loading
Now Loading...
  • Twitter
  • LINE
  • Facebook
  • Instagram
  • weibo
  • WeChat

b

バーゼルワールドで発表される新作というと、最も注目を集めるのがやはりロレックスですね。

バーゼルワールド2019ではファン待望のGMTマスターII第二弾で新型青黒ベゼル―通称バッドマン―Ref.126710BLNRをシリーズに加えたり、シードゥエラー史上初となるステンレススティール×イエローゴールドコンビRef.126603を登場させたりと、例年通り話題をさらいました。

2020年は、スウォッチグループに続いてブライトリングが同見本市出展を見合わせることが判明し、盛り上がりが危惧されています。一方で「ロレックスさえいれば安泰」と言われていることも事実。

そんな万人の胸躍らせる―あるいは憶測にやきもきさせられるロレックスの新作。この度はどのようなモデルがリリースされるのでしょうか。

この記事では、バーゼルワールド2020に先駆けて、ロレックスの年新作を大胆予想いたします!

 

バーゼルワールド2020ロレックス新作予想①新型サブマリーナRef.126610LNの登場

ロレックス サブマリーナ 2020年新作予想

【バーゼルワールド2020 登場予想】サブマリーナ Ref.126610LN 新世代Cal.3235搭載/赤サブの復刻

近年のロレックスの動向。それは、順次「新世代」と呼ばれるムーブメントを搭載し続けていることに他なりません。

2015年にロレックスのハイエンドシリーズ「デイデイト」にてCal.3255をお披露目して以来、

バーゼルワールド2018では新型ディープシーでCal.3135⇒Cal.3235、GMTマスターIIはCal.3186⇒Cal.3285へ・・・

このように、2000年頃から活躍してきた3100番台ムーブメントが、順次3200番台へと変更されていくようになりました。

ロレックス サブマリーナ Cal.3235

出展:https://www.rolex.com/ja

もちろん3100番台もまた名機であることに間違いありません。

Cal.3000の後継機であり、精度・信頼性の面で格段のアップデートを行い、当機械よりノンクロノメーターはロレックスのラインから姿を消しました。

そんな名機のさらに上をいき、ロレックス自身が「新世代」と自負する3200番台ムーブメント。大きな変更点は約70時間のロングパワーリザーブを獲得したことでしょう。3100番台までは48時間だったことを考えると、約1日分もの延長を実現したということになります。

加えて、ロレックスが特許を取得した、新しいクロナジーエスケープメントによる高いエネルギー効率と信頼性。さらにニッケル・リン合金を使用し、高耐磁性をも獲得していること。カレンダーをどの時間帯でも日付変更可能にしたことも特筆すべき特徴です。

ロレックス ムーブメント

出展:https://www.instagram.com/rolex/

現在は3100番台・3200番台の搭載モデルが併売されている形となりますが、異なる機械を作り続けていくことは効率が悪いですね。

そのため冒頭でも述べたように、順次スポーツロレックスを中心に「入れ替え」がなされているのですが、バーゼルワールド2020では、サブマリーナにいよいよ新世代ムーブメントのメスが入れられ、新リファレンスで登場する、と。最近の流れから考えるとRef.116610⇒126610でしょうか。

 

さらに、ただちょこっと機械を入れ替えるだけじゃ留まらないのが私たちのロレックス。そこで、初代デイト付きサブマリーナの一部にのみ採用されたレア個体「赤サブ」の意匠をリバイバルさせるのではないか、と予想します!!

