loading
Now Loading...
  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • Tumbler

WEBマガジン, 現地から速報!バーゼルワールド2019レポート, オメガ

スウォッチグループ独自見本市Time to Moveを解説!

  • にほんブログ村

世界最古にして最大規模の時計・宝飾品見本市「バーゼルワールド」を脱退したスウォッチグループ。

この度、独自の新作見本市を開催することとなりました。その名も「Time to Move」です!

いったいどのような見本市なのでしょうか。参加ブランドは?バーゼルワールドとの兼ね合いは?スウォッチグループの真意とは!?

そんな2019年初めから注目を浴びている、Time to Moveについてを解説いたします!

バーゼルワールド スウォッチグループ

 

スウォッチグループ独自見本市Time to Move詳細

当店でもたびたびバーゼルワールドのニュースを掲載してまいりましたが、2018年の大きな目玉と言えばスウォッチグループの脱退でしょう。

スウォッチグループといえば、オメガを筆頭にブレゲブランパンハリーウィンストンロンジンジャケドローにラド―、そしてハミルトンなど、ハイエンドからエントリークラスまで有名な18ブランドを抱える時計業界の一大勢力。

時計産業にはスウォッチグループの他にリシュモン、LVMH(ルイヴィトンモエヘネシー)を加えて三大巨大企業グループと称しておりますが、業界グループ化に先鞭をつけ、縮小傾向にあった時計産業を再編することに大きく貢献してきました。

また、スウォッチグループはバーゼルワールドにおいて、ロレックスパテックフィリップ・LVMH(タグホイヤーゼニスウブロ他)・ショパールなどと並び「BIG5」と称され例年会場を盛り上げてきた功績があります。

そのため、スウォッチグループの脱退によって「バーゼルワールドは終わった」とまで取沙汰されました。

スウォッチグループ

出典:https://www.swatchgroup.jp/

そんな2018年、最も話題の中心にいたスウォッチグループが、昨年暮れにまたしても衝撃的なニュースを発しました。

なんと、独自見本市を開催すると言うのです!その名もTime to Move!

詳細は以下の通りです。

 

日程:2019年3月19日(火)~2019年3月26日(火)

会場:スイス チューリッヒ

参加ブランド:オメガ,ブレゲ,ブランパン,ハリーウィンストン,ジャケドロー,グラスヒュッテ・オリジナル

 

ブランドは全6社で、スウォッチグループの傘下メーカー全てが出展するわけではないようです。

 

今回は「3月にスイスに行く際に、スウォッチグループ傘下ブランドの製品が見たい」という要望によって開催されたという経緯があるようです。そのため小売店向けで招待制をとるため、プレスや一般消費者は今のところ参加できません。

 

Time to Moveから見るスウォッチグループの狙いとは?

“Time to Move”を訳すと、「動くべき時」「次に進む時」となります。

スウォッチグループはバーゼルワールドの撤退と独自見本市の開催を、新たなる進化の第一歩と捉えているのでしょうか。

もともとバーゼルワールド撤退の理由を、「費用対効果に見合わなくなった」と挙げています。

バーゼルワールドの出展費用は非常に高額なことで有名で、小さなブースを借りるだけで少なくとも100万円、メイン会場ともなると億単位が企業の負担としてのしかかってきます。

今はSNSなどインターネット上での販促が広がり、バーゼルワールドにかつてのような宣伝効果や旨味は少なくなったことが撤退の大きな要因でしょう。

スウォッチグループ バーゼルワールド

しかしながら今回、顧客やバイヤーなどの要望により見本市を開催する運びとなりました。

しかも、バーゼルワールドと日程を同期させ、立地もバーゼルから電車で数時間とかからないチューリッヒです。

顧客からしてみたら、非常に嬉しい限りですよね。

SIHHがバーゼルワールドより日程を早めて顧客を確保しようとしましたが、結局は2020年よりバーゼルワールドと連携することが決まりました。

こういった事実から鑑みると、スウォッチグループ単独で見本市を開催するよりも、他見本市と協調した方が顧客にとって親切だし、何より自分たちにとっても集客は格段にしやすいでしょう。

スウォッチグループ バーゼルワールド

↑バーゼルワールド2018オメガ新作展示品

Time to Moveがバーゼルワールドと連結していることは、こういった見方もできないでしょうか。すなわち、バーゼルワールドとは決別しておらず、バーゼルワールド次第ではいつでも帰る準備ができている、と・・・!

実際、バーゼルワールド側はスウォッチグループのカムバックに向けて既に再編を始めています。

スウォッチグループ側も、何も喧嘩別れしたというわけではありませんし、実はスウォッチグループは一度離脱して、再びバーゼルワールドに参加したという過去もあります。

今後バーゼルワールドが変わっていけば、また会場のメインをオメガやブレゲなどが張る、といった光景が見られることでしょう。

また続報が入り次第、お知らせいたします!

 

あわせて読みたい関連記事
  • にほんブログ村
 
RASINオンラインサイトへ RASIN買取サイトへ バーゼルワールド2019速報 SIHH2019
 

WEBマガジン新着商品




WEBマガジンのブログ一覧


バーゼルワールド2019
SIHH2019
販売サイトへ
買取サイトへ

お勧めアイコン
人気記事ランキング



お勧めアイコン
おすすめ記事

ページトップへ