loading
Now Loading...
  • Twitter
  • LINE
  • Facebook
  • Instagram
  • weibo
  • WeChat
自社クーポン自社クーポン

オメガ, 徹底比較!ブランド時計VS企画, 新作モデル, 新美貴之

オメガ シーマスター アクアテラの選び方。人気・価格・新旧比較から見るベストワン

  • にほんブログ村

幅広い年齢層から愛される、男性の永世定番と言えばオメガの時計です。中でもシーマスターはその爽やかなデザインと、日常でガンガン使えるハイスペックさから、同社のフラグシップとして君臨していますね。
シーマスターと一口に言っても、ダイバー300Mやプラネットオーシャンなど様々な派生モデルがありますが、クラシック&エレガンス。そして見た目のクラス感とはうってかわってリーズナブルな価格帯で、「初めてのオメガ」的立ち位置を担っているのがアクアテラです。

でも、そのアクアテラも、意外とたくさんのモデルがあるってご存知でしたか?
しかも2017年にはフルモデルチェンジが加えられ、新旧でまた大きく異なります。

いったいどのモデルを選べば、自分にとってベストな一本となるのでしょうか。

この記事では、オメガが誇るシーマスター アクアテラの魅力を解説するとともに、アクアテラの人気モデル・価格・新作旧作をご紹介いたします。
ぜひオメガ選びにお役立てください!

オメガ シーマスター アクアテラ

 

オメガ シーマスター アクアテラってどんな時計?

まず最初に、オメガのシーマスター アクアテラはどのような時計なのか。どのようにして生まれたのかをご紹介いたします。

 

冒頭でも述べたように、シーマスターはオメガのダイバーズラインであり、1957年にスピードマスター・レイルマスターとともにラインナップに加わるようになりました(ただしプロトタイプは1948年に既に市販化)。

オメガは、一つのシリーズ内で豊富な派生モデルを用意する、という戦略をとっています。定番とする基幹モデルが一つあり、それ以外はデザインですとか、機能ですとか、コンセプトですとか。割と自由に同一シリーズ内で色々なモデルを製造しています。

オメガ シーマスター アクアテラ

そんな派生モデルの一つがアクアテラです。
もともとシーマスターはダイバーズウォッチですので、逆回転防止ベゼルや比較的高い防水性、それを実現するための武骨なケース構造を持っていることが特徴でした。
しかしながら1981年、エレガントなシーマスター120Mを登場させます。

オメガ シーマスター120M

※1981年~製造されていた、シーマスター120M

このシーマスター120M、「シーマスター」の名前は冠しているものの、ダイバーズウォッチのデザインアイデンティティでもある回転ベゼルを持ちません(初期ロットではあり)。また、きわめて薄く上品なケースで、防水性も120mに留まっていました。初期シーマスターは300m防水を確保していたことを鑑みると、「スペックダウン」ととる方もいらっしゃるかもしれませんね。

しかしながらこのシーマスター120M、かなり大受けします。当時、オーデマピゲのロイヤルオークを筆頭に、高級ブランドからスポーツウォッチが続々出ていたこと。加えてプロモーションがうまくいったことから、一躍人気モデルに躍り出ました。

このシーマスター120Mの後継機こそ、アクアテラです。2002年にラインナップされました。ちなみに「アクア」が海、「テラ」が地球を意味しています。

シーマスター アクアテラ

防水性は150mにアップグレードされたものの、シーマスター120Mらしいエレガンスがそのまま受け継がれています。

ただ、シーマスター120Mは36mmという薄型小径ケースであった一方で、アクアテラは現行ケースサイズが41mmまたは38mm(生産終了品には41.5mmおよび36mmあり。また、レディースであれば28mmも)と、大型になります。厚みもやや増しました。

2000年代になってデカ厚時計がブームになり、大きめサイズが好まれるようになった、という時代背景が大きいでしょう。でも、大きくなったとは言え武骨さは一切なく、むしろ現代風にリファインされている、と話題になりました。

今ではスピードマスターとも他のシーマスターとも異なる、屈指のオシャレダイバーズウォッチとして君臨しています。

なお、2008年、次いで2017年にモデルチェンジが果たされました。

この2017年での革新は、スペック面でアクアテラを、そしてオメガ自身への評価を大きく変えることとなります。

詳細を次項でご紹介いたします。

 

2017年新型シーマスター アクアテラはどう変わった?