ロレックス サブマリーナ 2020年新作予想

サブマリーナはシードゥエラーやヨットマスターと同キャリバーですので、使われるのはCal.3235でしょうか(前者2シリーズは既に入れ替えて新作としてローンチ済)。

初代デイト付きサブマリーナのリファレンスは1680。1969年~1980年頃までの製造と比較的息の長いモデルでしたが、文字盤のサブマリーナ表記が赤くなった「赤サブ」と呼ばれる個体が存在します。
ロレックスのレア個体は種々存在しますが、赤サブはそれらのシンボルとも言われているもの。コレクターの間でも、赤サブへの熱視線は特に強いものがあります。

バーゼルワールド2017で新型シードゥエラーRef.126600が登場した際、同じく初代シードゥエラーにのみ見られたレア個体「赤シード」が復刻して大きな話題を呼びましたので、その路線でくることは想像に難くないでしょう。

ただ、GMTマスターIIで見られたジュビリーブレスレットの採用はなく、ケース・ブレスレットはオイスターのまま据え置きと予想します。あるバイヤーが海外から仕入れた情報によると、どうも「GMTマスターIIはジュビリー路線で他スポーツロレックスと一線を画す」ことが同社の画策のようです。本当かどうかはわかりませんが・・・

現在サブマリーナの基幹モデルを担う黒ベゼルRef.116610LNは、2010年に誕生しました。
2020年でちょうど10年。そろそろ機は熟したようです。

 

ただ、そう考えるとグリーンサブのRef.116610LVの動向が気になりますね。
これまた時計業界の「信じようと信じまいと」的な噂ですが、コーポレートカラーを採用したグリーンサブはロレックスにはアニバーサリー的な立ち位置のため、いつ生産終了してもおかしくない、というものが囁かれています。もし2020年にサブマリーナの世代交代があるとすれば、あるいは、116610LVは廃盤・・・?
ただでさえ116610LNに比べると人気が高く、品薄感の強いグリーンサブ。もし廃盤になれば、デイトナやGMTマスターII並みの価格高騰と相成るかもしれません。

ちなみにノンデイトのRef.114060。こちらはまだエクスプローラーIやエアキングなどノンデイト仲間のムーブメントがCal.3130のままなので、据え置きではないか、と予想をいたします。

 

バーゼルワールド2020ロレックス新作予想②新型WGサブマリーナ Ref.126619LBの登場

バーゼルワールド2019 ロレックス新作予想 サブマリーナ

【バーゼルワールド2020 登場予想】WG製サブマリーナ Ref.126619LB 新世代Cal.3235搭載/オイスターフレックス

116610LNが登場するよりも前の2008年。

サブマリーナ史上初となるホワイトゴールド製モデルとして登場したのがRef.116619LBです。

これまでイエローゴールドモデルは存在しましたがスポーツウォッチとしては異例のWG。「これほどまでに上品かつ気品あるダイバーズウォッチがあっただろうか」と大きな話題になりました。

ちなみにロレックス人気を一気に押し上げたプラチナ(またはゴールド)コーティングのセラクロムベゼルが搭載されたのもサブマリーナとしては当モデルが初です。

そんなロレックスにとっても私たちロレックスファンにとってもどこか特別な存在のこちら、やはり新型ムーブメントCal.3235を搭載してアップデートしてくるのでは、と予想します!!
さらに、最近これまたロレックスが順次押し出していっているオイスターフレックスを搭載させてくるのではないでしょうか!?

バーゼルワールド2019 ロレックス 新作予想

オイスターフレックスは2015年、ヨットマスターRef.268655およびRef.116655に搭載された次世代ラバーベルトです。ちなみにこれまたロレックス史上初となります。

一般的なラバー素材ではなく、「ブラックエラストマー」(エラストマー=「erastic(弾性のある)」+「polymer(重合体)」を合わせた造語)という極めて豊かな弾性を持つゴム状の高分子物質が使われていることがミソ。
この物質をコーティングすることで、メタルブレスレット並みの堅牢性や防水性が確保されることとなりました。

こういった実用性もさることながら、ラバーというスポーティー寄りの素材が、ラグジュアリー感の強いロレックスモデルにベストマッチなのです!

