loading
Now Loading...
  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • Tumbler

WEBマガジン, 現地から速報!バーゼルワールド2018レポート, シードゥエラー, ロレックス, 新作モデル, その他

バーゼルワールド2018新作! ロレックス ディープシー 126660を徹底解説!

  • にほんブログ村

バーゼルワールドにおいて時計ファンが関心を寄せるのは、ロレックスがどんな新作を発表するのかということ。

2年前は新型デイトナの発表。昨年は赤シードの復活が注目されました。

そして、今年のバーゼルは新作GMTマスターII 126710BLROが話題となりましたが、ディープシーの新作が発表されたことにも注目が集まっています。

新作ディープシーは旧作からデザインがほぼ変わっていないため、一見マイナーチェンジのような印象を受けます。しかし、性能面では大幅な進化を遂げました。

今回は新作ディープシーの進化したポイントを解説していきます。

ロレックス 新作126660

出典:https://www.rolex.com/ja

2018 新作ディープシー 126660 スペック

ディープシーは2008年にプロフェッショナルダイバーの為に作られた潜水時計です。3,900mという優れた防水性能に加え、デカく厚い男らしいフォルムが人気を博しています。

ラインナップは旧作と変わらず「黒」「D-blue」の2つのバリエーション。これまでにも細かなマイナーチェンジが行われたことはありましたが、リファレンスナンバーを変更したのはこれが初めてです。

つまり、10年越しの第2世代の登場ということになります。

ディープシー 126660

https://www.rolex.com/ja/

まずは簡単にスペックをご紹介いたします。デザイン性や操作性に大きな変化はありませんが、ムーブメントに最新ムーブメント「cal.3235」を搭載しています。

 

型番:126660
モデル:シードゥエラー ディープシー
素材:オイスタースチール
文字盤:黒/青
ケースサイズ:44mm
ムーブメント:キャリバー3235
パワーリザーブ:約70時間
防水性:3,900m

 

注目したいのは旧モデルでは48時間だったパワーリザーブが、「cal.3235」を搭載したことで70時間に伸びていることです。

週末にゼンマイを巻かなくても月曜日まで時計は動き続けるため、より使い勝手が増しました。

 

バーゼルワールド2018 新作ディープシー 126660 の特徴

新作ディープシー 126660は旧作と比較すると、

 

・ブレスレットが幅広になった

・ケースラグの細かなデザイン変更

 

といった変更が施されました。

ディープシー 126660

ただ、視覚的には旧作から殆ど変わったようには見えず、ほぼ一緒といっても過言ではありません。

そのため、新作ディープシーは機械が進化したモデルだと思って頂ければ良いと思います。

 

新作ムーブメント「cal.3235」

特許件数 14件、新部品 90%以上。

新作ディープシーの魅力は新世代ムーブメント「Cal.3235」を搭載していることにあります。

cal.3235

Cal.3235は昨年のバーゼルワールドで発表された赤シード Ref.126600にも搭載された高性能ムーブメント。

このムーブメントの凄いところは何といってもパワーリザーブの長さです。

これまでのディープシーは約48時間のパワーリザーブに留まっていましたが、「Cal.3235」は70時間へと大幅に性能アップ!

まさに「ロングパワーリザーブ」といえる仕上がりとなっています。

 

ロレックス cal3325

https://www.rolex.com/ja/watches/rolex-watchmaking/new-calibre-3255.html

また、パワーリザーブだけでなく「脱進機」も進化を遂げています。

旧ディープシーに採用されていたcal.3135には標準的なスイスレバー脱進機が使われていましたが、新しく搭載されたCal.3235にはクロナジーエスケープメントと呼ばれる革新的な脱進機が採用されています。

この機構は脱進機自体を「軽量化」し、運動効率を高めたロレックスならではの革新的機構です。

効率化されたCal.3235の精度は公認クロノメーターの約2倍に設定されており、安定性はより一層信頼できるものとなりました。

 

cal3255 香箱

Cal.3235はゼンマイを収納する香箱にも工夫が施されています。

通常、パワーリザーブを増やすためには香箱を巨大化させ、収納するゼンマイを長くする必要性があります。

しかし、Cal.3235の香箱は壁の厚さを半分にすることで内部空間を拡大させ、香箱の大きさを変えずにパワーリザーブを増やすことに成功しました。

この新しい香箱の開発はサイズアップが難しいディープシーにとって非常に重要なことです。

ただでさえデカ厚を極めたディープシーをこれ以上大きな設計にするわけにはいかないからです。

 

加えて、Cal.3235はヒゲゼンマイに高い耐磁性を誇るブルーパラクロム・ヘアスプリングを採用。さらに新開発されたパラクロム・ヘアスプリングにより耐衝撃性が格段に向上しています。

効率性の良い新世代自動巻きローターも搭載されているため、ムーブメントのトータル性能は旧ディープシーを遥かに凌駕しているといえるでしょう。

 

Cal.3235はまさに新技術のオンパレード!

このCal.3235を搭載することが、どれだけディープシーを進化させるかは想像に難しくありません。

 

ディープシー116660の動向と126660の日本入荷時期

ディープシー126660の発表に伴い、旧作116660の廃盤が決定しました。

ロレックスは新作が発売されると旧作の価格が上昇する傾向にありますが、今回廃盤となった116660も例にもれず、価格が上昇していくと思われます。
116660 価格推移

116660は廃盤が予想されていたため、今年に入ってからジワジワと価格が上昇していました。

ただ、126660と116660はデザインに殆ど変更がないため、今後旧作の価値が大幅に上昇することは無いようにも思えます。ある程度時間が経つにつれ、相場は落ち着くと予想しますが、こればかりは実際に時間が経過してみなければわかりません。

 

また日本への入荷時期についても触れておきます。

例年通りですと、ロレックスのバーゼルワールド新作モデルは「5月中旬~6月」にかけて日本に入荷されることが多いので、今年も恐らくその時期に入荷されると予想されます。

ちなみに、2016年のバーゼルワールドで発表された新作デイトナは5月28日、昨年の126600 赤シードも5月中旬~末には日本に入荷されていました。

この流れ通りであれば、新作GMTマスターⅡも新作ディープシーも5月中には手に入れることが可能になるのではないでしょうか。

ただし国内入荷直後は価格が高騰する傾向にありますので、年末か来年に購入した方がお安く買えるかもしれません。

 

最後に

バーゼルワールド2018において注目を集めた新ディープシー126660はロングパワーリザーブを得たハイスペックモデルです。

精度の安定性や耐久性も向上しており、より使いやすい時計となりました。

デザインは旧作とほぼ変わらないため、これからディープシーの購入を検討されている方は「126660」を購入するのがベストだと思います。

 

あわせて読みたい関連記事

 

■BASEL WORLD 速報ブランド
  • ロレックス
  • オメガ
  • タグホイヤー
  • パテックフィリップ
  • ウブロ
  • チュードル
  • ハリーウィンストン
  • ブルガリ
  • シャネル
  • ブレゲ
  • セイコー
  • ゼニス
  • ブライトリング
  • ショパール

 

  • にほんブログ村
 
RASINオンラインサイトへ RASIN買取サイトへ SIHH2019 バーゼルワールド2018速報
 

WEBマガジン新着商品




WEBマガジンのブログ一覧


SIHH2019
バーゼルワールド2018
販売サイトへ
買取サイトへ

お勧めアイコン
人気記事ランキング



お勧めアイコン
おすすめ記事

ページトップへ