loading
Now Loading...
  • Twitter
  • LINE
  • Facebook
  • Instagram
  • weibo
  • WeChat

Watches & Wonders 2020(旧SIHH) 新作速報!, WEBマガジン, カルティエ, シャネル, ショパール, チューダー, パテックフィリップ, ロレックス, 新作モデル, 現地から速報!バーゼルワールド2020レポート

速報!時計業界の2021年新作発表は完全オンラインへ~Watches & Wonders,ロレックス,パテックフィリップ等~

  • にほんブログ村

2020年、世界を未曾有の自体に陥れた新型コロナウイルスは、私たちのあらゆる生活にパラダイムシフトを強いました。

時計業界も言うに及ばず。例えばそう、伝統的な新作見本市の廃止。そして見本市のデジタルプラットフォーム化。

もっとも、これは2020年一回きりの暫定的な措置であると言った見方も大きかったでしょう。

しかしながら旧SIHHにあたるWatches & Wonders Geneveの公式より、2021年についての見解が発表されました。曰く、「2021年新作見本市は、完全オンライン化する」と。

この記事では、時計業界の2021年新作発表についての詳報をお伝え致します。

バーゼルワールド SIHH WPHH

 

Watches & Wonders Geneve、2021年新作発表は完全オンラインへ

2021年4月7日(水)~13日(火)の一週間、スイス ジュネーブで開催が予定されていたWatches & Wonders Geneve。しかしながらこの度、2021年の同展示会は完全オンライン化する旨が公にされることとなりました。

詳細は下記の通りです。

 

①Watches & Wonders Geneveとは?

Watches & Wonders Geneveの前身はSIHH(Salon International Haute Horlogerie)。通称ジュネーブサロンと呼ばれてきた高級時計の新作見本市です。SIHHにはカルティエを始めとするリシュモングループ,グッチやユリスナルダン、ジラールペルゴを傘下に加えるケリンググループ,その他独立系ブランドが参画してきました。

もともと世界最大の時計・宝飾の新作見本市バーゼルワールドからリシュモングループが離脱したことで1991年にスタートしたSIHHですが、同見本市の目玉であったオーデマピゲ,リシャールミル等が離れていったこと。「高い展示料を支払ってまで大型見本市に参加するくらいなら、独自見本市やオンライン上でのデジタル見本市を開催」する風潮が多くのブランドに浸透したことなどから、2019年、再編を意図してWatches & Wonders Geneveへと名称が変更されました。

 

②2020年からオンライン化へ

SIHHからの再編を余儀なくされたとは言え、Watches & Wonders Geneveの開催場所は従来のSIHH同様。ジュネーブ・コアントラン国際空港に隣接するコンベンションセンター「Palexpo(パレクスポ)」が予定されていました。

しかしながら冒頭でも述べたように、今や新型コロナウイルス(COVID-19)は世界中で猛威を振るっています。むしろ欧州での深刻度は増すばかり。

この新型ウイルスの脅威は、何よりもその感染力です。そのためわが国でも「3密(密閉・密集・密接)」を避ける生活様式が求められています。

「かつての盛況はなくなった」などと言われてきた時計業界の各種新作見本市ですが、それでもSIHHの参加者は例年約1万5000人超。商談の場であることを鑑みると、かなりの密が予想されますね。

 

※バーゼルワールドの10万人と比較すると少ないように感じるかもしれませんが、SIHHは長らく完全招待制であったことが関係しています。2017年より最終日のみ一般公開が導入されることとなりました。

 

そこで2020年、4月に開催が予定されていたWatches & Wonders Geneveは、中止となるのでは、と叫ばれていました。しかしながら実際は、時計業界初となるデジタルプラットフォームで予定通り開催される運びとなります

さらに言うと、この試みは成功を遂げています。

元来、「高級時計のオンライン販売は難しい」と言われてきました。
時計という性質上、そして価格的な面でも、実際に肉眼で見て装飾や仕上げを確認することが重要視されていたためです。

しかしながら高度な撮影テクノロジーや動画メディアの一般化により、この課題は解決されつつあります。実物と、画像や動画とで、見た目に大きな乖離がなくなってきたのです

 

こういった時代背景もあり、Watches & Wonders Geneve 2020のオンライン見本市は、概ね高評価を獲得しました。実際、市場に出回る新作と見本市でのそれとの印象は、ほぼ同一で素晴らしいものばかりであったことを付け加えておきます。

IWC ポルトギーゼ オートマティック40 IW358304 新品

IWCの2020年新作ポルトギーゼ オートマチック

 

とは言え冒頭でもご紹介したように、見本市のオンライン化は暫定的なものであると誰もが信じていました。事実、Watches & Wonders Geneveは同年9月、経済が持ち直してきた中国 上海でデジタルではないリアル見本市を開催しました。

 

しかしながら新型コロナウイルスの収束に目処は立っておらず。恐らく2021年4月に大きな改善は見られないとして、完全オンライン化の決定が下されたのでしょう。

 

ちなみに、ただ2020年のデジタル見本市を踏襲するわけではないようです。

2021年はライブチャットやストリーミング機能等、よりユーザーにとってユーザビリティの高い機能が導入され、臨場感溢れるイベントとして楽しめるとのこと。つまり、2021年も我々時計愛好家は、変わらず時計ブランドの魅力的な新作を楽しめるということですね!

なお、Watches & Wonders Geneveは2022年以降の見本市についても言及しています。曰く、2022年からはデジタルではなく、伝統的な形態へとシフトしていくと。

また続報が入り次第、お伝えしていきたいと思います!

 

あわせて読みたい関連記事

 

 

ロレックス,パテックフィリップ,オメガ等の他ブランドは2021年新作をどう発表するのか?