オメガアクアテラ比較TOP

2017年はシーマスター・スピードマスター・レイルマスター60周年と言うことで、様々なアニバーサリーモデルが登場しました。

例えば「トリロジー」と称し、上記の3シリーズのオリジナルがリバイバルされたり、レディース向けのスピードマスター カプチーノが輩出されたり・・・そんな派手さの影でひっそりと仕様変更していたアクアテラなのですが、時間が経つにつれ、その「変化の大きさ」「すごさ」が際立っています。

それぞれのディテールを見ていきましょう。

 

①スペックの違い

最も大きな変更点と言えば、自動巻きムーブメントです。

2017年より前の自動巻きムーブメントにはCal.8500が搭載されていました。このCal.8500、2007年頃からオメガのラインナップに加わり始め、2008年のモデルチェンジをきっかけにアクアテラでも活躍していくようになります。8500は色々すごいところがあるのですが、特筆すべきはコーアクシャル。

オメガ シーマスター アクアテラ Cal.8500

コーアクシャルとは、オメガが近年採用している機構です。

ジョージ・ダニエルズ氏が1974年に開発したコーアクシャル。多くの時計メーカーの中でオメガだけが採用し、見事自社の強みに昇華した機構で、「通常のムーブメントに比べてパーツの摩耗を大きく低減する」という特徴があります。

現在、ほとんどのオメガの機械式モデルに搭載されているのですが、さらに「マスタークロノメーター」として進化を果たしています。そして、2017年、このコーアクシャル×マスタークロノメーターを備えたCal.8900およびCal.8800を搭載させたのが、新型アクアテラなのです。

オメガ シーマスター アクアテラ

このマスタークロノメーターというのは時計の規格の一つです。

2013年、METAS(スイス連邦計量・認定局)とオメガがタッグを組んで制定したもので、様々な工業規格がある中でもきわめて厳格であることで話題です。とりわけ「15,000ガウスの耐磁性能」というスペックが魅力の一つ。ちなみにコーアクシャルのみのCal.8500は当初は1,000ガウス耐磁でした。

時計の不具合はまず磁気帯びを疑え、なんて言う方もいらっしゃるぐらい、時計にとって耐磁性能は大きな課題となります。スマートフォンやパソコンなど、磁気を発する機器が日常に溢れ返っている現代においてはなおさらですね。

そんな中、他メーカーでも耐磁性能を高めたモデルのラインナップに力を入れています。有名どころだとロレックスのミルガウス(1000ガウス耐えられる、という意味。ミルは仏語で1000)、ヴァシュロンコンスタンタンのオーヴァーシーズ、ボールウォッチなどがこれに当たります。

オメガ シーマスター アクアテラ

2017年新型アクアテラは、コーアクシャルに加えて現代では必須の機能「高耐磁性能」を獲得した、ということになります(なお、2014年に「マスターコーアクシャル」として、8500系も15,000ガウスの耐磁性能を獲得しているので、これ以降のモデルは磁気帯びに強くなったが、マスタークロノメーター規格認定機、というわけではありません)。

さらに言うと、カレンダー機能にも手が加えられています。従来は日付の早送り機能(リューズでカレンダーがカシャカシャ変わる機能)は持っておらず、短針をぐるぐる回して日付調整をしていました。早送り機能は日付がズレた時にすぐに直せるという特性がありますが、一方で海外などに行く方からは、現地時間に時計を合わせる際に「短針だけ動く方が便利」という声が挙がります。

ちなみに2017年より前は一律でCal.8500が搭載されていましたが、2017年以降のモデルはケースサイズ41mmがCal.8900、38mmがCal.8800、と言ったように、サイズごとに使い分けがなされています。大きいケースに小さいムーブメントを入れる、あるいはその逆をすることは時計にとっては望ましくありません。ムーブメントの性能向上を図り、2017年以降はそれぞれで使い分けることにしたのでしょう。

 

※Cal.8500搭載アクアテラは今でも製造しているようですが、新品流通量は著しく減っています。

 

あわせて読みたい関連記事

 

