loading
Now Loading...
  • Twitter
  • LINE
  • Facebook
  • Instagram
  • weibo
  • WeChat
クリスマス特集 クリスマス特集

WEBマガジン, デイトナ, ロレックス, 時計の雑学

ロレックス デイトナ 16520に存在する7種類の文字盤 マークI~VII

  • にほんブログ村

ロレックス デイトナ 16520

言わずと知れた「キング・オブ・クロノグラフ」ロレックス コスモグラフ デイトナ。

現行のステンレスモデル「116500LN」より2代前となる「16520」ですが、製造時期や製造工場によって文字盤に違いがあり「レアロレックス」と言われるプレミア個体が多く、ミステリアスな魅力で時計ファンを楽しませています。

ところが、バリエーションといっても素人目には気付かないような「え、そこ???」というレベルの微妙な違いばかり。

ここがこうだと超高値になるとか、聞いたことはあるけど詳しくは説明できないかな~という初心者~中級者の方も多いのでは?

実は、整理してみると一目瞭然な違いが殆どなんです!

そこで今回は近年注目を集めている「16520」の文字盤バリエーションにフィーチャーしてみたいと思います!

 

ロレックス デイトナ 16520に存在する7種類の文字盤

ロレックス デイトナ 16520にはマークI~VIIまで7種類の文字盤が存在します

製造年代により異なりますので、年代順にご説明をいたします。

 

マークI(1988~1989年頃)

最初期モデル。唯一12時側が「段落ち」仕様になっており、インダイヤルは逆6。夜光はトリチウムです。

 

マークII(1989~1990年頃)

デイトナ 16520 マーク1

「OFFICIALLY CERTIFIED」の表記が無く、12時側のテキストが物足りない感じがしたら(?)それはマークII。

インダイヤルは逆6、トリチウム使用の「T SWISS MADE T」表記です。

 

マークIII(1990年頃)

デイトナ 16520 マークIII

12時側テキストが5列に。また、この頃の個体のみ5列の書体全てが「ROLEX」の書体と同じ「ヒゲ付き」のフォントになっています。製造年数が僅かだったため、個体数が非常に少ないです。また非常に見分けずらいダイアルでもあります。

インダイヤルは逆6、「T SWISS MADE T」表記。

 

マークIV(1990~1992年頃)

デイトナ 16520 mk4

テキストは5列、「ヒゲ」と呼ばれる装飾フォントがブランド名のみとなり、その他の書体はシンプルなものに。

インダイヤルは逆6、夜光はトリチウムで「T SWISS MADE T」。「逆6」最後のバージョンです。

 

マークV(1992~1994年頃)

デイトナ 16520-mk5

ここから正6インダイヤルになります。テキストは5列、夜光もまだトリチウムなので「T SWISS MADE T」表記。

 

マークVI(1995~1999年頃)

デイトナ 16520 mk6

インダイヤルは正6。引き続きテキストは5列ですが、全体的に12時側に寄っています。微妙ですが、「COSMOGRAPH」部分が両側のインダイヤルよりもギリギリ上に位置していれば、マークVではなくマークVI。

そして、「T SWISS MADE T」表記の最後になります。

 

マークVII(1999年~2000年頃)

デイトナ 16520 mk7

最大のポイントは夜光がルミノバに変更され、6時側テキストが「SWISS MADE」表記となっている点。

インダイヤルは正6、テキストは5列で12時側寄りです。

A番後期、P番に存在します。

 

ロレックス デイトナ 16520 文字盤の違いを見極めるポイント

 

7種類の文字盤をご説明いたしましたが、全ての条件を丸ごと覚えなくても、いくつかのポイントが分かれば組み合わせで大体の年代が判別できます。

 

■インダイヤルの「逆6」

文字盤6時側に12時間積算計が配置されていますが、この「6」が逆さまになって「9」のように見えるタイプを「逆6」「逆さ6」等と呼びます。

マークI~IVまでのインダイヤルに見られ、これだけで初期(1988年頃)~中期(1992年頃)の製造であると推測できます。

デイトナ 逆6

左:通常 右:逆6

正6インダイヤルになる際に書体も変更され、現行デイトナのインダイヤルに近い少し角ばったフォントに。数字が幅を取るようになったので、3時側インダイヤル(30分積算計)の目盛の数も減っています。

