loading
Now Loading...
  • Twitter
  • LINE
  • Facebook
  • Instagram
  • weibo
  • WeChat

WEBマガジン, オメガ, タグホイヤー, ロレックス, 腕時計選びのためのお勧め記事

2020年 ロレックス 人気売れ筋ランキング

  • にほんブログ村

言わずと知れた時計界の王様「ロレックス」。数ある高級腕時計ブランドの中で最も高い人気を誇り、歴史、技術、ステータスいずれも突出しています。

そんなロレックスは、数多くのロングセラーを抱えています。2020年は、いったいどのモデルが人気を集めるのでしょうか。

この記事では、東京銀座にある腕時計専門店GINZA RASINの2019年売上データを基に、2020年に売れるモデルをピックアップしました!

題して「2020年 ロレックス 人気売れ筋ランキング」です!!

ロレックス 2019年人気売れ筋ランキング

※掲載する定価・相場は2020年1月現在のものとなります。

 

2020年 ロレックス 人気売れ筋ランキング10位 GMTマスターII 116710BLNR

ロレックス GMTマスターⅡ Ref.116710BLNR

GMTマスターII 116710BLNR

 

まず、ランキング10位としてご紹介するのは「バットマン」の通称でも知られるGMTマスターの116710BLNRです!

ロレックスが誇るパイロットウォッチであり、GMT針と回転ベゼルで第二時間・第三時間帯を一度に視認することが可能です。

なお、2019年は4位としてご紹介させていただきました。もっと上じゃないの?と思う方もいらっしゃるかもしれませんね。

確かに2019年は、一年を通してGMTマスターIIの年でした。当店へのお問合せ件数も非常に多かったものです。と言うのも、2019年3月に開催された時計界屈指の新作見本市バーゼルワールドで、新型GMTマスターII 126710BLNRが発表され、長年ロレックスの顔を張ってきた116710系全ての生産終了が判明したためです。

ロレックス 116710BLNR

生産終了したロレックスの価格は上がる

これがもはやセオリーになってしまっている時計業界。116710系は特に今年のバーゼルワールドで生産終了が囁かれていたため、その前後で買いが集中し、こちらのバットマンも市場でとんと見かけなくなりました。相場も一時期は200万円近く上がったものです。

しかしながら次世代バットマンを担う126710BLNR、旧型とそこまで外装の違いが大きくありませんでした。

GMTマスターII 126710BLNR

※バーゼルワールド2019で発表された126710BLNR

 

そのため相場は徐々に落ち着き、2019年末には180万円前後となりました。

2019年前半の品薄も手伝ってか、当店でのロレックス売上ランキングでも10位に留まっています。

そうは言ってもそこはGMTマスターII。とりわけブラック・ブルーのツートンカラーベゼルは、GMTマスターII人気をさらに押し上げたデザインとなります。

また、新型はジュビリーブレスレットが採用されましたがスポーティーな3列オイスターブレスレットの人気も根強いことから、2020年の売れ筋としても、ランキング10位とさせていただきました。

 

2020年 ロレックス 人気売れ筋ランキング9位 エクスプローラーII 16570

ロレックス エクスプローラーII 16570

エクスプローラーII 16570

 

第9位は、現行エクスプローラーIIの一世代前の、16570です!

実はこの先代エクスプローラーII、初出は1991年・生産終了は2011年と結構古いモデルでありながら、売上的にも根強い人気を誇ります。2017年にもトップ10にランクインしていましたし、2019年もまた売上9位!現行216570の方がブラッシュアップしているにもかかわらず、それを凌ぐ人気と言うのは驚くべきものがあります。

エクスプローラーIIは、1951年から続く屈指のロングセラー・エクスプローラーIの上位モデルとして1971年に誕生しました。「24時間針」を持つことが何よりの特徴で、現在地の時間のみならず、ベゼルを使って第二時間帯を確認することが可能です。

ロレックス エクスプローラーII 16570

そんな16570人気は、いったいどこにあるのでしょうか。

考えられる点としては、「今はない仕様」がそこかしこに潜んでいること。例えば現行216570はケースサイズ42mmですが、16570までは40mmと小径でした。24時間針も赤く彩られており、武骨さの中にもアクセントを感じさせます。

一方でエクスプローラーIIは、GMTマスターやデイトナほどの人気モデルではありませんでした。しかしながらスポーツロレックスが軒並みセラクロムベゼルを採用する中、あえて男らしい艶消しメタルベゼル。そして機能性一辺倒のシンプルさが受けており、ジワジワ人気に。加えてそろそろ現行216570もモデルチェンジするのでは、なんて噂がまことしやかに囁かれていることもあり、再び注目度を上げております。

でも、消費者にとって嬉しいのが、まだ「お値打ちなロレックス」であること!16570は生産終了しているので中古市場からお探しいただくこととなりますが、比較的状態の良い個体でも70万円台~手に入れることが可能です。

ただ、今後も人気はますます高まると思いますので、まだ流通量が豊富な今こそ買い時のモデルですよ!

