loading
Now Loading...
  • Twitter
  • LINE
  • Facebook
  • Instagram
  • weibo
  • WeChat

2016年新作, WEBマガジン, ヴァシュロンコンスタンタン, オーデマピゲ, デイトナ, パテックフィリップ, ラグジュアリーモデル特集, ロレックス, 腕時計選びのためのお勧め記事

超高級時計ブランドの価格相場2020~パテックフィリップ、オーデマピゲ、ヴァシュロンコンスタンタン~

  • にほんブログ村

パテックフィリップを筆頭にオーデマピゲ・ヴァシュロンコンスタンタンと、時計界の絶対王者として君臨する雲上ブランド。
ロレックスやオメガを使っているけれど、いつかは欲しい!と憧れる方も多いのではないでしょうか?

よく「超高級」とか「中古品で車一台買える額」とか言われますが、実際のところこれら雲上ブランドの時計はいくらくらいで購入できるのでしょうか。
定価ならすぐに調べることができますが、時計には「実売価格」というものが存在します。外国為替相場や国内流通量、ブランドの戦略などを受けて、実売価格は常に上下しているのです。

そこでこの記事では、世界三大時計ブランドの各代表3モデル―ノーチラス・ロイヤルオーク・オーヴァーシーズ―にフォーカスして、近年の価格相場を調べてみました!

時計通や富豪たちが牽引する、濃密な超高級時計市場をお楽しみください。

 

※掲載している定価・並行相場は2020年1月現在のものとなります。

 

パテックフィリップ オーデマピゲ ヴァシュロンコンスタンタン 価格

 

パテックフィリップの価格動向2020

紛れもない時計界の王者・パテックフィリップ。
「世界最高の腕時計ブランド」と称され、その凄まじいまでのステータス性から他の追随を許しません。

ロレックスも資産価値の高いブランドですが、やはりパテックフィリップは随一。
「日用品」と言うよりも「芸術品」「工芸品」のような側面が大きいため、時代を超えて価値の落ちない傑作を紡ぐことが大きな所以でしょう。

とりわけラグジュアリースポーツウォッチの代表格であるノーチラスは、現在正規店では数年待っても買えない現象が続いていると言います。

 

ノーチラス価格相場

 

ノーチラス 5711/1A-010

ノーチラス 5711/1A-010

製造期間:2006年~現在
定価:3,575,000円(税込)
素材:ステンレススティール
ケースサイズ:縦 38.0mm × 横 43.0mm
全重量:118g
文字盤:ブラックブルー
ムーブメント:Cal.324SC
防水性能:120m

ノーチラス 5711/1A 価格推移

出典:http://kakaku.com/item/K0000333380/pricehistory/

 

ノーチラスの一番人気モデルがコレ!
パテックフィリップはほとんどのモデルで高騰を見せていますが、Ref.5711/1A-010はまさに破竹の勢い。
ロレックスのデイトナをはるかに上回ります。

2017年7月~2018年6月の僅か1年で200万円ほど上昇、さらにその後の一年で前年を凌ぐ圧倒的な高騰を見せ、一時期は1000万円前後ほどの実売価格となりました。

現在、少し落ち着いたとは言え、新品並行相場は850万円台~・・・定価の倍以上となっています。

もちろん円安傾向も原因でしょうが、ここ数年の需要高騰が大きな一因。

パテックフィリップは決して生産量が多くはなく、年間製造数は6万本ほどです。そのため、中国などを中心とした莫大な需要に全く供給が追い付いていない状態なのです。

中古でも、500万円をきることはまずありません。

定価は3,575,000円ですので、この数値がいかに驚愕に値するかおわかりいただけるでしょう。ちなみに2019年春に定価が3,326,400円から値上がり、さらに2019年10月の消費増税はパテックフィリップ相場と密接に関わる出来事ですが、それによって需要が止んだと言う話も聞きません。

 

ノーチラス 5711/1A-011

パテックフィリップ ノーチラス 価格動向

製造期間:2012年~現在
定価:3,575,000円(税込)
素材:ステンレススティール
ケースサイズ:縦 38.0mm × 横 43.0mm
全重量:118g
文字盤:ホワイト
ムーブメント:Cal.324SC
防水性能:120m

ノーチラス 5711/1A-011 価格推移

出典:http://kakaku.com/item/K0000396371/pricehistory/

 

同じ5711/1Aの白文字盤、2012年に新色として発表されたモデルです。
かつてブルーより手に入れやすいと言われていましたが、今や過去の話。
順当に価格を上げていっており、ブルーを上回りはしないもののここ二年の上昇幅は約400万円!!