ロレックス

SIHHと並んで―いや、それ以上に大規模かつ100年の伝統を持っていたバーゼルワールド。

近年、櫛の歯が欠けたように参加ブランドが離脱していき、ついに新型コロナウイルスに追い討ちをかけられる形で廃止される運びとなりました。

 

※バーゼルワールドの名前は消滅しましたが、運営団体のMCHグループは後継イベントとなる「HOURUNIVERS(アワーユニバース)」として再起を図っています。

 

そんなバーゼルワールドの中心的存在であった、ロレックスやパテックフィリップ,オメガを始めとしたスウォッチグループはどのような新作見本市を開催していくこととなるのでしょうか。

 

①ロレックス,パテックフィリップらのWatches & Wonders Geneve参画

バーゼルワールドに引導を渡したと言っても過言ではないロレックスとパテックフィリップ。この二社が長らくバーゼルワールドの目玉であったためです。

2020年4月に離脱を表明したロレックス,弟分のチューダー,パテックフィリップは、シャネル及びショパールとともに独自見本市の開催を決定していました。

しかも、長らく平行線の関係にあったSIHH(現Watches & Wonders Geneve)を足並みを揃える形で。

 

当初は独立イベントとして開催するようでしたが、2021年はWatches & Wonders Geneveに参加することが判明しました。つまりこれまで1月と3月に分かれがちだった各社の新作を、4月の1週間で一挙に楽しめるというわけですね!

 

とりわけ2020年、ロレックスは9月に新作発表をシフトさせましたが、この盛り上がりは相も変わらずでした。今なお新作サブマリーナの国内実勢相場は、きわめて高値を記録しています。

ユーザーや関係者としては、コロナ禍において、この協業に賛同する声が少なくないでしょう。

 

②スウォッチグループ,LVMHの動向

では、オメガやブレゲ,ハリーウィンストン等が属するスウォッチグループ。そしてウブロ,ゼニス,タグホイヤー等が属するLVMHグループの新作発表はどのようにして行われるのでしょうか。

2021年に関してはまだ発表がありません。しかしながら両グループともに、ここ1~2年ほどで独自見本市を展開してきました。

 

まず、スウォッチグループについて。

バーゼルワールド SIHH

2018年、まずバーゼルワールド離脱の先陣となった同グループは、翌年からTime to Moveを開始しました。これはスウォッチグループ全ブランドが参加するものではなく、限定的な開催ではありました。しかしながらオメガのアニバーサリー(スピードマスター月面着陸50周年)が重なったことなどから大成功。

多くの時計メディアが大きく取り上げたものです。

2020年は新型コロナウイルスの影響で中止となりましたが、今後も独自路線を突き進むことが予想されます。

 

あわせて読みたい関連記事

 

バーゼルワールドに最後まで残っていたLVMHグループも、実は2020年1月にアラブ首長国連邦で「ドバイ・ウォッチ・ウィーク」を開催しました。

ドバイの画像

まだこの当時は新型コロナウイルスの影響がそこまで甚大ではなかったため、リアルイベントとして開催。これまた非常に大きな注目度を集めています。

LVMHがWatches & Wonders Geneveに参画するかどうかはまだわかりません。しかしながらやはり2020年8月にブルガリ主催の「ジュネーブ・ウォッチ・デイズ」が企画されるなど意欲的に独自のプロモーションを進めており、恐らくこちらも独自路線を突き進むのではないでしょうか。

こちらも、詳報が入り次第お伝えしていきたいと思います!

 

 

Watches & Wonders Geneve2021 参加ブランド一覧

・カルティエ
・IWC
・パネライ
・ジャガールクルト
・ランゲ&ゾーネ
・ヴァシュロンコンスタンタン
・ロレックス
・チューダー
・パテックフィリップ
・ショパール
・シャネル
・ボーム&メルシエ
・ロジェデュブイ
・ユリスナルダン
・ジラールペルゴ

 

あわせて読みたい関連記事

 

この記事を監修してくれた時計博士

田中 拓郎(たなか たくろう)

(一社)日本時計輸入協会認定 CWC ウォッチコーディネーター
高級時計専門店GINZA RASIN シニアマネージャー

当サイトの管理者。GINZA RASINのWEB、システム系全般を担当。スイスジュネーブで行われる腕時計見本市の取材なども担当している。好きなブランドはブレゲ、ランゲ&ゾーネ。時計業界歴11年

監修記事一覧

  • アップルウォッチ VS ロレックス 勝つのはどっち?マーケティング戦略考察

  • タグホイヤーは何故こんなに安いのか?高級時計メーカーのブランド戦略考察

  • 40代男性にお勧めしたい高級腕時計6選

  • フランクミュラーはなぜこんなに人気があるのか?高級時計メーカーのブランド戦略考察

監修者一覧 >>

 
RASINオンラインサイトへ RASIN買取サイトへ バーゼルワールド2020速報 WATCHES&WONDERS 買取専門ブログ 腕時計入門ガイド 腕時計バイヤーズ完全ガイド 東京2020オリンピック 選手の腕時計まとめ ショッピングローン最大60回払いまで無金利 時計クイズ
 

Watches & Wonders 2020(旧SIHH) 新作速報!のブログ一覧


時計クイズ
バーゼルワールド2020
WATCHES&WONDERS
買取専門WEBマガジン
販売サイトへ
買取サイトへ
東京2020オリンピック 選手の腕時計まとめ
腕時計バイヤーズ完全ガイド
腕時計入門ガイド

お勧めアイコン
人気記事ランキング



お勧めアイコン
おすすめ記事

クリスマス特集

クリスマス特集L クリスマス特集M

ページトップへ