 

2020年 ロレックス 人気売れ筋ランキング8位 GMTマスターII 116710LN

ロレックス GMTマスターII 116710LN

GMTマスターII 116710LN

 

10位にご紹介したGMTマスターIIと同型番×ベゼル色違いの当モデル。なぜ「2020年の売れ筋」として別々かと言うと、先ほどのバットマンとはちょっと事情が違うためです。

と言うのも、バーゼルワールド2019で126710BLNRがリリースされたことで、GMTマスターIIの黒ベゼルは完全に生産終了。ロレックスのラインナップから姿を消すこととなったのです。

116710LNの初出は2007年。その6年後に116710BLNRが出た形で、前者の方がロングセラーです。また、黒というビジネスには定番のカラーリングが消えてしまったことで、残念に思われたファンもいらっしゃったのではないでしょうか。

ロレックス GMTマスターII 116710LN

「生産終了したロレックスの価格は上がる」のセオリーからいけば、116710LNは既にプレミア価格に達していると考えられますが、製造期間が長かったため流通量がまだ豊富なことから、そこまで上昇はしていません。相場は130万円台~と、生産終了前に比べれば上昇しているものの、他のGMTマスターよりは手に入れやすいお値段です。

とは言え、今後どんどん状態の良い個体が減っていけば、状況は変わってきます。現在既に飛ぶように売れており、当店売上ランキングでは毎月上位に入っておりますので、本当に欲しい方は早めに手に入れておきましょう。

 

2020年 ロレックス 人気売れ筋ランキング7位 サブマリーナ ノンデイト 114060

ロレックス サブマリーナ ノンデイト 114060

サブマリーナ ノンデイト 114060

 

第7位はロレックスの大定番モデル”サブマリーナ”の現行ノンデイトです!

ダイバーズウォッチの定番中の定番であり、300m防水という高スペックとスタイリッシュなデザインを両立する、とても稀有な存在ですね。

もともと人気の高いモデルではありますが、近年では需要の集中が目立ってまいりました。2018年は当店売上ランキングで6位、2019年も7位と、数あるロングセラーを抑えて上位をキープしております。

サブマリーナ自体の人気が高まっていること、ノンデイトの方がデイトに比べれば安いため、購入者がこちらに流れていることなどが原因でしょう。

ロレックス サブマリーナ ノンデイト

そう、114060の魅力は、何といってもお値打ち感。現在スポーツロレックスの相場が軒並み上昇しており、150万、160万、あるいは200万円なんて個体もあるほどです。そんな中でサブマリーナは人気機種でありながら、シンプルさゆえに114060であれば100万円台~。定価超えはしているものの、比較的優しいお値段です。

もちろんサブマリーナ ノンデイトの強みは価格面だけではありません。

やはり定番のエクスプローラーIと同様に、ロレックスのクラシック感をより身近に楽しむことができる、という魅力もまた人気の大きな要因です。 デイト表示を拡大するサイクロプスレンズを搭載していない分、眺めるにも触れるにもフラットで美しい風防から、文字盤のマットブラックをぜひお楽しみください。

 

2020年 ロレックス 人気売れ筋ランキング6位 サブマリーナ デイト 116610LV

ロレックス サブマリーナ デイト 116610LV

サブマリーナ デイト 116610LV

 

第6位にランクインしたのは通称「グリーンサブ」ことサブマリーナ デイトRef.116610LV!

こちらはデイト付きモデルで、さらにロレックスのコーポレートカラーであるグリーンをまとった爽やかな一本となります。高級感あるセラクロムベゼルや使いやすいオールステンレス、そして300mの防水性を持ちながらも厚みが抑えられたケースは、おしゃれなビジネスウォッチとしても活躍しております。

珍しいカラーリングの個体はえてして定番外しになりがちですが、116610LVは違います。2010年の発表以来、常に売れ筋として君臨してきました。

ただ、色違いの116610LNより価格を大きく高騰させており(新品並行相場は170万円前後~)、仕入れても即完売。そんな人気ゆえに在庫を確保することが難しく、品薄状況が続いたせいか、2019年の売上ランキングでは6位と、トップ5の座を他モデルに明け渡しました。

ロレックス グリーンサブ 116610LV

このように高い人気を誇るグリーン・サブマリーナですが、実はそろそろモデルチェンジの頃合いなんじゃないか・・・そんな声が時計業界にあります。前述したGMTマスターIIなどにも言えることですが、現在ロレックスは新型ムーブメントを順次搭載し始めていっており、それと合わせてどんどん既存モデルを廃盤にしています。

これまでサブマリーナと同ムーブメント(Cal.3135)を搭載していたシードゥエラーやヨットマスターが、新世代のCal.3235へと変わっていっていることから、次のモデルチェンジはサブマリーナの番なのではないか、と・・・

いずれにせよロレックスきっての人気機種であることは、2020年も変わりません。そのため第6位にピックアップする形となりました。

 

2020年 ロレックス 人気売れ筋ランキング5位 コスモグラフ デイトナ 16520

デイトナ 16520

デイトナ 16520

 

第5位は、お待たせしました、デイトナです!