ブラックブルーファンからの流入とも言われていますが、白文字盤はノーチラスにはあまりないカラーリングで、エレガントな印象が魅力です。

そのため、再評価の動きも多分に考えられるでしょう。

中古価格でも、定価を大きく上回る600万円台~700万円台で取引されています。

 

ノーチラス 5712/1A-001

パテックフィリップ ノーチラス 価格動向

製造期間:2006年~現在
定価:4,785,000円(税込)
素材:ステンレススティール
ケースサイズ:縦 38.0mm × 横 43.0mm
全重量:124g
文字盤:ブラックブルー
ムーブメント:Cal.240PS IRM C LU
防水性能:120m

ノーチラス 5712/1A 価格推移

出典:http://kakaku.com/item/K0000148953/pricehistory/

 

ポインターデイト、ムーンフェイズ、パワーリザーブと様々な機能を付加した多機能モデル「プチコンプリケーション」。
こちらは、数あるパテックウォッチの中でも傑作との呼び声高いモデルです。

3針ノーチラスと実売価格はほぼ同等。これは、3針の5711/1Aの人気の凄まじさを伺える現象でもあります。

一方で多機能にもかかわらず調和のとれた文字盤デザインやエレガントな薄さなど、パテックフィリップの真骨頂を味わえるモデルと言えます。

 

 

パテックフィリップの今後の価格動向

前述の通りパテックフィリップの資産価値というのは凄まじいまでのものがあり、投機目的で購入される方も少なくありません。

異常なまでのノーチラス人気を見れば、今後も価格高騰を続ける可能性は十分にあり、この傾向が投機対象としての注目度をますます上げている状態です。

数年前に購入された方は、購入時より高い金額で買取をしてもらえる可能性が高いです。

また、パテックフィリップはノーチラスだけでなく、様々な名作シリーズを展開しています。
例えばカラトラバ

ドレスウォッチはスポーツウォッチほど人気の振れは少なく、つまり不変にして普遍の魅力があります。
ほとんどのモデルの実売価格は定価を下回っている一方で振れ幅が少ないため、安定した資産価値を持つと言えます。

 

 

また、同じくスポーツラインとなるアクアノート
ノーチラスの弟分的な立ち位置であると同時に、「カラトラバ」と「ノーチラス」それぞれの良いところをとった優秀な一大コレクションです。

最も定番のRef.5167A-001の定価は2,277,000円。
他のスポーツウォッチ同様実売価格を上げ続け、2020年1月の現在は新品で480万円ほど。ノーチラスほどではありませんが、パテックフィリップ唯一のラバーベルトモデルとしてますます人気が上昇しています。

パテックフィリップ アクアノート

歴史の長いブランドらしく中古市場を確立。生産終了モデルも多く出回っているので、あえて現行や定番から外した選択をするのも一つの手ですね。

 

パテックフィリップのご購入はこちら

 

あわせて読みたい関連記事

 

オーデマピゲの価格動向2020

創業から130年以上にわたり一度も買収を許さず家族経営を貫いてきた、非常に稀有な存在・オーデマピゲ。
この背景から、「経営者が愛用する時計」とも称されます。

ノーチラスほどではないものの、オーデマピゲのフラグシップであるロイヤルオークも近年人気と価格を上げに上げていってます。

そもそも、ロイヤルオークの対抗機として出されたのが、ノーチラスやヴァシュロンコンスタンタンのオーバーシーズ。つまり、オーデマピゲがラグジュアリースポーツウォッチという現在の一世界を築き上げた祖であり、時計産業へ投じた一石は非常に大きいものでした。

