loading
Now Loading...
  • Twitter
  • LINE
  • Facebook
  • Instagram
  • weibo
  • WeChat

シードゥエラー, ロレックス, 徹底比較!ブランド時計VS企画, 新作モデル, 時計の雑学

ロレックス ディープシー126660と116660の違いを徹底比較!

  • にほんブログ村

バーゼルワールド2018にて発表されたロレックス ディープシー「126660」。

同時に発表された GMTマスターII 126710BLRO 通称「ペプシ」や、「ルートビア」「カフェオレ」等と呼ばれる 126711CHNR の注目度が高く、若干埋もれてしまった印象も受けますが……2008年の発表以降10年間人気を博した「116660」からの進化系という事で、時計屋の話題としては外せません。

今回は、新作「126660」と旧作「116660」の違いを徹底解説!

一見すると何が変わったのか分からない2型。スペック、ビジュアル双方から変更点を洗い出していきます!

ロレックス ディープシー 126660

 

まずは基本スペックを比較

 

ディープシー126660

126660 ディープシー

ディープシー 116660

116660 ディープシー

発表年 2018年 2008年
ケース径 44mm 44mm
防水性能 3900m 3900m
ムーブメント Cal.3235 Cal.3135
パワーリザーブ 70時間 48時間

 

前述の通り、2008年販売開始のロングセラーモデル116660から、10年越しの新型発表となりました。

ケース径は変わらず44mm。防水性能も変更は無く12800フィート=3900メートルと、相変わらずのオーバースペックです。

 

さて、こうして並べてみると、見た目には殆ど変化が無いように思われます。

それでは、Cal.3135からCal.3235に変更されているムーブメントについて、詳しく見てみましょう。

 

Cal.3235とは?

新型ディープシー 126660 に搭載されている自社製キャリバー3235。2018年に発表されたロレックス渾身の新型ムーブメントです。

cal.3235

出典:https://www.rolex.com/ja/watches/rolex-watchmaking/new-calibre-3255.html

ロレックス自ら「新世代ムーブメント」と自負するCal.3235。メーカー公式発表等を参照していると、どうやらポイントは新規に特許を取得した「クロナジーエスケープメント」という技術のようです。

エネルギー効率が大幅に向上した事により、旧型ムーブメント3135では48時間だったリザーブ時間を、70時間まで引き上げる事に成功しています。

前身Cal.3135の発表がなんと1989年ですので、歴史あるムーブメントが満を持してリニューアルされたと言えるでしょう。

 

実は針回しが逆

ロレックスはムーブメントによってリューズを回す方向と運針の連動方向が異なります。

116660に搭載されていたCal.3135と126660に新たに搭載されたCal.3235に関してもこれが当てはまり、実は両モデルは針回しが逆です。

116660-126660 違い

116660は12時側(奥)にリューズを回すと針が時計回りに動きますが、126660は6時側(手前)にリューズを回すと針が時計回りに動きます。

時計に詳しい方でもなかなか気づかない細かな差ですが、新旧を見分ける大きなポイントとなるでしょう。

 

見た目の微妙な変化! ①文字盤

もちろん、ムーブメントだけではなく見た目にも少しずつ変更が入っています。

先程並べてご覧頂きましたが、今度は文字盤6時位置にクローズアップ。

126660 6時位置 王冠

上:126660 下:116660

お分かりになりましたでしょうか……

下の116660は「SWISS MADE」表記のSWISSとMADEの間が目盛りのみ(縦線)になっていますが、上の126660は、間にロレックスの王冠マークが入っているんです。

「SWISS  王冠 MADE」って感じですね。

こちらは間近で見ないとわからない違いですが、ブランドロゴが追加されているというのは、ファンにとってはそれだけで大きなポイント。12時位置にも立派な王冠がありますので、6時位置はプチ王冠という感じですね。

 

そしてこの王冠表示は、同じく2018年発表の126710BLROや126711CHNRにも見られます。

このマーク、2018年発表ムーブメント搭載のモデルに表示されている、という説もありますが……Cal.3235搭載の2017年発表デイトジャストには王冠は見られず、同じキャリバー搭載で2018年に発表されたデイトジャストには王冠が入っているので、同じムーブメントであっても、2018年発表のモデルより刻印され始めたと考えられます。

2018年発表、Cal.4130搭載のデイトナ 116595RBOW、通称「レインボー」にはついていないので、今後のモデル全てについてくるわけではないようですね。

 

見た目の微妙な変化! ②ブレス

そして、それ以上に微妙な変更点が「ブレスレットの幅」。

116660 126660 ブレス

左:126660 右:116660

比べて見てもわからないほど、微妙~に新型のほうがコマの幅が広くなっています!

コマ幅に合わせてバックルも若干大きめに。また、ケースサイズは変わらずラグ幅が広がった為、ラグ自体がほんの少しだけ細くシャープになっています。

重さを見ると116660は216g、126660は220gと、微妙な変化ではありますが約4グラムほど増しているようですね(当店にて測定)。

ロレックス公式によると、「ラグとサイドのデザインが新しくなり、幅広になったオイスターブレスレットとセーフティキャッチ付オイスターロッククラスプが搭載されています。」との事。

目的はブレスの幅を広くする事、なのでしょうか。確かに心なしかガッシリして見えて、よりケースとの調和も感じられます。

 

結論

ロングセラー116660から、満を持しての126660への進化。

ポイントは

・新世代ムーブメントCal.3235搭載

・新世代の証(?)6時位置の王冠マーク

・ブレスが少し広く、ガッシリ感UP

という点かと思われます。

 

「ペプシ」や「カフェオレ」はたまた「レインボー」のようにパッと目を引く華やかな変更点はありませんが、ムーブメントの進化により70時間パワーリザーブ対応となった点等、利便性が向上しているところにロレックス社のムーブメントに賭ける思いが感じられますね。

 

あわせて読みたい関連記事

シードゥエラーのブログ一覧


時計クイズ
買取専門WEBマガジン
販売サイトへ
買取サイトへ
中央通り店
ナイン店
メンテナンスガイド
腕時計入門ガイド

お勧めアイコン
人気記事ランキング



お勧めアイコン
おすすめ記事

ページトップへ