ロレックスと言えばデイトナ。それくらい定番であり、大人気の一大コレクションですね。ロレックス唯一のクロノグラフ搭載機であり、50年以上の歴史の中で様々なモデルが登場しましたが、いずれも非常に高い相場を記録し続けていることが特徴です。

第5位にランクインしたのは、二世代前の16520です。製造期間は1988年~2000年。年式は古いですが、1980年~1990年代頃のモデルがにわかに人気を集めています。今回のランキングでも、先ほどご紹介したエクスプローラーII 16570を含めて結構な数ランクインしております。

デイトナ 16520はもともと人気が高く、とりわけ1999年~2000年に製造されていた品番はプレミアがつくほどの相場でした。特に最終品番は、その稀少性の高さからコレクターズアイテムにもなっているほど。

通常モデルであっても、状態の良いものだと300万円超えが当たり前。今後どんどん上昇する可能性もあり、2020年に目が離せないロレックスのうちの一つと言えるでしょう。

 

2020年 ロレックス 人気売れ筋ランキング4位 エクスプローラーI 214270

ロレックス エクスプローラー 最新型

エクスプローラー 214270

 

第4位は、エクスプローラーIの現行モデル214270です!

シンプルイズベスト。デイト表示のない3針ブラックダイアルは使いやすく、それでいて「冒険家」のモデル名に恥じない堅牢さや視認性を誇ります。どの年代のどのシーンにも対応できる、定番中の定番ですね。

2016年は売れ筋1位、2017年は3位、2018年は2位と変わらぬ人気を誇り続けてきました。2019年は売上自体は4位とトップ3の座を逃すものの、安定した人気を誇っており、2020年も維持すると思われます。

ロレックス エクスプローラー 214270

ちなみに一口に214270と言っても、文字盤が二種類あります。と言うのも、2016年にランニングチェンジが行われており、3・6・9のインデックスに夜光が塗布&針が長くなり、どんな条件下でも視認性を向上させる、というエクスプローラーならではのコンセプトがフィーチャーされるようになりました。

スペック自体は大きくは変わらないのですが、旧型文字盤の方が生産終了から日が経つことからジワジワ相場を上げてきている傾向があります。

とは言えエクスプローラーIは価格の優等生!「ロレックスは100万円出さないと買えなくなった」と言われる昨今においても新品は80万円台後半~、中古であれば70万円台~が大体の相場となっており、オンオフ問わず使えるオールマイティと合わせて手の出しやすいモデルです。

売買も活発ですので、2020年もロレックス人気の中心を担ってくれることでしょう!

 

2020年 ロレックス 人気売れ筋ランキング3位 サブマリーナ デイト 116610LN

ロレックス サブマリーナ デイト 116610LN

サブマリーナ デイト 116610LN

 

いよいよ第3位の発表です!

オメガのシーマスターやパネライのルミノールなど、多くの有名ブランドがダイバーズウォッチをラインナップしていますが、ド定番と言えばこちらのサブマリーナ116610LNでしょう。

本ランキングの第6位で、同一型番×ベゼル色違いのグリーンサブマリーナ 116610LVをご紹介いたしました。しかしながら前述の通り116610LVは品薄続き。正規店はもちろん並行輸入店でも品薄傾向にあり、それに応じて相場も上がっています。そのため誰もが手に入れやすく、かつ安定した価値を誇るといった意味で、トップ3に116610LNの方をピックアップさせていただきました。

デカくて厚い武骨なイメージのダイバーズですが、サブマリーナは小さめの40mm幅×13.2mm厚のケースで、さらに引き締め効果のある黒基調のデザインが、スーツの袖口にマッチしますね。

ロレックス サブマリーナ 116610LN

特許取得のクロマライト夜光で、暗所での視認性も抜群。確かな存在感が、シーンを選ばず持ち主を引き立てて印象付けます。

現在は定価を大きく上回る120万円超えの新品並行相場を記録してますが、まだまだ人気の波は高まりそう。

ご購入をご検討の方は早めの決断をお勧めいたします。

 

2020年 ロレックス 人気売れ筋ランキング2位 コスモグラフデイトナ 116520

ロレックス デイトナ 116520

デイトナ 116520

 

第2位は、納得のデイトナ 116520がランクインしました!

