loading
Now Loading...
  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • Tumbler

WEBマガジン, オメガ

オメガ シーマスター ダイバー300M 全15モデルを一挙見せ!

  • にほんブログ村

オメガシーマスターは1957年誕生と、60年以上の歴史を誇ります。
派生モデルやデザインバリエーションの多彩さが一つの特徴で、中でも300M防水という高いスペックにもかかわらずスタイリッシュなシーマスター ダイバー300Mは大変人気。シーマスターと言えばコレ!というくらいの定番です。

1993年生まれのダイバー300Mは昨年25周年を迎え、大きなモデルチェンジを遂げました。
これがまた、初代の意匠を取り入れたデザインと最先端技術の融合で、本当にすごいヤツなのです!

この記事では、新しくなったシーマスター ダイバー300Mの全15モデル、そしてスペシャルエディションや過去の名作など、ダイバー300Mの全てを一挙見せします!

オメガ シーマスター ダイバー300M

出典:https://www.omegawatches.jp/ja/

 

オメガ シーマスター ダイバー300Mとは?

冒頭でも述べたように、シーマスターは様々な派生モデルが存在しますが、ダイバー300Mが最も一般的と言っていいでしょう。

1993年に登場し、逆回転防止機能を搭載したセラミックベゼル(初代はアルミベゼル)、バトン型の針、夜光塗料が施された丸型インデックスがデザインの特徴です。
海辺のアクティビティだけでなく、ビジネスシーンでも使用できるスタイリッシュさが幅広い年代層の男性たちから支持を得てきました。

オメガ シーマスター ダイバー300M

212.30.41.20.03.001

 

シーマスターの魅力はデザインに加えて抜群のコストパフォーマンス!
よくロレックスサブマリーナと比較されることもありますが、サブマリーナが定価超えの相場を記録していることを考えるとコスパ重視派にとってはシーマスターに軍配をあげるでしょう。
と言うのも、300M・ヘリウムエスケープバルブとプロが飽和潜水で実際に使用できるスペックを備えながらも、新品並行価格は30万円台からという、価格の優等生なのです。

なお、シーマスター ダイバー300Mの中でも派生モデルが存在します。
最もオーソトックスなタイプは黒または青文字盤・ベゼル×自動巻き×3針+日付機能モデル。

また、クォーツ式のさらに安価なタイプや、GMT機能、クロノグラフを搭載したモデルも展開されてきました。

 

新しいシーマスター ダイバー300Mの特徴と魅力

誕生から25周年を迎えた2018年。
シーマスター ダイバー300Mはフルモデルチェンジが加えられました。
この変化が、最先端技術と往年の名作を見事融合させたとして、発表当初は非常に大きな話題となったものです。

新しいダイバー300Mの特徴をご紹介いたします。

 

特徴①デザイン

オメガ シーマスター ダイバー300M

出典:https://www.omegawatches.jp/ja/

シーマスター ダイバー300Mが新作として発表された時、波状模様の文字盤デザインがまず話題となりました。
と言うのも、最近はシンプルでプレーンマットなタイプが主流でしたが、初代シーマスター ダイバー300Mでは上記の波状文字盤がラインナップされたのです。

初代シーマスター300Mは今なお評価されていますが、このデザイン性が担うところも大きいでしょう。

なお、ベゼル同様に文字盤もセラミック製となっております。
耐蝕性に優れるだけでなく、セラミック特有の艶感が出て、良い風合いを醸し出すようになりましたね!

