loading
Now Loading...
  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • Tumbler

サブマリーナ, WEBマガジン, ブランド時計豆知識, ロレックス, アンティーク時計

ロレックス サブマリーナを持っているなら知っておかなければいけない事

  • にほんブログ村

年齢問わず、誰が身に着けていても上品な存在感を放つロレックスの人気モデル”サブマリーナ”。

”ダイバーズウォッチ”として開発されたサブマリーナは、オンオフ問わず身に着けることが可能な「洗練されたデザイン性」、300m防水や高精度なムーブメントといった「機能性」を兼ね備え、誰からも愛される高級腕時計として高い人気と知名度を誇ります。

しかし、人気のモデルであるが故「サブマリーナ」の事をあまり知らずに使っている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は”サブマリーナ”を持っている人はもちろん、”サブマリーナ”が気になっている方に、是非知ってもらいたい基礎知識をまとめました。

 

ロレックス サブマリーナ

 

①ロレックス サブマリーナの歴史

ロレックスは1926年に3大機構のひとつ「オイスターケース」を発明。以降ロレックスの防水性は他社を圧倒する大きなアドバンテージとされていました。当時のロレックスは純粋な時計としての性能を凌駕する「プロフェッショナルな時計」の開発を進めており、目を付けたのが自社最大の強みであった防水性。その防水性を生かし、1953年に開発されたのがダイバーズウォッチであるサブマリーナです。

 

ロレックス サブマリーナの誕生

初代サブマリーナが開発されたのは1953年。100m防水・潜水時間を測定するための回転ベゼルを搭載した「過酷な環境で活躍するプロダイバー」向けに作られた、プロフェッショナル用の防水腕時計がサブマリーナでした。

1954年にロレックスは「バーゼルフェア」*にてサブマリーナのファーストモデル”Ref.6204″を世界に向け発表。”Ref.6204″は100mの防水、潜水時間を計測するための回転ベゼルを備えられた世界初のダイバーズウォッチ。深海660フィートでも動き続ける革新的なモデルとして世界中から賞賛を浴びました。

*バーゼルフェア=「スイス・バーゼル」にて行われる世界最大の宝飾と時計の見本市。2000年代前半に正式名称「バーゼルワールド」となった。

 

試行錯誤と進化

1950年代は黎明期にあたり、デザインの試行錯誤やムーブメントの進化に伴うモデルチェンジを幾度も重ねました。この時代のサブマリーナは”アンティーク・サブマリーナ”と呼ばれ、コレクター要素の高い時計として人気です。特に1953年頃から1958年までに製造された”Ref.6200″サブマリーナは資産価値 数千万円以上といわれている激レアモデルです。

 

【主なアンティーク・サブマリーナ】

 

Ref.6200

サブマリーナ 6200

初代サブマリーナと同時期に発売されたモデル。厚みのあるケースが特徴で「BREVET」の刻印が入った8mmのデカリューズを採用した200m防水時計です。

 

Ref.6538

サブマリーナ6538

出典:http://www.matthewbaininc.com/watch-details/354

第二世代にあたるサブマリーナ。映画007でジェームズ・ボンドが着用していたと言われており、アンティーク時計として現在でも高い人気があります。また、Cal.1030を搭載した初のクロノメーター仕様です。

 

Ref.5512

初のリューズガードが備えられたモデル。流通量が少なく、希少価値が高い時計です。

 

Ref.5513

サブマリーナ 5513

生産期間が30年に渡ったロングセラー。マイナーチェンジが多く、文字盤やムーブメントに様々なバリエーションが存在します。

 

Ref.5517

サブマリーナ 5517

イギリス軍のオーダーによって製造された軍用時計。通称「ミリサブ」と呼ばれる非常にレアなモデルです。

 

※サブマリーナには上記以外にもRef.6202 6204 6205 6536 5508 5510 5514 1680など多くのアンティークモデルが存在します。

 

そして、1965年。ロレックスは試行錯誤の集大成として、カレンダーを搭載した新モデル「デイト」を開発しました。以降、サブマリーナシリーズは「デイト」「ノンデイト」の2つのモデルを並行して展開していくこととなります。

 

②2種類のサブマリーナ「デイト」「ノンデイト」

現在のサブマリーナには大きく分けて2つの種類があります。一つはカレンダーが搭載されている「サブマリーナ デイト」。もう一つはカレンダーが搭載されていない「サブマリーナ ノンデイト」です。

 

