loading
Now Loading...
  • Twitter
  • LINE
  • Facebook
  • Instagram
  • weibo
  • WeChat

ダイバーズウォッチではなく、ヨットクルージングなど遊び心あるマリンスポーツのためにロレックスが展開するヨットマスターシリーズ。

ハイエンドの位置づけにあるため、ラグジュアリーかつ大変気品あるデザインが魅力です。 デイトナやサブマリーナほどの歴史はありませんが、実はその異色の高級感から国内外で高い人気を獲得し続けてきました。ビジネススーツにもジャケパンスタイルにもカジュアルファッションにも、ヨットマスター一本を携えるだけでクラス感が備わること請け合いです。

今回は、そんなヨットマスターを持っているならぜひ知っておいてほしいことをまとめてみました。

すでに所有している方も、購入を検討している方も、必見の内容です。是非ご確認ください。

ロレックス ヨットマスター

 

ロレックス ヨットマスターとは?

1992年、スイスのバーゼルにて、ロレックスが堂々発表したヨットマスター。

スポーツラインでありながら、ケース・ブレスレットともにイエローゴールド製であったこと。加えてこれまでのスポーツロレックスとは一線を画すような華やかなデザインを有していたことから、ヨットマスターの登場はロレックスファン・時計愛好家・セレブリティを多いに湧かせました。

当時はオーデマピゲのロイヤルオークやパテックフィリップのノーチラスと言った、「ラグジュアリー・スポーツウォッチ(ラグスポ)」が既に存在していましたが、一般ユーザーにこの概念を浸透させるに至ったのは、ヨットマスターの存在が大きいでしょう。

ヨットマスター 16628

※初期ヨットマスター 16628。当時はオール18金イエローゴールドのみのラインナップだった

ヨットマスターの意匠は非常に特徴的で、サブマリーナ同様に回転ベゼルを搭載していますが、こちらは両方向回転式。さらに目盛が立体的にエンボス加工された独特なデザインとなっています。

また、高級ラインであるため、初代モデル以降いずれもオールステンレスモデルを採用していません。スポーツウォッチとしてはまさに異例中の異例ですね。

ただ、1997年にイエローゴールド×ステンレススティールのコンビ(ロレゾール)モデルを、1999年に「ロレジウム」で名高いプラチナ×ステンレススティールモデルを発売したことから手に入れやすいラグスポ的立ち位置を獲得し、ますますファンを増やすこととなりました。

ロレックス ヨットマスター

もっとも、ラグジュアリーとは言え基本的にはプロフェッショナルモデルの扱いなので、オイスターケース・ブレスレットを搭載しており、防水性能は100m。また、現行モデルでは耐磁性や耐衝撃性・メンテナンス性といった面でハイスペックなムーブメントを搭載しております。

また、ロレックスのスポーツラインで唯一メンズ・ボーイズ・レディース(29mm)の3展開を行っていたため、ペアウォッチとしても人気を誇ります。  

なお、ヨットマスターの歴代モデルは後述しますが、現行は42mm・40mm・37mmのラインナップとなっております。しかしながら中古市場でも生産終了モデルがよく出回っており、ボーイズ・レディースヨットマスターもまだまだ現役で私たちの腕元を彩ってくれています。

 

ロレックス ヨットマスターの素材

ヨットマスターのコンセプトは高級感にあります。 意匠も非常に端正でラグジュアリーですが、さらに特筆すべきはその素材。 オールステンレスモデルは採用せず、誕生当初はオール金無垢のみのラインナップでした。

また、現在ロレックスらしい独特の素材を使用しています。

それは、ロレジウム、ロレゾール、オイスターフレックスブレスレット。 あまり聞きなれない名称かもしれませんが、ヨットマスターのコンセプトには必要不可欠な三本柱です。  

 

①ロレジウム

ロレックス ヨットマスター

ロレジウムはロレックスの造語で、ロレックス+ステンレススチール(SS)+プラチナ(PLATlNUM)のこと。 ヨットマスターにのみ採用されるコンビネーションで、1999年に発表されました。

その斬新で異色とも言える光沢は大ヒット、日本国内でもヨットマスター人気を一気に高めました。

ケースとブレスレットには実用性高いステンレススチールを採用し、対してベゼルディスク・文字盤にはプラチナをあしらっています。

とてもスポーツウォッチとは思えない重厚さと存在感を感じられるのではないでしょうか。

実際、Ref.16622としてロレジウムモデルがリリースされて以降、ヨットマスター人気は飛躍的に高まったと言えます。

 

