loading
Now Loading...
  • Twitter
  • LINE
  • Facebook
  • Instagram
  • weibo
  • WeChat

その他, ロレックス, 時計の使い方, 時計の雑学

ロレックス主要モデルのベルト幅(ラグ幅)を計測してみました

  • にほんブログ村

ロレックスをお持ちの方にはブレスレットから革ベルトに変更したいという方が多くいらっしゃいます。

夏はナイロンベルト。秋冬はレザーベルト。スポーツレジャーの時はロレックス×NATOストラップ・・など。

ただどのベルトに変えるにしても、手持ちの時計のベルト幅(ラグ幅)が分からなければ、何mmのベルトを買ったらよいのかわかりませんよね。

そこで今回はロレックスの主要モデルのベルト幅を計測し、まとめた表を掲載致します。

ロレックスをカスタマイズしたい方に是非ご一読して頂きたい内容です!

ロレックス ラグ幅

 

ロレックス ベルト幅 20mmのモデル

モデル名 型番
エクスプローラーI 114270/214270
エクスプローラーII 16570/216570
デイトナ 16520/116500LN
サブマリーナ 14060M/116610LN
GMTマスター 16750/116710LN/BLNR
シードゥエラー 116600/126600
ミルガウス 116400GV
ヨットマスター 116622
オイスターパーペチュアル (ケースサイズ36mm以上)
エアキング 116900 116900(現行)
デイデイト (II以外)
デイトジャスト (41以外)

デイトナ・エクスプローラー・サブマリーナ・GMTマスターといった定番人気モデルはラグ幅20mmです。

表に載っていない型番に関しても殆どラグ幅20mmです。

つまりロレックスの大半のモデル・型番はラグ幅20mmということになります。

時計のカスタマイズをお考えの方は「幅20mmの替えベルト」を購入すれば良いでしょう。

ロレックス ラグ幅

主要モデルの殆どがラグ幅20mm

 

では、例としてサブマリーナにNATOストラップを装着してみます。

サブマリーナ NOTOストラップ

このサブマリーナはRef.16800という旧式のサブマリーナですが、現行モデルである116610LNと同じく20mmのラグ幅です。

ブレスレットを丸ごと外し、ブラウンのNATOベルト(20mm)を装着したらこのようなイメージとなりました。

 

サブマリーナ NATOストラップ

敢えて18mmのNATOベルトに変更してみました。2mmという言葉だけを聞くと大した差に思えませんが、実際に時計に装着してみると結構緩いです。やはりきちんとラグ幅に合ったベルトを選ばなければいけません。

 

ロレックス ベルト幅 20mm以外のモデル

モデル名 型番
ヨットマスターII 116680 21mm
ディープシー 126660 21.5mm
デイトジャスト デイトジャスト41 21mm
オイスターパーペチュアル ケースサイズ34mmのモデル 19mm

ロレックスの定番モデルの大半は20mmのベルト幅ですが、一部のモデルに関しては20mm以外のベルト幅を持つモデルも存在します。

 

ロレックス レディースモデルのベルト幅

モデル名 型番
デイトジャスト デイトジャスト26 13mm
デイトジャスト デイトジャスト28 14mm

現行デイトジャストに革ベルトを装着する物好きはあまりいないと思いますが、ラグ幅に合うベルトを揃えれば気分によって時計をコーディネートすることが出来ます。

デイトジャスト

具体的な幅はデイトジャスト26が13mm、デイトジャスト28が14mmです。

興味がある方は是非試してみてください。

 

 

 
RASINオンラインサイトへ RASIN買取サイトへ バーゼルワールド2020速報 SIHH2019 腕時計入門ガイド 腕時計バイヤーズ完全ガイド 東京2020オリンピック 選手の腕時計まとめ ローン48回無金利
 

ロレックス新着商品




その他のブログ一覧


バーゼルワールド2020
販売サイトへ
買取サイトへ
東京2020オリンピック 選手の腕時計まとめ
腕時計バイヤーズ完全ガイド
腕時計入門ガイド

お勧めアイコン
人気記事ランキング



お勧めアイコン
おすすめ記事

ページトップへ