サブマリーナはカレンダーが搭載された「デイト」が発表された1965年以降、「デイト」「ノンデイト」のモデルが並行して製造されてきましたが、どちらかというと「デイト」がサブマリーナの主力として扱われました。

 

ロレックス サブマリーナ

左:サブマリーナ デイト Ref.16610  右:サブマリーナ ノンデイト Ref.14060

上記2つのモデルは同時期に発売された「デイト」と「ノンデイト」のモデルです。「ノンデイト」”Ref.14060″に搭載されているムーブメント”Cal.3000″は同時期に発売された「デイト」の”Ref.16610″に搭載されているムーブメント”Cal.3035″に比べ、低コストで作られているムーブメントでした。

 

ただ、「ノンデイト」の現行モデルである”Ref.114060″ではムーブメントが”Cal.3130″に変更され、「デイト」モデルとのムーブメント性能差は殆どなくなっています。もはやカレンダーの有無以外「デイト」と「ノンデイト」は大きな違いはほとんどなく、どちらを選ぶかは好みの問題といっても過言ではありません。

「ノンデイト」は1954年発売にされたサブマリーナの礎となったデザインとして、「デイト」よりも歴史の深い”クラシック”なモデルという印象です。

しかし、機能以外の面で「デイト」と「ノンデイト」で大きく異なる点があります。それは価格の違いです。

 

「ノンデイト」は「デイト」に比べて安い。

「ノンデイト」「デイト」の同時期に発売されたモデルを比較すると、新品価格・中古価格ともに「ノンデイト」の方が安く、メーカー小売価格で大まかに10万前後の価格差があります。

ロレックス サブマリーナ

左:デイト付き Ref.116610LN ¥874,800 右:ノンデイト Ref.114060  ¥766,800

 

③ロレックス サブマリーナの魅力

サブマリーナは街でも着けている方をよく目にするダイバーズウォッチの定番中の定番。ここではスポーツウォッチながら多くの人に選ばれるサブマリーナの魅力を紹介します。

ロレックス サブマリーナ

 

300m防水を誇る高い防水性

サブマリーナの特徴は何といっても「防水性」。この防水性は時計の機能として大変優秀です。営業職の方、水仕事が多い方はもちろん、天候に左右されやすい屋外での仕事をしている方にピッタリの機能といえます。

もちろんダイバーズウォッチなので、プロのダイバーは勿論「マリンスポーツ」や「フィッシング」といった海に関する趣味を持つ方には最高の1本です。

 

シンプルで普遍的なデザイン

サブマリーナはブラックカラーの文字盤とブラックベゼルの非常にシックでシンプルなデザイン。50年以上も変わらない「普遍性のあるデザイン」でもあり、世界でも類を見ないほど高い認知度を誇ります。また、ステンレスモデルにはブラックとグリーンの2パターンしかなく、ラインナップも非常にシンプルです。

ブラックダイヤル ロレックス

通称”ブラックダイヤル”と呼ばれる文字盤は高い独自性と視認性を誇り、夜光塗料を施した18 ctゴールド製アワーマーカーが特徴的です。

 

逆回転防止ベゼル

サブマリーナにとって欠かせない機能「逆回転防止ベゼル」。このベゼルには60分の目盛が刻まれていて、ダイバーにとって生死にかかわる潜水時間と減圧停止を正確に測定することが可能になりました。さらに、現行モデルの”Ref.116610″ではステンレスだった逆回転防止ベゼルはセラミック素材への進化し、絶対的な耐傷性を得ています。

 

高品質なムーブメント

サブマリーナ デイトの現行モデル”Ref.116610″に搭載されているムーブメントは”Cal.3135″。

Cal.3135はスイス公認クロノメーター検査協会(COSC)のテストに合格した高精度の時計にのみ与えられる、クロノメーター認定を受けている高品質ムーブメントです。また、このムーブメントにはヒゲゼンマイと呼ばれる「パラクロム」という特殊な素材から作られていて、「温度変化に強い・磁力に耐性がある」といった特徴があります。

内部機械の細かな調整が可能となっており、定期的にメンテナンスを行えば「半永久的」に精度が保てるムーブメントとして、時計業界における最高のムーブメントの一つと評価され続けています。

ロレックス アフターケア

出典:https://www.rolex.com

 

