loading
Now Loading...
  • Twitter
  • LINE
  • Facebook
  • Instagram
  • weibo
  • WeChat

Watches and Wonders Geneva 2022(旧SIHH) 新作速報!, WEBマガジン, シャネル, その他, 新作モデル, 田中拓郎

速報!2022年シャネル新作モデルを発表!by Watches & Wonders Geneve

  • にほんブログ村

シャネル 2022年新作 J12

出典:https://www.watchesandwonders.com/en/geneva-2022/brands/chanel

ファッションブランドとしてだけでなく、時計ブランドとしても名を馳せるシャネル。

Watches & Wonders 2022年においても魅力的な新作が発表されています。

今年のシャネルの目玉はなんといっても「J12」。アイコニックなデザインはそのままに、内部機構がブラッシュアップされました。

 

シャネル2022年新作  J12 キャリバー 12.2

シャネル 2022年新作 J12

出典:https://www.chanel.com/ja_JP/

シャネルの2022年新作モデルはフラグシップ J12。「キャリバー 12.2」を搭載したハイスペックモデルです。

セラミック素材を全面にあしらった美しいデザインに、時計としての高い実用性。

J12の魅力を受け継ぎながら、33mmとコンパクトな設計に生まれ変わりました。

シャネル 2022年新作 J12

出典:https://www.chanel.com/ja_JP/

今作に搭載される「キャリバー 12.2」はケニッシと共同開発したことで話題になった「キャリバー 12.1」を再構築したモデルです。

全174個から構成されるパーツを33mmケースに合わせ、最適化に成功しています。

ちなみに、ケニッシはブライトリングやチューダーにもムーブメント供給している、非常に実績のある部品メーカーです。

2019年にシャネルの傘下に加わってからは、ムーブメント開発の中枢を担い、J12の魅力と信頼性を高めています。

シャネル 2022年新作 J12

出典:https://www.chanel.com/ja_JP/

キャリバー 12.2は小型ムーブメントでありながらも、パワーリザーブ約50時間を誇ります。

COSC認定の精度を有し、機構としての美しさも抜群です。

シースルーバックから覗くローターは円を意識した独創性の高いデザインとなっており、視覚的にもキャリバー 12.2の魅力を堪能することができます。

なお、バリエーションとしては従来通りブラックとホワイトがラインナップ。

いずれも定価は863,500円(税込)となります。

 

スペック

外装

ケースサイズ: 直径33mm
素材: ホワイトセラミック / ブラックセラミック
文字盤: ホワイト / ブラック

ムーブメント

ムーブメント: Cal.12.2
駆動方式: 自動巻き
パワーリザーブ: 約50時間

機能

防水: 200m
発売日: 2022年4月1日(金)

 

シャネル2022年新作  J12 ダイヤモンド トゥールビヨン キャリバー 5 H7381 / H7380

シャネル 2022年新作 J12

出典:https://www.watchesandwonders.com/en/geneva-2022/brands/chanel

2022年新作モデルとして、複雑機構トゥールビヨンを組み込んだ「キャリバー5」が発表されました。

シャネル初のフライング トゥールビヨン機構を搭載したハイエンドモデルです。

ケースには高耐性マットブラックセラミック、ブラックコーティングを施したステンレススティールを配し、文字盤はオープンワーク仕様のマットブラックダイヤルを採用。

フライングトゥールビヨン キャリバー5はダイヤモンド仕様となっており、技術と美を融合させた至高のエレガンスに仕上がっています。

シャネル 2022年新作 J12

出典:https://www.watchesandwonders.com/en/geneva-2022/brands/chanel

トゥールビヨンを搭載するモデルは増えつつありますが、これほどまでに華やかなモデルはなかなかお目にかかれないでしょう。

時分にもダイヤモンドが組み込まれており、非常にゴージャスな印象を与えます。

ケースサイズは38mmと上品なサイズ感。ラインナップとしては、ダイヤモンドベゼルとバゲットカットセラミックベゼルの2モデルが用意されます。

いずれのモデルも55本限定、価格は要問合わせです。少なくとも1000万円オーバーは確実であり、一般ユーザーが気軽に入手できる時計ではないことは間違いありません。

しかしながら、見ているだけでも十分楽しめる新作だと言えます。

 

スペック

外装

ケースサイズ: 縦38mm
素材: 高耐性マットブラックセラミック /ブラックコーティングステンレススティール
文字盤: マットブラックオープンワーク

ムーブメント

ムーブメント: キャリバー 5
駆動方式: 手巻き

機能

防水: 50m
その他: 各55本限定生産

WATCHES&WONDER2022(旧SIHH) 主な出展ブランド

  • ロレックス
  • パテック
  • カルティエ
  • パネライ
  • IWC
  • ウブロ
  • タグホイヤー
  • チューダー
  • ランゲ&ゾーネ
  • ヴァシュロンコンスタンタン
  • シャネル
  • ジャガールクルト
  • ショパール
  • ロジェデュブイ
  • H・モーザー
  • ゼニス
  • ピアジェ
  • グランドセイコー
  • パルミジャーニー・フルーリエ

 

あわせて読みたい関連記事

 

この記事を監修してくれた時計博士

田中拓郎(たなか たくろう)

株式会社羅針 取締役
(一社)日本時計輸入協会認定 CWC ウォッチコーディネーター

当サイトの管理者。GINZA RASINのWEB、システム系全般を担当。スイスジュネーブで行われる腕時計見本市の取材なども担当している。好きなブランドはブレゲ、ランゲ&ゾーネ。時計業界歴12年

監修記事一覧

  • アップルウォッチ VS ロレックス 勝つのはどっち?マーケティング戦略考察

  • タグホイヤーは何故こんなに安いのか?高級時計メーカーのブランド戦略考察

  • 40代男性にお勧めしたい高級腕時計6選

  • フランクミュラーはなぜこんなに人気があるのか?高級時計メーカーのブランド戦略考察

監修記事一覧 >>監修者一覧 >>


Watches and Wonders Geneva 2022(旧SIHH) 新作速報!のブログ一覧

時計クイズ
買取専門WEBマガジン
販売サイトへ
買取サイトへ
中央通り店
ナイン店
メンテナンスガイド
腕時計入門ガイド

お勧めアイコン
人気記事ランキング



お勧めアイコン
おすすめ記事

ページトップへ