• Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • Tumbler

WEBマガジン, 腕時計選びのためのお勧め記事, ミドルクラスのモデル特集, ロレックス, パネライ, ゼニス

ルミノールかラジオミールか。よくわかるパネライ腕時計の選び方

パネライの腕時計はどれを選んでも視認性が良く、存在感があります。また、飽きのこない普遍的な「カッコよさ」は多くの時計ファンに愛され続けています。

そんなパネライには大きくわけて2つの人気モデルが存在します。1つは「ルミノール」もう1つは「ラジオミール」です。実はパネライのデザインは特殊モデルを除けば、この2種類しかありません。そのためパネライのモデル選びのは「この2種類のどちらを選ぶか」から始まります。

今回はそんなルミノールとラジオミールのそれぞれの魅力を伝えていこうと思います。

 

パネライ ルミノール

 

1.パネライとは

1860年にジョバンニ・パネライがイタリアのフィレンツェに時計店を構えたのがパネライの始まり。パネライは時計以外にも温度計や気圧計といった精密機器の製造にも取り組んでおり、精密機器メーカーとしても高い評価を得ていました。

やがてその「精密機器メーカーとしての高い技術」がイタリア海軍の耳に入り、パネライは潜水特殊部隊用の軍用ダイバーズウォッチの製造を依頼される事となります。これが時計製造ブランドとしての始まりです。

当時のパネライは軍に納入するための時計を製造し続けました。1940年には「ラジオミール1940」、1950年頃には「ルミノール1950」を開発し、海軍用腕時計メーカーとして大活躍します。

 

軍事用時計

その後、パネライは長らくイタリアやエジプトなどの軍に納入する軍需製品を取り扱ってきましたが、時代は戦争から冷戦へと移り行き、次第に軍事用品の開発需要がなくなっていきます。遂には東西冷戦後の1993年頃には深刻な経営不振に陥ることに。

そこでパネライは一般市場へ向けた時計の製造や販売も開始。1997年には数々の高級時計を傘下にしている巨大資本”リシュモングループ”へと加入し国際デビューを果たします。
すると時代のニーズもあり、パネライの「大きくて厚いデカ厚ウォッチ」は高い爆発的人気を生みます。その結果、知名度は一気に上昇。瞬く間にトップブランドの仲間入りを果たすことに成功を収めます。

 

2.パネライといえば「デカ厚ウォッチ」

パネライの時計に共通する魅力は、なんといっても大ぶりで厚みのある外観。通称デカ厚ウォッチと呼ばれ、1990年代後半に起きたデカ厚時計ブームの火付け役となりました。

もともと軍事用に製造されたパネライの時計は、戦場での使用を前提に設計された時計。軍から求められた「高い視認性」と「耐久性」を保つため、破格のスケール感で作られました。

パネライ時計の標準ケースサイズはなんと40-47mmというデカさ。一番小さいものでも40mm未満のモデルはなく、どのモデルも大きく、そして厚いことが特徴です。

 

3.ラジオミールの魅力

パネライ ラジオミール

ラジオミールはクラシックな雰囲気が魅力の人気コレクションです。ラジオミールの魅力はデザインはもちろん、その歴史にも魅力があります。

 

ラジオミールの歴史

パネライはイタリア海軍からの要請を受けて1938年、蛍光物質ラジオミールを使用した初のダイバーズウォッチが完成させました。それが、元祖ラジオミールです。

当時のパネライ時計は暗闇での作戦を基本とする特殊潜水部隊の任務で主に使用していた為、暗所でも明るく発光する蓄光塗料が不可欠でした。そこで使用されたのが、名前の由来にもなっている蛍光物質ラジオミール。ラジオミールを夜光塗料として文字盤に使用することで、強い発光性のある文字盤を作ることに成功しました。

ラジオミール 蛍光

出典:https://www.panerai.com/

 

そしてラジオミールを使用した文字盤に、高い耐久性を誇るケースを組み合わせた理想的な軍事時計「元祖ラジオミール」が完成。視認性はもちろん、驚異的なタフさを誇ったラジオミールは戦時中に大活躍を収めました。

しかし、その後ラジオミールは放射性物質を含む物質であることが発覚し、文字盤への使用が見送られることになります。代わりに新たに開発されたのが夜光塗料ルミノール。このルミノールがラジオミールに変わり、パネライ時計の新たなるスタンダードとなっていきました。

 

現代に蘇ったラジオミール

一般市場に向けに時計製造を開始したことを切っ掛けに、パネライは”創世期の意匠を受け継いだデザイン”の時計「ラジオミール」を復活させます。軍事時計としてルミノールよりも早く作られたラジオミールは、歴史的観点から見てもクラシックな時計。その「控えめでクラシカル」なシルエットは世界中で大人気となりました。