アフターケアが手厚い

高級時計メーカーの中でも、ロレックスの正規オーバーホールはコストパフォーマンスに優れています。サブマリーナのオーバーホール基本料金は45,000円。他社の比較しても安価な価格設定となっています。驚くべき部分は通常別料金となる仕上げをロレックスは基本料金に含んでくれていること。末永くサブマリーナを使うための維持費が安く済むのはとても魅力です。ちなみに製品保証期間は”5年間”(2015年7月以降のモデル)であり、こちらも長めの他社と比較して長めの設定となっています。

 

④ロレックス サブマリーナの軌跡

サブマリーナは1954年に発表されてから、大きくデザインを変えることなく現在まで受け継がれてきた伝統のあるモデルです。その風貌から「どのサブマリーナも同じに見える。」と思われる方もいます。

そこで、サブマリーナが辿ってきた進化の軌跡をまとめました。あなたが持っているサブマリーナはどのモデルで、どのような特徴があるのか。もしくは欲しいサブマリーナはどのモデルなのかを確認してみましょう。

※1960年以降のモデルのみ抜粋しています。


アンティークサブマリーナ 5513

ロレックス サブマリーナ デイト Ref.5513

製造期間:1963年 ~ 1989年
搭載ムーブメント:Cal.1520
防水性能:200m

1965年頃より、クロノメーター仕様のムーブメントを搭載。年代によってインデックスの「フチなし」・「フチあり」が存在しますが、価値が高いのは「フチなし」の方です。アンティークモデルは古いほど価値が高くなるのが基本となっています。

 


サブマリーナ 1680 アンティーク

ロレックス サブマリーナ デイト Ref.1680

製造期間:1965年 ~ 1980年
搭載ムーブメント:Cal.1570
防水性能:200m

1680は初のデイト付きサブマリーナ。風防にカレンダーの視認性をアップさせるためのサイクロップレンズが装備されました。早くも現行デザインにかなり近くなっています。尚、レア個体「赤サブ」が存在するモデルでもあります。

 


サブマリーナ

ロレックス サブマリーナ デイト Ref.16800

製造期間:1980年 ~ 1986年
搭載ムーブメント:Cal.3035
防水性能:300m

16800からは2ndモデルと呼ばれるシリーズとなります。風防がサファイアクリスタルになり、防水は300mに。逆回転防止ベゼルが採用され、機能性が劇的に向上しています。

 


サブマリーナ168000

ロレックス サブマリーナ デイト Ref.168000

製造期間:1986年 ~ 1989年
搭載ムーブメント:Cal.3035
防水性能:300m

1986年にはマイナーチェンジが施され、3rdモデルと呼ばれるシリーズになります。前モデルと外観の違いこそありませんが、ステンレス素材がより耐食性に優れる素材へと変更されました。

 


ロレックス サブマリーナ ノンデイト Ref.14060

製造期間:1989年 ~ 2000年
搭載ムーブメント:Cal.3000
防水性能:300m

1989年にはRef.5513の後継機種にあたるノンデイト14060が発売。デイトモデルと同じくサファイアクリスタル風防が採用されました。もちろん防水性は300m防水です。

 


ロレックス サブマリーナ デイト Ref.16610

製造期間:1989年 ~ 2010年
搭載ムーブメント:Cal.3135
防水性能:300m

今尚人気を博している16610は20年以上にも渡り生産されたサブマリーナのロングセラーモデルです。風防6時位置の王冠の透かし(2003年)やインナーリングへのルーレット刻印(2007年)などの偽造防止策が施されました。

 


ロレックス サブマリーナ デイト Ref.16610LV

製造期間:2003年 ~ 2010年
搭載ムーブメント:Cal.3135
防水性能:300m

サブマリーナ生誕50周年を記念して発表されたモデル。Ref.16610をベースにグリーンベゼルを搭載し、針・インデックスが大型化されました。ブラック文字盤とグリーンベゼルのコントラストが美しい人気モデルです。

 


サブマリーナ 14060M

ロレックス サブマリーナ デイト Ref.14060M

製造期間:2000年 ~ 2011年
搭載ムーブメント:Cal.3130
防水性能:300m

14060のマイナーチェンジと呼べるモデル。外観上には大きな変更点はありませんが、ムーブメントにCal.3130を搭載しています。また、6位置に王冠透かしマークが施されたことも特徴です。

 


ロレックス サブマリーナ デイト Ref.116610LV

製造期間:2010年 ~
搭載ムーブメント:Cal.3135
防水性能:300m

2010年から発売されている現行グリーンサブ。ベゼルはステンレス製からキレイで艶のあるセラクロムに変更され、ドットタイプのインデックスも大きくったことで、視認性が向上しています。また、文字盤もグリーンに変更されました。

