loading
Now Loading...
  • Twitter
  • LINE
  • Facebook
  • Instagram
  • weibo
  • WeChat
枚数限定MAX100,000円クーポンプレゼント枚数限定MAX100,000円クーポンプレゼント

WEBマガジン, オメガ, タグホイヤー, ロレックス, 腕時計選びのためのお勧め記事

2021年 ロレックス 人気売れ筋ランキング

  • にほんブログ村

言わずと知れた時計界の王様「ロレックス」。数ある高級腕時計ブランドの中で最も高い人気を誇り、歴史、技術、ステータスいずれも突出しています。

そんなロレックスは、数多くのロングセラーを抱えています。2021年は、いったいどのモデルが人気を集めるのでしょうか。

この記事では、東京銀座にある腕時計専門店GINZA RASINの2020年売上データを基に、2021年も快調に売れてるモデルをピックアップしました!

題して「2021年 ロレックス 人気売れ筋ランキング」です!!

ロレックス 2019年人気売れ筋ランキング

※掲載する定価・相場は2020年12月現在のものとなります。

 

2021年 ロレックス 人気売れ筋ランキング10位 エクスプローラーI 114270

エクスプローラーI 114270

ロレックス エクスプローラーI 114270

素材:ステンレススティール
ケースサイズ:直径36mm×厚さ11.5mm
駆動方式:自動巻き
ムーブメント:Cal.3130
パワーリザーブ:約48時間
防水性:100m
定価:493,500円(2001年~2010年)

まず第10位にランクインしたのが、エクスプローラーI 114270です!

エクスプローラーIは「冒険家のための時計」として、1953年に誕生しました。登山家の故エドモンド・ヒラリー卿による世界初エベレスト登頂に携行された逸話はとても有名です(もっとも、その際の時計はオイスターパーペチュアルであったことが判明しています)。

わが国では、1997年に放映されていた月9ドラマ『ラブジェネレーション』で木村拓哉さんが着用したことで、エクスプローラーI,そしてロレックス人気に火が付く形となりました。

 

そんなエクスプローラーIは他のロレックスシリーズ同様、時代によって変遷を遂げています。

今回10位にランクインした114270は、エクスプローラーIの第5世代に当たります。

エクスプローラーI 114270

先代の第4世代Ref.14270から引き続き、デイト窓も回転ベゼルも持たない、シンプルで汎用性高いデザインを引き継ぎました。また、次世代(現行)の214270でケースサイズは39mmとなりますが、当114270までは36mmサイズとなっており、「エクスプローラーI最後の小径ケース」と認識されています。

この114270が製造されていたのは、2001年~2010年です。214270が2010年に誕生したことで生産終了とあいなりましたが、今なお根強い人気を誇ってきました。

とは言え、現行の数々のモデルを差し置いてTOP10に入るほどの人気ではなかったことは事実です。やはりこういった人気ランキングを行うと、その上位の主流は現行品となるためです(とは言え例年20位以内には入っていましたが)。

では、なぜ2020年の今になって、人気ランキング10位となったのか。

ロレックス エクスプローラーI 114270

その要因として挙げられるのが、まず現行エクスプローラーIの人気に引っ張られたこと。詳細は後述しますが現行214270は2021年に生産終了するのではないか、と言った噂があったり、相場高騰を続けるスポーツロレックスの中では唯一「価格の優等生」であり続けていたり…こういった背景からユーザーのエクスプローラーIへの視線が集中し、結果として需要増加。もともと流通量の少ないモデルではなかったものの、圧倒的な需要に追い付かず今では他のスポーツロレックス同様に価格高騰を見せています。

ロレックスは現行人気が上がると、過去モデルへの注目度も高まります。そのため先代の114270もさらに人気を博すこととなり、2020年の売上ランキングでは10位という結果となったのでしょう。

また、36mmという小径ケースが一つのトレンドになっていること。加えて現行の価格が上がりすぎている中でまだ落ち着いた相場を見せていたことも、114270への買いが集中したもう一つの要因として考えられます。

 

もっとも「落ち着いた」とは言え、114270も確実に相場は上昇しています。

2017年頃までは40万円台~50万円ほどの相場推移でしたが、2020年には70万円超え。状態の良い個体であれば、80万円台が当たり前となっています。

114270のように生産終了した個体は年月が経つにつれ、グッドコンディションがどんどん減っていき、相場はジワジワ上がるもの。

確かに今も高くなりましたが、さらに手が届かなくなる前に。気になる方は、ご購入頂くことをお勧めいたします。

 

あわせて読みたい関連記事

 

 

2021年 ロレックス 人気売れ筋ランキング9位 GMTマスターII 126710BLNR

GMTマスターII 126710BLNR

GMTマスターII 126710BLNR

素材:ステンレススティール
ケースサイズ:直径40mm×厚さ12mm
駆動方式:自動巻き
ムーブメント:Cal.3285
パワーリザーブ:約70時間
防水性:100m
定価:1,020,800円

第9位にランクインしたのは、2019年に登場した新型GMTマスターII 青黒ベゼルから通称「バットマン」と呼ばれる126710BLNRです!

