loading
Now Loading...
  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • Tumbler

WEBマガジン, 腕時計選びのためのお勧め記事, ウブロ, タグホイヤー, ブライトリング, その他

高級時計メーカーが作るスマートウォッチ~タグホイヤー、ウブロ、ブライトリング~

  • にほんブログ村

アップルウォッチが収益でロレックスを凌いだ―そんなセンセーショナルなニュースが走ったのは2017年のことでした。
アップルに限らず、ソニーやサムスンなど腕時計型端末は確実にシェアを伸ばしてきています。

その動きを見てか、腕時計ブランドがスマートウォッチを開発する潮流が新たに生まれました。
早い段階ではFossilやシチズン。

そして近年、タグホイヤーウブロなど由緒正しい高級時計ブランドに位置づけられるメーカーも参戦してきているのです。

そこでこの記事では、機械式時計をメインに扱っていたブランドのスマートウォッチを解説いたします!

タグホイヤー スマートウォッチ コネクテッド

出典:https://www.tagheuer.com/ja-jp

 

1.スマートウォッチとは?

「スマートウォッチ」という言葉はよく聞くけど、どんな時計かわからない。
そんな方々も多いのではないでしょうか。

実際、腕時計型端末(ウェアラブルデバイス)の歴史は1980年代から始まり、2012年にスマートフォンと連動したスマートウォッチをソニーが開発しても、爆発的にヒットしたわけではありませんでした。
「スマートフォン」で十分。そんな声も聞かれていましたね。

近年のスマートウォッチとは、ほとんどがBluetoothを内蔵し、スマートフォンとの連携が可能となった腕時計型端末です。
電話やメールができたり、スマートフォンの通知やバッテリー管理を行うことができるので、スマートフォンをいちいち鞄などから出す必要性はなくなります。

もちろんスマートウォッチ単体でも通信したり機種によっては万歩計や走行距離を試算し健康管理をしてくれるものも。

スマートウォッチは、決してなくてはならないものではありません。
しかし、身に着けた人の多くが「この便利さを知ったら手放せない」とおっしゃいます。

腕時計を「時刻を知るための日用品」と考え、どうせ買うなら多機能なスマートウォッチを、という方が若い世代を中心に増えていることは事実です。

 

2.機械式時計とスマートウォッチ、どちらがいいの?

スマートウォッチ

スマートウォッチ人気がロレックスを超えた。そんなことから、機械式時計の今後を案じる声は少なくありません。

実際スマートウォッチの開発は、多くの老舗ブランドにとってクォーツショック以来の変動期とも言えるのでしょう。
クォーツショックとは、1969年にセイコーが世界で初めて実用腕時計にクォーツを搭載したアストロンを発売した「事件」。
ゼンマイで動く機械式時計の平均日差は-10~+20秒が当たり前なことに対し、電池式クォーツは月差±3秒以内という超高精度なものでした。

大量生産による低価格化が可能だったこともあり、高級時計ブランドは大打撃。
ブランパンは休眠、ゼニスはアメリカ企業に買収、IWCは倒産寸前・・・由緒正しい超有名ブランドですらこの有様でした。

一方で「高級機械式時計だけを売る」ことをブランディング戦略として生き残ったメーカーも少なくありません。
ロレックスやパテックフィリップなどがその代表例ですね。

2000年代、再び機械式時計の価値は見直され、多くのブランドが再建していきました。

パテックフィリップ

このエピソードからもわかるように、機械式時計の価値というのは、時代や利便性を超越する魅力を確実に有します。
電子機器には出せない味わい、高級感、芸術性などが挙げられますね。

ある腕時計界のドンは、スマートウォッチのデザイン性を一笑に付したと言います。

また、スマートウォッチはOSが古くなったりバッテリーの寿命がありますが、メンテナンスさえ行えば一生使い続けることができるのは機械式時計の醍醐味でしょう。

まだまだ堅調な高級時計市場。
ライフスタイルによって一長一短がありますが、大切な人へのプレゼントやここぞという時のシーンには、機械式時計をおすすめします。

 

3.機械式時計×スマートウォッチという選択

タグホイヤー スマートウォッチ コネクテッド

出典:https://www.tagheuer.com/ja-jp

機械式時計とスマートウォッチ、どちらを購入しようか迷っている方に朗報です!
近年では、この二つのハイブリット型スマートウォッチが発売されているのです。しかも、ラグジュアリーブランドに位置づけられるメーカーから!

最もアップルなどに肉薄しているブランドと言えば、タグホイヤーでしょう。
タグホイヤーは今年で創業158年を迎える老舗中の老舗。

にもかかわらず非常にコストパフォーマンスに優れた商品ラインナップが魅力で、カレラを筆頭にモナコフォーミュラ1など多くのロングセラーを有しています。

そんなタグホイヤーがブランド初となるスマートウォッチ「コネクテッド」を発表したのは2015年。
同社のフラグシップである「カレラ」のデザインを踏襲したことで話題となりました。

時計メーカーだからこそできた、魅力的な仕様とはどのようなものなのか?

