loading
Now Loading...
  • Twitter
  • LINE
  • Facebook
  • Instagram
  • weibo
  • WeChat

WEBマガジン

バーゼルワールドが2020年の開催見送り!Watches & Wonders Geneve(旧SIHH)に続き新型コロナウイルスが影響

  • にほんブログ村

速報です。バーゼルワールド主催団体MCH(MCM SWISS EXHIBITION)より、2020年開催見送りが公式発表されました。

発表の前日には高級時計財団(Fondation de la Haute Horlogerie;FHH)もまた、カルティエやIWC、パネライなどリシュモングループが中心となって行われるWatches & Wonders Geneve(旧SIHH;ジュネーブサロン)の開催を見送る、との声明を出しています。

理由は世界中で猛威を振るう新型肺炎「コロナウイルス」―スイス国内でも感染者が出たことが影響しました。

いったい、2020年の新作はどのような形式で発表されるのでしょうか。

ロレックスの新作は?パテックフィリップは?

この記事では、MCHおよびFHHからの発表の、詳報をお届けいたします!

バーゼルワールド SIHH WPHH  

 

 

バーゼルワールド 2020年の開催見送り

2月28日付で、バーゼルワールド主催団体MCHより、バーゼルワールドの2020年開催見送りが発表されました。

ただ、中止ではなく、「延期」であることが強調されています。

詳細は以下の通りです。

 

日程変更:2020年4月30日~2020年5月5日 ⇒ 2021年1月28日(木)~開催へ延期

理由:新型コロナウイルス(COVID-19)を受け、スイス政府が1,000人以上の規模のイベントを即時中止したため

その他:今後数週間のうちに、バーゼルワールド関係者全体に共通した新デジタルサービスを提供

 

バーゼルワールドは、世界最大級の時計・宝飾品の新作見本市です。

近年では「高額な出展料」「販促効果の低減」などを理由に、オメガ属するスウォッチグループ,ブライトリングなどが離脱し、存続の危機なんて言われ方もしていましたが、注目度は依然として高いものがありました。事実、ロレックスにチューダー、パテックフィリップ、ウブロやタグホイヤー・・・各人気ブランドが一堂に会して一斉公表する新作見本市は、バーゼルワールドを置いて他にないでしょう。

バーゼルワールド 会場

そんなバーゼルワールドが、世界中で猛威を振るう新型コロナウイルスの影響で、2020年の開催は絶望的となりました。

もともとセイコーやカシオ、シチズン、ブルガリなどが上記理由で離脱していましたが、バーゼルワールド自体はやる気満々。既に3月1週目からホールやスタンドの建設をスタートさせる予定であったようですが、スイス政府が2月28日に発令した「1,000人以上の規模のイベント開催の即時禁止」によって、開催を見送らざるを得ませんでした。

スイスでは27日から罹患者が出始め、28日には13人に急増したことから、このような策が緊急で打ち出されたのでしょう。

この対象期間は現在では3月15日まで、とされていますが、あくまで予定であり、延長される可能性は十分にあります。

コロナウイルスはスイスのみならず、イタリアやフランス、ドイツ、イギリスなど欧州全体で広がっています。

3月5日から開催予定であったジュネーブモーターショー(ジュネーブ国際自動車ショー)も中止となっていますし、それ以前にスウォッチグループ主催のTime to Moveや後述するWatches & Wonders Geneve、モバードグループがダボスで開催予定であったサミット等々、スイスを中心としたあらゆるショーが開催見送りとなっています。

 

ただ、MCHのマネージング・ディレクターであるミシェル・ロリス・メリコフ氏は、遺憾の意を表明しながらも、2021年1月の延期に対して前向きであること。加えて今後数週間以内にコミュニティ全体で不可欠かつ有用な、新しいデジタルサービスを提供することを語っています。

 

2020年 Watches & Wonders Geneve(旧SIHH)の開催中止

バーゼルワールド発表の前日にあたる2020年2月27日、高級時計財団(FHH)は、2020年4月25日~同年4月29日までに開催が予定されていたWatches & Wonders Geneveの、開催中止を発表致しました。

