loading
Now Loading...
  • Twitter
  • LINE
  • Facebook
  • Instagram
  • weibo
  • WeChat

WEBマガジン, オーデマピゲ, 新作モデル

速報!オーデマピゲ 2020年新作モデルを発表!

  • にほんブログ村

オーデマピゲ 2020年新作 クロノグラフ1533

出典:https://monochrome-watches.com/audemars-piguet-remaster01-chronograph-reedition-1533-introducing-price/

SIHH(現Watches & Wonders Geneve)を離脱し、2020年より独自に新作発表を行っていくこととなったオーデマピゲ。そのためプレスリリースは今か今かと待ち望んでいたものです。

じょじょにそのベールを解き明かしつつあるオーデマピゲの2020年発表一発目は、過去、オークションハウスで高額落札の対象となった超稀少タイムピースRef.1533のリバイバルです!

とは言えこの度の復刻でも世界限定500本生産と、稀少性は負けず劣らず。

この記事では、新たにオーデマピゲからリリースされた、2020年新作をご紹介いたします!

 

 

オーデマピゲ2020年新作 [Re]master01 セルフワインディング クロノグラフ Ref.1533

オーデマピゲ 2020年新作 1533

出典:https://www.watchpro.com/audemars-piguet-reissues-chronograph-from-our-darkest-hour-with-remaster01/

2013年のサザビーズで115,000スイスフラン(現在価格で約1308万円)、2015年にフィリップス・オークションで305,000スイスフラン(現在価格で約3470万円)で落札に至ったオーデマピゲのクロノグラフをご存知でしょうか。

オーデマピゲはとかく1972年に発表されたロイヤルオークばかりに目が行きがちですが、創業以来生み出した名作の数々は枚挙にいとまがありません。

とりわけ永久カレンダー,ミニッツリピーター,そしてクロノグラフの製造に関しては、伝統的なお家芸と言っていいでしょう。

 

この度発表された新作は、そんな名作の中の、「クロノグラフ」の一つです。

そして前述の通り、現在価格では3000万円超えの価値を持つ個体・・・!

かつて「1533」とリファレンスが振られた一本となります。

オーデマピゲ 2020年新作 1533

出典:https://monochrome-watches.com/audemars-piguet-remaster01-chronograph-reedition-1533-introducing-price/

今でこそクロノグラフは多くのブランドが「レーシーかつスポーティーなイメージを出すために」用いるデザインコードのような面がありますが、19世紀~20世紀にかけては、ハイエンドなコンプリケーションとして数え上げられていました。

そのため製造本数はそう多くはありません。

オーデマピゲ歴史研究家のマイケル・フリードマン氏によると1930年代~1970年代がオーデマピゲのクロノグラフの黄金時代に当たりますが、製造したクロノグラフは307本のみ。しかもそれぞれが一点ものの超稀少タイムピースだったようです。

余談ですが、マイケル・フリードマン氏は2018年新シリーズCODE11.59の開発に大きく貢献した人物です。

 

Ref.1533は、そんな銘クロノグラフのうち、1943年に製造された個体です。ちなみにたった三本しか市場に流通していません

しかしながらマイケル・フリードマン氏はまだ語ります。曰く、ただのリバイバルではない、と。

プレスリリースされたモデル名を見ると、[Re]master01と冠されています。
そう、リ・マスターなのです。

すなわち、かつての伝統的タイムピースと、現代技術の融合である、と―
詳細を見ていきましょう。

 

新作概要

かつて製造されていたRef,1533は、手巻きクロノグラフでした。

36mmという1943年当時としては大型ケースに収められていたこと。加えてステンレススティール×ピングゴールドのコンビネーションでそのケースは製造されていたことが、非常に高い稀少性を後押ししています。

なぜなら、当時は高級時計=小径ゴールドケースの時代です。

そんな中、革新的×伝統のクロノグラフウォッチをリリースすることに、現在のオーデマピゲの理念「To break the rules, you must first master them.(ルールを壊すためには、まずルールを極めなくてはならない)」が既に根付いていたことを感じます。

オーデマピゲ 2020年新作 1533

出典:https://www.watchpro.com/audemars-piguet-reissues-chronograph-from-our-darkest-hour-with-remaster01/

そのオリジナルの1533のデザインを、基本的には踏襲しています。

横目のスリーカウンタークロノグラフ、文字盤含む大きい面積はゴールド製、しかしながらティアドロップ型のラグ等一部はステンレススティール製、美しくも繊細な青針、レトロなフォントのタキメーター・・・全てが完璧なリバイバルです。

12時インデックス下に「AUDEMARS PIGUET & Co. GENEVE」のプリントが施されているところもオリジナルを大切にしていますね(現行品にはこの仕様はなし)。

 

しかしながら、2020年には40mmにアップサイジングされたケースが採用されました。

また、文字盤はオリジナルはローズゴールドでしたが、今作ではイエローゴールドに。つまりSS、PG、YGの三つ巴が楽しめるデザインとなっております。

さらに、最大の「革新」は、ムーブメントにあります。

1943年当時の1533は手巻きクロノグラフで、かの有名なバルジュー社製の機械をベースに作られていました。

そして最新作では、オーデマピゲ渾身のマニュファクチュール・ムーブメントCal.4409が搭載されることとなったのです。

オーデマピゲ 2020年新作 1533

出典:https://www.watchpro.com/audemars-piguet-reissues-chronograph-from-our-darkest-hour-with-remaster01/

このムーブメントはCODE11.59のために約5年の歳月をかけて開発された機械で、きわめて優れた性能を誇るのは、ご存知の通りです。

最新技術のもとに製造された当機は直径32mmとやや大型ながら、コラムホイールと垂直クラッチを備えたフライバッククロノグラフ。また、パワーリザーブ約70時間とオーデマピゲの従来の製品よりも延長された持続時間を有しており、利便性が向上しています。

