loading
Now Loading...
  • Twitter
  • LINE
  • Facebook
  • Instagram
  • weibo
  • WeChat
クリスマス特集 クリスマス特集

WEBマガジン, アンティーク時計, サブマリーナ, ブランド時計豆知識, ミドルクラスのモデル特集, ロレックス

ロレックス サブマリーナ16800と168000の違い~外装、スペック、相場~

  • にほんブログ村

見た目はほぼ同じ。でもリファレンスが違う。ロレックスには、そんなモデルがしばしば存在します。多くの人気モデルが初代から一貫したデザインアイコンを持つためでしょう。
そんなモデルの中でも、特に見分けが難しいもの。それは、ロレックス サブマリーナのRef.16800とRef.168000です。似ているどころか、瓜二つ。そもそも違いなんかないのでは?なんて、ロレックス愛好家の間で囁かれ続けるミステリアスな二本です。
なお、これだけ似ているくせに相場の変遷は異なると言うことにも驚かされるところ。

この記事では、ロレックスの中でも特に違いがわかりづらい、サブマリーナ 16800と168000についてご説明いたします。

サブマリーナ 16800

 

ロレックス サブマリーナ16800と168000の違い

サブマリーナ 16800

サブマリーナ 16800

素材:ステンレススティール
ケースサイズ:40mm
文字盤:黒
ムーブメント:Cal.3035
防水性:300m
製造期間:1980年~1986年頃

 

サブマリーナ 168000

サブマリーナ 168000

素材:ステンレススティール
ケースサイズ:40mm
文字盤:黒
ムーブメント:Cal.3035
防水性:300m
製造期間:1986年~1989年頃

 

画像を並べてみると、経年などによる変化はあれど、外装だけで違いを判断することは容易ではありません。
Ref.16800の初期型には、アンティークロレックスでよく話題になる「フチなし」個体が存在します。これは、インデックス部分のメタルフレームの有無によって分類されますが、後期型にはなくなる仕様のためそこだけで判断する、ということは不確かになってしまいます。

16800 フチなし

※フチなしのサブマリーナ 16800

さらに言うと、ロレックス自身がしばしば16800と168000を混同したかのような表記が見られることも、この「違いのわかりづらさ」に拍車をかけています。
例えばケースバックに16800の表記がある個体が、16800にも168000にも存在します。また、168000の個体のギャランティ(保証書)に16800記載がなされています。
また、ブレスレットはリファレンスによって仕様に違いが出てくることもあるのですが、どちらもハードブレス93150式が採用されています(ただし、ブレスレットは交換されている個体も少なくないので、販売されている168000が必ずしも93150式とは限らない)。
ちなみにハードブレスとは1970年代後半頃から誕生したブレスレットの仕様で、現行のものはこのハードブレスがより頑強になりました。

ハードブレス 91350

このように、プロであってもなかなか違いの判断が難しいこの二本。かなり細かく見ないと、違いは浮き彫りになりません。
そのディテールは以下の通りです。

 

違い①素材

これは「らしい」とか「言われている」とか、そのような言い方になってしまうのですが、16800と168000では、使用されているステンレススティールが異なるようです。
16800では316Lスティールが採用されていたのですが、168000では904Lスティールを正式採用した、と。

どういうことかと言うと、実はあまり知られていませんが、ステンレススティールの中にもランクがあります。ステンレスは鉄が主体となり、ニッケルやクロムなどを合金して硬度や加工性を調整するのですが、その合金の割合などでいくつかの種類に分けることができるのです。

ステンレススティール ブレスレット
最も一般的に普及し、安価なのがSUS304。そしてワンランク上の高級機にはSUS316Lが使用されます。ロレックスでは、さらにそのさらに上をいく最上級のSUS904Lを現行SSモデルの主流としているのですが、168000ではこの904Lステンレススティールをサブマリーナに正式採用したと言われているのです。
ちなみにこの違いは刻印などでは調べようがなく、専用の分析機器が必要となってきます。16800でも後期モデルには採用されていたかもしれません。そのため「らしい」という言い方に留まっています。

