loading
Now Loading...
  • Twitter
  • LINE
  • Facebook
  • Instagram
  • weibo
  • WeChat
自社クーポン自社クーポン

40代・50代、あるいはそれ以上・・・脂の乗った渋い男たちの腕時計は、そんじょそこらのカジュアルウォッチに全うできるものではありません。もちろん安価でも性能・デザイン面ともにハイレベルなものは少なくありませんが、やはりここぞと言う時の一本は持っておきたいものですね。そこでお勧めしたいのが、金無垢ロレックス。もはや説明不要の王者ロレックスが誇る、屈指のハイエンドラインです。

とは言え男性で金無垢を躊躇してしまっている方もいらっしゃるかもしれません。「ゴールドは成金っぽい」「ゴールドは女性のイメージ」なんて意見もありますね。

ゴールドは、男女問わず装飾品として活躍してくれる高級素材。むしろ、古来は男性の権力の象徴でした。他素材にはない妖艶な輝きと、ロレックスのスタイリッシュなデザインが融合して、大人の男の魅力を引き立てます。

この記事では、40代・50代以上の男性にお勧めしたい金無垢ロレックスをご紹介いたします。

仕事でもプライベートでも。ここ一番に効く、俺の腕時計はこれだ!!

金無垢ロレックス デイトナ 116505

※掲載している定価・相場は2021年10月現在のものとなります。

 

40代、50代以上の男性に金無垢ロレックスをお勧めする三つの理由

現在、ロレックスのステンレススティールモデルが相場を上げに上げていることは、ご存知の通りです。でも、こんな時代だからこそ、40代、50代の男性には金無垢ロレックスがお勧め!その三つの理由をご紹介いたします。

 

理由①ロレックスのゴールド素材の質の高さ

ロレックス デイトナ サイド画像

出典:https://www.instagram.com/rolex/

「ゴールドはゴールドなんだから、質もへったくれもない」なんて考え方は誤りです。

金は、人々を魅了する輝き以外にも、装飾品として優れた特性を有しています。
変色や酸化(サビ)をせず、温度や湿度、酸素などによって影響をほとんど受けません。つまり、素材として安定しており、経年による劣化がない、ということになります。また、展延性に富むため加工がしやすく、所望のデザインを実現しやすい、という特性も持ちます。
ちなみに金の輝きは、光の中の青色のみを吸収してその他の色は反射することに拠ります。

このように、金は内外ともに「装飾品として」優秀すぎると言っていいでしょう。

ただし、一つ難点を挙げるとすれば、やわらかすぎること。そのため、多くの時計・宝飾品メーカーは金無垢製品を作る時、銀や銅などを割り金に合金とします。
この合金を各社工夫することで、金の輝きを活かしつつ硬度を調整したり、色味を変化させたりしています。

ロレックス エバーローズゴールド

出典:https://www.rolex.com

しかしながら、ゴールドの含有率が低いと、硬くて傷つきづらくなる一方で、ゴールドの美しさ・価値は当然ながら落ちてしまいます。また、加える割り金によって、ゴールドならではの特性が失われ、錆びはおろか金属アレルギーが誘発されることもあります。
そこで高級と呼ばれるメーカーでは、金含有率を約75%(純度・品位ともいう。K18)とすることが一般的です。この品位が、ゴールドの美しさを損ねず普段使いに適する、とされているためです。

デイトナ 116519METEO
さらにロレックスでは、割り金を独自レシピで配合。変色やアレルギーリスクを最小限に抑えつつ、ゴールド×ロレックスの独特の美しさを引き出しているのです。ロレックスは、ピンクゴールド配合に特許を取得しており、「エバーローズゴールド」なる名称まで授けてますからね。

ロレックスの品質の良さは多くの時計専門家が太鼓判を押しますが、こと金無垢モデルに至っても、それは変わりません。

とは言え、「急に金無垢はちょっと・・・」と言う方は、ステンレススティールとのコンビモデルやオイスターフレックスベルト(ロレックスの独自ラバーベルトのこと)タイプを選択すると良いでしょう。