ロイヤルオークは誕生から今に至るまでそのデザインをほぼ変わらず受け継ぎます。
つまり価格高騰は「近年の急激な人気」と言うよりも、いつの時代も変わらぬ人気と経済動向に起因するものが大きいのでしょう。

 

 

ロイヤルオーク価格相場

 

ロイヤルーク 15400ST.OO.1220ST.01

オーデマピゲ ロイヤルオーク 価格動向

製造期間:2012年~現在
定価:2,035,000円(税込)
素材:ステンレススティール
ケースサイズ:直径 41.0mm
全重量:172g
文字盤:ブラック
ムーブメント:Cal.3120
防水性能:50m

 

オーデマピゲ ロイヤルオーク 15400ST 価格推移

出典:http://kakaku.com/item/K0000404363/pricehistory/

 

2012年に新作ロイヤルオークとして発表された15400ST。
従来のケース径より2mmサイズアップしたことで、大きめトレンドに上手に乗っかった形となりました。

カラーバリエーションを持ちますが、定番はこちらの黒文字盤。

もともと人気の高かったモデルですが、一年で約70万円ほどの値上がりを見せています。
2018年に定価を上回り、2019年初頭には220万円台、さらに2019年が終わった時点では300万円近い相場を記録するに至りました。着実に高騰していますね。

定価自体が50万円ほど値上がりした経緯もあるでしょうが、品薄が続いておりプレミア化が進行。

中古でも、状態によっては定価に肉薄する勢いと言っていいでしょう。

 

ロイヤルーク 15400ST.OO.1220ST.02

オーデマピゲ ロイヤルオーク 価格動向

製造期間:2012年~現在
定価:2,035,000円(税込)
素材:ステンレススティール
ケースサイズ:直径 41.0mm
全重量:171g
文字盤:シルバー
ムーブメント:Cal.3120
防水性能:50m

ロイヤルオーク 15400ST シルバー 価格推移

出典:http://kakaku.com/item/K0000396283/pricehistory/

 

同じく定番を飾る白文字盤も、2018年を境に価格高騰。
ついに定価を上回った後、ぐんぐん相場を上げていっています。

なお、2019年に後述する新型ロイヤルオーク15500STがリリースされ、15400STと併売されていましたが、シルバーはラインナップになく、かつホームページから姿を消したことから、「生産終了?」と噂されています。

ノーチラス同様、黒文字盤より手にいれやすいモデルで、ほんの数年前は中古であれば100万円を切る程度だったこちら、生産終了の噂などとも相まって、ぐんぐん相場を上げている状態です。

 

ロイヤルーク 15400ST.OO.1220ST.03

ロイヤルオーク 価格動向

製造期間:2012年~現在
定価:2,035,000円(税込)
素材:ステンレススティール
ケースサイズ:直径 41.0mm
全重量:168g
文字盤:ブルー
ムーブメント:Cal.3120
防水性能:50m

ロイヤルオーク 15400ST ブルー 価格推移

出典:https://kakaku.com/item/K0000396284/pricehistory/

ロイヤルオークにもブルー文字盤が存在し、他カラーを大きく上回る相場を記録しています。また、ロイヤルオークはブルーモデルを特に「ブティック限定」と銘打っているため、流通量があまり多くないことも関係しているでしょう。

そのため定価をはるかに上回っており、欲しいと思った時になかなか手に入れられない時計好き泣かせの逸品。「高くても欲しい」という需要に下支えされ、まだまだ高い伸び率を記録しそうです。

 

ロイヤルーク 15500ST.OO.1220ST.02

ロイヤルオーク 価格動向

製造期間:2019年~現在
定価:2,365,000円(税込)
素材:ステンレススティール
ケースサイズ:直径 41.0mm
全重量:173g
文字盤:グレー
ムーブメント:Cal.4302
防水性能:50m

ロイヤルオーク 15500ST グレー 価格推移

出典:https://kakaku.com/item/K0001160143/pricehistory/

前述の通り、2019年にロイヤルオークの最新作がオーデマピゲからリリースされました!