②デザインの違い

オメガアクアテラ新旧比較
左が旧型、右が2017新型 旧型がビニールで包まれている関係上、色が異なって見えますが実際はほぼ変わりません。

まず目につくのは、文字盤のチークコンセプトがストライプ(縦)からボーダー(横)に変わっている点ではないでしょうか。

また、デイト窓の表示位置は、従来の3時から6時位置に変更されています。このデイトは1952年にオメガが発表した、初代デイト付きモデルをリバイバルして、とのことです。

 

アクアテラ竜頭の違い

細かな点ですが竜頭の形が円錐形に変更されクラシカルな印象に。

 

アクアテラ表記の違い

さらに細かく見ると、防水性能の表記が旧型は文字盤上にあったのに対し、新型はケースバックへの表記に変更されています。

ちなみにカラーにもよるのですが、ミニッツサークル表記の一部が針や文字盤の色を拾ったカラーリングになっている点もより洒脱な印象を与えている要因です。

なお、新型アクアテラを手にしてみてまず感じたのが「ブレスレットが軽くなった気がする」ということです。
よく見るとフラシュフィットが一体型から分離するタイプに変更されており、コマの形状も若干変更され、シャープな印象です。

厚みは殆ど変わっていないようですが、コマのずっしり感のようなものは軽減されているように感じます。

 

オメガ シーマスター アクアテラの選び方

ここまでご紹介してきたように、シーマスター アクアテラは、2017年を大きな境に、新旧で違いがあります。もちろんそれのみならず、デザイン面やサイズ、価格も違いが・・・!

どのモデルが良いのか、また、どんなモデルがあるのかわからないという方もいらっしゃいますね。そこで、ご紹介もかねて、シーマスター アクアテラの選び方を解説いたします。

 

①シーマスター アクアテラのラインナップ

オメガ シーマスター アクアテラ

左:38mm/右:41mm

現行モデルでは、自動巻きムーブメントを備えたモデルのみがラインナップされています。

ケースサイズは41mmまたは38.5mm。

基幹モデルが3針+デイト表示で、文字盤に青、黒、白などバリエーションがあります。素材はステンレススティール,セドナゴールド(オメガ独自のピンクゴールド)とSSとのコンビ,セドナゴールドの3ラインです。

オメガ シーマスター アクアテラ ワールドタイム

出典:https://www.omegawatches.jp/ja/

基幹モデルの他に、ハイエンドラインも存在しています。

GMTやワールドタイム機構を追加したコンプリケーション。ゴルフやチャリティーなどのスペシャルエディション。そして2019年には、「ウルトラライト」と銘打ち、特殊合金によって実現した超軽量&強靭なチタンを使ったモデルがリリースされました。もともとアクアテラはオメガのエントリーモデル的立ち位置で、定価60万円台~といったプライスレンジですが、このウルトラライトが5,742,000円という超高額であったことから世間を驚かせたものです。

このように、現行モデルだけ見ても、非常に幅広いラインナップを用意しているのはオメガならではでしょう。

 

シーマスター アクアテラ クォーツ

アクアテラ クォーツ 231.10.39.60.06.001

2017年より前の旧型では、自動巻きモデルは41.5mm(後に41mm)または38.5mm、そして2008年より前には36mmのケースサイズがラインナップされていました。後者は現在あまり出回らなくなりましたが、前者であれば比較的流通している状態です。

また、2017年より前には、実はアクアテラにはクォーツがありました。サイズは38.5mmのみとなりますが、基本的に自動巻きモデルと外観は大きくは変わりません。現行品ではクォーツはレディースのみとなっております。

 

あわせて読みたい関連記事

 

②価格で選ぶ

シーマスター アクアテラ

出典:https://www.omegawatches.jp/ja/

時計を正規店ではなく並行輸入店で購入する時、多くのケースでお安く手に入れることができるでしょう。メーカーの定価に縛られないためです。特にオメガは正規店と並行輸入店での価格差が大きいメーカーですので、後者の方がよりお得に購入できるというメリットがあります。

とは言え現行アクアテラは、旧型に比べて価格が上がっています。

例えば2017年より前の旧型は、クォーツ式であれば20万円以下、自動巻き式であれば30万円台~買うことができました(2017年当時の相場)。現在、アクアテラの新品並行相場は、一番人気の220.10.41.21.01.001(42mmサイズ)が41万円~、220.10.38.20.03.001(38.5mmサイズ)が43万円前後~となっております。