ロレックス ヨットマスター 116622

なお、ロレジウムヨットマスターは、文字盤カラーもまた特筆すべき事項が多くなります。

1999年の発売当初は、前述の通り文字盤にプラチナを使用したシルバーカラーがラインナップされました。

しかしながら2012年、ヨットマスターのモデルチェンジが行われるに伴い、ロレジウムにブルーカラーが追加されます。

さらにその4年後の2016年、ダークロジウムという新バリエーションでは、その独創的な美しさとロレックスのお家芸でもある独自加工にまたもや世間は驚かされる形となりました。

ロレゾール

出典:https://www.rolex.com/ja/watches/yacht-master/m116622-0003.html

ダークロジウムとは、シルバーと同様に文字盤素材にプラチナを用いています。しかしながらダークロジウムの方はロレックスがプラチナとそのほか素材を独自配合したことで生み出されたカラーリング。プラチナ自体の美しい白銀はそのままにやや黒味を帯びるその新ダイアル、エレガンスな側面が強かったヨットマスターにクールさとモダンさを加えたように思います。  

ダークロジウムの登場によって、さらにさらにヨットマスターは需要を上げることとなりました。

なお、現在ダークロジウム文字盤はデイトジャストやオイスターパーペチュアルにも採用されていますが、いずれも他カラーと比べても圧倒的に高い人気を誇ります。

 

②ロレゾール

ロレゾール

出典:https://www.rolex.com/ja/watches/yacht-master/m116621-0001.html

ロレジウム同様ロレックスの造語で、ロレックス+SS+ゴールド(GOLD)のコンビネーションを指します。

ロレゾールはデイトナやGMTマスターⅡなど他のスポーツラインにも採用されていますが、ステンレスにアクセントとして織り込まれたゴールドが品のある高級感を沿えてくれることで、ヨットマスターのコンセプトに非常に合致した素材であると言えます。

2015年まではイエローゴールドとのコンビを指す用語でしたが、2016年よりエバーローズゴールドがヨットマスターに初登場。これまたロレックス独自の金で、2008年頃から話題になり始めました。

 

ロレックス ロレゾール

出典:https://www.rolex.com/ja/watches/yacht-master/m116621-0001.html

様々な他金属を配合することで純金にカラーをつけることは一般的ですが、中でも日本人の肌になじみやすいとの事で男女問わず人気あるピンクゴールド。 実は混ぜられた金属の経年によって変色することがあります。

この変色を抑えるため、ロレックスがやはり独自に少量のプラチナを配合・加工した金がエバーローズゴールドとなります。

これからの季節、海やプールに行く方も多いかもしれませんが、多少の水では色合いを損ねない画期的な新素材と言えるでしょう。

「世代を超えて続く眩い輝きを保証する」― ロレックスが連綿と受け継いできた企業理念そのものののような素材と言えます。  

 

③オイスターフレックスブレスレット

ロレックス ヨットマスター

出典:https://www.rolex.com/ja/watches/yacht-master/m116655-0001.html  

2015年、ヨットマスター第六世代としてバーゼルワールドで発表されたRef.116655とRef.268655。

ロレックス初のラバーベルトがハイエンドであるヨットマスターに採用されたことにも驚かされましたが、なんとこのラバーもロレックスが開発・特許取得した素材だったのです。

オイスターフレックスブレスレット」と名付けられた当ラバー、ブラックエラストマーでコーティングしたことで、オイスターの名に恥じないメタルブレスレット並みの堅牢性、防水性を確保することに成功しています。

エラストマーとは、「erastic(弾性のある)」+「polymer(重合体)」に由来するゴム弾性工業用材料のこと。

ベルトの内側には手首にフィットするように、これまた特許を取得した縦方向クッションシステムが備えられます。 着けた時の硬い、かゆくなるという弱点を見事克服しました。 機能面だけでなく、エバーローズゴールドとブラックによって醸し出されるスポーツエレガンスがなお他のモデルにはない魅力を感じさせるでしょう。

ロレックス ヨットマスター40 116655

快適性と美観とを両立した、実用時計の追求に余念のないロレックスならではの素材。 ロレックスによりまた時計技術の未来に一石が投じられました。  

 