 


ロレックス サブマリーナ デイト Ref.116610LN

製造期間:2010年 ~ 現在
搭載ムーブメント:Cal.3135
防水性能:300m

サブマリーナデイトの現行モデル。世代を問わず人気を博しており、リセールバリューも70%以上を誇ります。買って損をしない時計としては最高峰の一本といえるでしょう。

 


ロレックス サブマリーナ ノンデイト Ref.114060

製造期間:2012年 ~ 現在
搭載ムーブメント:Cal.3130
防水性能:300m

Ref.14060Mの後継機種にあたる現行ノンデイトです。艶やかなセラミックベゼル、耐磁・耐衝撃性に優れるパラクロム製ヒゲゼンマイを採用したCal.3130を搭載したハイスペックな一本。価格もデイトに比べ、非常にリーズナブルな価格となっています。

 

 

サブマリーナの系譜はこちら

 

 

⑤個性的なサブマリーナ

サブマリーナ Ref.116613LB

サブマリーナは50年以上の歴史を持ち「普遍的デザイン・カラー」を守り続けてきましたが、近年はブラック・グリーン以外にもブルーの文字盤、ケースがゴールドといった特殊なバリエーションも増えています。最後にそんな個性的なサブマリーナをいくつか紹介したいと思います。


サブマリーナ 16613SG

ロレックス サブマリーナ デイト Ref.16613SG

製造期間:1989年~2010年
搭載ムーブメント:Cal.3135
防水性能:300m

コンビブレス、シャンパンダイアルに8Pのダイヤインデックスと3Pのサファイアインデックスを配したゴージャスなモデルです。シンプルなサブマリーナのイメージを覆す煌びやかなモデルとして話題を博しました。

 


サブマリーナ Ref.116618LB

ロレックス サブマリーナ デイト Ref.116618LB

製造期間:2008年 ~
搭載ムーブメント:Cal.3135
防水性能:300m

ズッシリと重い装着感を感じられるイエローゴールド無垢のケースに、300m防水のハイスペック機能を備えマリンカラーのブルーを基調としたラグジュアリーなダイバーズウォッチ。圧倒的な存在感があります。

 


ロレックス サブマリーナ デイト Ref.116613LB

製造期間:2009年 ~
搭載ムーブメント:Cal.3135
防水性能:300m

海をイメージさせるブルーを基調とした爽快な色使いは「青サブ」と呼ばれ、夏を愛する方にピッタリのモデルです。2009年に発表されたコンビモデル116613LBは新設計のケースやブレスレットはそのままに、高級感と質感が大きく向上しています。

 


サブマリーナ 116613GLN

ロレックス サブマリーナ デイト Ref.116613GLN

製造期間:2009年 ~
搭載ムーブメント:Cal.3135
防水性能:300m

ブラックダイアルとダイヤインデックスを組み合わせたゴージャスでスポーティなモデル。防水性能の高いダイヤ付きモデルは意外と珍しいです。日本国内よりも海外で人気があります。

 


サブマリーナ116619LB

ロレックス サブマリーナ デイト Ref.116619LB

製造期間:2008年~
搭載ムーブメント:Cal.3135
防水性能:300m

一見ステンレススティールにも見えますが、実は高級感溢れる18金ホワイトゴールドが使われているモデルです。鏡のように反射させる性質をもつため、ケース・ブレスに鮮やかなブルーが映えます。定価3,801,600円と、かなりの高級モデルではありますが、人気は非常に高いです。

 

 

まとめ

サブマリーナはロレックスの中でも1、2位を争う人気モデル。高い防水性能、高品質なムーブメント、そして何より50年以上変わらず守り続けた「普遍性のあるデザイン」はサブマリーナの大きな魅力です。

その歴史の長さから膨大な数のモデルが並ぶサブマリーナは、アンティークモデルを中心に”レアモデル”も多く存在しているのも特徴。コレクターズアイテムとしての側面もあるサブマリーナは「1本持っていても、さらにもう1本欲しくなる」。そんな魅力に溢れたシリーズです。

 

  • にほんブログ村
 
RASINオンラインサイトへ RASIN買取サイトへ
バーゼルワールド2018速報  

サブマリーナ新着商品




サブマリーナのブログ一覧


バーゼルワールド2018
販売サイトへ
買取サイトへ

お勧めアイコン
人気記事ランキング



お勧めアイコン
おすすめ記事

ページトップへ