 

理由②SS製モデルの価格が軒並み高騰しているから

サブマリーナ ターノグラフ

冒頭でも少し触れたように、ロレックスはスポーツモデルを中心に、現在異常なまでの価格高騰を遂げています。
例えばステンレス製現行デイトナ116500LNの新品は、黒文字盤・白文字盤ともに370万円近い(白文字盤はついに400万円超え)価格を記録しています。その他ステンレスモデルも100万円を出さなきゃ買えない、といった風潮がもはや常識と化してきました。

そんな時代。ゴールドは素材自体が高いため、金無垢ロレックスなんて恐るべき価格になっているのでは・・・?そんな風に心配になる方もいらっしゃるかもしれません。でも、ご安心ください。モデルにもよりますが、金無垢ロレックスの価格は比較的安定しています。
むしろ、金無垢モデルの方がお得感がある、と言う、逆転現象が起きつつあるのです。

GMTマスターII 126715CHNR

出典:https://www.instagram.com/rolex/

例えば、デイトナに次いで価格高騰しているGMTマスターII。
生産終了と言われる(ロレックスに問い合わせると「生産終了『予定』です」と言われる)ステンレス製モデル116710LNが相場を上げ、今は落ち着いてきたとは言うものの155万円程度。これは、同世代で、同じ黒ベゼル×黒文字盤のSS×YGコンビモデルと、そんなに変わらない値段なのです。

もちろんどれだけ素材が使われているかや、人気・コンディションなど・・・モデルによってそれぞれ異なるので、一概に差を比べることはできません。でも、貴金属市場でトップクラスのゴールドがSSに比べてお得なんて状況、なかなかありませんよね。また、SSモデル人気に釣られてジワジワ相場が上がってきており、今後さらに上昇するかもしれません。
金無垢ロレックスがもともと気になっていた。そんな方は、あるいは今が大きな節目ではないでしょうか。

 

理由③ゴールド自体が資産になる

ゴールド イメージ

前述の通り、SSモデルが相場を上げすぎている現在ですが、それは金無垢ロレックスが価値がない、ということではもちろん全くありません。
当然ながら、ゴールド素材が使われている分だけ定価は高くなります。
ゴールドは価値が落ちづらく、しかもここ20年ほど、おおむね右肩上がりに相場を上げているのです。

ゴールドは世界中で価値を持つ素材です。そのため、毎日国際価格がロンドンまたはニューヨークの金市場で決定します。そして、この国際価格を基に為替などを考慮して、国内価格も決まります。
ちなみにゴールドが相場を上げる理由はロレックスなどの時計人気とは異なり、世界情勢が不安定な時などです。「有事の金」とも言われるように、何かあった時の資産として買いに走る人が増えるためですね。

ロレックス デイデイト

こういった現代の国際社会情勢によってゴールド相場は上がっています。つまり、イニシャルコストは高かったとしても、資産として価値を持つ、ということ。
もちろん「ロレックスの時計」ということでも立派な資産価値です。しかしながら、時計人気は永続的に続くかというと断言できません。やはり、景気など、需要に左右されるためです。しかしながらゴールドという素材そのものは、長年価値の落ちづらいものの代表格です。もちろんこちらも絶対とは言えませんが、今後もし何かあった時でも資産として活かすことができ、現金化しやすいというメリットを持ちます。

 

40代、50代の男性にお勧めしたい金無垢ロレックス~デイトナ~

デイトナ 116508

キングオブクロノグラフ・・・いや、高級時計の中でも、絶対王者と呼んで差支えないデイトナ。
スポーツロレックスの中では珍しく、素材やデザインに多彩なバリエーションを持つシリーズでもあります。
金無垢ではYG、WG、ERG(エバーローズゴールド)を基調にしており、デイトナの貫禄とゴールドの風格が絡み合い、至極の高級時計として君臨しています。

