loading
Now Loading...
  • Twitter
  • LINE
  • Facebook
  • Instagram
  • weibo
  • WeChat

デイトナ, ロレックス, 時計の雑学, その他

デイトナ 116515LN 革ベルトVSラバーベルト徹底比較!

  • にほんブログ村

時計ファンの間で高い人気を博しているロレックス デイトナ 116515LN。

革ベルトとラバーベルトの2種類存在するモデルですが、実はベルト以外にも違いが存在するのをご存知でしょうか?

今回は意外と知らない116515LNの違いについて解説致します。

ロレックスファンの方は是非ご一読くださいませ!

 

ロレックス デイトナ 116515LN

 

デイトナ 116515LNには2タイプが存在する

116515LNはデイトナのエバーローズゴールドモデルとして、2011年に発表されました。

エバーローズゴールドが最大の特徴ですが、ベゼルに初めてセラミックベゼルが使われたモデルとしても有名です。

 

ロレックス デイトナ 116515LN

 

そんな116515LNですが、2017年に型番はそのままに革ベルトからラバーベルトにモデルチェンジを果たしています。

文字盤のデザインやケースの大きさ、搭載ムーブメントはそのままに、ベルトだけが変更されました。

 

ロレックス デイトナ 116515LN

左:116515LN レザーベルト 右:116515LN ラバーベルト

ちなみにラバーベルトから革ベルトに変更したり、革ベルトからラバーベルトに変更することはできません。

あくまでも型番が同じ別の時計として扱われます。

実際に正規店でも116515LNはラバータイプしか用意されておらず、レザーベルトを購入したい場合は中古品で購入することになります。

 

デイトナ 116515LN ラバータイプとレザータイプの違い

2011年~2016年にかけて製造されたレザータイプの116515LN。そして、2017年~現在まで発売されているラバータイプの116515LN。

基本的にはベルトの違いが両モデルの違いです。

しかし、実は意外と知られていない違いがもう一つ隠されています。

それはバックルの違いです。

 

116515LN バックル

 

革ベルトタイプのバックルは横から見ると穴が開いています。しかし、ラバーベルトタイプのバックルは横から見ても穴が開いていません。

ラバーベルトタイプにはエクステンション機能が備えられているのです。

ベルト幅の微調整できる仕様となっているため、利便性が増しています。

 

 

エクステンション機能が付いた理由

ブレスレットはコマを外すことでサイズの調整ができます。革ベルトはつく棒を通す穴を変えることで調整ができます。

しかし116515LNはその調整ができません。革でもラバーでもバックルの微調整しかできないのです

 

オイスターフレックス

ラバーベルトの裏側を見ると「E-G」というアルファベットが記載されているのがご覧いただけるはずです。

このアルファベットはラバーベルトのサイズを表しており、E-Gの長さ(75mm)のベルトが取り付けられていることを表しています。

尚、サイズ展開はD.E.F.G.Hの5展開で、「E-●」の右側のアルファベットがサイズを表します。

12時側と6時側にそれぞれ違う、もしくは同じ長さのベルトを取り付けることで、自分の腕回りサイズに合わせる仕組みです。

 

関連記事:オイスターフレックスベルトの特徴とサイズの種類

 

基本的には組み合わせ次第でユーザーの腕回りにピッタリ合うサイズに調整すること出来ますが、人によってはそれでも微妙に合わないことがあります。そんな時に使うのがエクステンション機能です。

オイスターフレックス エクステンション

エクステンション機能は3段階の微調整が可能となっているため、最大5mm幅を増やすことができます。

ベルトの組み合わせとエクステンション機能によりピッタリ合う長さに調整できるわけです。

 

今回の記事に登場した116515LN

ロレックス デイトナ 116515LN アイボリー

こちらは2017年に登場したラバーベルトタイプの116515LN アイボリー。18金エバーローズゴールド製のケースに、モノブロック(一体構造)のブラックセラクロムベゼルを採用。上質なセラミックを使用することで耐蝕性、耐傷性に優れ、色褪せを防ぐことに成功しています。また、ベゼルの目盛りにピンクゴールドの微粒子層を蒸着し、PVD加工することで高い視認性を実現しました。

 

ロレックス デイトナ 116515LN  ブラック アラビア

2011年に発表され、数々の時計雑誌の表紙を飾った116515LN。現在はラバーストラップモデルが主流となりましたが、高級感のあるレザーベルトタイプもやはり人気です。アラビアインデックスとセラミックベゼルの組み合わせはデイトナの中でもかなりレアであり、個性派の方から熱い支持を受けています。

 

 

あわせて読みたい関連記事
  • にほんブログ村
 
RASINオンラインサイトへ RASIN買取サイトへ バーゼルワールド2019速報 SIHH2019 腕時計バイヤーズ完全ガイド
 

デイトナ新着商品




デイトナのブログ一覧


スウォッチグループ新作見本市2019
バーゼルワールド2019
SIHH2019
販売サイトへ
買取サイトへ
腕時計バイヤーズ完全ガイド

お勧めアイコン
人気記事ランキング



お勧めアイコン
おすすめ記事

ページトップへ