 

違い②ケースサイドのリファレンスの刻印

サブマリーナ 168000刻印

出典:https://www.craftandtailored.com/products/copy-of-1982-rolex-submariner-ref-16800-transitional-model

 

16800と168000を明確に分ける一つの違いとして、12時側ケースインサイドの刻印が挙げられます。168000とハッキリ打刻されています。
しかしながら前述のように、ケースバックは16800、ギャランティも16800・・・しかも、日本ロレックスに「168000とエングレービングされた個体」をメンテナンスに出すと、修理明細書には「Ref.16800」として記載されると言います。
刻印は消えてしまったり、変更されてしまったりするため、必ずしも明確な違いと言うわけではなく、ケース製造時にミスがあったのでは?なんてことも囁かれています。

 

違い③その他のディテール

ロレックス Cal.3035

素材とケースインサイドの刻印以外にも違いは存在するのでしょうか。ディテールを見ていきます。

まず、ムーブメント。リファレンスが異なると、ムーブメントも違うといったことが多いのがロレックスの特徴です。しかしながら16800も168000も、Cal.3035が搭載されています。
ムーブメントのディテールに違いがある個体も存在しますが、基本的に16800後期モデルと168000は一緒と考えていいでしょう。
もともとCal.3035が短命なムーブメントで、Cal.3000番台から3100番台への過渡期とも言われます。そのため、次世代のRef.16610ではCal.3135が搭載されるようになりました。

その他では、168000の方が文字盤に腐食が見られる個体が多い(ただし同年代の他モデルでも、文字盤がぷつぷつしたりスパイダー状に割れたものが見られる)、とか、ロゴのスタイルが異なるものがある、といった違いが報告されています。

 

ロレックス サブマリーナ 168000誕生の謎

サブマリーナ 16800 168000

先ほどサブマリーナの沿革を簡単にご紹介いたしましたが、唐突に6桁リファレンス168000が出てきた、というところに驚きを感じませんでしたか?サブマリーナがのリファレンスが6桁に移行するのは、現行116610系が出た2010年以降となります。
製造期間も1986年~1989年頃と、わずか3年。サブマリーナは長い歴史を持ち、多くのリファレンスでそこまで短命のモデルというのはあまり見かけません。ただ、16800自体も製造期間は1980年~1986年あたりと、決して長くはないことを鑑みると、文中でも少し触れたようにただの製造ミスなのでしょうか。

もう一点考えられることは、次世代Ref.16610への「プロトタイプ」的な役割だった、ということです。
16800および168000はCal.3035が搭載されていますが、次世代16610はCal.3135。しかしながら外装面などは、ほとんど16610へ踏襲されています。

Cal.3135は今なおロレックスの基幹ムーブメントとして活躍していますが、その礎となったのがCal.3035でした。そんなCal.3035は、初めてハイビートを採用したり、クイックチェンジ機能を搭載したりと革新的な逸品に間違いありません。しかしながらパーツの摩耗が激しく操作にも難点があるなど実用面では今一つな面があったため、短命に終わったムーブメントです。

サブマリーナ 16610

※Ref.16610。ムーブメント以外は踏襲された部分が多い

そのため、より機能性を高めたCal.3135の開発に成功した段階で、サブマリーナも一躍Ref.16610の誕生になったのかもしれません。

16800および168000が誕生した1980年代は機械式時計にとって冬の時代でもあり、ロレックスでは様々な変革が敢行されていました。その流れの中で生まれた一つのビジネスモデルだったのでしょう。

これは憶測の域を出ず、Ref.168000の誕生の謎についてはロレックスファンの間では今なお解明されていません。このミステリアスな一面がロレックスファンの心を揺さぶり、「トリプルゼロ」という愛称で親しまれているのはご存知の通り。

16800と168000の違いや詳細については、話が尽きません。

 

ロレックス サブマリーナ 16800と168000の相場の違いとは?