ロレックス ヨットマスターの系譜とおすすめモデル

ヨットマスターはスポーツラインでありながら、デザイン性とコンセプトを大切にしたモデルを多く展開しています。

大海原を見晴るかすヨット上、ラグジュアリーなクルージングパーティー、少しフォーマルなスーツスタイル・・・ オールマイティに活躍するヨットマスターの系譜と、おすすめモデルをいくつかピックアップしてご紹介いたします。

また、相場も併せてご紹介しておりますので、時計選びの参考にしてくださいね。

 

【初代】ヨットマスター 16628 ホワイト

ヨットマスター 16628

素材:イエローゴールド
ケースサイズ:直径 40.0mm
全重量:172g
文字盤:シルバー
ムーブメント:Cal.3135
パワーリザーブ:約48時間
防水性能:100m
製造年:1992年~2013年

1992年にリリースされた、初代ヨットマスターです。

前述の通り、スポーツロレックスとしては異例ともいえるオール金無垢仕様!ベゼルまでもが独創的なゴールド製となっており、以降、ヨットマスターの大切なデザインコードとなっていきました。

ヨットマスター 16628

カラーバリエーションとしては、ホワイトの他、ブルーやグレー、シャンパンがラインナップされました。

また、シェル文字盤等、さらなるハイエンドラインも存在します。

比較的製造期間が長いため中古市場で存在感を示しますが、特に手に入れやすいおすすめはホワイト文字盤でしょう。

なお、2007年以降に製造された個体は、ルーレット刻印(ケースインナーにROLEXのロゴとシリアルを記した仕様)となります。

ゴールド製のため相場は200万円超えとハイエンドですが、一方で金は素材としても価格が落ちづらく、経年変化に強いことから一生ものの価値を持つと言えるでしょう。

 

なお、40mmサイズの16628とともに、34mmサイズ(ボーイズ)の68628、29mmサイズ(レディース)の69628も同時リリースされています。

ロレックス ヨットマスター 68628

※ボーイズ ヨットマスター 68628

 

【第二世代】ヨットマスター 68623 ホワイト

ヨットマスター 68623

素材:ステンレススティール×イエローゴールド
ケースサイズ:直径 33.0mm
全重量:102g
文字盤:シルバー
ムーブメント:Cal.2135
パワーリザーブ:約48時間
防水性能:100m
製造年:1997年~1999年

ヨットマスター初となる、ロレゾールモデルです。1997年のリリース当初は、ボーイズとレディースのみがリリースされました。こちらはボーイズサイズの方となります。

ムーブメントも、レディースデイトジャストなどに搭載されてきたCal.2135が用いられることとなりました。

33mmケースは男性には小さいと思うかもしれませんが、近年時計業界では小さめのメンズモデルが流行しているため、クラシックに着けこなしたい、といった層から人気です。

 

ただ、後述する第三世代 16622に二年ほどでモデルチェンジとなったため、流通量はそこまで多くはありません。

一方でステンレススティールとのコンビとなったことでオール金無垢よりかは価格が抑えられており、現在の中古相場はおおむね60万円台~70万円台となっております。

 

【第三世代】ヨットマスター 16622 ロレジウム シルバー

ヨットマスター 16622

素材:ステンレススティール×プラチナ
ケースサイズ:直径 40.0mm
全重量:146g
文字盤:シルバー
ムーブメント:Cal.3135
パワーリザーブ:約48時間
防水性能:100m
製造年:1999年~2012年

1999年、満を持してロレックスカタログに登場し、以降ヨットマスター人気を牽引することとなったロレジウムモデルです!

ベゼルと文字盤にプラチナを使用しており、美しい仕上がりがまさに「ラグジュアリー・スポーツウォッチ」の王道と言えるでしょう。

特に日本はプラチナ素材を用いたジュエリーの需要がきわめて高いため、あっという間に定番モデルとして仲間入りを果たすこととなりました。

ヨットマスター 16622

一方で赤い秒針をアクセントに加えることで、ロレックスらしい「イケメン顔」も堅持されていますね。

ちなみに、こちらもオール金無垢の16628同様、2007年以降の製造個体はルーレット刻印が採用されています。

10年以上に渡って製造されたロングセラーですが、今なおその人気が衰えないことから、中古相場は90万円台~100万円台を維持しており、ロレックスきっての「値崩れしづらいモデル」と言えます。