代わって、2019年までは126710BLNRよりもよく売れていた126710BLRO―通称ペプシ―が13位となりました。

もっともこれは126710BLROの方が「売れていない」「人気がない」というわけでは当然ありません。126710BLNRが発売から1年以上経ったことで流通量が増え、また126710BLROに比べて相場が安いことから買いやすかった、と言うのが一つの要因です。

 

さて、そんなGMTマスターII 126710BLNRですが、前述の通り2019年に発売されたばかりの新型。GMTマスター自体は1955年から続くロングセラーで、ロレックスが誇るパイロットウォッチとして君臨してきました。現行GMTマスターIIは、GMT針と回転ベゼルで第二時間・第三時間帯を一度に視認できるという多機能機となります。

GMTマスターII 126710BLNR

そして新型126710系は、ロレックスが「最新世代」と自負する自社製ムーブメントCal.3285を搭載させたことで約70時間のロングパワーリザーブ(従来は約48時間だった),そしてスポーツロレックスでは珍しいジュビリーブレスレットを携えた、まさに新しいGMTマスターIIとなります。

2018年、往年の名作「ペプシベゼル(青×赤のツートンカラー)」を復刻させた126710BLROの登場、次いで翌年の126710BLNRの誕生で、GMTマスターIIの人気はさらに飛躍することとなりました。

とは言え126710BLNRは、126710BLROの登場時ほど話題にならなかったことは事実です。

先代にあたる116710BLNRもまた「バットマン」の通称を持つように、青黒ベゼルがこのモデルの大きなデザインコードとなりますが、新旧どちらも同一ベゼルを採用したためか、新旧で人気が分散する傾向にあったのです。

ロレックス 116710BLNR

※旧型GMTマスターII 116710BLNR

しかしながら2020年に入ると、飛躍的に126710BLNRに買いが集中しました。2019年は先代の116710系の方がよく売れていたのですが、2020年の四半期のうちに116710系を追い抜いた形となります。

理由の一つとして、126710系が市場に出回るようになった、というのが大きいかもしれません。

ロレックスの新作は大体例年5月~6月頃に入荷が始まるのですが、新作発表当年というのは流通量が少なくかつ相場も高いことから、どうしても「すぐに人気モデル」というワケにはいかないためです(在庫確保が難しいため、並行輸入店での売上ランキングには計上しづらいということ)。

また、新型GMTマスターIIより始まったスポーツロレックス×ジュビリーブレスレットの組み合わせ、発売当初は賛否両論あったものの、だんだんとそのラグジュアリーなかっこよさに惹かれるといった声が大きくなっていたことも事実です。

さらには前述の通り、若干相場が高かった126710BLROを追い抜く形で、9位に落ち着きました。

ロレックス GMTマスターII 126710BLNR

とは言え116710系と売上の差が非常に大きいかと言うと、そうではありません。116710BLNRは当ランキングでは12位、116710LNは16位であったため、いずれも堅調に売れていると言えます。生産終了したGMTマスターおよびGMTマスターII,またはエバーローズゴールド×コンビの126711CHNRなども非常に回転の良い商材のため、GMTマスターコレクションとして全体で人気がある、と言って差し支えないでしょう。

そんなGMTマスターII 126710BLNRの実勢相場は180万円程度~。126710BLROの方は中古でも200万円を切ることはそうそうないため、前者の方がお求めやすいかもしれませんね。

そうは言ってもこの一年で126710BLNRは20万円ほど値上がりしています。確かに新型コロナウイルスの影響で仕入れ減少が起き、結果として需要にさらに供給が追い付かなくなったという社会情勢もあります。しかしながらそれでも「買い控え」は見られず、GMTマスターII 126710BLNRの「実力」を垣間見ることのできる2020年売上でした。

 

あわせて読みたい関連記事

 

 

2021年 ロレックス 人気売れ筋ランキング8位 サブマリーナ デイト 116610LV

サブマリーナ デイト 116610LV

サブマリーナ 116610LV

素材:ステンレススティール
ケースサイズ:直径40mm×厚さ13.2mm
駆動方式:自動巻き
ムーブメント:Cal.3135
パワーリザーブ:約48時間
防水性:300m
定価:987,800円(2010年~2020年)

第8位は、2020年のロレックスを語るうえで外すことのできないサブマリーナです!