ロレックス ヨットマスター42

※バーゼルワールド2019で発表されたWG製ヨットマスター42

ヨットマスターもゴールドまたはプラチナが必ず素材に使われるというハイエンドラインですが、バーゼルワールド2019では、ホワイトゴールド製ヨットマスター42 Ref.226659にオイスターフレックスが搭載されました。こちらも新世代ムーブメントCal.3235を搭載し、従来の40mmから42mmにケースがアップサイジングされて大きな話題に。加えて、オイスターフレックスが搭載され、WG×ブラックオイスターフレックスの組み合わせが、これまでのヨットマスターにはなかった渋いデザインに仕上がったことで大注目を浴びました。

ヨットマスターのラグジュアリー感が控えめになることでスポーティーが際立ち、パッと見ではホワイトゴールド製のハイエンドモデルに見えない、私自身良い意味で肩透かしを食らった印象を覚えました。

そんなオイスターフレックスを、新型ホワイトゴールド製サブマリーナRef.126619LBでも採用してくるのでは、と予想します。
そうなれば、116619LBが登場した11年前のような、金無垢ロレックスの盛り上がりを、再び味わうことができそうですね!

 

バーゼルワールド2020ロレックス新作予想②新型エクスプローラーIIの登場

バーゼルワールド2019 ロレックス 新作予想 新型エクスプローラーII

【バーゼルワールド2020 登場予想】エクスプローラーII Ref.226570 新世代Cal.3287搭載/セラクロムベゼル

ここ数年時計業界で、いよいよかと憶測が飛び交う新型エクスプローラーII。そろそろ出てもいい頃ではありませんか?

2011年に20年ぶりのモデルチェンジを果たし、以来愛され続けてきた現行Ref.216570の黒・白文字盤。エクスプローラーIの上位モデルで、24時間針とツヤ消しされたベゼルが非常に男らしく、「探検家」の名前にふさわしい一大コレクションですね。

実は、昨年バーゼルワールド2019予想では、新世代ムーブメントを搭載した新エクスプローラーIIが当店予想の大本命でした。
と言うのも、エクスプローラーIIに搭載されてきたCal.3187。実は旧型GMTマスターIIで採用されてきたCal.3186と同系統です(前世代のRef,16570ではCal.3186と同一ムーブだった)。
ちなみにCal.3187と3186は機能自体は大きくは変わりませんが、前者は耐震装置となるパラフレックス ショック・アブソーバが搭載され、より利便性が増しています。

 

GMTマスターIIの全てのモデルが新世代ムーブメントへと移行された今、次はエクスプローラーIIにテコ入れされ、新ムーブメントCal.3285搭載機が出るのではないか、と予想します!!
新リファレンスは確定ではありませんが、これまでの流れを鑑みてRef.226570とさせていただきました。

さらに、こちらも時計業界では根強い噂なのですが、2019年新作エクスプローラーIIで、ついにセラクロムベゼルが採用されるのではないか、ということも予想してみます!!

WGサブマリーナのところでも言及したセラクロムベゼル。

ロレックス独自技術によって製造したセラミック製ベゼルに、プラチナやゴールドでコーティングを施した仕様です。アルミやメタルにはない、えも言われぬ高級感を備えるとあって、もともと高かったロレックス人気を大きく飛躍させることとなりました。特に2016年に発表されたデイトナ116500LNにセラクロムベゼルが搭載させたことが大きな契機でしたね。
その後、ロレックス相場がかつてないほど上昇したことは周知の通りです。

サブマリーナ 116619LB

※現行116619LB。サブマリーナとして初めてセラクロムベゼルが搭載された

現在スポーツラインで当ベゼルが採用されていないのはごく一部。そこで、ベゼルの要素を持ったエクスプローラーIIが、次のターゲットとなるのではないでしょうか。

個人的にはサテン仕上げのステンレスベゼルに濃いめアラビア数字を印字したエクスプローラーIIの印象が、流行に左右されないヴィンテージ感を醸し出していて好きだったのですが、今やセラクロムベゼルはロレックス人気を押し上げる重要な立役者ですので、またかっこいいモデルに生まれ変わってくれるのでしょう。

 