一方で現行品に比べれば安く、かつロレックスならではの現象として状態の良いUSED品が多く出回っているため、「100万円以内でロレックスを買いたい」「初めてロレックスを購入する」といった方にオススメしたいヨットマスターです。

 

ヨットマスター 168622

なお、同年にボーイズサイズのロレジウム 168622やSS×YGのロレゾール 168623、レディースサイズの同シリーズも併せてリリースされています。

ただし、レディースは2014年を以て、ヨットマスターのラインからは姿を消しました。

また、ボーイズサイズも2016年以降、37mmサイズへと移行し、加えて現行ボーイズではロレジウムとエバーローズゴールドの二択となりました。

 

【第四世代】ヨットマスター 16623

ヨットマスター 16623

素材:ステンレススティール×イエローゴールド
ケースサイズ:直径 40.0mm
全重量:147g
文字盤:グレー,ブルー他
ムーブメント:Cal.3135
パワーリザーブ:約48時間
防水性能:100m
製造年:2004年~2016年

2004年になると、SS×YGのロレゾールヨットマスターも、40mmサイズにラインナップとして追加されました。

実は、2016年を以て、ヨットマスターからイエローゴールド素材仕様は姿を消します。しかしながら、昔からのヨットマスターファンや、イエローゴールドの華やかさが好き!といった層から根強い人気があり、あえてこちらを選ぶ方は少なくありません。

ヨットマスター 16623

ホワイトやグレー、ブルーといった、イエローゴールドモデルならではの多彩なカラバリが楽しめるのも、16623ならではでした。

こういった衰えない需要から比較的高値で推移しており、状態や年式にもよりますが100万円台~120万円台の相場を築いています。

 

【第五世代】ヨットマスター40 116622

116622シルバー

素材:ステンレススティール×プラチナ
ケースサイズ:直径 40.0mm
全重量:151g
文字盤:シルバー・ブルー・ダークロジウム
ムーブメント:Cal.3135
パワーリザーブ:約48時間
防水性能:100m
製造年:2012年~2019年

ヨットマスターの第五世代として2012年バーゼルワールドで発表された、ロレジウム仕様のモデルです。

デザインコードは、第三世代のRef.16622を踏襲しておりますが、随所にスペックアップが図られています。

 

ヨットマスター 116622

特筆すべき変更点としては、ムーブメント仕様がまず挙げられます。同一のCal.3135を搭載しているのですが、116622以降はブルー・パラクロム・ヒゲゼンマイが採用されています。これはロレックス独自の技術で、磁性が高く磁気帯びしやすかった従来のヒゲゼンマイの素材を独自のものにすることで、従来の十倍も高い耐磁性、そして耐衝撃性を獲得しました。

また、夜光塗料がクロマライトに移行し、従来のスーパールミノバに比べて約二倍にあたる8時間発光が可能となりました。

さらにバックルとフラッシュフィットも、最新版に移行しています。

デザイン重視と思われがちなヨットマスターですが、そこはロレックスのプロフェッショナルモデルです。確実に最新スペックへとアップデートが図られてきました。

 

ヨットマスター 116622

ただ、デザイン面でも特筆すべきことがあります。それは、文字盤のカラーバリエーションです。

従来のロレジウムヨットマスターはプラチナベースのシルバーカラーのみでしたが、2012年に発売されたこちらの116622より、ブルーとダークロジウムが追加されました。

前項の「ヨットマスターの素材」でも言及しましたが、とりわけ独自のプラチナ配合によるダークロジウム文字盤はエレガント&スタイリッシュ。独特の仕上げによって、角度で表情を変える様も、どこか妖艶です。

現在、スポーツロレックスの全体的な相場高騰によってヨットマスターもまた値上がりしていますが、このダークロジウム文字盤が牽引していると言っても過言ではありません。

 

ただし、現行ヨットマスターは、ダークロジウム文字盤とブルー文字盤の二択となります。そのためシルバー文字盤の方の稀少性が高まってきており、ダークロジウム文字盤に肉薄する相場を築き始めています。

大体の相場感としては、ダークロジウム文字盤が130万円台~。ブルー文字盤が120万円前後~。シルバー文字盤が130万円前後~となっております。

 

あわせて読みたい関連記事

 