 

デイトナ イエローゴールド 116508/116508G

デイトナ 116508

ケースサイズ:40mm
文字盤:シャンパン,グリーン,ブラックなど
ムーブメント:自社製Cal.4130
パワーリザーブ:約72時間
防水性:100m
定価:4,067,800円~

華やかなイエローゴールドモデル。重厚なスーツスタイルもいいですが、よく日焼けした肌に、Tシャツ×デニムなどで合わせてほしいゴージャスさです。オーソドックスなシャンパン・ブラック・ホワイト文字盤などもイイですが、注目すべきはグリーン。ロレックスのコーポレートカラーでお馴染みですが、仕上げによって独特の光沢を出しており、高級感抜群。

デイトナ 116508
ほとんどのモデルが定価をやや超える程度ですが、グリーン文字盤だけは大きく相場を上げています。2016年の登場以来ずっと品薄続きで、なかなか出回らないということも大きな要因でしょう。

 

デイトナ 116508G

なお、現行では廃されていますが、基本的にインデックスにダイヤモンドがセッティングされると型番の後にGが付くこととなりました。
ダイヤモンドが付属すると、一気にゴージャス感が増しますね。
116508Gはグリーン文字盤はなく、代わりにメテオライトという稀少な隕石素材を使ったラインナップがございます。

 

 

デイトナ イエローゴールド 116518LN

デイトナ 116518LN

ケースサイズ:40mm
文字盤:シャンパン,ブラック,ホワイトなど
ムーブメント:自社製Cal.4130
パワーリザーブ:約72時間
防水性:100m
定価:3,159,200円

これまでデイトナと言うと、ケースと同素材のメタルベゼルが精悍でした。ヴィンテージ感があり、特にゴールドモデルだと素材の美しさが全面に出て、デイトナの王者感がよく出ていたものです。
一方で近年、ロレックスは多くのスポーツモデルでベゼルをセラクロムという独自素材へ置き換えつつあります。
セラクロムとはロレックスが開発・特許取得したセラミック素材で、硬度が高く耐傷性・耐蝕性およびメタルとはまた違った高級感を醸し出したもの。これが非常にスタイリッシュで、現在のデイトナ高騰のきっかけになったとも言われています。
ちなみに24時間目盛りがプラチナの微粒子層でコーティングされているという徹底ぶりです。

金無垢モデルでは現行においてメタルベゼルとセラクロムベゼルが共存している形となり、いずれもかっこいいのですが、好みが分かれるところです。

デイトナ 116518LN

出典:https://www.rolex.com/ja

「いかにもギラギラしたモデルは苦手!」という方は、黒ベースが増え、デイトナのスポーティーテイストが強まる116518LNを選択すると良いでしょう。
ブレスレットもオイスターフレックス(これまたロレックス独自仕様で、ラバーベルトのこと)で、非常に軽快な印象。
悪目立ちしませんので、初めて金無垢ロレックスにチャレンジする方にもお勧めです。

 

デイトナ エバーローズゴールド 116505/116505A

デイトナ 116505

ケースサイズ:40mm
文字盤:ブラック,ピンク,ブラウンなど
ムーブメント:自社製Cal.4130
パワーリザーブ:約72時間
防水性:100m
定価:4,370,300円~

ピンクゴールドを、独自合金によって変色しづらく、それでいてゴールドの輝きとピンクの柔らかみを両立した。そんなロレックスの審美性活きるデイトナがこちらの116505です。なお、イエローゴールド素材とは異なりインデックスに貴石をセッティングする際は8個のバケットダイヤと3個の小ぶりダイヤが採用され、型番最後にはAが付属します。
かなり目立つYGに比べ、優美な印象が強く汎用性が高いためか、116505の方にやや人気が集中している印象です。

 

