーター 41MM 220.10.41.21.03.001

また、ムーブメントには60時間のパワーリザーブと15,000ガウス以上の耐磁性能を持ったMETAS認定のマスター クロノメーターCal.8900を搭載。

38mmモデルに搭載されているCal.8800と性能は殆ど同じですが、こちらのモデルの方が大きさが大きい分、パワーリザーブが約5時間長い設計となっています。

 

ちなみに、アクアテラを主にカジュアルシーンで使おうと思っている方には、ラバーベルトストラップが備えられた「220.12.41.21.03.002」もオススメです。

オメガ シーマスター アクアテラ コーアクシャル マスター クロノメーター 220.12.41.21.03.002 

オメガ アクアテラ マスタークロノメーター 41mm 220.12.41.21.03.002 

220.12.41.21.03.002 はベルトにラバーベルトを採用したバリエーション違いです。装着感に優れ、アウトドアにも向いています。

また、ベルト表面に格子状のデザインが施されているため、カジュアルなデザインでありつつ高級感も持ち合わせます。

 

ランキング5位第5位 シーマスター 300 マスターコーアクシャル 233.30.41.21.01.001

オメガ シーマスター 300 233.30.41.21.01.001

オメガ シーマスター 300 マスターコーアクシャル 233.30.41.21.01.001

第5位にランクインしたモデルは初期のシーマスターを現代に蘇らせたクラシカルなモデル “シーマスター300 233.30.41.21.01.001″。毎年安定して上位に入るモデルですが、2019年も堅調に売れ続けるでしょう。

非常に人気が高いため高価買取が期待できるモデルです。売りたくなった時に高い価格で買い取ってもらえるのは嬉しいポイントですね。

メカニカルなプロダイバーズやプラネットオーシャン、スマートなアクアテラとは一味違った趣があり、他のモデルとは一線を画したヴィンテージ風の落ち着いた色使いが特徴的です。

オメガ シーマスター 300 233.30.41.21.01.001

マットなブラックの文字盤から一段低くデザインされたベージュのインデックスですが、夜になればスーパールミノバ夜光が青白く輝き別の顔を見せます。

個性を演出したいときにお勧めの233.30.41.21.01.001。もちろん300メートル防水機能を搭載した頼れるダイバーズウォッチです。

 

ランキング4位第4位 スピードマスター プロフェッショナル 311.30.42.30.01.006

オメガ スピードマスター 311.30.42.30.01.006

オメガ スピードマスター プロフェッショナル 311.30.42.30.01.006

オメガのフラッグシップモデルであるスピードマスター。今年度の第4位にランクインした”311.30.42.30.01.006″は基盤モデルの”311.30.42.30.01.005″のシースルーバックモデルです。

オメガというとスピードマスターを思い浮かべる方が多いかもしれませんが、実は1番人気はシーマスター。オメガの売り上げを見ていると、月によっては1位から10位がすべてシーマスターなんてこともあります。しかしその中で一矢報いたのがこちらの「311.30.42.30.01.006」。

2014年に登場して以来、スピードマスターをけん引してきたモデルです。

オメガ スピードマスター 311.30.42.30.01.006

0.2秒間隔に細かく刻まれた目盛がクロノグラフのメカニカルな印象を強め、シースルーバックから覗く手巻きムーブメントの動きからは、月面着陸に携わった当時の宇宙飛行士たちの高まる鼓動が伝わって来るようです。

フロントガラスはプラスチック風防から強化サファイヤガラス製となり、より傷付きにくく強靭な仕様になっています。

 