【第六世代】ヨットマスター40 ロレゾール 116655

116655

素材:ローズゴールド
ケースサイズ:直径 40.0mm
全重量:154g
文字盤:ブラック
ムーブメント:Cal.3135
パワーリザーブ:約48時間
防水性能:100m
製造年:2015年~2019年

2015年に発表され、ロレックス初のラバーストラップ、しかもロレックス独自素材のエバーローズゴールドということで一世を風靡したモデル。

「オイスターフレックスブレスレット」で快適な装着感や耐久性といった実用時計としての側面を強化しただけでなく、ヨットマスター特有の斬新なデザイン性も圧巻です。

エバーローズのケースとマットブラックのセラミックベゼル。

さらにダイアルとラバーで黒基調となった一本の中に赤いYACHT-MASTERのロゴ。

ひたすらカッコいいの一語につきるのではないでしょうか。

ヨットマスター 116655

ちなみにこちらの116655、バイヤーが「長らく市場でなかなか見かけない」と言うほど、品薄気味なモデルです。

何度か言及しているように、現在スポーツロレックスは軒並み相場を上げている状態です。
しかしながらその中心はステンレススティールモデルであり、116655のようなオール金無垢モデルは、派手な急騰は見せていません。

にもかかわらず116655は早い段階から相場を上げ、かつ今なおなかなか在庫確保が難しいモデルとなっております。それだけ、116655の魅力が、世間の認めるところなのでしょう。

現在はやや落ち着いたものの、相場は定価2,570,400円を超える270万円前後。
後述しますが2019年に生産終了となっており、今後の価格動向から目が離せないヨットマスターのうちの一本です。

 

ちなみに、新たなるボーイズサイズに当たるヨットマスター37 268655として、同デザインのモデルが同時リリースされています。

ヨットマスター37 268655

ヨットマスター37 268655

「40mmだと、ちょっと大きい」「でも、35mm以下だと、クラシックすぎない?」そんな方々にちょうどよいサイズ感ですので、ぜひ一度ご試着頂きたい一本です。

 

【第七世代】ロレックス ヨットマスター40 116621

ロレックス ヨットマスター40 116621 チョコレートブラウン

素材:ステンレススティール×エバーローズゴールド
ケースサイズ:直径 40.0mm
全重量:161g
文字盤:ブラウン
ムーブメント:Cal.3135
パワーリザーブ:約48時間
防水性能:100m
製造年:2016年~2019年

2016年バーゼルワールドで発表された新作ロレゾールタイプ。エバーローズゴールドが採用されたことでも話題になりました。

前述したオールゴールドのRef.116655では既に採用されていましたが、お馴染みのメタルブレスレットをエバーローズゴールド仕様としたドレッシーなデザイン性は、またさらにヨットマスター人気を押し上げることとなります。

ヨットマスター 116621

ゴールドのほのかな気品に、チョコレートのシックなダイアルを採用したことで落ち着いた趣が加わりました。 Ref.116655同様、ダイアル上の赤いYACHT-MASTERのロゴが上手に遊び心を演出します。

 

また、翌2017年には、ブラック文字盤もラインナップに追加されました。

ヨットマスター 116621 ブラック

スポーツシーンのみならず、アフターファイブやパーティーなどにもおすすめしたい逸品です。

なお、平均相場は150万円台~となっております。

 

ちなみに、やはり同年に新たなボーイズヨットマスター37の、ロレジウムモデルがリリースされています。

ヨットマスター37 268622

ヨットマスター37 268622

 

【最新世代】ヨットマスター40 ロレジウム 126621

ヨットマスター40 126621

素材:ステンレススティール×エバーローズゴールド
ケースサイズ:直径 40.0mm
全重量:160g
文字盤:チョコレート・ブラック
ムーブメント:Cal.3235
パワーリザーブ:約70時間
防水性能:100m
製造年:2019年~

ヨットマスターは、2019年にリニューアルが図られました。とは言えデザイン面はそのまま踏襲された形です。

大きな変更は、ムーブメント。従来のCal.3135から、Cal.3235の搭載がスタートしました。

このCal.32○○と付くムーブメントは、ロレックスが2015年頃から自社製品に順次入れ替えていっている機械です。

従来品よりさらに耐衝撃性と耐磁性がアップしたこと。加えてパワーリザーブが48時間から70時間に延長されたことから、ロレックス自身も「最新世代」と自負する名機。

Cal.3235への移行を以て、ヨットマスターはリファレンスも1166〇〇⇒1266〇〇へと変化しました。

なお、エバーローズゴールドの方は変わらずチョコレート文字盤・ブラック文字盤の二本柱となります。

また、オールエバーローズゴールドの126655も、そのままブラックのバリエーションを踏襲しました。

 

