loading
Now Loading...
  • Twitter
  • LINE
  • Facebook
  • Instagram
  • weibo
  • WeChat
自社クーポン自社クーポン

WEBマガジン, デイトナ, ロレックス, 時計の雑学

ロレックスの新たなる謎。デイトナの王冠透かしマークが変更された!?

  • にほんブログ村

ロレックスのガラスには「6時位置」にレーザーで小さく透かしの王冠マークが彫られています。その大きさは 肉眼ではほとんど見えず、ルーペ等を使って初めて分かるくらい細かなものです。

そんな「王冠透かしマーク」ですが、実はデザインが微妙に変わったことが判明しました。まだ詳細は明らかになっていませんが、2016年の新作デイトナ(Ref.116500LN)では確かに以前と違うデザインになっています。

そこで今回はその気になる変化について調査してみました。

ロレックス 新型デイトナ

 

そもそもこのマークは何のためにあるの?

まずはこのマークが何のためにあるのかを説明します。結論から言うと「偽物防止」の為です。

常に高い人気を誇るロレックスは人気であるが故「偽物」が世界中に出回っています。そこでロレックスは「本物」であることの証明として、偽物には決して真似できない高度な技術により「王冠透かしマーク」を風防に施すことを決めました。

「王冠透かしマーク」は1999年にヨットマスター・ロレジウムに初採用され、翌2000年には新型デイトナにも採用されました。2001年にはCal.3130搭載モデル(エクスプローラー I ・サブノンデイト・エアキング)に採用、更に2003年には残りのスポーツモデルに採用され、一般化することに成功しています。

 

王冠透かしマークの見かた

ロレックスの現行モデルにはすべて「サファイアクリスタル」を使用したガラスが使われています。
サファイアはダイヤモンドの次に固いといわれており、傷の付きにくい素材としてロレックス以外でも多くの高級腕時計のガラスに採用されている時計風防の定番です。

そんな優れた強度を誇るサファイアクリスタルレンズに刻まれているのが「王冠透かしマーク」。実はこのマークは肉眼では見つけられないほどの大きさしかありません。確認するためにはルーペが必要になります。

 

ロレックスを手に持ち照明を当てる

王冠透かしマークを確認するために必須なのは「ルーペ」ですが、出来れば卓上ライトなどの照明があると見つけやすさは格段に上がります。机に直置きではなく時計を手で持ち、ルーペで6時位置を見ながら照明の光を使って角度をゆっくり変えると王冠透かしマークはその姿を現します。

ポイントはガラスを真上からではなく、斜めから見ることです。特に白やシルバー系の文字盤はうまく角度を調整しないと文字盤の色と同化してしまい、見つけることが大変難しくなります。

どうしても見つけにくい場合は時計を反対に持って12時側から斜めに覗き込むと見つけやすいです。

 

王冠透かしマークのデザインが変わった!?

さて、本題はここから。1999年から現在までデザインに変更のなかった王冠透かしマークですが、2016年に発売された新作デイトナ(Ref.116500LN)にて同マークを確認したところ、今までのデザインと異なる点を発見しました。

ロレックス 旧透かし王冠マーク
今までの王冠透かしマーク

 

ロレックス 新透かし王冠マーク
新型デイトナ116500LNの王冠透かしマーク

王冠透かしマークはロレックスの象徴である王冠を点線で描いているのが特徴です。旧マークと新マークを比較すると、旧マークは王冠下部の円がロレックスのロゴと同じように1重になっていますが、対して新型デイトナに刻まれていた新マークはその円部分が2重になっており、更に繊細なマークとなっています。

 

他の2016年モデルはどうなのか?

ここで気になるのは、この新マークが新型デイトナだけに刻まれているのか、それとも2016年以降に発売されたモデル全てに刻まれているのかという点。

そこで新型デイトナと同じく2016年に発売された「ヨットマスター ロレジウム 116622 ダークロジウム」の王冠透かしマークもチェックしたところ、こちらは以前の旧マークのままでした。

全てのモデルをチェックしたわけではなく断言することは難しいですが、現状では新マークは新型デイトナにのみに確認されている刻印なのかも知れません。今後はシードゥエラーRef.126600やチェリーニ ムーンフェイズなど話題の新作が次々と発売されていくため、これらのモデルの刻印がどちらのタイプになっているのかも気になるポイントです。

 

参考モデル

ロレックス コスモグラフ デイトナ 116500LN
ロレックス コスモグラフ デイトナ 116500LN ホワイト

2016年のバーゼルワールドで発表された、待望の新型「コスモグラフ デイトナ」116500LN。ベゼルがステンレスから傷のつきにくいセラクロムへ変更され、文字盤のインダイヤルの縁取りもブラックとなり、より精悍なイメージになりました。ムーブメントはパワーリザーブ約72時間を誇る”Cal.4130″を搭載しています。

 

まとめ

なぜ王冠透かしマークのデザインに変更が加えられたのかは現在謎に包まれています。このマークが新たにロレックスの王冠透かしマークの定番になるのか、それともデイトナだけの特別仕様になるのかすら不明です。

今まで幾度なく細かな仕様の違いを生み出してきたロレックス。今回の新マークも初期モデルにしか見受けられない「レアポイント」である可能性もあり得ます。ですが、そんな謎めいた部分もロレックスの魅力の1つかも知れません。

 

 
RASINオンラインサイトへ RASIN買取サイトへ WATCHES&WONDERS 買取専門ブログ 腕時計入門ガイド 腕時計メンテナンス完全ガイド 腕時計バイヤーズ完全ガイド ショッピングローン最大60回払いまで無金利
 

WEBマガジンのブログ一覧


時計クイズ
買取専門WEBマガジン
販売サイトへ
買取サイトへ
腕時計バイヤーズ完全ガイド
メンテナンスガイド
腕時計入門ガイド
正社員・アルバイト求人

お勧めアイコン
人気記事ランキング



お勧めアイコン
おすすめ記事

ページトップへ