loading
Now Loading...
  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • Tumbler

エクスプローラー, ロレックス, 時計の雑学, その他

ロレックス エクスプローラー14270「ブラックアウト」を徹底解説!

  • にほんブログ村

高級時計ブランドとして100年以上の歴史を持つロレックスには、同じ型番でも外装に細かな違いがある個体が多く存在します。

その中でも製造本数が少ない個体は「レアロレックス」と呼ばれ、プレミア価格で取引されています。

様々な個体がレアロックスとして扱われていますが、今回はエクスプローラー14270で見受けられる「ブラックアウト」について解説していきます。

ロレックス エクスプローラー ブラックアウト

 

①該当モデル:エクスプローラー 14270

エクスプローラー14270は現行モデルの2世代前に該当し、1990年代に発売されたモデルです。

外観は現行モデル”214270″と大差ありませんが、ケース径がやや小ぶりな36mmとなっていることや、文字盤の夜光塗料にトリチウムが使われているといった特徴があります。

ロレックス エクスプローラー 比較

左:14270 右:214270

1990年~2001年に発売された”14270″には製造年数ごとに「E番、X番、N番・・・」といった品番が割り振られており、そのアルファベットで大体の製造年式を特定することができます。そして、ブラックアウトと呼ばれる個体は E、X品番の一部に存在します。

 

②エクスプローラー 14270 ブラックアウトの特徴

14270の E、X品番の一部に見られるブラックアウトダイヤル。その特徴はインデックスの違いです。

まず、14270の通常インデックスを確認してみましょう。

数字の上に白いラインが入っていることが分かるはずです。

14270 インデックス

 

次にブラックアウトと呼ばれるインデックスを見てみます。

ロレックス ブラックアウト

左:通常のインデックス 右:ブラックアウト

比較してみると実に一目瞭然です。

通常インデックスにあった白いラインがありません。

つまり、ブラックアウトとは「白いラインが無いインデックス」を持つ個体の事を指します。

レアロレックスと呼ばれる個体はごく僅かな違いであることが多いのですが、このブラックアウトはかなり明確に通常個体とは異なる特徴をもちます。

 

ロレックス ブラックアウト

左:通常のインデックス 右:ブラックアウト

時計の全体像を見ても、ブラックアウト文字盤には強い個性があります。

14270は2世代前のモデルではありますが、スタイリッシュに見えるブラックアウト文字盤の人気は絶大です。

今尚多くの時計コレクターがこの個体を探し求めています。

 

③エクスプローラー 14270 ブラックアウトの種類

ちなみにブラックアウトは2種類存在します。どちらも「インデックスが白ではない」という特徴をもち、”シルバーの地に黒いラインを塗ったインデックス“とラインを塗らずに”シルバーの地がむき出しになったタイプ“が存在します。

 

■シルバーの地に黒ラインを塗ったインデックス

ロレックス ブラックアウト

一般的にブラックアウトと呼ばれるインデックス仕様はコチラです。

シルバープリント文字に黒いラインが乗っています。

 

■シルバーの地がむき出しになったインデックス

ロレックス ブラックアウト

ブラックアウトには黒いラインを塗らないライン無しの個体も存在します。

ラインが塗られていないため、シルバーの地がむき出しになっています。

 

④エクスプローラー 14270 ブラックアウトの相場価格

14270のブラックアウトは製造数が少なかったこともあり、現在プレミア価格がついています。

中古品でも購入となるため、個体の状態にもよりますが、概ね100万~150万程の価格で取引されています。(黒ラインが塗られたブラックアウトの価格)

特に付属品の状態が良好であれば、更に価値は高価です。

ロレックス ブラックアウト 付属品

現行の214270の新品価格が約70万円程。2世代前のモデルが最新モデルの約2倍の価格となることは驚きです。

いかにレアロレックス、及びブラックアウトに価値があるのかが分かります。

また、今後更にブラックアウトの価値が上がる可能性も考えられますので、投資目的で購入するのもアリだと思います。

勿論、生涯の相棒として購入することもオススメです。人と被らないロレックスであることは間違いありません。

 

⑤114270にもブラックアウトが存在する?

ブラックアウトは14270に存在するレア個体とお伝えしましたが、実は後続モデルに当たる114270にもブラックアウトが存在します。

ただ、どちらのモデルも黒いラインが乗ったブラックアウト個体は存在しておらず、ラインなしの”シルバーの地がむき出しになったタイプ”のみです。

 

114270のブラックアウトはV番の一部個体だけが持つ特徴です。製造数は非常に少なく、市場に出回ることはごく稀です。

そのため中古相場も通常モデルより数十万円高くなっています。

しかし、通常個体の2倍ほどの価値を持つ14270の黒ラインブラックアウトと比較すると、レアリティは低めです。

 

一般的には黒塗りラインが施されたブラックアウトこそが真のブラックアウトという評価を受けているため、現段階では114270のブラックアウトにそこまでの価値はありません。

ただ、何十年か経った時、プレミア価格に化ける可能性はあるでしょう。

 

ロレックス エクスプローラー 商品一覧

 

まとめ

インデックスが白ではなく、黒で表現されているブラックアウト。36mmという引き締まったケースサイズも相まって、非常にスタイリッシュな表情を見せてくれます。

レアロレックスの中でも特に人気が高い個体ですので、見かけたら即買いしても良いでしょう。

 

関連記事

ロレックス エクスプローラー 214270 2016年新型と旧型の違いは?

114270と214270の違いは?ロレックス エクスプローラー新旧比較!!

14270と114270の違いは?ロレックス エクスプローラーI 新旧比較

コレクター必見!レアロレックスをまとめてみました。

  • にほんブログ村
 
RASINオンラインサイトへ RASIN買取サイトへ
バーゼルワールド2018速報  

エクスプローラー新着商品




エクスプローラーのブログ一覧


バーゼルワールド2018
販売サイトへ
買取サイトへ

お勧めアイコン
人気記事ランキング



お勧めアイコン
おすすめ記事

ページトップへ