サブマリーナは第10位でご紹介したエクスプローラーと同期にあたる、1953年リリースの世界初回転ベゼル付きダイバーズウォッチです。300mというきわめて高い防水性(ただし1980年発売の16800以降),顔立ちを引き締める逆回転防止ベゼル,そして視認性を優先したシンプルな文字盤は「ロレックスの定番中の定番」。否、ダイバーズウォッチの定番であり、サブマリーナによって後世の同ジャンルのスタイルは確立されたと言われています。

そんなサブマリーナが2020年、モデルチェンジされました。

GMTマスターIIの項でもお話ししたように、現在ロレックスは「新世代」ムーブメントの移行に力を入れています。2000年頃からキャリバー3100番台のムーブメントを展開していましたが、2015年に3200番台をローンチ。以降、順次入れ替えが行われており、対象機はデザインを変えるにしろ変えないにせよ、リファレンスチェンジとなる流れです。

サブマリーナもまたその対象となり、デイト・ノンデイトともにCal.3235(ノンデイトはCal.3230)に移行。リファレンスも前者が126610,後者は124060へと変更されました。

つまり、長らくサブマリーナの顔を張ってきた、116610系はついに生産終了となったことを意味します。

ロレックス グリーンサブ 116610LV

とりわけ「グリーンサブ」「ハルク(アメコミに出てくるキャラクター)」の愛称で知られるサブマリーナ 116610LVは、先代の16610LVを踏襲した黒文字盤の採用によって、デザインコード自体が終了となりました。

定番の黒がイケメンな116610LNもかっこいいですが、116610LVは緑に色付けされた独特のセラクロムベゼルが独創性と高級感に溢れる仕様。定価が黒より高いこともあり、実勢相場は2017年以降100万円を切ることが滅多になく。2019年にはついに160万円台を突破することとなりました。

もともと生産終了の噂があったことから、買いが集中したのも相場高騰の背景としてあります。

サブマリーナ 116610LV

そうして2020年に入るとさらに相場の勢いは加速。8月末にロレックスから新作発表のティザームービーが公開されると実勢相場は200万円に跳ねあがり、新作発表後に260万円台へ。確かに相場が高騰するとは思っていたものの、定価987,800円の個体がデイトナ並になるとは、誰が想像したでしょうか。

なお、現状も高い相場を維持しており、中古だと200万円前後~未使用品や状態の良いものだと230万円~となっています。

この相場、いつ落ち着くのか業界筋でも正直わからないとしているところ。

2021年、最も目の離せない一本と言えるのではないでしょうか。

 

あわせて読みたい関連記事

 

 

2021年 ロレックス 人気売れ筋ランキング7位 コスモグラフデイトナ 116520

デイトナ 116520

デイトナ 116520

素材:ステンレススティール
ケースサイズ:直径40mm×厚さ12.5mm
駆動方式:自動巻き
ムーブメント:Cal.4130
パワーリザーブ:約72時間
防水性:100m
定価:1,242,000円(2000年~2016年)

第7位は、みんな大好きデイトナの、一世代前のモデルとなります!

2016年に既に生産終了しておりますが、今なお人気。例年本当に高い需要を誇っており、昨年売上本数ではロレックスの中で第5位でした。

生産終了から年数を経るごとに稀少性は高まり続けていますが、当店では絶対に在庫を切らせないロレックスとなっております。

ちなみに当ランキングは売上本数が基本的なベースとなっておりますが、「売上金額」にしますと2020年ナンバースリーです。

 

116520は、デイトナの第五世代にあたるモデルで、ロレックス悲願の自社製自動巻きクロノグラフCal.4130搭載させたことが特徴です。

ロレックス デイトナ 116520

また、16年にわたる製造期間の中で随所にマイナーチェンジが加え続けられてきた関係から、品番や仕様によっては非常に高値で取引されるものも存在します。

最も顕著な例は2010年頃~製造された最終品番(ランダムシリアル)でしょう。

文字通り、116520の中では後期に製造されたモデルなのですが、過去モデルは製造年が新しいほどコンディションが良いため(もちろん、ロレックスは経年の影響が少ないブランドではありますが)、最終品番が重宝される傾向にあります。