相場 イメージ

 

■生産終了モデル
■わずか3年という製造期間
■人気機種のサブマリーナ

と言うことで、Ref.168000の価格はかなり高騰しているのでは?と思われがちですが、ややマニアックなせいか、他のヴィンテージロレックスに比べると突出して価格を上げている、ということはありませんでした。

ただ、サブマリーナ、およびヴィンテージロレックス自体の相場がどんどん上がっていること。加えてやはり稀少性の高さに「買いたい!」という需要が大きいためか、数年前に比べて飛躍的に相場を上げており、かつて50万円台~購入できていたにもかかわらず現在では90万円前後が普通になってきました(個体のコンディションによる)。また、スパイダーと呼ばれる、文字盤がキレイにひび割れた個体はもともと高騰していましたが、さらに高値を記録しています。

サブマリーナ 16800

スパイダーダイヤル ※画像はGMTマスターとなります。

 

一方で168000のレアっぷりを差し置いてさらに相場を上げているのがRef.16800の方です。この大きな高騰の理由の一つとして、「フチなし」モデルが存在していることが挙げられるでしょう。

冒頭で少しご紹介しましたが、フチなしはアンティークロレックスに多々見られる仕様で、インデックスのメタルフレームがない個体を指します。これが「ヴィンテージな風合い!」と言うことで多くのモデルで相場を上げています。中にはフチなしかフチありかで、数十万円の違いが出てくるものも。

また、1980年代頃に製造されたフチなしは良い飴色に変色した個体が散見されることも、価格高騰に一役買っているのでしょう。

サブマリーナ 16800

一方で現代っ子らしく、サファイアクリスタルの風防だったり、ムーブメントに画期的な改良が加えられていたりとスペックの高さも「買い」の大きな理由になります。

1980年代当時から300mもの潜水に耐えられる頑強なダイバーズウォッチとして完成していたため、今なお良好なコンディションを保つ個体も多く、中古品への需要が非常に高いのです。

こういうわけで、今Ref.16800は価格が急上昇。コンディションの良いフチなしモデルなどは130万円台に突入し、レア個体の多い初代サブマリーナRef.5513に迫る勢いです。

なお、Ref.16800もスパイダーと呼ばれる、キレイにひび割れたモデルが高値をつけます。

 

あわせて読みたい関連記事

 

まとめ

ロレックス サブマリーナのRef.16800と168000の違いについてご説明いたしました。

微細に留まる差異、唐突な6桁品番、日本ロレックスによる168000―トリプルゼロ―の扱い・・・謎多きこの二本ですが、非常に完成されたダイバーズウォッチであることに間違いありません。今後、まだまだ価格を上げる可能性は低くないので、愛機として楽しみつつ、値上がりも楽しめるお勧めロレックスの一つです!

 

ロレックスのご購入はこちら

 

あわせて読みたい関連記事
  • にほんブログ村
 
クリスマスメンズ クリスマスレディース
クリスマスメンズ クリスマスレディース
クリスマスペアウォッチ RASINオンラインサイトへ RASIN買取サイトへ WATCHES&WONDERS 買取専門ブログ 腕時計入門ガイド 腕時計メンテナンス完全ガイド 腕時計バイヤーズ完全ガイド ショッピングローン最大60回払いまで無金利
 

WEBマガジンのブログ一覧


クリスマス特集
時計クイズ
買取専門WEBマガジン
販売サイトへ
買取サイトへ
腕時計バイヤーズ完全ガイド
メンテナンスガイド
腕時計入門ガイド
正社員・アルバイト求人

お勧めアイコン
人気記事ランキング



お勧めアイコン
おすすめ記事

クリスマス特集

クリスマス特集L クリスマス特集M

ページトップへ