オメガ シーマスター ダイバー300M

出典:https://www.omegawatches.jp/ja/

さらに、ケースサイズは41mm(一部36mm)⇒42mmへとアップ。

また、細かな箇所になりますが、オメガが特許を取得している独自のヘリウムエスケープバルブが円錐形になっていて、シーマスターが持つスタイリッシュさに磨きがかかりました。

 

特徴②機能性

オメガ シーマスター ダイバー300M

出典:https://www.omegawatches.jp/ja/

ロレックスと並んで実用性に定評のあるオメガ。モデルチェンジにあたって、機能性を進化させていないはずがありません。

最も特筆すべきは自社製自動巻きCal.8800の存在。
これは、オメガ独自のコーアクシャル機構を搭載した、マスタークロノメーター認定機です。

コーアクシャルは機械式時計にありがちなパーツ同士の摩耗を最小限に抑えたもので、オーバーホールの頻度を下げることに成功しています。
さらに、マスタークロノメーターは一般的なクロノメーターに加えて防水性や耐磁性など、より時計に求められる機能性を極めた新品質規格です。

このようにデザインは初代意匠を継承しつつも、オメガの最先端技術が詰まったモデルチェンジとなりました。

 

特徴③素材

オメガ シーマスター ダイバー300M

出展:https://www.instagram.com/omega/

先ほどデザイン面の項でも触れましたが、オメガは従来からの貴金属とセラミックなどの新素材を上手に使い分けてより実用に即した腕時計を製造しているエキスパートでもあります。

例えば該当のセラミックベゼル。
電鋳処理によって18kゴールド装飾―セラゴールド技術―、またはホワイトエナメルがダイビングスケールに採用され、耐久性や耐紫外線を獲得。見た目的にも、高級感が増しています。

また、定番のステンレススチールやイエローゴールドの他、セドナゴールド(上の画像)と呼ばれる赤みが強く変色しづらい独自ピンクゴールド素材が採用されました。
スピードマスターコンステレーションといった幅広いモデルに採用されていますね。

今回のモデルチェンジにあたり、素材やカラーのバリエーションだけで15個のモデルが追加されることとなりました。

次項で一挙にご紹介いたします!

 

オメガ シーマスター ダイバー300M 2018年発表の全15モデル一挙見せ!

それでは現行ラインに加わった15モデルをご紹介いたします。

 

ケースサイズ:42mm
ムーブメント:自動巻きCal.8800
パワーリザーブ:約55時間
防水性:300M

 

ステンレススティール製

①210.30.42.20.03.001

オメガ ダイバー300M 青文字盤

 

②210.30.42.20.01.001

オメガ ダイバー300M 黒

 

③210.30.42.20.06.001

オメガ シーマスター ダイバー300M グレー

 

定価:561,600円(税込)

 

ステンレススティール×ラバーストラップ

④210.32.42.20.03.001

オメガ シーマスター ダイバー300M

 

⑤210.32.42.20.01.001

オメガ シーマスター ダイバー300M

 

⑥210.32.42.20.06.001

オメガ シーマスター ダイバー300M

 

定価:550,800円

 

ステンレススティール×イエローゴールド

⑦210.20.42.20.03.001

オメガ シーマスター ダイバー300M

 

⑧210.20.42.20.01.002

オメガ シーマスター ダイバー300M

 

定価:1,123,200円

 

ステンレススティール×イエローゴールド×ラバーストラップ

⑨210.22.42.20.03.001

オメガ シーマスター ダイバー300M

 

⑩210.22.42.20.01.002

オメガ シーマスター ダイバー300M

 

定価:745,200円

 

ステンレススティール×セドナゴールド

⑪210.20.42.20.03.002

オメガ シーマスター ダイバー300M

⑫210.20.42.20.01.001

オメガ シーマスター ダイバー300M

 

定価:1,123,200円

 

ステンレススティール×セドナゴールド×ラバーストラップ

⑬210.22.42.20.03.002

オメガ シーマスター ダイバー300M

 

⑭210.22.42.20.01.002

オメガ シーマスター ダイバー300M

定価:745,200円

 

チタン タンタリウム×セドナゴールド

⑮210.60.42.20.99.001

オメガ シーマスター ダイバー300M

 

定価:要問合せ
説明:世界限定2500本モデル。
ベゼルとブレスレットに採用されたタンタリウム素材とは、過去パネライ ルミノールやオーデマピゲ ロイヤルオークにも使われた新素材で、チタンよりさらに強靭でずっしりとした威厳のあるレアメタルです。
チタン製のブルーグレーとゴールドの淡い色合いが絶妙にマッチします。