さらに、2014年頃から新ギャランティ(2020年現在ではもはや旧型ですが)、2015年頃から新クラスプが採用されている個体は、2016年に廃盤になっていることを鑑みれば、実質数年しか製造されていないこととなります。つまり、きわめて高い稀少性と相まって、非常な高値で取引されているのです。コンディション良好な一部個体は、現在では300万円の値付けが行われています。

ロレックス デイトナ 116520

この相場でもまだ天井とは言えず、現行デイトナ 116500LNの人気が日を追うごとに高まっていく中で、それに釣られてさらにさらに高値になってきている印象です。

しかしながら、300万円超えは「一部個体」。特に最終品番などのこだわりがなければ、まだ220万円程度で購入できるものも少なくありません。

また、相場は抜きにしても、精悍なメタルベゼルやインダイアルのシルバー縁取りが「これぞロレックス」「これぞデイトナ」といった様相であり、今なおスポーツウォッチの王者として君臨し続けています。それは2020年も変わらないでしょう。

とは言え、いったい2021年の116520の相場や売れ行きはどうなるのか。注視していきたいと思います!

 

あわせて読みたい関連記事

 

 

2021年 ロレックス 人気売れ筋ランキング6位 エクスプローラーII 216570

エクスプローラーII 216570

ロレックス 216570 定価

素材:ステンレススティール
ケースサイズ:直径42mm×厚さ12.5mm
駆動方式:自動巻き
ムーブメント:Cal.3187
パワーリザーブ:約48時間
防水性:100m
定価:875,600円

第6位は、エクスプローラーIの上位機種エクスプローラーIIの現行モデル216570です!

 

エクスプローラーIIの誕生は1971年。

「探検家のために」というコンセプトのもとに生まれた経緯は変わりませんが、24時間針を搭載することで昼夜表示、そして後年第二時間帯の表示を可能にし、機能面でアップデートが加えられることとなりました。

現行216570は初代意匠であったオレンジの24時間針をリバイバル。また、現在のスポーツロレックスでは珍しいメタルベゼルを搭載しており、男らしくもどこかヴィンテージな雰囲気をまとった一本です。

この216570、もともと根強い人気はありました。

ただしサブマリーナやエクスプローラーI,デイトナなどと比べると「例年TOP10に入る超人気モデル!」といった立ち位置ではなく、やや通好みであったことも事実です。

ロレックスのスポーツモデルの中では、「定番外し」といった立ち位置であったためでしょう。

通算9年ほど製造されていたことから、流通量が豊富なこと。加えて実勢相場がそこまで高くならなかったことから、「お値打ち」「初めてのロレックスにお勧め」のように語られていたと記憶しております。

 

エクスプローラーII 216570

しかしながら2019年あたりから、その様相が一変します。なぜならエクスプローラーII 216570もまた、生産終了の噂が浮上したためです。

この背景には、前述したGMTマスターIIの存在があります。と言うのも、GMTマスターIIとエクスプローラーIIは、ベースムーブメントが同一だったのです。

厳密にはエクスプローラーII 216570に搭載されるムーブメントが、GMTマスターIIで長年採用されてきたCal.3186に耐衝撃性を備えさせた機械である、ということになります。

ベース機構自体は同一になのだから、それぞれ別々の機械を同時進行で作っていく、というのはコスト面で得策ではありません。つまり、Cal.3186搭載のGMTマスターIIが新世代のCal.3285に変わった今、次にモデルチェンジするのはエクスプローラーIIなのではないか、ということ!

さらには2021年はエクスプローラーII誕生50周年

ロレックスは、50という節目をとても大切にしてきたブランドです。プラチナ製デイトナ アイスブルーしかり、同社初のグリーンサブマリーナ 16610LVしかり。

そのため、2021年4月の新作発表では、エクスプローラーIIの新型が出ると予想する声はますます大きくなるばかりです。

 

エクスプローラーII 216570

もちろん真相は「ロレックスのみぞ知る」。

しかしながら「生産終了するモデルは相場高騰する」というロレックスならではの現象から、今後の相場を見越して216570に買いが集中している現状があります。

万が一デザインが大幅に変更されれば(特にメタルベゼルが継承されるのかが気になるところ)、この勢いは加速することとなるでしょう。

 

いずれにせよ新作発表前夜のサブマリーナ同様、青田買いが加速し、現在の中古相場は120万円まで上り詰めました。未使用品など状態の良いものだと、140万円近い価格となることも珍しくありません。

