loading
Now Loading...
  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • Tumbler

WEBマガジン, 腕時計選びのためのお勧め記事, 時計の雑学, その他

腕時計の新品と中古、どちらを買うべきなのか?

  • にほんブログ村

高級時計を買うとき、新品を買うか中古を買うか迷われる方は多いと思います。

一般的に品質を求めるのであれば新品、少しでも安く買いたいのであれば中古を買うというのが通例ですが、高級時計に関しては少々これが複雑です。

今回は新品のメリットデメリット、中古のメリットデメリットを踏まえ、どちらで購入するのがオススメなのかを解説していきます。

迷っている方は是非ご一読ください。

高級時計 新品 中古

 

高級時計を新品で買うということ

高級時計における新品には正規販売代理店で販売される「正規品」と、並行輸入品として海外から仕入れてきた「並行輸入品」があります。

 

正規品・・メーカーの正規店で販売された商品。定価での販売となるため割高ですが、正規店で購入した時計のみが受けられるサービスがあるなど、ブランドによっては優遇されることもあります。

 

並行輸入品・・正規代理店を通さず国内に入荷された商品。販売店が自由に価格を決められるため正規品よりかなり安い価格で手に入れることができます。時計自体は正規品と同じです。正規品と並行輸入品でアフターサービスや保証に差をつけているブランドがあります。

 

あわせて読みたい関連記事

 

 

新品で時計を買うメリット

時計を「新品」で購入するメリットは、なんといっても安心感です。

新品 高級時計

正規店で購入した場合は「正規新品を買った」という満足感も得られるでしょう。

外装の傷や機械の精度、付属品の有無に関して気を使う必要はありませんので、予算に余裕がある方は新品を買うのが良いでしょう。

 

新品で時計を買うデメリット

当たり前ですが、新品は中古と比較すると高額です。

並行輸入品であれば定価よりも安く買えますが、中古と比較してしまうと、割高感は否めません。特に正規新品と中古を比べてしまうと同じ時計で数十万円の差が生まれることも珍しくないのが現状です。

また買値が高いと売却する際に売値との差額が大きくなってしまいます。

 

高級時計を中古で買うということ

中古時計は一度誰かが使った時計になります。

新品は時計店でのみ購入することが可能ですが、中古時計に関しては時計専門店・質屋・リサイクルショップ・メルカリ・ヤフオクといった様々な店舗/サービスから時計を購入することが出来るため、選択肢が非常に広いです。

また新品は最新モデルしか販売していませんが、中古品は最新モデルからヴィンテージウォッチまで多種なため、新品の数十倍の選択肢があります。

状態によって価格が大きく異なるため、予算に合わせて購入することができるでしょう。

 

高級時計 中古

 

中古で時計を買うメリット

中古で時計を買う最大のメリットは「価格」です。新品では手が届かない憧れのブランドであっても中古ならば手が届くこともあり、安く時計を購入したい方にとってはこれ以上ない選択肢だといえます。

どれだけ安くなるかは状態やモデルにも依りますが、正規新品の半額程度で購入できるモデルも多いです。

 

【売るときに値段が変わらない】

 

新品で購入しても、中古で購入しても売るときの価格は一緒です。たとえ新品で時計を購入しても一度でも身に着けてしまえば同じ「中古」となります。

そのため、数年後に売却を考えているのであれば、中古で買ったほうが確実にお得です。

特にマイナーなモデルは高値で買取されないことが多いので、新品で購入した場合は売却時の価格差が大きくなります。

 

例:タグホイヤー カレラ キャリバー5 WAR211A.BA0782

タグホイヤー カレラ キャリバー5 WAR211A.BA0782

この時計はタグホイヤーの中でも特に人気が高いモデルであり、定価275,400円という価格で販売されています。

しかし中古であれば15万円前後で購入することが可能です。

買取額は最大120,000円。

定価で購入した場合は15万円以上の差額がありますが、中古で買っていた場合は3万円程度です。

中古で購入→売却を繰り返せば多くの腕時計を楽しむことができます。

 

 

中古で時計を買うデメリット

高級時計をお得に買える中古ですが、もちろんデメリットもあります。

 

■メーカーの保証期間が短い。あるいは存在しない。

■傷がついている可能性がある。

■オーバーホールをする必要性があるかもしれない

 

上記は中古時計を購入する際の主なデメリットです。

 

①メーカーの保証期間。

ブランドによってアフターサービスに差はありますが、新品で時計を購入すると保証期間が付きます。ロレックスオメガブライトリングオーデマピゲは5年間という長期保証が実現されており、安心感が強いです。

しかし、中古で時計を買う場合は保証期間がどうしても短くなってしまい、個体によっては保証がない場合もあります。

そのため時計店では店舗独自の保証期間を設けているケースが多いです。

 

②傷の有無

中古時計は状態が様々です。打痕やキズがそのまま残っている時計もあれば、あまりキズが気にならない時計もあります。

どうしても新品とは差があるため、キズ一つない状態を理想としてしまうとガッカリするかも知れません。

ただ、優良店は研磨で取り除いてから売り場に出します。また、革ベルトも新品に交換しているため「中古=汚い」のイメージは当てはまりません。

新品と見間違えてしまうほど綺麗な状態であることも珍しくありませんので、中古時計をお探しになる場合は複数の店舗を回ってみると良いでしょう。

 

関連記事:まるで新品!?中古腕時計の外装仕上げについて

 

③オーバーホール

機械の動作確認を行わずに時計を陳列する店舗もあり、そのような店で時計を購入してしまうと、すぐに不具合が出る可能性があります。せっかく時計を中古で安く購入したとしても、オーバーホールで費用が掛かってしまったら結局損をしてしまいます。

ただ、これも優良店で購入することで回避することが可能です。

優良店は販売する前に精度や防水性能を細かくチェックし、厳しい検品をパスした時計のみを売り場に並べます。

精度に問題ある場合は店頭に出す前にオーバーホールを施しますので、お客様が購入後にオーバーホールをしなければならない事態にはならないケースが殆どです。

 

 

中古時計には確かにデメリットがありますが、これは購入する店舗を間違えたことによって発生するものです。

購入前にインターネットで口コミを調べ、評価の高い優良店で買えば殆どのデメリットを回避することができます。

そのため、中古時計のデメリットは「一度誰かが使った時計である」という点を除けば殆ど気にならないといっても過言ではないでしょう。

 

まとめ

新品と中古を比較すると、それぞれにメリット・デメリットがあることが分かります。

どちらを選ぶかは買う方の考え方によって異なるので、一方を絶対的に良いと断言することはできません。

 

ただ総合的に考えると「状態の良い中古品」を買うのが一番お得かもしれません。

 

何故なら研磨が施されたケースは新品と何ら遜色がなく、ムーブメントに関してもメンテナンスが施されているのであれば大差がないからです。

さらに購入金額を抑えることができ、数年後に売却した際、その差額が少ないです。

時計専門店で勤務している方の多くがご自身の時計に中古を選ぶことから考えても、中古のメリットは大きいと感じます。

 

 

あわせて読みたい関連記事

 

  • にほんブログ村
 
RASINオンラインサイトへ RASIN買取サイトへ バーゼルワールド2019速報 SIHH2019
 

WEBマガジン新着商品




WEBマガジンのブログ一覧


バーゼルワールド2019
SIHH2019
販売サイトへ
買取サイトへ

お勧めアイコン
人気記事ランキング



お勧めアイコン
おすすめ記事

ページトップへ