冒頭でも簡単にご紹介致しましたが、Watches & Wonders GeneveはカルティエやIWC、パネライ、ランゲ&ゾーネなどリシュモングループ。そしてユリスナルダン,エルメスなど高級時計・宝飾品を扱う人気ブランドが、一堂に会してその年の新作発表を行う展示会です。

スイスのジュネーブで毎年行われていることから、ジュネーブサロンの呼び名もまた広まっていますね。

従来はSIHH(Salon International Haute Horlogerie;国際高級時計展示会)として1月中旬~下旬にかけて行われていましたが、2020年より同じく時計・宝飾品の新作展示会となるバーゼルワールドと日程を同期させるため、4月開催が決まっていました。

SIHH会場

なぜ名称や日程が変わったのかは色々言われていますが、大きなところは近年の新作見本市の不調でしょう。

SNSが発展した今、「高い出展料を出してまで見本市に参加する意味がない」「プロモーションはウェブを使って、自社独自のプラットフォームで行えば十分」といった声が挙がっており、事実オーデマピゲやリシャールミルなど、時計界の「顔」的存在は続々SIHHを離脱していました。

そんな背景もあり、実はかなり早い段階から「改革」が行われていました。

具体的には「完全招待制」を止め、より時計好きや時計メディアに開かれた展示会に。また、2020年からはジュネーブ市内のツアーを組んだり、市内の飲食店や宿泊施設の価格を高騰させないようにしたりといった努力をしていたようです。

しかしながら、2019年末から猛威を振るっている新型肺炎「コロナウイルス」を危惧し、この度中止を決定しました。28年の歴史を持つジュネーブサロンが、始まって以来の危機に立たされていると見ていいでしょう。

 

 

ロレックス、パテックフィリップ、ウブロなどの新作はいつ発表されるのか?

バーゼルワールド SIHH 日程

「延期」とは言え、2021年1月開催・・・いったい2021年に何を発表するのか、といった声がそこかしこで聞こえてきます。

ただ、バーゼルワールド関係者は既に各ブランドの新作を知っているわけですので、今後各ブランドのホームページやSNS、あるいは時計メディアなどからバーゼルワールド2021を待たずに順次発表されていくこととなるでしょう。

MCHが新たに提供すると言うデジタルサービスも気になるところです。

とは言え、あのロレックスやパテックフィリップが、ウェブ上だけで新作発表を行うかと言われれば疑問が残るのも事実・・・

続報が分かり次第、お届けいたします!

 

 

なお、当店では2020年のバーゼルワールドの、現地レポートを予定しておりました。

展示会自体は中止とはなりましたが、各ブランドの新作を順次発表させて頂きます!

バーゼルワールド

 

あわせて読みたい関連記事

この記事を監修してくれた時計博士

田中 拓郎(たなか たくろう)

(一社)日本時計輸入協会認定 CWC ウォッチコーディネーター
高級時計専門店GINZA RASIN シニアマネージャー

当サイトの管理者。GINZA RASINのWEB、システム系全般を担当。スイスジュネーブで行われる腕時計見本市の取材なども担当している。好きなブランドはブレゲ、ランゲ&ゾーネ。時計業界歴11年

監修記事一覧

  • アップルウォッチ VS ロレックス 勝つのはどっち?マーケティング戦略考察

  • タグホイヤーは何故こんなに安いのか?高級時計メーカーのブランド戦略考察

  • 40代男性にお勧めしたい高級腕時計6選

  • フランクミュラーはなぜこんなに人気があるのか?高級時計メーカーのブランド戦略考察

監修者一覧 >>

 
RASINオンラインサイトへ RASIN買取サイトへ バーゼルワールド2020速報 WATCHES&WONDERS 買取専門ブログ 腕時計入門ガイド 腕時計バイヤーズ完全ガイド 東京2020オリンピック 選手の腕時計まとめ ローン48回無金利 時計クイズ
 

WEBマガジンのブログ一覧


時計クイズ
バーゼルワールド2020
WATCHES&WONDERS
買取専門WEBマガジン
販売サイトへ
買取サイトへ
東京2020オリンピック 選手の腕時計まとめ
腕時計バイヤーズ完全ガイド
腕時計入門ガイド

お勧めアイコン
人気記事ランキング



お勧めアイコン
おすすめ記事

ページトップへ