今後、新作発表次第ではさらに価格高騰するポテンシャルを秘めているので、気になっている方は、さらに人気が上がって品薄になってしまう前に買っておくと良いでしょう。

なお、現在は黒・白ともに相場に大きな開きはありませんが、人気としては僅かながら黒に軍配が上がります。

 

あわせて読みたい関連記事

 

 

2021年 ロレックス 人気売れ筋ランキング5位 エクスプローラーII 16570

エクスプローラーII 16570

エクスプローラーII 16570

素材:ステンレススティール
ケースサイズ:直径40mm×厚さ12mm
駆動方式:自動巻き
ムーブメント:Cal.3185(2007年頃~はCal.3186へ移行)
パワーリザーブ:約48時間
防水性:100m
定価:567,000円(1991年~2011年)

いよいよTOP5の発表です!

第5位は、前項でご紹介したエクスプローラーIIの先代16570です!

ちなみに2019年の売上ランキングでは、216570が5位、こちらの16570が7位でした。一年間で、逆転劇を繰り広げたことになります。

 

16570は1991年~2011年と長きに渡って製造された、エクスプローラーIIの三代目です。結構古いモデルでありながら、今なお人気どころか売上本数を伸ばしているというのは大変稀有なことです。

2017年にもトップ10にランクインしていましたし、2019年もまた売上9位!現行216570の方がブラッシュアップしているにもかかわらず、それと肉薄する人気と言うのは驚くべきものがあります。

ロレックス エクスプローラーII 16570

この人気の理由として考えられる点は、「今はない仕様」がそこかしこに潜んでいること。例えば現行216570はケースサイズ42mmですが、16570までは40mmと小径でした。24時間針も赤く彩られており、武骨さの中にもアクセントを感じさせます。

一方でエクスプローラーIIは、GMTマスターやデイトナほどの人気モデルではなかったことも事実です。

しかしながらスポーツロレックスが軒並みセラクロムベゼルを採用する中、あえて男らしい艶消しメタルベゼル。そして機能性一辺倒のシンプルさが受けており、ジワジワ人気に。

加えて前述の通り、そろそろ現行216570もモデルチェンジするのでは、なんて噂が囁かれていることもあり、新旧問わずエクスプローラーシリーズ自体が再び注目度を上げております。

 

ロレックス エクスプローラーII 16570

もっとも114270始め、ロレックス市場が広がるにつれてお値打ちな生産終了モデルへの注目度が上がり、需要が高まったという背景はあります。

そう、16570は何といっても「安く買えるロレックス」に名を連ねていることが特徴であり、魅力と言えるでしょう。

16570は生産終了しているので中古市場からお探しいただくこととなりますが、個体によっては80万円台で手に入れられるものもあります。もちろん、ほんの一年前までは70万円が相場であったことを鑑みれば、高騰の煽りを受けていることは間違いありません。

とは言え「100万円出さなくてはスポーツロレックスを買えなくなった」と言われる時代。また、エクスプローラーの名前通りに堅牢な設計のため経年劣化にも強く、メンテナンス性が高いことから中古でも状態の良好なものが多い・かつ維持が比較的容易であることから、お得感の高さもまた魅力です。

ただし、今後も人気はますます高まると思いますので、まだ流通量が豊富な今こそ買い時のモデルですよ!

なお、216570同様、黒・白文字盤の人気と相場は同程度となります。むしろ高年式(特に2010年以降のランダムシリアル)が高くなる傾向にあります。

 

 

2021年 ロレックス 人気売れ筋ランキング4位 サブマリーナ ノンデイト 114060

サブマリーナ ノンデイト 114060

ロレックス サブマリーナ 1146060

素材:ステンレススティール
ケースサイズ:直径40mm×厚さ13mm
駆動方式:自動巻き
ムーブメント:Cal.3130
パワーリザーブ:約48時間
防水性:300m
定価:832,700円(2012年~2020年)

第4位は、注目度の高いサブマリーナの114060です!2012年に誕生した、ノンデイトサブマリーナの第七世代に当たります。

ブラック基調かつノンデイトが大変シンプルで精悍、まさに男の時計と言った様相ですね!今ではデイト付きの方がよくロレックスや時計専門店のプロモーションで目立っている印象ですが、もともとサブマリーナの歴史はノンデイトから始まりました。