デイトナ 116505

デイトナはインダイアルの色味やインデックスの種類など、細かなところにバリエーションがあり、好みに合わせて選択することができる、というのも嬉しいところ。事実、116505一つとっても、過去にはアラビアインデックスがあったり(現在はHPから消えており、相場が上がっている)、現行だけでもインダイアルを黒くして、パンダフェイスを楽しめたりと、オシャレさが極まる逸品と言えるでしょう。

 

 

デイトナ エバーローズゴールド 116515LN

デイトナ 116515LN

ケースサイズ:40mm
文字盤:ブラック,ピンク,ブラウンなど
ムーブメント:自社製Cal.4130
パワーリザーブ:約72時間
防水性:100m
定価:3,297,800円

エバーローズゴールド製デイトナの、セラクロムベゼル×オイスターフレックスバージョンです。
エバーローズゴールドという、どちらかと言えばエレガンス寄りの素材と合わさって、「甘辛」をうまい具合に使い分けている逸品です。
デザイン性もさることながら、「金無垢ロレックスは欲しいけど、重さが気になる」そんな方は断然こちらがお勧め。

デイトナ 116515LN

出典:https://www.instagram.com/rolex/

また、ゴールドはその特性からどうしても傷がつきやすいので、最も傷・衝撃にさらされやすいベゼルがセラクロムになっている、というのは嬉しいところですね。
アクティブに動く40代、50代の男性陣に、ぜひ着けていただきたい一本です。

 

デイトナ ホワイトゴールド 116509/116509G

デイトナ 116509

ケースサイズ:40mm
文字盤:ブラック,グレー,ブルーなど
ムーブメント:自社製Cal.4130
パワーリザーブ:約72時間
防水性:100m
定価:4,370,300円~

ホワイトゴールドは、ゴールドにプラチナやパラジウムなどを配合させて、ゴールド特有の色味を消し、白を強くした素材です。ブライダルリングなどにもよく使われるカラーゴールドで、清潔感のあるテイスト、および肌映りが良いとあって、女性を中心に高い人気を誇ってきました。

デイトナでも、YG、ERGとはまた違った魅力。しかも、前者二種とは違った文字盤カラーを用いていることも特徴です。それは、グレーやブルーと言った、どちらかと言えば上品で控えめな色合い。

 

デイトナ 116509

そのため、デイトナを、ドレスウォッチと言っても遜色ないような上品さに昇華させました。
ロレックスは時計製造技術の高さが取沙汰されますが、デザイン面でも見事と言う他ありませんね。

上品な金無垢ロレックスが欲しい。そういった方はぜひホワイトゴールド製デイトナをお選びください。

 

デイトナ ホワイトゴールド 116519LN/116519LNG

デイトナ 116519LNG

ケースサイズ:40mm
文字盤:ブラック,グレーなど
ムーブメント:自社製Cal.4130
パワーリザーブ:約72時間
防水性:100m
定価:3,297,800円~

デイトナはどの素材でも需要が高く、入荷するとすぐに売り切れてしまいます。
そんな中でも、SSモデルの116500LNに次いで、入荷即完売となってしまうような人気モデル。それが、こちらの116519LNです。
やはりセラクロムベゼルは強い。メタルベゼルの魅力も重々承知はしていますが、そんな思いに駆られてしまうものです。

デイトナ 116519LN

黒ベースが多くなると精悍な印象が強まって、まさに「俺の腕時計」といった印象ですね。
116519LNは文字盤色にもよりますが、前述したオールホワイトゴールドの116509よりも相場が上回っている現状です。

もし気になる方は、見つけた時が即買いですよ!