こちらも既に生産終了しており、現行モデルの一つ前の世代にあたるモデルです。しかしながら例年本当に高い需要を誇り、当店でも絶対に在庫を切らせないロレックスです。

116520は2000年~2016年まで製造されており、ロレックス悲願の自社製自動巻きクロノグラフCal.4130搭載させたことが特徴です。16年にわたる製造期間の中で随所にマイナーチェンジが加え続けられてきた関係から、品番や仕様によっては非常に高値で取引されるものも。

例えば2010年頃~製造された最終品番は長年高値でしたが、現行116500LN人気が日を追うごとに高まっていく中で、それに釣られてさらに高値になってきました。

ロレックス デイトナ 116520

とは言え、高額な個体だと300万円を超えるものもありますが、通常モデルならまだ200万円以下で買えるものもあります(状態にもよりますが)。

また、相場は抜きにしても、精悍なメタルベゼルやインダイアルのシルバー縁取りが「これぞロレックス」「これぞデイトナ」といった様相であり、今なおスポーツウォッチの王者として君臨し続けています。それは2020年も変わらないでしょう。

いったい2020年相場はどうなるのか。注視していきたいと思います!

 

2020年 ロレックス 人気売れ筋ランキング1位 コスモグラフ デイトナ 116500LN

ロレックス デイトナ

デイトナ 116500LN

 

人気売れ筋ナンバーワンは、泣く子も黙るロレックスの最上位機種・デイトナでした!!

2016年のリリース以来、常に売上第1位にランクインしており、その強さは圧倒的と言えるでしょう。

発売と同時にプレミア価格を記録し、定価1,387,100円(2020/1/1~)のところ、新品並行相場は白文字盤280万円台~・黒文字盤260万円台~!実は2019年、ロレックス相場は6月~9月頃にかけて大きく下落していたのですが、どのモデルよりも相場回復が早かったのがこちらの116500LNでした。

むしろ、販売から3年が経つにもかかわらず、再びピーク時の相場に揺り戻ろうとしているほどです。

ロレックス デイトナ 116500LN

なお、デイトナというと資産価値の高さがまず取沙汰されますが、セラクロムベゼルを採用したデザインのかっこよさもまた圧巻です!実際、セラクロムベゼルの存在がデイトナ人気を押し上げたと言われています。

高価格帯とはなりますが、実物を手に取ってみると、「それでも欲しい」という方が後を絶たない理由が垣間見えるでしょう。

スーツに合わせるもよし、オフスタイルでかっこよく着けこなすもよし。死角のない、不動のナンバーワンがデイトナです。

 

最後に

欧州、米国、中国、東南アジア、そして日本・・・世界的にロレックスに需要が集中しています。

今回は当店での売上データを基にしておりますが、いずれのモデルも2020年も人気を維持すると考えられます。214270や116610など、中には生産終了と噂される個体も存在し、さらに高値を記録する可能性は小さくありません。

このランキングの中で気になるロレックスがある方。今が買い時ではないでしょうか。

 

他ブランドのランキングをチェック

 

ロレックスのご購入はこちら

 

あわせて読みたい関連記事

 

この記事を監修してくれた時計博士

池田 裕之(いけだ ひろゆき)

(一社)日本時計輸入協会認定 CWC ウォッチコーディネーター
高級時計専門店GINZA RASIN 銀座ナイン店(ロレックス専門館) 店長

昭和57年生まれ 37歳 熊本県出身
19歳で上京し、22歳で某ブランド販売店に勤務。 同社の時計フロア勤務期に、高級ブランド腕時計の魅力とその奥深さに感銘を受ける。しばらくは腕時計販売で実績を積み、29歳で腕時計専門店へ転職を決意。銀座ラシンに入社後は時計専門店のスタッフとして販売・買取・仕入れを経験。そして2018年8月、ロレックス専門店オープン時に店長へ就任。時計業界歴16年

監修記事一覧

  • ロレックス サブマリーナを持っているなら知っておかなければいけない事

  • 価格が高騰するロレックスはどれ?時計専門店のスタッフが予測してみました【2019】

  • 10年後も価値が下がらない腕時計ブランド5選

  • 2019年 ロレックスの中で一番人気があるモデルは?

監修者一覧 >>

 
RASINオンラインサイトへ RASIN買取サイトへ バーゼルワールド2020速報 SIHH2019 腕時計入門ガイド 腕時計バイヤーズ完全ガイド 東京2020オリンピック 選手の腕時計まとめ ローン48回無金利
 

ロレックス新着商品




WEBマガジンのブログ一覧


バーゼルワールド2020
販売サイトへ
買取サイトへ
東京2020オリンピック 選手の腕時計まとめ
腕時計バイヤーズ完全ガイド
腕時計入門ガイド

お勧めアイコン
人気記事ランキング



お勧めアイコン
おすすめ記事

ページトップへ