デイト窓をつけると時計のケースの気密性、ひいては防水性が下がってしまうため、サブマリーナが誕生した1950年代当時はダイバーズウォッチでこれを実現できなかったのです。

デイト付きサブマリーナが誕生したのは、1965年のこととなります。

ロレックス サブマリーナ ノンデイト

また、ノンデイトサブマリーナは1963年に誕生したRef.5513が最も息の長いリファレンスになるのですが(~1989年)、その当時の意匠を今なお受け継いでいることなどからも、定番と言えば114060に軍配が上がるでしょう。

 

そんな「定番」としての人気ゆえか、大体ロレックス人気ランキングをやると、どのタイミングでもトップ10に入る。そんな強さを持つのが114060でもあります。

加えて、これだけ人気があるにもかかわらず、お値打ち感があることも魅力の一つでした。

何度か言及しているように、現在スポーツロレックスの相場が軒並み上昇しており、150万、160万、あるいは200万円なんて個体もあるほどですね。

そんな中でサブマリーナ ノンデイトは人気機種でありながら、シンプルさゆえに新品で100万円程度。中古なら90万円台で購入できる個体が少なくありませんでした。ただし、「でした」と表現しているように、現在は新型サブマリーナの影響で130万円前後~140万円前後の相場感となっております。

サブマリーナ ノンデイト 114060

もっとも、サブマリーナの三機種の中ではまだ価格が上がり切っていないとされています。

また、前述の通り「歴史的にサブマリーナと言えばコレ!」なクラシック感も楽しめるとあって、2021年も変わらず人気を博していくことでしょう。

もし「ダイバーズウォッチが欲しいけど、あまり派手派でしいのはちょっと…」といった方がいらっしゃったら、ぜひ一度サブマリーナ 114060をご試着してみて下さいね。

 

あわせて読みたい関連記事

 

 

2021年 ロレックス 人気売れ筋ランキング3位 サブマリーナ デイト 116610LN

サブマリーナ デイト 116610LN

ロレックス サブマリーナ 116610LN

素材:ステンレススティール
ケースサイズ:直径40mm×厚さ13.2mm
駆動方式:自動巻き
ムーブメント:Cal.3135
パワーリザーブ:約48時間
防水性:300m
定価:943,800円(2010年~2020年)

いよいよトップスリーの発表です!

まず第3位としてご紹介するのは、ダイバーズウォッチの永世定番・116610LNです!!

オメガのシーマスターやパネライのルミノールなど、多くの有名ブランドがダイバーズウォッチをラインナップしていますが、ド定番と言えばまずこちらの顔が思い浮かぶ、と言う方は少なくありません。

そして第8位のグリーンサブ 116610LVおよび第4位のノンデイト 114060でも語ったように、2020年は何かとサブマリーナが市場を賑わせた年でした。

サブマリーナ 116610LN

こちらの116610LNも、新型126610LNが登場したことで生産終了となります。新型は直径41mmケースであるため、「最後の40mmケースのサブマリーナ」として、注目度を集めてもいます。

とは言え比較的流通量が多いこともあり、116610LVや114060同様に相場高騰はしているものの、中古で140万円台~とサブマリーナのスペックを考えれば決して「高すぎる」わけではありません。

116610LVに比べて入手しやすい価格や、「黒」というビジネススーツにもカジュアルスタイルにもマッチする汎用性の高さが、この度他のサブマリーナを凌いで3位という結果になったのでしょう。デカくて厚い武骨なイメージのダイバーズですが、サブマリーナは小さめの40mm幅×13.2mm厚のケースで、さらに引き締め効果のある黒基調のデザインが、スーツの袖口にマッチしますね。

ロレックス サブマリーナ 116610LN

特許取得のクロマライト夜光で、暗所での視認性も抜群。確かな存在感が、シーンを選ばず持ち主を引き立てて印象付けます。

 

ちなみに、GMTマスターIIでも116710Nとして黒ベゼル×黒文字盤のデザインコードがラインナップされていたのですが、126710系に移行したことでGMTマスター内の黒基調モデルは生産終了となりました。そのため、さらに黒サブ116610LNへ顧客が流れている…と言った背景もあるのかもしれません。

 

気を付けたいのが、「入手しやすい」とは言え、生産終了したことで今後流通量は間違いなく減っていく、ということ。

サブマリーナのみならずどの個体にも言えることですが、高級時計は精密機器です。メンテナンスを行っていくことで何十年先と末永く愛用していける特性を持ちます。とは言え経年によって現行に比べるとスペック面では落ちてしまうこともあります。また、メンテナンスが十分でなかったことから、状態を悪化させるものも。

