loading
Now Loading...
  • Twitter
  • LINE
  • Facebook
  • Instagram
  • weibo
  • WeChat

GMTマスター, ロレックス, 徹底比較!ブランド時計VS企画, 時計の雑学

16710と116710LNの違いは? ロレックス GMTマスターII 比較

  • にほんブログ村

皆様こんにちは。

本日はロレックス GMTマスターII Ref.16710Ref.116710LNの違いについて説明したいと思います。

GMTマスターには、IとIIの2つが存在しており、
「GMTマスターI」は異なる2つの時刻を表示可能であり、
「GMTマスターII」は最大3つのタイムゾーンを表示することが可能です。
系譜を見てみましょう。

Ref.6542 GMTマスターI 製造期間:1955年~1959年頃
Ref.1675 GMTマスターI 製造期間:1960年代 ~ 1980年頃
Ref.16750 GMTマスターI 製造期間:1980年 ~ 1988年頃
Ref.16700 GMTマスターI 製造期間:1990年頃 ~ 1999年頃
Ref.16760 GMTマスターII 製造期間:1983年 ~ 1988年
Ref.16710 GMTマスターII 製造期間:1990年 ~ 2007年頃
Ref.116710LN GMTマスターII 製造期間:2007年 ~ 現在

 

16710red-blue

Ref.16710  GMTマスターII
製造期間:1990年 ~ 2007年頃
搭載ムーブメント:Cal.3185、Cal.3186
GMTマスターIのスタイリングを継承し、さらに高性能なムーブメントを搭載したGMTマスターII のセカンドモデルです。
「黒」と「赤黒」と「赤青」の3種類のベゼルカラーが存在し、特に赤青ベゼルは生産終了後も高い人気を得ています。

Zシリアル後半から最終MシリアルについてはCal.3185ではなくCal.3186が搭載されています。
Ref.16710の生産数は約700,000個で、Cal.3186を搭載した個体は多くとも35,000個と言われており、
非常にレアなことから現在ではプレミア価格で取引されています。

 

116710ln

Ref.116710LN  GMTマスターII
製造期間:2007年 ~ 現在
搭載ムーブメント:Cal3186
GMTマスター人気の引き金となったサードモデルです。
2トーンベゼルが姿を消し、24時間針はグリーンに変更されました。
ムーブメントには耐磁性に優れるパラクロム製ヒゲゼンマイが採用され性能面の向上も図られています。
Ref.16710からの主な変更点は

ムーブメント:Cal.3185からパラクロムヒゲゼンマイを搭載したCal.3186に変更。

ベゼル:アルミからセラミックのベゼルディスクへと変更。ベゼル上の数字はプリントではなく彫り込み式となりプラチナの特殊コーティングが施されています。

リューズ:リューズガードが大型化。ツインロックリューズからトリプロックリューズへと変更されています。

針、ダイヤル:ロゴがホワイトからグリーンに変更。24時間針がレッドからグリーンに変更。インデックスも大型化されています。

ブレスレット:中央のコマが鏡面仕上げとなり、コマの作りも空洞ではなく無垢のコマとなりました。バックルもより頑強なタイプへと進化しています。
コンビやイエローゴールド無垢といったバリエーションも存在しますが、
一番人気はステンレス素材のRef.116710LNです。
新型、旧型問わず人気の高いモデルですので、当店では常時在庫を取り揃えております。
是非ご覧になってください。

<<ロレックス GMTマスター 一覧はこちら

 

T.T

 
RASINオンラインサイトへ RASIN買取サイトへ WATCHES&WONDERS 買取専門ブログ 腕時計入門ガイド 腕時計メンテナンス完全ガイド 腕時計バイヤーズ完全ガイド 東京2020オリンピック 選手の腕時計まとめ ショッピングローン最大60回払いまで無金利
 

GMTマスターのブログ一覧


時計クイズ
買取専門WEBマガジン
販売サイトへ
買取サイトへ
東京2020オリンピック 選手の腕時計まとめ
腕時計バイヤーズ完全ガイド
メンテナンスガイド
腕時計入門ガイド

お勧めアイコン
人気記事ランキング



お勧めアイコン
おすすめ記事

ページトップへ