loading
Now Loading...
  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • Tumbler

エントリーモデル特集, ロレックス, オメガ, ユンハンス, レディースウォッチ

マックスビルだけじゃない!ユンハンスの魅力的なモデルをご紹介

  • にほんブログ村

ドイツ屈指の老舗時計ブランド「ユンハンス」。

一般的な知名度こそ高くはありませんが、シンプルで使いやすいデザイン性に加え、価格帯もリーズナブルであることから老若男女問わず誰からも支持を受けているブランドです。

今回はユンハンスがどのようなブランドなのかを解説すると同時に、オススメの人気モデルを紹介していきます。

ユンハンス

出典:http://www.europassion.co.jp/junghans/index.html

 

①ユンハンスってどんなブランド?

ユンハンスは1861 年にドイツ・シュランベルクで創業された長い歴史を誇る時計ブランドです。

機械式時計の全盛期に当たる20世紀初期には、現代の「ロレックスオメガ」に相当するほどの人気を博したこともあり、「知る人ぞ知る」時計ブランドとして知られています。

ユンハンス 歴史

出典:http://www.europassion.co.jp/junghans/index.html

ユンハンスは流行をうまく取り入れたデザインを仕上げる技術に長けており、常に最先端のデザインを取り入れてきました。

そのため、時代によってユンハンスのコアデザインは大きく異なり、現在はドイツ発祥のバウハウスデザインを取り入れた”シンプルで美しい”時計の製造に特化しています。

また、価格もリーズナブルな設定となっており、大半のモデルが10万円ほどで購入することが可能です。

ビジネスにもカジュアルにもご利用いただけるので、非常に使い勝手のよいブランドだといえます。

 

■参考記事:バウハウスの遺志を継ぐドイツ製時計「ノモス・ユンハンス」

 

②人気No.1モデルはマックスビル

ユンハンスの代表作「マックスビル」。
マックスビルはアート、建築、インダストリアルデザインなど多方面で活躍したデザイン界の巨匠マックス・ビルがデザインした名作時計を復刻した人気シリーズです。

無駄を削ぎ落したシンプルなデザインでありながら、極薄のベゼルやドーム型風防、必然性を感じさせるインデックスの配置など、シンプルであることの美しさを感じさせるアート作品のような時計です。

高級時計を多くお持ちの方でも、マックスビルの繊細なデザインに惚れ込んで使用されている方が後を絶ちません。

 

豊富な駆動方式

マックスビルには、オートマティック(自動巻き)、ハンドワインド(手巻き)、クォーツの3つの駆動方式が用意されています。

パッと見殆ど同じ商品に見えるもでも金額が大きく違うのはこの駆動方式の違いによるものです。

ビギナー層から時計好きまで、様々な人を魅了する時計だからこその豊富ラインナップと言えるのではないでしょうか。

 

 

ユンハンス マックスビル エディション2017  041/4762.00

白文字盤にカーフベルトを組み合わせたスタンダードなモデル。

こちらのエディション2017は、シンプルな正面のルックスとは対照的に、裏面にはマックスビルが1930年代に手がけたアート作品「バリエーション1」がプリントされています。まさに表裏で“巨匠マックスビル”を楽しめるモデルです。

 

ユンハンス マックスビル 027/4701.00M

こちらは黒文字盤にバーインデックス、メッシュベルトを組み合わせたモデル。
メッシュベルトが繊細な文字盤デザインの印象を崩すことなく調和しており、革ベルトとはまた違った良さを感じます。

 

ユンハンス マックスビル クロノスコープ 027/4501.01

マックスビルのオリジナルの雰囲気はそのままに、クロノグラフを搭載した“マックスビル クロノスコープ”です。シンプルで視認性の高いダイヤルが特徴的で、こちらも通常のマックスビルに負けないほど人気のあるモデルです。メッシュベルトも非常に似合うので革ベルトとどちらを選ぶか悩ましいモデルです。

 

③新作コレクションの『フォーム』も人気!

マックスビルは知っていても、フォームシリーズを初めてご覧になったという方も少なくないのではないでしょうか。
それもそのはず、こちらはユンハンスの2017年ニューモデルなのです。

フォームは、ユンハンスの特徴でもあるバウハウスデザインを受け継ぎつつ、古典的なデザインと現代デザインが融合したモデルです。

文字盤上のデザインの違いはもちろんのこと、マックスビルの特徴であるドーム型のプレキシガラスではなく、フラットなサファイヤガラスが採用されているなど、よりシャープさを感じます。

ユンハンス フォーム

また、採用されているレザーベルトも、裏面に汚れの目立ちにくい別のカラーになっている点や、肌との接地面を減らす為に湾曲した形状を採用するなど、ニューモデルらしい工夫がされています。

 

ユンハンス フォームのおすすめモデル

ユンハンス フォームA 027/4735.00

ホワイトの文字盤とブラックカーフベルト、主張しすぎることなく溶け込んだアラビアインデックスがユンハンスらしさを感じます。自動巻きムーブメント搭載で、裏面から機械の様子を覗くことのできるシースルーバック使用も嬉しいです。

 

ユンハンス フォームC 041/4770.00

クロノグラフ搭載モデルでありながら、ムーブメントにクォーツを採用することで、40mmの程よいサイズ感、10mm薄さ、お手頃な価格とバランスの良さを感じます。控え目でクラシカルな顔立ちなのでフォーマルな装いにも違和感なく溶け込みます。

 

④クラシックなデザインを求めるなら『マイスター』

実はマックスビルより前の1936年に誕生した“マイスター”
技術と美しさの密接なつながりに着目したことで生まれたユンハンスの歴史が表現されているモデルです。

当時と同じデザイン、つくりを再現しているマックスビルに対して、マイスターはシースルーバックを採用するなど、アイデンティティとなる部分は残しつつ、現代的な要素が取り込まれています。

マイスターシリーズには「パイロット・クラシック・クロノスコープ・テレメーター」など個性溢れる多くのモデルがあるので、きっとお気に入りの一本が見つかるはずです。

 

マイスターのおすすめモデル


ユンハンス マイスター クラシック オートマティック 027/4311.44

マイスターシリーズの中でもよりシンプルで洗練されたスタイリッシュなモデルです。
ドーム型の風防と9連ブレスが魅せる曲面が腕に馴染み美しいシルエットを演出します。

 

ユンハンス マイスター ドライバー クロノスコープ 027/3684.00

ヴィンテージカーに着想を得たドライバークロノスコープ。
レトロ感たっぷりの二つ目クロノグラフが魅力的なモデルです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。マックスビルばかりがピックアップされがちなユンハンスですが、他にも魅力的なモデルが多くあることがお分かり頂けたと思います。

比較的手に取りやすい価格帯でありながら、高額な時計に負けない魅力的なモデルがそろったユンハンスは、「高級時計がほしいけど中々手が出ない」という方や、カジュアルに使えるサブ機、プレゼントとしてもおすすめです。

 

ユンハンスの時計一覧

  • にほんブログ村
 
RASINオンラインサイトへ RASIN買取サイトへ
バーゼルワールド2018速報  

ロレックス新着商品




エントリーモデル特集のブログ一覧


バーゼルワールド2018
販売サイトへ
買取サイトへ

お勧めアイコン
人気記事ランキング



お勧めアイコン
おすすめ記事

ページトップへ