オメガ シーマスター アクアテラ

かつてオメガは「20万円以下で買える」と言われていましたが、現状それはかなり困難な状態です。

ただ、コーアクシャル×マスタークロノメーターというかなりの高性能を獲得したため、値上がりはやむを得ないでしょう。前述の通り、コーアクシャルはパーツの摩耗を低減します。結果として長持ちすることはもちろん、オーバーホールの回数を減らすことにも繋がります。オーバーホールとは、機械式時計に必ず付き物の、数年(3-5年ほど)に一度の分解掃除のことです。通常数万円~高いものだと数十万円するケースもあり、オーナーにとってはなかなか頭が痛いイニシャルコストではないでしょうか。

しかしながらコーアクシャルは、理論上は「8年~10年に一度のオーバーホール」で済む、とのことです。つまり、通常よりもイニシャルコストが1/2で済む、ということ!マスタークロノメーターによって磁気帯びの不具合がないのも嬉しいところですね。

シーマスター アクアテラ

また、長持ちする、ということは経年による劣化が少ないことも意味します。そのため新しく時計が欲しくなった時、所有していた時計を下取りに出して買い替える、という手法は一般的ですが、アクアテラであれば比較的高いリセールバリューを有しているので、大きな元手となるでしょう。実際、オメガ人気が高い、ということもあり、多くの時計店が欲しがりますが、アクアテラは中でもトップクラス。そのため買いやすく売りやすいと言えるでしょう。

ちなみにこれは裏を返せば、中古であっても状態の良い個体が多く出回っている、ということにも繋がります。少しでもイニシャルコストを抑えたい方は、中古もご検討ください。ただし、中古はお店によって品質が大きく異なります。ろくに内部点検をせずに販売しているなんてところも・・・中古をご購入の際は、実績がある・口コミが良いなど、信頼できる時計店をお選びください。

 

③サイズやデザインなど見た目

2017新型アクアテラの魅力

シーマスターは様々な派生モデルがあるため、ご自身に合った一本を選べる、という大きなメリットがありますね。

一番人気はオーソドックスな黒ですが、ダイバーズウォッチらしい青文字盤も非常によく売れます。また、同社は全米プロゴルフ選手権のオフィシャルタイムキーパーを務めている関係で、ゴルフへのオマージュモデルをしばしば打ち出しており、それが非常にかっこいいと話題です。ちなみに先日日本の今平周吾選手がスポンサー契約したため、日本国内でまたさらに人気に火がつきそうです。

シーマスター アクアテラ ゴルフエディション

出典:https://www.omegawatches.jp/ja/

こういったものの他、オメガがオフィシャルタイムキーパーを務めているオリンピックのフィーチャーモデル、映画『007』のジェームズ・ボンド限定モデルなどがリリースされ、コレクターズアイテムとしても愛されています。

 

デザインや見た目を気にするなら、サイズも要チェック。

アクアテラはシーマスターの中では非常に薄型でスタイリッシュですが、42mmだと少し大きい、と感じる方もいらっしゃるかもしれません。そのため日本人には合いやすい38.5mmサイズの方が良いという方もいらっしゃいます。

スーツや普段のファッションとの相性もありますので、ぜひご自分に合ったベストな一本を選んでくださいね。

 

あわせて読みたい関連記事

 

人気のオメガ シーマスター アクアテラ

最後に、当店GINZA RASINでよく売れているオメガのシーマスター アクアテラをご紹介いたします。

 

①シーマスター アクアテラ 220.10.41.21.01.001 

シーマスター アクアテラ 220.10.41.21.01.001

ケースサイズ:直径41mm
素材:ステンレススティール
ムーブメント:自動巻きCal.8900(マスタークロノメーター/コーアクシャル)
パワーリザーブ:約60時間
防水性:150m
定価:671,000円~

とても使いやすい黒文字盤です。当店でもとても人気の高い逸品です。

横縞のチークストライプコンセプトが、ただ無難な黒、ではなく、オシャレ感を強めていますね。

迷ったら、こちらの一本を買っておけば間違いないでしょう。

実売価格は41万円~。

 

②シーマスター アクアテラ 220.10.41.21.03.001

オメガ シーマスター アクアテラ

ケースサイズ:直径41mm
素材:ステンレススティール
ムーブメント:自動巻きCal.8900(マスタークロノメーター/コーアクシャル)
パワーリザーブ:約60時間
防水性:150m
定価:671,000円~