パネライ ラジオミール

ラジオミールとルミノールの決定的な違いは「ロックレバー式リューズプロテクター」の有無。リューズプロテクターが付いているのがルミノール、ついていないのがラジオミールです。また、ラジオミールのラインナップは革ベルトのみとなっており、クラシカルな雰囲気を大切にしていることがわかります。

 

4.ルミノールの魅力

パネライ ルミノール

ルミノールはパネライが一般市場に参戦した当初から1番の主力商品として展開されているパネライの象徴的モデル。特徴は何といっても重厚な「ロックレバー式リューズプロテクター」です。

現在、世に出回っている防水時計はロレックスが開発した「ネジ込み式ロックリューズ機構」が世界基準として採用されています。ですが、パネライは時計をイタリア海軍に卸していた第二次大戦当時に採用していた「ロックレバー式リューズプロテクター」にこだわり続け、今なお採用し続けています。

 

ロックレバー式リューズプロテクター

ロックを解除すると、このような形に変貌を遂げます。”1000m防水”など、全ての高防水モデルを、この「ロックレバー式リューズプロテクター」で作り上げたことはルミノールの大きな価値と言えるでしょう。

 

クッション型のケースデザイン

ルミノールだけでなくパネライ時計の特徴でもありますが、クッション型と呼ばれるケースフォルムはパネライの大きなポイントです。角型と丸形の中間デザインが座布団のように見えることから、クッション型と呼ばれるようになりました。

パネライ クッションケース

個性的でクラシックなこのデザインは軍用時計を製造していた時代に作られたもので、その伝統は現在でも受け継がれています。

 

豊富なバリエーション

パネライの主力ラインナップであるルミノールは豊富なラインナップが用意されていることも魅力。クッション型ケースとロックレバー式リューズプロテクターというルミノール独自のフォルムを保ちつつ、様々な機能が加えられたコレクションが多数開発されています。その数は数百種類以上にも及び、パネライ愛好家の収集欲を高め続けています。

 

主なルミノール コレクション

 

・9時位置にスモールセコンドが配置された「ルミノール マリーナ

・クロノグラフモデル「ルミノール クロノ

・パワーリザーブ機能を搭載した「ルミノール パワーリザーブ

・時差のある2箇所の時間を同時に把握することができるGMT機能を備えた「ルミノール GMT

・独創性溢れるムーブメントを持つパネライのハイエンドライン「ルミノール 1950

・ルミノールのベースとなっているスタンダードモデル「ルミノール ベース

・エジプト海軍のダイバーズウォッチとして作られた腕時計が元となった「ルミノール サブマーシブル

 

参考記事:パネライ ルミノールを徹底解析!7つのバリエーションを見極める秘訣

 

パネライのおすすめモデル

パネライ時計の激しい戦場下でも壊れない頑丈さと正確性は今でも健在。高い耐久性と古典的なデザインは”強さ”の象徴として、多くの男性が憧れる存在となりました。

最後にそんなパネライの人気モデルをいくつかピックアップしたので紹介したいと思います。

 

ルミノール パワーリザーブ PAM00090

パネライ ルミノール パワーリザーブ PAM00090

パネライ ルミノール パワーリザーブ PAM00090

2001年に発表された“ルミノール・パワーリザーブ”の2ndモデル。1stモデルでは6時位置にあったパワーリザーブインジケーターは、リニューアルにより4-5時の間へと変更されました。視認性を壊すことのないデザインは、斬新でありながら計算し尽くされた絶妙なバランスで配置されています。

 

パネライ ルミノールマリーナ 1950 3DAYS PAM00312

パネライ ルミノールマリーナ 1950 3DAYS PAM00312

パネライ ルミノールマリーナ 1950 3DAYS PAM00312

スモールセコンドと日付表示がセットされたシンプルかつパネライらしい文字盤が魅力。ツインバレルによる3日間(72時間)のパワーリザーブを実現した、自社製ムーブメントCal.P.9000を搭載した300m防水モデルです。

 

パネライ ルミノールGMT PAM00088

パネライ ルミノールGMT PAM00088

パネライ ルミノールGMT PAM00088

GMT機能により海外旅行に行った時などに現地時間、日本時間の二つを表示することを可能としたルミノールGMT。パネライの中でも高い人気を誇るこのモデルは9時位置にスモールセコンド、3時位置にデイト表示が配置されています。パネライのタフさとGMTの相性はまさにピッタリです!