 

①交換可能なパーツ

タグホイヤー スマートウォッチ コネクテッド

出典:https://www.tagheuer.com/ja-jp

タッチ対応液晶、Android Wear(現在のWear OS)を搭載していることなど、基本的にはコネクテッドは従来のスマートウォッチと大きな違いはありませんでした。
IntelやGoogleTMと共同開発されており、Intel1.6GHzデュアルコアCPU搭載、ベース目盛り1GB/ストレージ4GBとそのスペックに申し分なし。

しかし、タグホイヤーのコネクテッドならではの大きな魅力は、文字盤交換が可能なこと。

同社のファンにはおなじみの、レーシングカーにインスパイアされたかっこいいデザインやクラシカルな三針などをスマートウォッチでも味わうことができるのです(仕様が合えば他社文字盤も交換可能)。

本体やバックルにチタニウムを採用し、安定性や耐久性が考慮されていることも時計屋ならでは。

この試みは大ヒットし、16万5000円(税抜)というスマートウォッチとしては高価格帯にもかかわらず、品薄が続きました。

以来タグホイヤーは伝統的なバーゼルワールドで新作としてコネクテッドウォッチを発表。

タグホイヤー スマートウォッチ コネクテッド

出典:https://www.tagheuer.com/ja-jp

2017年の「コネクテッド モジュラー45」では文字盤のみならず、ラグやストラップ、バックルなどのパーツまでもをユーザー自身で選べるようにしたのです。

文字盤デザインはクラシカルな三針やクロノグラフなどから始まり、オリジナルアプリを用いてカスタマイズしたり写真を設定したりと選択肢は拡大。「自分だけのスマートウォッチ」を作成することができます。
そして最も特筆すべきは、なんと専用の機械式モジュールが用意され、機械式時計としても使用することも可能になったのです!

ちなみにトゥールビヨンのモジュールも用意されています。

まさに、スマートウォッチも機械式時計も楽しめる画期的な新作でした。

2018年には女性も仕様できる41mmサイズがラインナップに追加。
もちろんカスタマイズ仕様は受け継がれ、人気のキャリバー5搭載機へ変更することもできます。

日本ではiphoneユーザーが多くその互換性がどうしても気になるところですが、Wear OSが搭載されていますので、iOS9以降の端末で可能です。

 

②ものづくりへのこだわり

タグホイヤー スマートウォッチ コネクテッド

出典:https://www.tagheuer.com/ja-jp

タグホイヤーは、コネクテッドウォッチのために工房を新設し、他のラインナップ同様熟練したスイス職人の手によって作り上げられています。
パーツもほとんどがスイスメイドという徹底っぷりで、世界初となるスイスメイドラベル入りのスマートウォッチです。

それゆえ、コネクテッドの作りこみの高さというのは圧巻。
これまでのスマートウォッチになかった風格や高級感を感じさせます。

老舗ブランドが機械式時計へ傾けるクラフトマンシップと同様に情熱をかけて製造されたコネクテッドは、なかなか電子機器メーカーに真似できるものではないのでしょう。

また、「タグホイヤーならでは」を象徴するエピソードとして、コネクテッドのメーカー保証期間は2年ですが、その際追加で1500米ドルを支払うと機械式時計と交換できるオプションが付随します。

 

③スマートウォッチとは思えないスペック

スマートウォッチ タグホイヤー

出典:https://www.tagheuer.com/ja-jp

「スマートウォッチ」としてのスペックは従来のそれと遜色ないものです。
しかし、「日常使いの時計」として、スマートウォッチを超越するスペックを有します。

最も特筆すべきはなんと50m防水という性能。
タグホイヤーの時計はスポーツシーンに非常に似合うことをブランドはよく理解しているのでしょう。

また、ストラップの装着感やバックルの操作性の良さなんかは、時計メーカーでなくては気をくばれないきめ細かさでしょう。

よくスマートウォッチの拡張性や機械式時計の今後、といった議論がそれぞれ交わされることがあります。
その二つに対する答えを、タグホイヤーが示してくれているように思います。

 

また、ブルガリも2016年、人気の機械式時計ディアゴノ マグネシウムに専用チップと通信用アンテナを組み込んだスマートウォッチを発表。これは、スマートフォンとの連携ではなく「セキュリティ」に特化したもので、決済やロッキングを可能としています。

厳密にはスマートウォッチには分類できないかもしれませんが、確実に機械式時計×ウェアラブルデバイスというのは根付きつつあります。

 

 

その他有名時計ブランドのスマートウォッチ

ウブロ

ウブロ スマートウォッチ

出典:https://www.instagram.com/hublot/

野球選手の田中将大さんやサッカーの長友佑都さん、タレントのみのもんたさんなど、多くの著名人に愛されるウブロ。
時計ブランドの中でも高価格帯に位置し、フラグシップのビッグバンは100万円を超えることも珍しくありません。

しかし、1980年創業と比較的新しい会社ゆえか、新技術の採用には非常に意欲的。
2018年には、タグホイヤーに続きブランド初となるスマートウォッチを発表しました。