外装デザインは微細な変化に留まりますが、ムーブメントには「オーデマピゲが開発に約5年の歳月をかけた」と言う、オーデマピ渾身の自社製Cal.4302が搭載されていることが特徴です。

発売当初から注目を浴びてはいたものの、長年ロイヤルオークの顔を張ってきた15400ST系が生産終了するのでは?と囁かれたことが手伝ってか、前世代ほど価格高騰はしていません。そうは言っても新品並行相場が260万円台~と、立派なプレミア価格。

今後の流通量にもよりますが、パワーリザーブなど大きくスペックアップしていることから(60時間⇒70時間に延長)、安定した人気を誇ることは間違いありません。

ロイヤルオーク 15500ST ブラック 価格推移

なお、同時リリースされた黒文字盤も同程度の相場情勢を描いていますが、新品並行相場270万円台~と、グレーよりも若干高めとなります。

 

ロイヤルーク 15500ST.OO.1220ST.01

ロイヤルオーク 価格動向

製造期間:2019年~現在
定価:2,365,000円(税込)
素材:ステンレススティール
ケースサイズ:直径 41.0mm
全重量:172g
文字盤:ブルー
ムーブメント:Cal.4302
防水性能:50m

ロイヤルオーク 15500ST ブルー 価格推移

出典:https://kakaku.com/item/K0001171210/pricehistory/

同じく2019年に一緒にリリースされた中でも、ブラック・グレーに大きく差をつけて価格高騰しているのがブルーの新型ロイヤルオークです。

15400ST時代からブティック限定のカラーリングで、製造本数の少なさからなかなか市場に出回らず、稀少性の高さは群を抜いておりました。

現在、新品並行相場は350万円近く。とは言えなかなか並行市場に流通せず、正規店では予約もできない状態だと聞きます。

相場自体は15400STに比べると低くなりますが、さらにオーデマピゲ人気が高まれば、今後ますますの値上がりが予期されるでしょう。

 

 

オーデマピゲの今後の価格動向

ロイヤルオークは派生モデルが多いこともあり、代表的な15400ST以外は安定した値動きとなっています。

しかしながら、この「代表的」なモデルの相場こそが、今後さらに大きく動く可能性が示唆されています。

と言うのも、2019年初春に開催されたSIHH―スイス ジュネーブで開かれる大規模な時計・宝飾品の新作見本市―で、後継機にあたる15500ST系が登場したことは前述の通りですが、市場にどんどん流通しており、ブルー文字盤など一部の人気モデルを除いて並行輸入店にも入荷してくるようになりました。

ロイヤルオーク 15500ST 新作

※SIHH2019会場内に展示された新作ロイヤルオーク 15500ST(RGモデルは15500OR)

外装はほとんど変わらず(インデックスやデイト位置・ケース厚など、本当に細かな部分のみ)、ムーブメントが新型にアップデートする形で発表された新作。

この新作ロイヤルオークの実勢相場によって、15400STの今後は大きく変わっていくと思われます。

通常、外装が大きく変わらないとハイスペックモデルの方が需要が集中するものなのですが、15400STが非常に完成されたスポーツウォッチで、長年愛されてきたこと。加えて新型ムーブメント搭載によって、0.6mmほどとは言え新作の方が厚みが出てしまったことなどから、必ずしもそう言い切れないのではないか、という声は小さくなく、実際相場は15400ST系の方が上回ります(2020年1月現在)。

ロイヤルオーク 15500ST

※新作ロイヤルオーク15500STと新型ムーブメントCal.4302

15500STの国内入荷が始まりつつあり、現在の相場はブラック文字盤が270万円前後。ただ、15400系がオーデマピゲのホームページから姿を消したこともあり、投機目的の方などの需要がそちらに流れれば、相場はどう転ぶかわかりません。

ちなみに15400STは新品でまだ流通している形ですが、今後廃盤が明らかとなった時、新型ロイヤルオークではラインナップされなかったシルバー文字盤(新型はブラック、グレー、ブルーの三色ライン)などにプレミアとして需要が集中する可能性もあります。