機械自体が再編していることからカウンターの位置がオリジナルとは異なり、6時位置にスモールセコンド、3時位置に12時間積算計、9時位置に30分積算計が配置されることとなりました。

 

このように、温故知新を地でいくようなオーデマピゲの2020年新作。

冒頭でもご紹介したように世界限定500本生産と、ただでさえ少量生産のオーデマピゲの中でも、屈指の稀少性が想定されます。

予価は49,500スイスフラン。

発売は2020年6月~。

同月25日にオーデマピゲの新博物館がオープンし、オリジナル1533も展示されるとのことです。

 

スペック

型番:26595SR.OO.A032VE.01
ケースサイズ:直径40mm
素材:ステンレススティール×ピンクゴールド
駆動方式:自動巻き
ムーブメント:Cal.4409
パワーリザーブ:約70時間
防水性:20m

 

 

オーデマピゲ2020年新作 ロイヤルオーク 15500ST シルバー文字盤

オーデマピゲ ロイヤルオーク2020年新作

出典:https://www.audemarspiguet.com/ja/watch-collection/royal-oak/15500ST.OO.1220ST.04/

2019年、 155500STがリリースされ、7年ぶりに世代交代を果たしたオーデマピゲのフラグシップ・ロイヤルオーク。

当サイトでもこの新型を何度かご紹介しておりますが、その際必ず言及していたのがシルバー文字盤の存在です。と言うのも、これまで15400STで高い人気を誇ってきたシルバー文字盤が、15500STでは採用されなかったと思われたためです。

SIHH2019で発表されたのは、ブラック・ブルー・グレーのみでした。

ロイヤルオーク SIHH2019 15500ST

※SIHH2019の様子

 

しかしながら、シルバー文字盤も追加となりました!

前世代の15400STが完全にオーデマピゲのカタログから消えましたので、15500STに追加されたのでしょう。

シルバーというカラーは定番で、変わり映えしないと思われるかもしれません。でも、やっぱりビジネスの王道です。シンプルだからこそ、それがいい。

そんなシルバーロイヤルオークが新型でも楽しめるというのは、オーデマピゲファンにとっては朗報ですね!

 

スペック

型番:15500ST.OO.1220ST.04
ケースサイズ:直径41mm×厚さ10.4mm
素材:ステンレススティール
駆動方式:自動巻き
ムーブメント:Cal.4302
パワーリザーブ:約70時間
防水性:50m
定価:2,365,000円

 

オーデマピゲ2020年新作 ロイヤルオーク34mm

15500ST シルバーだけでなく、ロイヤルオークからは34mmのレディースモデルが4種類ラインナップされました。

ステンレススティール・コンビからはシルバーダイアルをあしらった2種類のモデルが発表され、同時に18Kピンクゴールド、ブルーグレーダイヤルを備えたステンレススティールモデルも展開されます。

2020年新作 オーデマピゲ ロイヤルオーク 34mm

出典:https://www.audemarspiguet.com/ja/

いずれもロイヤルオーク特有の「グランドタペストリー」ダイヤルを備え、高級感のある仕上がりとなっています。

日常使いに最適なオールステンレスから、華やかなベゼルダイヤまで、セレブの需要を満たす魅力的なラインナップです。

搭載ムーブメントは自動巻きムーブメントキャリバー5800を搭載。

34mmモデルのために開発された回転錘が採用され、より安定した精度が出せるようになりました。

 

なお、34mmモデルはすでに発売が開始されており、国内の正規店でも順次入荷が予定されています。

気になる定価に関しては以下の通りです。

 

■77350ST.OO.1261ST.01 ステンレス×シルバー : 1,900,000円(税抜)

■77350SR.OO.1261SR.01 コンビ×シルバー : 2,250,000円(税抜)

■77351OR.ZZ.1261OR.01 18Kピンクゴールド×シルバー(ベゼルダイヤ) : 4,650,000円(税抜)

■77351ST.ZZ.1261ST.01 ステンレス×ブルー(ベゼルダイヤ) : 2,400,000円(税抜)

 

どのモデルも今後のレディースロイヤルオークの定番として人気を博すことになるでしょう!

 

スペック

ケースサイズ:直径34mm
素材:ステンレススティール/コンビ/18Kピンクゴールド
駆動方式:自動巻き
ムーブメント:自動巻きキャリバー 5800
パワーリザーブ:約50時間
防水性:50m

 

まとめ

オーデマピゲの2020年新作を発表いたしました!

とは言えまだこれは第一陣。

まだまだ新作の虎の子を隠し持っており、順次発表されていくでしょう。

続報が入り次第、当ページでご報告していきます!

 

2020年新作 速報ページはこちら

バーゼルワールド

 

オーデマピゲのご購入はこちら

 

あわせて読みたい関連記事
 
RASINオンラインサイトへ RASIN買取サイトへ バーゼルワールド2020速報 WATCHES&WONDERS 買取専門ブログ 腕時計入門ガイド 腕時計バイヤーズ完全ガイド 東京2020オリンピック 選手の腕時計まとめ ローン48回無金利 時計クイズ
 

WEBマガジンのブログ一覧

時計クイズ
バーゼルワールド2020
WATCHES&WONDERS
買取専門WEBマガジン
販売サイトへ
買取サイトへ
東京2020オリンピック 選手の腕時計まとめ
腕時計バイヤーズ完全ガイド
腕時計入門ガイド

お勧めアイコン
人気記事ランキング



お勧めアイコン
おすすめ記事

ページトップへ