今後、より良い個体が減少するにつれて業者間で争奪戦が起こり、相場が上がっていくことが予想されます。

 

あわせて読みたい関連記事

 

 

2021年 ロレックス 人気売れ筋ランキング2位 エクスプローラーI 214270

エクスプローラーI 214270

エクスプローラーI 214270

素材:ステンレススティール
ケースサイズ:直径39mm×厚さ11.3mm
駆動方式:自動巻き
ムーブメント:Cal.3132
パワーリザーブ:約48時間
防水性:100m
定価:687,500円

第2位は、「シンプルイズベスト」を地でいく、エクスプローラーIの現行214270です!第10位で114270をご紹介していますが、2010年、39mmへとアップサイジングされて堂々誕生したのが当モデルとなります。

 

日付表示すら持たない3針のブラック文字盤は大変使いやすく、それでいて「冒険家」のモデル名に恥じない堅牢さや視認性を誇ります。どの年代のどのシーンにも対応できる、定番中の定番ですね。

2016年は売れ筋1位、2017年は3位、2018年は2位と変わらぬ人気を誇り続けてきました。

2019年は売上自体は4位とトップ3の座を逃すものの、売上本数では圧巻の第2位。

2020年も勢いは衰えることなく、第2位を獲得する運びとなりました。

ロレックス エクスプローラー 214270

ちなみに一口に214270と言っても、文字盤が二種類あります。

と言うのも、2016年にランニングチェンジが行われており、3・6・9のインデックスに夜光が塗布&針が長くなり、どんな条件下でも視認性を向上させる、というエクスプローラーならではのコンセプトがフィーチャーされるようになりました。

エクスプローラーI 214270

上:新型文字盤 / 下:旧型文字盤

スペック自体は大きくは変わらないのですが、旧型文字盤の方が生産終了から日が経つことからジワジワ相場を上げてきている傾向があります。

しかしながら「人気」としては、新型文字盤が圧倒的となります。ちなみにどれくらい圧倒的かと言うと、新型文字盤の売り上げ本数だけでロレックスの中の第3位につけるほどです。

※もっとも、旧型文字盤の売上本数もまた上昇しています。2020年は新型コロナウイルスの影響で仕入れが非常に厳しい状況となりましたが、よく入荷し、よく売れた個体の一つでした。

 

安く買えるロレックス エクスプローラーI 214270

このエクスプローラーI、114270のところでもお話ししたように、長らく「価格の優等生」であり続けてきました。

しかしながら近年の価格高騰の煽りを御多分に漏れずに受けており、実勢相場は100万円を目前に…!長らく50万円~60万円、さらに2019年時点でもまだ70万円台で購入できていたことを鑑みると、かなりの上昇率であることがおわかり頂けるでしょう。

これは、デイトナやGMTマスターIIと言った上がりすぎたモデルから顧客が流れてきた。あるいはエクスプローラーIそのものの人気。さらには新型コロナウイルスによる供給減少が、この高すぎる需要を覆えなくなってきたことなどが影響していると考えられます。

 

加えて、実はエクスプローラーIにもモデルチェンジの噂があります。

と言うのも、新世代ムーブメントはこれまでデイト付きモデルが中心だったのですが、ついに2020年、サブマリーナ 124060によってノンデイトCal.3230がリリース。これに伴い、次はノンデイトの代表格エクスプローラーIに載せ替えられるのでは、と言うのです。

これまた真相はロレックス関係者以外の誰にもわかりませんが、2021年もロレックス人気を牽引していくであろう一本ということは明言できます。

 

あわせて読みたい関連記事

 

 

2021年 ロレックス 人気売れ筋ランキング1位 コスモグラフ デイトナ 116500LN

デイトナ 116500LN

デイトナ 116500LN

素材:ステンレススティール
ケースサイズ:直径40mm×厚さ12.5mm
駆動方式:自動巻き
ムーブメント:Cal.4130
パワーリザーブ:約72時間
防水性:100m
定価:1,387,100円

人気売れ筋ナンバーワンは、泣く子も黙るロレックスの最上位機種・デイトナでした!!