そのため、正直オーデマピゲ ロイヤルオークの今後の相場を現段階で言及することは、非常に困難と言えます。しかしながら一つ言えることは、「まだまだ勢いは止まらない」ということ。時計・宝飾品需要がかつてないほど高まっている今、今後もさらなるプレミアが期待できる時計の一つではないでしょうか。

 

 

オーデマピゲ ロイヤルオーク

15300ST.OO.1220ST.03

なお、一方で生産終了モデルがじわじわと価格を上げてきている現状も。
とりわけ2016年に廃盤となった39mmサイズは、1年前には130万円を超えることはありませんでしたが、今や200万円前後~250万円で出回っております(中古はコンディションにもよりますが)。

ムーブメント等スペックは現行モデル(15400ST)と同等のため、人によっては小ぶりの方がスタイリッシュ、使いやすいといった声が聞かれます。

 

オーデマピゲ ロイヤルオーク

15202ST.OO.1240ST.01

また、オーデマピゲのブランド力ゆえか、現行の中にもレアモデルが存在します。

ロイヤルオーク 「ジャンボ」エクストラシンRef.15202ST.OO.1240ST.01はロイヤルオーク誕生40周年を祝して2012年にブティック限定で発売されたモデルで、1972年当時の意匠を復刻したもの。

本数限定ではないにもかかわらず、今や市場ではなかなかお目にかかれないほど品薄です。その新品の実売価格は500万円近いものもあり、定価を大きく上回っています。

 

ロイヤルオークはモデルによってかなりの差はあるものの、「価格高騰の波に乗っている」と言っていいでしょう。

一方でノーチラス同様、数年前に買ったモデルが大きく値上がりしていることもありますので、そろそろ売りたいな・・・という方は一度信頼できる買取店に持ち込んでみることをお勧めします。

 

オーデマピゲのご購入はこちら

 

あわせて読みたい関連記事

 

 

ヴァシュロンコンスタンタンの価格動向2020

ヴァシュロンコンスタンタンはパテックフィリップ・オーデマピゲほどの「高騰」は見られませんが、しっかり実売価格を上げてきているブランドの代表格です。

世界で最も古い歴史と伝統を体現したかのようなパトリモニーヒストリークも素晴らしい出来栄えですが、大人のスポーツウォッチであり同市場を牽引する存在と言えばオーバーシーズ

しかし、オーバーシーズはヴァシュロンコンスタンタンの持つ「雲上」「伝統」といったイメージとは裏腹に、過去、モデルによってはブランド入門的立ち位置でした。

ハイセンスなブレスレット形状やダイナミックでスポーティーなデザイン性が、逆にカジュアルに振っていると捉えられたのでしょうか。

しかし今や多くのモデルで200万円超えが当たり前に・・・さらに2016年にモデルチェンジを果たしたことにより、超高級に恥じない格と人気を得ることとなりました。

 

オーバーシーズ価格相場

 

オーヴァーシーズ 4500V/110A-B128

オーヴァーシーズ 価格相場

製造期間:2016年~現在
定価:2,222,000円(税込)
素材:ステンレススティール
ケースサイズ:直径 41.0mm
全重量:166g
文字盤:ブルー
ムーブメント:Cal.5100
防水性能:150m

ヴァシュロンコンスタンタン オーヴァーシーズ 4500V/110 価格推移

出典:http://kakaku.com/item/K0000909315/pricehistory/

 

2016年にモデルチェンジを果たした新モデル。
裏蓋がシースルーとなり、ノーチラスやロイヤルオーク同様にムーブメントを鑑賞することができるようになりました。

こちらも、2017年頃の相場は200万円をきる程度であったにもかかわらず、いまでは定価超え。
特に近年の上昇率は目を見張るものがあり、これまでノーチラスやロイヤルオークに目が行きがちでしたが、オーヴァーシーズもその流れに肉薄する勢いです。

 

オーヴァーシーズ 4500V/110A-B126

ヴァシュロンコンスタンタン オーヴァーシーズ 価格相場

製造期間:2016年~現在
定価:2,222,000円(税込)
素材:ステンレススティール
ケースサイズ:直径 41.0mm
全重量:165g
文字盤:シルバー
ムーブメント:Cal.5100
防水性能:150m