 

パネライ ルミノールマリーナ PAM00048

パネライ ルミノールマリーナ PAM00048


パネライ ルミノールマリーナ PAM00048

手頃な40mmのケースサイズが人気のルミノールマリーナはイタリアンテイストに溢れた新しいスポーツウォッチです。無駄な装飾の一切を削ぎ落とした「シンプル」なデザインがマリーナの魅力。視認性に加え、300mの防水性能を兼ね備えた実用的でファッション性に富んだ一本です。

 

パネライ ルミノールクロノグラフ  PAM00074

パネライ ルミノールクロノグラフ PAM00074

パネライ ルミノールクロノグラフ  PAM00074

1999年に限定モデルとして登場し、2000年に定番コレクションに加わった高性能クロノグラフモデルです。ムーブメントにはゼニス社の”エル・プリメロ”をベースとした毎時36,000振動のCal.OPIVを搭載。チタンとステンレスから成るケースは200mの防水性を確保しています。

 

パネライ ルミノールマリーナ 8DAYS アッチャイオ PAM00563

パネライ ルミノールマリーナ 8DAYS アッチャイオ PAM00563

パネライ ルミノールマリーナ 8DAYS アッチャイオ PAM00563

驚異の8日間ものロングパワーリザーブに対応した手巻きP.5000ムーブメントを搭載した”ルミノールマリーナ”。9時位置にスモールセコンドを備えたホワイトダイアルのシンプルなフェイスです。針とドットインデックスに夜光が塗布された30気圧防水モデル。

 

パネライ ルミノールマリーナ 1950 3DAYS オートマチック オロロッソ O番 PAM00393

パネライ ルミノールマリーナ 1950 オロロッソ PAM00393

パネライ ルミノールマリーナ 1950 3DAYS オートマチック オロロッソ O番 PAM00393

ハイエンドレインである1950からはイタリア語でレッドゴールドを表す”オロ・ロッソ”を紹介します。その名の通り、こちらのモデルはケースにレッドゴールドを採用、ムーブメントは高性能自社製ムーブメントCal.P9000を搭載しています。

 

パネライ ルミノール1950 レフトハンド 8DAYS チタニオ PAM00368

パネライ ルミノール1950 レフトハンド 8DAYS チタニオ PAM00368

パネライ ルミノール1950 レフトハンド 8DAYS チタニオ PAM00368

レフトハンド(左利き用)の特別モデルです。素材はチタン、風防はサファイアガラスでドーム型になっています。ムーブメントには自社製ムーブメントP.2002/9を搭載。パワーリザーブ8日間、3バレル、ゼロリセットセコンド機能を備えています。

 

パネライ ラジオミール ブラックシール  PAM00380

パネライ ラジオミール ブラックシール PAM00380

パネライ ラジオミール ブラックシール  PAM00380

“ブラックシール”とは、イタリア海軍特殊潜水部隊の名であり、このモデルがもともと軍用時計であったことを象徴しています。6時位置には”OPフレッチェ”のロゴが配されており、これは1990年代に生産された稀少モデルと同じ特徴で時計愛好家の間では絶大なポイントとなっています。

 

パネライ ラジオミール 1940 3DAYS オロロッソ  PAM00515

パネライ ラジオミール 1940 3DAYS オロロッソ PAM00515

パネライ ラジオミール 1940 3DAYS オロロッソ  PAM00515

ラジオミールにはシンプルなモデルが似合います。こちらはツインバレルの自社製ムーブメント”P3000″を搭載した50m防水モデル。K18レッドゴールドケースを採用し、72時間にも及ぶパワーリザーブが魅力です。

 

まとめ

パネライの素晴らしさは軍事時計として開発を続けていた時代から、デザインや拘りにブレがないことです。ペースとなるフォルムは「ラジオミール」「ルミノール」の2種類しかなく、一目でパネライとわかるデザインは普遍性があります。

クラシックさが魅力のラジオミールを選ぶか、それとも定番モデルであるルミノールを選ぶか。好きなフォルムが選べたなら、後は欲しい機能が備わっているモデルを選ぶだけです。

600種類以上にまで及ぶパネライの時計達は、あなたに選ばれるの日を心待ちにしているかもしれません。

 

パネライ 商品一覧

 

 
RASINオンラインサイトへ RASIN買取サイトへ
バーゼルワールド2018速報  

ロレックス新着商品




WEBマガジンのブログ一覧


バーゼルワールド2018
販売サイトへ
買取サイトへ

お勧めアイコン
人気記事ランキング



お勧めアイコン
おすすめ記事

ページトップへ