以上が新たに現行ラインに加わった全15モデルとなります。
なお、⑮でご紹介したチタン タンタリウムは限定生産品です。

 

これまでのダイバー300Mも一挙見せ!全10モデル

モデルチェンジを果たす前のシーマスター ダイバー300Mももちろん魅力的!
新作15本はいずれも話題性から品薄気味で新品並行価格も高めです。

そのため、新品並行相場が30万円台から、中古であればさらに価格を抑えることが可能な従来モデルから選択するのも良いでしょう。

なお、ジェームズボンドモデルなどはやや高額となりますが、スペシャルエディションらしいこだわりを有していることは付け加えておきます。

 

212.30.41.20.03.001

オメガ シーマスター ダイバー300M

 

定価:475,200円
相場:31万円~33万円程度(新品)

 

212.30.41.20.01.003

オメガ シーマスター ダイバー300M

 

定価:475,200円
相場:32万円~35万円程度(新品)

 

212.30.36.20.01.002

オメガ シーマスター ダイバー300M

 

定価:399,000円
相場:27万円程度

※ケースサイズ36mmモデル

 

コマンダー ウォッチ 212.32.41.20.04.001

オメガ シーマスター ダイバー300M

 

定価:572,400円
相場:50万円台半ば(新品)

※ケースサイズ41mmモデル
※映画『007』ジェームズボンドウォッチ
※世界限定7007本生産

 

 

212.30.44.50.03.001

オメガ シーマスター ダイバー300M

 

定価:648,000円
相場:40万円台~

※ケースサイズ44mm
※クロノグラフ搭載

 

212.30.44.50.01.001

オメガ シーマスター ダイバー300M クロノグラフ

 

定価:648,000円
相場:40万円台~

※ケースサイズ44mm
※クロノグラフ搭載

 

212.30.42.50.01.001

オメガ シーマスター ダイバー300M

 

定価:648,000円
相場:41万円台~

※ケースサイズ42mm
※クロノグラフ搭載

 

212.30.44.50.01.002

オメガ シーマスター ダイバー300M

 

定価:546,000円
相場:40万円前後

※ケースサイズ44mm
※クロノグラフ搭載

 

レガッタ ETNZ 限定2013本 212.32.44.50.01.001

オメガ シーマスター ダイバー300M

定価:615,600円

※ケースサイズ44mm
※クロノグラフ搭載
※ETZ
※世界限定2013本生産

 

212.30.44.52.01.001

オメガ シーマスター ダイバー300M

定価:758,160円

※ケースサイズ44mm
※GMT・クロノグラフ搭載

 

まとめ

オメガのシーマスターの中でも、ド定番であり、25周年を迎えてさらに魅力的になったダイバー300Mをご紹介いたしました。

よりタウンユースに依ったアクアテラや、ゴリゴリのダイバーズウォッチといった趣のプラネットオーシャンもステキですが、その両方のいいとこどりをした印象なのがダイバー300Mです。

そのため、初めてオメガをご購入いただく方にも、しっかりとしたプロスペックを持つ腕時計が欲しい方にも自信を持ってお勧めできます。

ビジネスにもアクティブにも使えるオメガ シーマスター ダイバー300M。一度、手にとってみてはいかがでしょうか?

 

※掲載している新品並行価格は2019年1月現在の相場となります。

 

オメガ シーマスター 商品一覧

 

あわせて読みたい関連記事
  • にほんブログ村
 
RASINオンラインサイトへ RASIN買取サイトへ SIHH2019
2019年1月18日 現地から速報!SIHH2019!
バーゼルワールド2019速報
 

WEBマガジン新着商品




WEBマガジンのブログ一覧


SIHH2019 現地から速報!SIHH2019!
バーゼルワールド2019
販売サイトへ
買取サイトへ
ムック本発売

お勧めアイコン
人気記事ランキング



お勧めアイコン
おすすめ記事

ページトップへ