バーゼルワールド2020ロレックス新作予想④新型ミルガウスの登場

ロレックス ミルガウス 2020年新作予想

【バーゼルワールド2020 登場予想】ミルガウス 型番不明 回転ベゼル搭載/初代Ref.6541の復刻

皆さんは覚えているでしょうか。
昨年のバーゼルワールド2019前夜、ロレックスのSNSに頻繁にミルガウスが登場していたことを・・・

例年ロレックスは新作発表前に、新作のヒントともとれる画像を流すことがあります。昨年は先ほどご紹介したヨットマスター42 Ref.226659がプロモーション動画でチラ見せされていたものです。
同時に、2019年の1月か2月頃から、何度もロレックスのインスタグラムにミルガウスが投稿されていました。
そこで、「バーゼルワールド2019ではミルガウスが出る!!」と当店でも強く主張していたのですが、ミルガウスに変化は一切なく、GMTマスターII Ref.126710BLNRの存在などで忘れ去られていきました。

ロレックス ミルガウス バーゼル新作

ROLEX (@rolex) • Instagram photos and videos

しかし、デイトジャストなどロレックスにとっての「推し」を抑えて、ミルガウスをあえてバーゼルワールド前に流す意味とは・・・?

そこで、2019年初頭のこの動きは2020年に向けての伏線で、今年こそ新型ミルガウスが登場すると予想いたします!!

とは言えどう変わるか予想しづらいのがミルガウス。
と言うのも、過去ミルガウスは個性的なモデルばかりで、「王道」というものがありません。
ただ、昨年頻繁に投稿していたミルガウス画像の中で、1950年代後半に初号機として誕生したRef.6541がありました

ロレックス ミルガウス 2020年新作予想

先ほどミルガウスは予測しづらい、と言及しましたが、実はミルガウスは「シリーズ」といった様相を呈していません。
もともと「1000ガウス(仏語:ミルガウス)」の耐磁性能を持ち、医師や研究職、エンジニアなどと言った「高い磁力」にさらされる可能性のある職業人に向けて開発された経緯があります。
今でこそ携帯電話やパソコンがあるため耐磁性能は時計には大切な機能。結構多いです、故障の原因が磁気帯びであった、ということ。

ただ、当時はそこまで電化製品は普及しておらず、イマイチ誰得かわからない的な立ち位置で、1980年代に入ると完全にロレックスのラインナップから姿を消すこととなりました。

しかしながら時代が変わり、耐磁性能へのニーズが高まったことを受けて、2007年、約20年ぶりにミルガウスの名前が復活しました。それが現行の116400GVです。

従来のどのロレックスのデザインとも全く異なる意匠―グリーンのサファイアクリスタルガラス、オレンジのイナズマ秒針など―が大受け。1980年代までの不人気から一転、ミルガウスは有用性の高さも相まって、人気モデルの中心へと上り詰めました。

これに合わせてアンティークミルガウスがプレミア相場を叩き出します。

 

そんな背景があるため、どのようなミルガウスになるかはハッキリとはわかりません。
しかしながら前述のように初号機Ref.6541が投稿されていたことを鑑みると、そのリバイバルが来るのではないでしょうか
Ref.6541は現行のスムースベゼルと異なり、回転ベゼルを有していました。そのため、近年の主流であるセラミックベゼルが採用される可能性が高いと言えるでしょう。

文字盤はスタイリッシュなブラック。秒針は先端の赤い白いイナズマ針。そして、ヴィンテージミルガウスを彷彿とさせる赤いロゴ印字・・・想像しただけでカッコイイです!アンティーク・ロレックスファン垂涎です!!

なお、そうなるとムーブメントも3200番台に移行でしょうか。
ミルガウスはロレックス唯一の耐磁モデルであるため、ムーブメントも特別仕様のCal.3131。すると、3231のようになるのでしょうか。

かなり待ち遠しい新作のうちの一つです。

 

バーゼルワールド2020ロレックス新作予想⑤新型GMTマスターII コークベゼル Ref.126710ROLNの登場

バーゼルーワルド2019 ロレックス新作予想 GMTマスターII

【バーゼルワールド2020 登場予想】GMTマスターII Ref.126710ROLN 新世代Cal.3285搭載/コークベゼルの復刻

最後に予想させていただくのは、みんな大好きGMTマスターIIです!
2018年に新型126710系が発売されて以来、いつもロレックスの話題の中心にいたのは、この時計でした。

