English 簡体字 繁体字 한국어 ภาษาไทย
HOME  矢印  ご利用案内  矢印  時間・日付の合わせ方

時間・日付けの合わせ方


ロレックス デイトジャストの使用方法



※デイトジャストの取り扱い方法となります。
個別の詳しい取扱い方法についてはお問合せ下さい。

I. ロックの外し方


通常時リュウズは埋め込み式でロックされています。 (図1の状態)
手前にリュウズをまいて、リュウズを緩めます。
しばらく緩めると、図2の状態になり、操作できるようになります。


II. ゼンマイの巻き方 (図2の状態)


ロックが外れた状態で、リュウズを奥に回してゼンマイを巻いていきます。


III. 日にちの合わせ方 (図3の状態)


図2の状態から1段階リュウズを引き出してください。
リュウズを回すと、日付が進んでいきます。


※注意点

日付けの早送りは20時から4時の間を避けて調整してください。
20時前後から4時前後に日付の調整が行われる為、この時間に調整しますと、機械の設計上故障の原因となります。

日付の注意点


IV. 時間の合わせ方 (図4の状態)


図3よりもう1段階リュウズを引き出してください。
リュウズを回すと、時計周りに早送りされます。


※注意点
時刻を合わせる際、必ず時計周り(右周り)に回してください。
逆に回しますと故障の原因になりますのでご注意下さい。
モデルによってリュウズの回転方向が異なります。

V. リュウズのロック


時間を合わせたら、図2の位置までリュウズを押し込み、奥に回してください。
ロックされたら秒針が動き出します。


※注意点
締めが弱いと浸水などの原因となりますのでご注意下さい。

ページトップへ