こちらは青文字盤のアクアテラです。黒と並んで、アクアテラのツートップを誇る人気商品です。

実売価格は黒と大きくは変わらず41万円~。好みの方をお選びください。

 

③シーマスター アクアテラ 220.10.38.20.03.001

シーマスター アクアテラ 220.10.38.20.03.001

ケースサイズ:直径38mm
素材:ステンレススティール
ムーブメント:自動巻きCal.8800(マスタークロノメーター/コーアクシャル)
パワーリザーブ:約55時間
防水性:150m
定価:671,000円~

38mmサイズのアクアテラです。

小径ムーブメントの方がパワーリザーブは短くなりますが、5時間程度。ほとんどスペックは変わらないと言っていいでしょう。

実売価格は43万円前後~。入荷するとすぐに売り切れてしまうくらい回転の速いモデルですので、欲しいと思った時が買い時です。

 

④シーマスター アクアテラ 220.12.41.21.03.001

シーマスター アクアテラ

ケースサイズ:直径41mm
素材:ステンレススティール
ムーブメント:自動巻きCal.8900(マスタークロノメーター/コーアクシャル)
パワーリザーブ:約60時間
防水性:150m
定価:649,000円~

2017年のモデルチェンジを契機にラインナップに加わった、ラバーベルトモデル。文字盤の青と同系色で、アクアテラのスポーティーテイストがより高まりました。

実売価格は40万円前後~。

メタルブレスレットが重くて苦手、と言う方はぜひ試してみましょう!

 

⑤シーマスター アクアテラ 220.10.41.21.06.001

シーマスター アクアテラ 220.10.41.21.06.001

ケースサイズ:直径41mm
素材:ステンレススティール
ムーブメント:自動巻きCal.8900(マスタークロノメーター/コーアクシャル)
パワーリザーブ:約60時間
防水性:150m
定価:671,000円~

珍しいグレーカラーのアクアテラです。非常にシックな印象ですね。

インデックスや針が青く縁取られているところも、オシャレ要素が強まります。

実売価格は41万円程度~。

 

まとめ

オメガ シーマスターの中でも、非常にエレガントなアクアテラについてご紹介いたしました。

アクアテラはダイバーズウォッチと言うよりも、スーツやちょっとしたパーティーシーンにマッチする、シンプルでドレッシーさも兼ね合わせた逸品です。

オメガの中では比較的リーズナブル、かつ高性能で扱いやすいモデルですので、初めてオメガをご購入する方は、一度アクアテラについてご検討くださいませ。

 

オメガのご購入はこちら

 

あわせて読みたい関連記事

この記事を監修してくれた時計博士

新美 貴之(にいみ たかゆき)

(一社)日本時計輸入協会認定 CWC ウォッチコーディネーター
高級時計専門店GINZA RASIN リテール(本店、ナイン店)、メンテナンス マネージャー

1975年生まれ 愛知県出身。
大学卒業後、時計専門店に入社。ロレックス専門店にて販売、仕入れに携わる。 その後、並行輸入商品の幅広い商品の取り扱いや正規代理店での責任者経験。
時計業界歴24年

監修記事一覧

  • ロイヤルオークの選び方~定番モデルとオフショアクロノの違い~

  • オメガ スピードマスターの基幹モデル・プロフェッショナルを解説!

  • 正規店、並行店どちらで買うのが得?腕時計お勧め購入ガイド

  • セイコー アストロンはどんな時計?魅力や人気モデルまとめました

監修記事一覧 >>監修者一覧 >>

 
RASINオンラインサイトへ RASIN買取サイトへ WATCHES&WONDERS 買取専門ブログ 腕時計入門ガイド 腕時計メンテナンス完全ガイド 腕時計バイヤーズ完全ガイド ショッピングローン最大60回払いまで無金利 時計クイズ
 

オメガのブログ一覧


時計クイズ
買取専門WEBマガジン
販売サイトへ
買取サイトへ
腕時計バイヤーズ完全ガイド
メンテナンスガイド
腕時計入門ガイド
正社員・アルバイト求人

お勧めアイコン
人気記事ランキング



お勧めアイコン
おすすめ記事

ページトップへ