HOME  矢印  ご利用案内  矢印  日常のご使用の注意点

日常のご使用の注意点


機械式時計は精密機械のため、誤った使用や強い衝撃がかかると故障の原因となります。
無料保証は正常に使用した場合での自然故障に対応したものとなります。
誤って使用されて故障した場合の修理は有償となります。


防水について


防水表示と一般的とされる防水性能についてです。


防水表示 防水性能
非防水(表示なし) 防水性は備わっていません。洗顔や手洗いの際の些細な水飛沫などでも、時計内部に水分が混入する事がございます。
日常生活防水
(3気圧・3BAR)
手洗いや洗顔時および軽い雨など日常生活の使用に耐えうる程度です。時計に水飛沫が掛かった場合は、水分を拭きとるようにして下さい。
日常生活強化防水
(5気圧・5BAR)
水周りでの作業、プールサイドや水辺など軽く水が掛かる程度であればご使用頂けます。水中に浸ける事や水泳などではご使用できません。
日常生活強化防水
(10気圧・10BAR)
水中に浸ける程度のご使用は問題ありません。蛇口からの流水で時計を洗う事や、水泳などではご使用できません。
日常生活強化防水
(20気圧・20BAR)
水泳やマリンスポーツ(素潜り)などでご使用頂けます。スキューバダイビングでのご使用は出来ません。
潜水用防水
(200M〜)
スイミングやマリンスポーツ、スキューバダイビングなどでのご使用時にご使用頂けます。飽和潜水ではご使用できません。
飽和潜水用防水
(300M〜)
飽和潜水などでご使用頂けます。時計本体にヘリウムエスケープバルブが備わっているモデルに限ります。

◆リューズがネジ込み式のモデルの場合は、必ずリューズがしっかりと締め込まれている事を確認してください。
◆ユーズド品の場合は、防水表示がある場合でも同等の性能が備わっていない場合もございます。水周りやマリンスポーツなどでご使用される際は十分にご注意ください。
◆防水表示がなされている場合であっても、入浴やサウナなどでのご使用はお控えください。
◆海水で使用された後は時計本体に付着した塩分を真水で良く洗い流し、水分を乾いた布でなどで良く拭き取って下さい。
◆ガラス面の曇りや水滴が付着している場合、内部に水分が混入した可能性がございます。リューズを引き出した状態にしてご使用はお控えになり、速やかに修理をご依頼ください。


ご使用上の注意点


◆日ごろの保管場所

強い直射日光が当たる場所や高温多湿の場所は避けて下さい。

強い日光を浴び続けると文字盤やベルトの変色を引き起こします。

◆時計は磁気を嫌います!

生活に密着し常に磁気を発しているモノは、テレビやパソコンなどの家電品またハンドバッグなどのマグネット部です。
磁気を発するモノの近くに時計を長時間に渡り放置すると、時計本体が磁気を帯びてしまい精度異状を引き起こします。
普段ご使用されない時の時計の置き場所には、十分にご注意ください。

◆衝撃に弱いです!

腕時計は数百からの細かな部品で構成される精密機器です。
ゴルフ、野球、テニスなど、腕に強い衝撃が加わるスポーツなどをされる際は、腕時計は外して下さい。
部品同士の噛み合わせが外れたり、時として部品を変形させる事があります。


ページトップへ