【最新世代】ヨットマスター40 ロレジウム 126622

ヨットマスター40 126622

素材:ステンレススティール×プラチナ
ケースサイズ:直径 40.0mm
全重量:151g
文字盤:チョコレート・ブラック
ムーブメント:Cal.3235
パワーリザーブ:約70時間
防水性能:100m
製造年:2019年~

同じく2019年、Cal.3235への移行を以てモデルチェンジを果たした、ロレジウムの新型ヨットマスターです。
ただし、前述の通り、126622以降はシルバー文字盤が生産終了となり、ダークロジウムまたはブルー文字盤の二択となりました。

なお、ヨットマスター37については、ロレジウム・ロレゾール・オイスターフレックスモデル全てがまだ据え置きの状態で、モデルチェンジは行われていません。
しかしながら前述の通り、ロレックスは積極的に新型ムーブメントへの移行を進めているので、37mmサイズの方に関してもいずれメスが入れられるでしょう。

相場については、デザイン面で新旧に大きな違いがないことから、まだ目立った相違はありません。
しかしながら新型の方がスペックアップしていること。加えてまだ流通しきっていないことから相場が高く、平均して160万円台~となっております。

 

【2019年新作】ヨットマスター42 226659

ロレックス ヨットマスター42 226659

素材:ホワイトゴールド
ケースサイズ:直径 42.0mm
全重量:151g
文字盤:チョコレート・ブラック
ムーブメント:Cal.3235
パワーリザーブ:約70時間
防水性能:100m
製造年:2019年~

バーゼルワールド2019にて、新型ヨットマスターに新しい顔ぶれが仲間入りしていました!

それがこちらの、ホワイトゴールド製モデルです!しかも、ヨットマスターとしては初の42mmサイズです。

一目見て、これまでのヨットマスターとは全くデザインを異にすることがおわかり頂けるでしょう。

ロレックス ヨットマスター42 バーゼルワールド2019

出展:https://www.rolex.com/ja

このインパクトのある印象は、ベゼルにセラミックを搭載させたことも大きいですね。

伝統的にヨットマスターにはゴールドやプラチナといった貴金属ベゼルが用いられてきました。
しかしながら今作ではブラックセラミック。しかもデイトナ等で流行りのセラクロムではなく、マットタイプです。

ロレックス ヨットマスター42 バーゼルワールド2019新作

出展:https://www.instagram.com/rolex/

さらにオイスターフレックスを搭載させることで、よりスポーティーで、よりカッコいいラグジュアリー・スポーツウォッチへと昇華されました。

残念ながらまだ実機は見れていません。
世界中で非常に大きな話題となったため、発売から一年経つ今なおずっと品薄状態なのです。

事実、定価が3,052,500円ですが、実勢相場はそれを大きく上回る350万円超え・・・
ただ、発売直後は400万円を超える値付けが行われていたため、比較的落ち着いてはきているようです。

今後、エバーローズゴールドやロレジウムと並んで、ヨットマスター人気を牽引していくことは想像に難くありません。

 

 

あわせて読みたい関連記事

 

 

ロレックス ヨットマスターⅡ

最後に、ヨットマスターの上位機種・ヨットマスターIIについてもご紹介いたします!

 

ヨットマスターII 116680

ヨットマスターII 116680

素材:ステンレススティール
ケースサイズ:直径 44.0mm
全重量:180g
文字盤:ホワイト
ムーブメント:Cal.4161
パワーリザーブ:約72時間
防水性能:100m
製造年:2007年~(2017年に文字盤仕様がマイナーチェンジ)

ヨットマスターをベースに、本格的なヨットレースに特化したスポーツモデルとして2007年誕生したのがヨットマスターⅡです。

44mmとかなり大型のケースに、世界初のレガッタ・クロノグラフを搭載していることで一躍脚光を浴びました。

レガッタ・クロノグラフとはカウントダウンができる機能のことで、ロレックスが独自に開発した、ロレックスの中で最も複雑と称されるムーブメントです。

ベゼルとムーブメントが連動しているリングコマンドベゼルで、最大10分までのカウントダウンを可能に。 また、ベゼルには高い耐傷性・耐蝕性を持つセラミックベゼルを採用。