2016年のリリース以来、常に売上第1位にランクインしており、その強さは圧倒的と言えるでしょう。

ちなみに2016年以降、売上本数・売上金額ともにナンバーワンです。

とりわけこの価格帯で売上本数1位というのは、その人気の程度がわかる事実ではないでしょうか。

ロレックス デイトナ 116500LN

発売と同時にプレミア価格を記録し、定価1,387,100円(2020/1/1~)のところ、並行相場は白文字盤330万円台~・黒文字盤290万円台~

緊急事態宣言が発令された2020年4月~5月頃にかけて、ロレックス相場は一時大きく下落しているのですが、どのモデルよりも相場回復が早いのがこちらの116500LNでした。むしろ、販売から4年が経つにもかかわらず、再びピーク時の相場に揺り戻ろうとしているほどです。

ちなみに白文字盤の方が人気が高く相場も高い傾向にありましたが、現在黒も肉薄してきております。

いずれにせよ、2021年も新型コロナウイルスの影響で海外仕入れがしづらい状況が続くと思われますので、本当に欲しい方はこれからさらに価格が上がってしまう前に買うのが吉と言えるでしょう。

なお、デイトナというと資産価値の高さがまず取沙汰されますが、セラクロムベゼルを採用したデザインのかっこよさもまた圧巻です!

実際、セラクロムベゼルの存在がデイトナ人気を押し上げたと言われています。

このベゼルはただのセラミックではなく、メモリ部分がプラチナコーティングされており、独特の艶感や光沢を醸し出すとあって、デイトナのもともとのクラス感をさらに強調することとなりました。

高価格帯とはなりますが、実物を手に取ってみると、「それでも欲しい」という方が後を絶たない理由が垣間見えるでしょう。

スーツに合わせるもよし、オフスタイルでかっこよく着けこなすもよし。死角のない、不動のナンバーワンがデイトナという存在です。

 

あわせて読みたい関連記事

 

 

最後に

2020年のロレックス売上データをもとに、2021年も市場を牽引していくであろう人気モデルランキングを作成しました!

ちなみにTOP10は例年通り人気スポーツモデルが席巻した形となりますが、TOP20を見てみると11位にヨットマスター 116622 ダークロジウムがランクイン。また、スカイドゥエラー 326934が20位につけるなど、ドレッシーさも兼ね備えたスポーツモデルの人気も高まったことがわかりました。

また、本稿でも何度か言及しているように、2020年は新型コロナウイルスの影響で海外仕入れが大変厳しくなった一年です。一方で個人買取が盛んとなり、一般のお客様が所有してきたロレックスをより高額で売却しやすいといった事例も見られました。

 

2021年は、いったいどんなロレックス市場が形成されるのでしょうか。また、4月の新作発表も気になるところ。

当サイトでは、2021年もロレックス情報をお届けしていきたいと思います!

 

 

他ブランドのランキングをチェック

 

ロレックスのご購入はこちら

 

あわせて読みたい関連記事

 

この記事を監修してくれた時計博士

池田 裕之(いけだ ひろゆき)

(一社)日本時計輸入協会認定 CWC ウォッチコーディネーター
高級時計専門店GINZA RASIN 銀座ナイン店(ロレックス専門館) 店長

昭和57年生まれ 37歳 熊本県出身
19歳で上京し、22歳で某ブランド販売店に勤務。 同社の時計フロア勤務期に、高級ブランド腕時計の魅力とその奥深さに感銘を受ける。しばらくは腕時計販売で実績を積み、29歳で腕時計専門店へ転職を決意。銀座ラシンに入社後は時計専門店のスタッフとして販売・買取・仕入れを経験。そして2018年8月、ロレックス専門店オープン時に店長へ就任。時計業界歴16年

監修記事一覧

  • ロレックス サブマリーナを持っているなら知っておかなければいけない事

  • 価格が高騰するロレックスはどれ?時計専門店のスタッフが予測してみました【2019】

  • 10年後も価値が下がらない腕時計ブランド5選

  • 2019年 ロレックスの中で一番人気があるモデルは?

監修者一覧 >>

 
RASINオンラインサイトへ RASIN買取サイトへ バーゼルワールド2020速報 WATCHES&WONDERS 買取専門ブログ 腕時計入門ガイド 腕時計バイヤーズ完全ガイド 東京2020オリンピック 選手の腕時計まとめ ショッピングローン最大60回払いまで無金利 時計クイズ
 

WEBマガジンのブログ一覧


時計クイズ
バーゼルワールド2020
WATCHES&WONDERS
買取専門WEBマガジン
販売サイトへ
買取サイトへ
東京2020オリンピック 選手の腕時計まとめ
腕時計バイヤーズ完全ガイド
腕時計入門ガイド

お勧めアイコン
人気記事ランキング



お勧めアイコン
おすすめ記事

ページトップへ