loading
Now Loading...
  • Twitter
  • LINE
  • Facebook
  • Instagram
  • weibo
  • WeChat

シャネル, その他

シャネルJ12 新型と旧型の違い

  • にほんブログ村

シャネルのフラグシップモデル「J12」。

男性・女性問わず絶大な支持を集めており、多くの芸能人に愛用されていることでも有名です。

そんなJ12ですが、実は同じモデルであっても製造年によって新型と旧型に分かれます。

ぱっと見は全部同じに見えても、細かなところに違いが存在しますので、今回はこの違いについて解説していきたいと思います。

シャネル J12

 

シャネルJ12について

J12は100種類以上にも及ぶバリエーションが存在するコレクションです。ホワイトとブラックの2色が基本ラインナップとなっており、ダイヤが配されたモデルやGMT搭載モデル、クロノグラフといった多種多様のラインナップが存在します。

メンズモデルとレディースモデルがあり、デザインは同一ですが、ケースの大きさやムーブメントが異なります。

シャネル J12

新旧の違いはロングセラーモデルに多く存在します。近年発売されたモデルに関しては最初から新型の仕様で発売されているため、新旧の違いは存在しません。

また、新型の仕様となっていても発売時期によっては一部が旧型のままというモデルも存在します。

 

シャネルJ12 新旧の違い① 針の色が違う

新型と旧型の違いにおいて、もっとも目立つポイントは針の色です。

針に注目して良く見てみると、旧型は白色が使われていますが、新型の針はシルバーに変えられていることがわかります。

j12 新旧 針

左:旧型針(白) 右:新型針(シルバー)

 

シャネルJ12 新旧の違い② ブレスレットの仕様

J12は新型と旧型でブレスレットの仕様が違います。旧型に多いのが、ブレスレットの内側がホチキスの芯のようなものがあるブレスレットです。

シャネルJ12 新旧バックル

左:旧型バックル 右:新型バックル

この形状のブレスレットはコマの調整が非常に面倒ですぐに改良されました。

現行のモデルはブレスレットの横側からピンを抜いてコマ調整が可能です。

 

シャネルJ12 新旧の違い③ バックルの形状

新型のバックルは旧型に比べ、長さが短くなり、厚みも若干薄くなっています。

現行モデル J12

また、旧型はバックルの破損トラブルが多かったのですが、新型のバックルは改良され、耐久性が増しました。

新型バックルは旧型バックルよりも総合的に使いやすくなっています。

 

シャネルJ12 新旧の違い④ 文字盤のミニッツマーカー

細かい変更点ではありますが、実は新型J12は文字盤のフチにも変更が見受けられます。

旧型では文字盤の端っこに目盛が配されていましたが、ベゼル内周に変更されました。

シャネルJ12 新旧 目盛

左:旧ミニッツマーカー 右:新ミニッツマーカー

尚、クロノグラフに関しては、現在も旧型の位置にミニッツマーカーが配されています。

シャネル J12 クロノグラフ 黒セラミック H0940

シャネル J12 クロノグラフ 黒セラミック H0940

 

シャネルJ12 新旧の違い⑤ 夜光の大きさ

コマ、バックル、ミニッツマーカーの違いに気づく人は多いですが、夜光の違いに関してはあまり知られていません。

実は新型は旧型に比べ、夜光塗料の面積が小さくなっています。

J12 新旧 夜光塗料

左:旧型インデックス夜光 右:新型インデックス夜光

まとめ

2000年に誕生したJ12は、もうすぐ20周年。様々なバリエーションのモデルが世に放たれましたが、基本的なデザインは一切変わることがなく、常にお洒落な時計の最先端として存在しています。

旧型のJ12は今となってはレアなモデルですが、とりわけ価値が付いているわけではありませんので、どうしても旧型のデザインが好きというわけでなければ新型を購入することをオススメします。

 

あわせて読みたい関連記事

シャネルのブログ一覧

買取専門WEBマガジン
販売サイトへ
買取サイトへ

中央通り店
メンテナンスガイド
腕時計入門ガイド

 

人気記事ランキング

ページトップへ