2018年の新型の何が大きく騒がれたかと言うと、往年の赤青ベゼル―通称ペプシ―がリバイバルされたこと。
もともとGMTマスターは「ベゼルで昼夜区別する」というコンセプトがあり、1960年頃から赤青ベゼルモデルが人々に親しまれてきました。確かに夜は青、昼は赤といった区別は大変わかりやすいですね。

しかしながら1990年に入るとGMTマスターIは全てのモデルが生産終了。赤青ベゼルはホワイトゴールドモデルで受け継がれたのですが、ファンの間では「使いやすいステンレスで欲しい!」と言った声が大きかったものです。

そんなファンの声を知ってか知らずか、2018年、待望のペプシがステンレス製126710BLROで復活しました。発売以来、異常なプレミア価格を続けているという、ロレックス屈指の人気モデルとして君臨しています。

GMTマスターII 126710BLRO

この人気を受けて、もう一つの「復刻」が期待されるGMTマスターベゼル、赤黒―通称コーク―が2020年にリバイバルされるのではないか、と予想いたします!!

赤黒ベゼルはGMTマスターII Ref.16710でも搭載されていましたが、セラクロムベゼルを採用した116710LNが2007年に誕生すると、廃盤となりました。
2018年には、「ペプシが出るかコークが出るか」と憶測が飛び交っていたのですが、コークの方は以来音沙汰なく。

しかしながら最近のファッション業界を席捲するリバイバルブームがあること。加えてGMTマスターIIは「スポーツロレックス唯一ベゼルバリエーションを豊富に持つ」と言われてきた歴史の再現から、赤黒ベゼルが復刻するのではないか、と考えます。

当然ながら新世代ムーブメントCal.3285が搭載されるので、リファレンスは126710。
赤黒⇒RO(仏語:ルージュ)+LN(仏語:リュネット ノワール、ベゼル黒)という予測を立ててみました。
黒ベゼルが2019年に廃盤になっているので、もしこの予測が当たれば、GMTマスターIIは再び三つ巴を組めることとなります。

でも、そうなってくるとまた新旧GMTマスターの相場が上がってしまいますね。

ロレックスの新作動向および相場動向には、バーゼルワールド開催までやはりやきもきさせられそうです!

 

バーゼルワールド2020出展企業一覧

・ロレックス

・パテックフィリップ

・タグホイヤー

・ウブロ

・チューダー(チュードル)

・ブルガリ

・ゼニス

・シャネル

・ベル&ロス

・セイコー

・シチズン

・カシオ

etc.

 

あわせて読みたい関連記事

 

この記事を監修してくれた時計博士

池田 裕之(いけだ ひろゆき)

(一社)日本時計輸入協会認定 CWC ウォッチコーディネーター
高級時計専門店GINZA RASIN 銀座ナイン店(ロレックス専門館) 店長

昭和57年生まれ 37歳 熊本県出身
19歳で上京し、22歳で某ブランド販売店に勤務。
同社の時計フロア勤務期に、高級ブランド腕時計の魅力とその奥深さに感銘を受ける。しばらくは腕時計販売で実績を積み、29歳で腕時計専門店へ転職を決意。銀座ラシンに入社後は時計専門店のスタッフとして販売・買取・仕入れを経験。そして2018年8月、ロレックス専門店オープン時に店長へ就任。時計業界歴15年

 
RASINオンラインサイトへ RASIN買取サイトへ バーゼルワールド2019速報 SIHH2019 腕時計バイヤーズ完全ガイド 東京2020オリンピック 選手の腕時計まとめ
 

デイトジャスト新着商品




2016年新作のブログ一覧

バーゼルワールド2019
SIHH2019
販売サイトへ
買取サイトへ
腕時計バイヤーズ完全ガイド
東京2020オリンピック 選手の腕時計まとめ

お勧めアイコン
人気記事ランキング



お勧めアイコン
おすすめ記事

ページトップへ