その名もビッグバン レフェリー FIFAワールドカップロシアです。

ウブロはワールドカップのオフィシャルタイムキーパ―を務めますが、ロシア大会開催を記念しFIFAとタイアップしたスマートウォッチです。

ウブロ スマートウォッチ

出典:https://www.hublot.com/ja/

49mmという大ぶりのチタンケース、サテン仕上げのベゼルやラグ、舷窓を思わせるビスなどビッグバンの外装をそのまま用いていることが特徴。

FIFAの「審判の為の時計がほしい」という要望に応えた結果で、ワールドカップ2018までのカウントダウンをしたり、イエローまたはレッドカード判定・選手交代を通知したり、得点が入ると「GOAL」と表示されたりと異色。

まさにサッカーファンのための時計に仕上がっています。

一方でWear OSが搭載されており、スマートウォッチとしてのスペックも十分。

ストラップが付け替え可能で、ワールドカップロシアのエンブレムとウブロのロゴが入ったストラップとブラックラバーストラップが付属します。

価格帯はなんと60万円
スマートウォッチは寿命が確実に機械式時計に比べて早いため、高級なものでも30万円を超えることはあまりありません。
そこを60万円という強気の価格に、ウブロの自信のようなものが伺えます。

ちなみにウブロのスマートウォッチもまた50m防水を備えます。

 

ブライトリング

ブライトリング スマートウォッチ

出典:https://www.breitling.co.jp/products/pickup/backnumber/16_jan/

ブライトリングもまたスマートウォッチの分野では目覚ましい進化を遂げています。

モデル名はEXOSPACE B55(エクゾスペース)

ただし、ブライトリングのスマートウォッチは一風変わっています。

多くのスマートウォッチがスマートフォンと連携することが主目的となりつつある中で、ブライトリングは時計そのものの操作性や可能性を広げるためにスマートフォンを「補助的に」使用すると言うのです。

具体的には、時刻合わせやクロノグラフでの時間計測、フライトコンピューターなどをスマートフォンで操作ができるといったもの。計測結果をスマートフォンに転送し、別のアプリケーションで使ったりもできるようです。

GPSや歩行距離計算、文字盤デザインの変更などはできませんが、電話やメッセージ等の通知は可能。

エクゾスペースは自社製スーパークォーツムーブメントB55を搭載しており、このバッテリーは通常使用で1カ月程度も持続するとのこと!ちなみに長寿命で、10年以上の使用に耐えます。

お値段はなんと120万円(税抜)!!

前述のようにスマートウォッチは寿命があるため、どのブランドもそこまで価格を上げてはこないのですがOSが切れても「ブライトリングのクォーツウォッチ」として使えるからでしょうか・・・

確かに46mmという大ぶりチタン製ケースはしっかり仕上げられており、ブライトリングらしいタフさと高級感を併せ持ちます。100m防水と実用性も悪くありません。

かなり強気な値段設定は、やはり自身の現れなのでしょう。

 

その他

ルイヴィトン スマートウォッチ

出典:https://jp.louisvuitton.com/jpn-jp/homepage

そのほか有名どころでは2017年にルイヴィトンタンブール ホライゾンを発表。
ルイヴィトンはブランドコンセプトのうちの一つに「旅」がありますが、そこに特化したスマートウォッチで、「My Flight」というフライト管理システム、また「City guide」というパリ、ロンドン、ニューヨークなど29都市の観光名所を案内してくれる機能が搭載されています。

 

モンブラン スマートウォッチ

出典:http://www.montblanc.com/ja-jp/home.html

同年にモンブランからも「モンブラン サミット」というスマートウォッチが誕生し、モンブランの機械式時計に通ずる品格ある高いレベルの外装仕上げや美しい曲線、スマートウォッチ初となるサファイアガラス製ドーム型風防が話題となりました。

スマートウォッチがなかなかはやらなかった理由にデザイン性が挙げられます。
どうしてもオタクっぽくなってしまう。
ごつい、などなど・・・

そうした悩みを打開してくれる老舗の底力を感じさせてくれる潮流を感じます。

 

まとめ

徐々に私たちの生活の中で当たり前の存在となってきているスマートウォッチ。
一方でロレックスやパテックフィリップなど飽くまで機械式時計にこだわるブランドの価格高騰は青天井で、その人気は衰え知らず。

それどころか新機能やデザインの開発に意欲的で、タイトなビジネスマンも納得の実用性を身に着けているブランドがほとんどです。

スマートウォッチの利便性も良いですが、やはりロマンや味わい深さ、ステータス性や一生使える永遠性など、機械式時計にしかない魅力というのは枚挙にいとまがありません。

  • にほんブログ村
 
クリスマスメンズクリスマスレディース
RASINオンラインサイトへ RASIN買取サイトへ SIHH2019 バーゼルワールド2018速報
 

WEBマガジン新着商品




WEBマガジンのブログ一覧


クリスマス特集
SIHH2019
バーゼルワールド2018
販売サイトへ
買取サイトへ
ムック本発売

お勧めアイコン
人気記事ランキング



お勧めアイコン
おすすめ記事

ページトップへ