オーヴァーシーズ 4500V シルバー 価格推移

出典:http://kakaku.com/item/K0000908023/pricehistory/

 

シルバー文字盤もかっこよさに定評がありますが、ブルー文字盤よりかはリーズナブルな価格動向。
しかし、生産本数は決して多くはないため、欲しいモデルを見つけることがまず困難なこともあります。

近年の円安や雲上ブランドへの人気を考えると、そこまでの価格高騰はなくとも気になるなら今が買い時と言えるでしょう。

 

オーヴァーシーズ 5500V/110A-B148

オーヴァーシーズ 価格相場

製造期間:2016年~現在
定価:3,212,000円(税込)
素材:ステンレススティール
ケースサイズ:直径 42.5mm
全重量:188g
文字盤:ブルー
ムーブメント:Cal.5200
防水性能:150m

ヴァシュロンコンスタンタン オーヴァーシーズ 5500V 価格推移

出典:http://kakaku.com/item/K0000930863/pricehistory/

 

2016年にフルモデルチェンジを果たしたオーバーシーズと言えば、こちらのクロノグラフも忘れてはいけません。

オーバーシーズは「大人のスポーツウォッチ」でもありますが、こちらは「大人のクロノグラフ」
オーバーシーズらしく細部までこだわりぬかれた高級感と、調和のとれたかっこいい文字盤デザインが魅力です。

目立った急騰などはしていませんが、雲上ブランドの中でも値段は高め。
しかし、これほどまでに美しいクロノグラフは、ヴァシュロンコンスタンタンならでは。

安定しているので、雲上ブランドのかっこいい時計をお探しの方は、かなりお買い得と言えるでしょう。

 

 

ヴァシュロンコンスタンタンの今後の価格動向

ヴァシュロンコンスタンタンは価格の振れ幅は大きくありません。
しかし、かつてはスポーツロレックスにちょっとお金を足せば買える時計といったイメージが強かったことを考えればかなり急騰していると言えます。

また、オーデマピゲ同様派生モデルが多いため人気の分散や価格差はかなり大きくなります。例えばクォーツ式や中古ですと、かなり価格を抑えられるでしょう。

 

ヴァシュロンコンスタンタンのご購入はこちら

 

あわせて読みたい関連記事

 

 

まとめ

たった1年の間に激動の市場形成を行ってきた世界三大時計ブランドたち。
この市場を牽引してきたのは、投資目的の方もいらっしゃるでしょうが、筋金入りの時計通たちに他なりません。

今後も、為替相場や流通量の影響でまだまだ価格高騰の波が続きそうです。

狙っている方々は、お早めのご決断をおすすめします。

文:鶴岡

※掲載している定価・相場は全て2020年1月現在のものとなります。

 

 

あわせて読みたい関連記事

 

この記事を監修してくれた時計博士

穴井 孝美(あない たかみ)

株式会社羅針 代表取締役社長

1967年生まれ
高校卒業後、電機メーカーに就職し生産管理を学ぶも一年半で退職。
銀座の通信販売会社にて輸入時計の販売に従事。
輸入時計卸売会社を経て、2006年に東京都台東区にて株式会社羅針を設立。
香港、シンガポールなど海外と国内小売店とのネットワークを活かし時計の卸業として事業を展開する。

  • 2009年に銀座に移転し、販売買取のリテール事業を開始。
  • 2011年に店舗を一階に移転オープン。
  • 2017年に買取サロンオープン。
  • 2018年にロレックス専門店オープン。
 
RASINオンラインサイトへ RASIN買取サイトへ バーゼルワールド2020速報 SIHH2019 腕時計入門ガイド 腕時計バイヤーズ完全ガイド 東京2020オリンピック 選手の腕時計まとめ ローン48回無金利
 

デイトナ新着商品




2016年新作のブログ一覧


バーゼルワールド2020
販売サイトへ
買取サイトへ
東京2020オリンピック 選手の腕時計まとめ
腕時計バイヤーズ完全ガイド
腕時計入門ガイド

お勧めアイコン
人気記事ランキング



お勧めアイコン
おすすめ記事

ページトップへ