ヨットマスターについていたデイト表示を省くことで、特殊機能と視認性の両立を実現しました。

 

ロレックス ヨットマスター

出典:https://www.rolex.com/ja/watches/baselworld/new-yacht-master-ii/m116680-0002.html

ヨットマスターⅡはその特殊機能に注目されがちですが、デザイン面でもヨットマスターI、そして他のスポーツラインとは一線を画します。

モデル名があしらわれた青いセラミック製のセラクロムベゼルにホワイトダイアル。 特徴的なスモールセコンドを起点に、扇型で青く縁取られたカウントダウン10分計が付されており、醸し出されるマリンテイストはヨットマスターから高級感を受け継いでいることを示唆しています。

コンプリケーションムーブメントであるCal.4161を搭載していますが、 パワーリザーブは約72時間ときわめて利便性が高いことが特徴です。また、プロフェッショナルモデルらしく、100m防水というのも嬉しいですね。

 

基幹モデルとなるRef.116680はオールステンレスですが、ヨットマスターⅡは現行でオールイエローゴールド、ロレゾール、ホワイトゴールドとプラチナのコンビネーションのラインナップがあります。

ロレックス ヨットマスター ロレゾール

※ヨットマスターII ロレゾール 116681

 

ヨットマスターII 116688

※ヨットマスターII オールイエローゴールド 116688

 

なお、ヨットマスターIIは2017年に文字盤一部がマイナーチェンジしております。

詳細は、下記の記事をご覧ください!

 

あわせて読みたい関連記事

 

 

まとめ

「スポーティー」の枠に捕らわれず、ともすればフォーマルウォッチのようなエレガンスを携えるヨットマスター。

それでいて日常に息づくことを前提として製造されているところは、最高のウォッチメイカーでありエポックメイカーであるロレックスならではです。

ロレックスウォッチの中でも人と少し違ったモデルをお探しの方は、一度ヨットマスターをお手にとってみてはいかがでしょうか。 プラチナやゴールドが持つ重厚感と高級感に触れられること請け合いです。

文:鶴岡

※掲載する定価・相場は、2020年5月現在のものとなります。

 

ロレックスのご購入はこちら

 

 

あわせて読みたい関連記事

 

この記事を監修してくれた時計博士

池田 裕之(いけだ ひろゆき)

(一社)日本時計輸入協会認定 CWC ウォッチコーディネーター
高級時計専門店GINZA RASIN 銀座ナイン店(ロレックス専門館) 店長

昭和57年生まれ 37歳 熊本県出身
19歳で上京し、22歳で某ブランド販売店に勤務。 同社の時計フロア勤務期に、高級ブランド腕時計の魅力とその奥深さに感銘を受ける。しばらくは腕時計販売で実績を積み、29歳で腕時計専門店へ転職を決意。銀座ラシンに入社後は時計専門店のスタッフとして販売・買取・仕入れを経験。そして2018年8月、ロレックス専門店オープン時に店長へ就任。時計業界歴16年

監修記事一覧

  • ロレックス サブマリーナを持っているなら知っておかなければいけない事

  • 価格が高騰するロレックスはどれ?時計専門店のスタッフが予測してみました【2019】

  • 10年後も価値が下がらない腕時計ブランド5選

  • 2019年 ロレックスの中で一番人気があるモデルは?

監修者一覧 >>

 
RASINオンラインサイトへ RASIN買取サイトへ バーゼルワールド2020速報 WATCHES&WONDERS 買取専門ブログ 腕時計入門ガイド 腕時計バイヤーズ完全ガイド 東京2020オリンピック 選手の腕時計まとめ ローン48回無金利
 

2016年新作のブログ一覧


時計クイズ
バーゼルワールド2020
WATCHES&WONDERS
買取専門WEBマガジン
販売サイトへ
買取サイトへ
東京2020オリンピック 選手の腕時計まとめ
腕時計バイヤーズ完全ガイド
腕時計入門ガイド

お勧めアイコン
人気記事ランキング



お勧めアイコン
おすすめ記事

ページトップへ