 

なお、この特徴は16520だけでなく、イエローゴールド×ステンレススティールのRef.116523にも見受けられます。

ロレックス コスモグラフ デイトナ 116523 ブラック  逆6

116523の「逆6」は、F番とD番の黒文字盤に存在するようですが、その詳細は未だ謎に包まれています。

他のシリアルからも逆6が発見される可能性があるので、116523を検討する際には9時位置の12時間積算計をよく確認してください。

現状、プレミア価格などはついていませんが、今後レア文字盤として価値が上がるかもしれません。

 

■「T SWISS MADE T」表記

6時側にプリントされた「SWISS MADE」の表記が「T」に挟まれているのは、インデックスの夜光塗料にトリチウムを使用している証。1999年頃から夜光がルミノバに変更されるので、A番後期~P番(最終品番)になるとTがなくなり現行と同じ「SWISS MADE」表記になります。

デイトナ スイスメイド表記

上:T付き 下:Tなし

 

■12時側テキストの配置や行数

王冠マークの真下に「ROLEX」から始まる4~5列のテキストがプリントされていますが、1988年~1989年代頃に製造された最初期(マークI)のモデルは5列目の「COSMOGRAPH」だけが少し行間を空けて下がった位置に配置されています。

これが通称「段落ち」です。

デイトナ 段落ち

 

その後、1989年~1990年製造の「マークII」と呼ばれる文字盤になると、COSMOGRAPHの真上にあった「OFFICIALLY CERTIFIED」が省かれ、ブランド名入れて全部で4列に。

デイトナ 16520 4段

 

その後「OFFICIALLY CERTIFIED」表記は復活し、以後全てのバージョンが5列表記となります。

そして1995年~1999年頃製造のマークVIダイヤルになると、更に微妙な変化が。

16520 フォント

 

左:マークV  右:マークVI

テキスト自体が、微妙~に12時側に寄っているのがお分かり頂けますでしょうか?

物凄くささやかな違いですが、最後のCOSMOGRAPH表記の位置が3、6時インダイヤルにかかるかどうかで明確な区別が可能です。

 

以上それぞれの特徴が組み合わさり、7種類のバリエーションとして存在しています。

 

おわりに

ロレックス デイトナ16520の歴史、いかがでしたか?

ロレックスの戦略ではないかとも言われるマイナーチェンジですが、同じ型番で100~120万円程度のものもあれば、希少な初期型や最終品番付近は現在400万円以上の高値で取引されており、たかがマイナーチェンジとは言えないレベル。

また、ロレックスの製造年はシリアル頭文字で判断されますが、文字盤については経年劣化などにより後年に交換されている場合も多く、シリアルとは合わない場合もままあります。

ちなみに、16520は発表初期にベゼルも数パターン存在しており、文字盤とベゼルの組み合わせで500万円を超える個体も……。

 

状態の良い個体数は時を経るごとに減っていく中、どこまでプレミア化が進むのか。今後もデイトナから目が離せません。

 

関連記事

デイトナ商品一覧

デイトナ 16520 商品ページ

16520と116520の違いは?ロレックス デイトナ 比較

 

 
クリスマスメンズ クリスマスレディース
クリスマスメンズ クリスマスレディース
クリスマスペアウォッチ RASINオンラインサイトへ RASIN買取サイトへ WATCHES&WONDERS 買取専門ブログ 腕時計入門ガイド 腕時計メンテナンス完全ガイド 腕時計バイヤーズ完全ガイド ショッピングローン最大60回払いまで無金利
 

WEBマガジンのブログ一覧


クリスマス特集
時計クイズ
買取専門WEBマガジン
販売サイトへ
買取サイトへ
腕時計バイヤーズ完全ガイド
メンテナンスガイド
腕時計入門ガイド
正社員・アルバイト求人

お勧めアイコン
人気記事ランキング



お勧めアイコン
おすすめ記事

クリスマス特集

クリスマス特集L クリスマス特集M

ページトップへ