ランキング3位第3位 シーマスター プロダイバーズ 300M 212.30.41.20.03.001

オメガ シーマスター 212.30.41.20.03.001

オメガ シーマスター プロダイバーズ 300M 212.30.41.20.03.001

第2位にランクインしたのはシーマスター プロダイバーズ 212.30.41.20.03.001。2016年度の第1位に輝いた超人気モデルです。

2017年は5位、今年は3位という好成績を残し続けており、買って損をしないオメガのド定番といえる存在になっています。

また、3位という順位ではあるものの、人気が落ちたという印象はありません。

オメガ シーマスター 212.30.41.20.03.001

212.30.41.20.03.001は入荷即完売が続いており、在庫切れの期間が長かった結果この順位に甘んじた印象が強いです。人気は相変わらず高く輸入業者も多くの個体を国内に入荷していますが、国内の業者間で取り合いになり、なかなか多くの在庫を仕入れられないのが現状です。安定して供給できれば再び1位に返り咲くことも十分に考えられるでしょう。

 

ランキング2位第2位 シーマスター プロダイバーズ 300M 212.30.41.20.01.003

オメガ シーマスター 212.30.41.20.01.003

オメガ シーマスター プロダイバーズ 300M 212.30.41.20.01.003

第2位にランクインしたのはプロダイバーズ300Mの黒文字盤です。第3位にランクインした212.30.41.20.03.001の色違いになります。2016年ランキングでは圏外だったコチラのモデルは2017年に人気が急上昇し、今年はついに第2位にまで上り詰めました。

昨年は青文字盤の在庫が切れていた期間が長かったので、黒文字盤を購入した方が多かった印象ですが、今年は黒文字盤の人気そのものが高まっています。

212.30.41.20.01.003

このモデルは高精度の安定性と持続性を維持するコーアクシャル・ムーブメントを搭載し、COSC認定の公式クロノメーターも持ち合わせています。非常に優れたコストパフォーマンスをもつため、20~30代の男性から絶大な支持を受けているモデルです。

 

ランキング1位第1位 スピードマスター プロフェッショナル 311.30.42.30.01.005

オメガ スピードマスター 311.30.42.30.01.005

オメガ スピードマスター プロフェッショナル 311.30.42.30.01.005

2018年度の売上No.1であり、2019年度も売れ続けるであろうモデルは月に到達した伝説をもつスピードマスターの定番「311.30.42.30.01.005」。

前年度の第4位から躍進を果たし、見事トップの座に輝きました!

近年はシーマスター一色のランキングになりがちでしたが、今年はスピードマスターが2本ランクインし、復権を果たしています。

オメガ スピードマスター 311.30.42.30.01.005

スピードマスターの基盤モデルである311.30.42.30.01.005はオリジナルモデルの雰囲気を忠実に再現していることを特徴とします。ムーブメントは当時の宇宙飛行士が着用したものと同様、こだわりの手巻き式を採用。ベゼルから一段浮き上がったようなドーム型の強化プラスチックガラスが、宇宙空間にも耐え続けた力強さを物語ります。

また、311.30.42.30.01.005は第4位にランクインした311.30.42.30.01.006のソリッドバックモデルになります。オリジナルのブックレットやルーペ、替ベルトや工具などが収納された特製BOXが付属し、コレクション性も抜群です。

 

 

最後に

2018年度の売上データを基に2019年度に売れるであろうTOP10をまとめてみました。上位にランクインした時計は昨年と大きく変わりませんでしたが、シーマスターアクアテラの人気が新作に傾いたのが特徴的です。今年はどのような年になるでしょうか。これからもオメガから目が離せません。

 

他ブランドのランキングをチェック

 

あわせて読みたい関連記事

 

  • にほんブログ村
 
RASINオンラインサイトへ RASIN買取サイトへ バーゼルワールド2019速報 SIHH2019 腕時計バイヤーズ完全ガイド
 

ロレックス新着商品




WEBマガジンのブログ一覧


スウォッチグループ新作見本市2019
バーゼルワールド2019
SIHH2019
販売サイトへ
買取サイトへ
腕時計バイヤーズ完全ガイド

お勧めアイコン
人気記事ランキング



お勧めアイコン
おすすめ記事

ページトップへ