 

あわせて読みたい関連記事

 

 

 

40代、50代の男性にお勧めしたい金無垢ロレックス~GMTマスターII~

GMTマスターII 116719BLRO

出典:https://www.instagram.com/rolex/

ロレックス初のGMT機能を備えたパイロットウォッチとして1955年に誕生。以来、おなじみのロングセラーとして愛され続けてきたのがGMTマスターIIです。
その人気は2007年、セラクロムベゼルを搭載した116710LNの登場で急上昇。ジワジワと相場を上げており、2018年に赤青ベゼルをリバイバルした、新型GMTマスターIIにあたる126710BLROが出たところからデイトナに次ぐ相場急騰を記録しました。

GMTマスターIIは歴史もあり、かつロレックスきっての多機能機。そのため、現在の人気にはうなずけるものがあります。
もちろん金無垢モデルのGMTマスターIIも、魅力が盛だくさん!個人的にはSSモデルより、高級感があって「パイロットウォッチ」らしいように思います。

それでは金無垢GMTマスターIIをご紹介いたします!

 

GMTマスターII エバーローズゴールド 126715CHNR

ロレックス GMTマスターII 126715CHNR 中古 メンズ

ケースサイズ:40mm
文字盤:ブラック
ムーブメント:自社製Cal.3285
パワーリザーブ:約70時間
防水性:100m
定価:4,253,700円

SS製赤青ベゼルのリバイバル・126710BLROが登場したバーゼルワールド2018。ファン待望のデザイン―通称ペプシベゼル―が採用されたとあって、大きな話題を呼びましたね。
その裏側で、結構大きな話題となっていたのがこちらの126715CHNRです!ロレックス独自合金のエバーローズゴールド素材もさることながら、セラクロムベゼルの黒×ブラウンカラーと言う、これまでにないデザイン性が本当に魅力の一本なんです!

126715CHNR ケース

出典:https://www.rolex.com/ja

恐らく、エバーローズゴールドは若い方でもとっつきやすい金無垢ロレックスのうちの一つでしょう。しかしながらGMTマスターIIの風格は、やはり40代、50代の、脂の乗った男性陣に着けていただきたいです。
サテンとポリッシュ仕上げが融合したケース・ブレスレットは、いかにも高級ロレックスといった様相ですね。

なお、126715CHNRは生産数が少ないためか、めったに市場で見かけません。
SSとERGのコンビモデルである126711CHNR(定価1,643,400円、相場は260万円台~)の方が比較的手に入れやすいでしょう。初めて金無垢ロレックスを着ける、という方はこちらから初めてもいいかもしれませんね。

 

GMTマスターII ホワイトゴールド 126719BLRO

ロレックス GMTマスターII 126719BLRO 未使用 メンズ

ケースサイズ:40mm
文字盤:ブルー
ムーブメント:自社製Cal.3285
パワーリザーブ:約70時間
防水性:100m
定価:4,253,700円

GMTマスターが終了し、GMTマスターIIに完全移行して以来、赤青ベゼル―ペプシ―は市場から姿を消していました。
あれから20年以上。2014年、Ref.116719BLROとして赤青ベゼルをリバイバルしたのがホワイトゴールド素材です。

さらに時代を下って2018年。黒文字盤は生産終了となり、青バージョンで復活。さらに翌年にあたる2019年、バーゼルワールドで新世代ムーブメントCal.3285を搭載してリニューアルされました。
外観自体は昨年モデルと全く変わっていませんが、パワーリザーブは約1日延長され、かつメンテナンス性やムーブメントの信頼性といった、実用面が増しています。

GMTマスターII 126719BLRO

出典:https://www.instagram.com/rolex/

なお、現在GMTマスターIIのSSモデルはジュビリーブレスレットという、5列の細かなリンクを連ねた仕様に変更されています。今後復活するかどうかはわかりませんが、オーソドックスな3列のオイスターブレスレットがお好みの方は、金無垢GMTマスターIIからお選びいただくこととなるでしょう。

 

あわせて読みたい関連記事

 

 

40代、50代の男性にお勧めしたい金無垢ロレックス~サブマリーナ~

サブマリーナ 116618LN

デイトナが陸の王者だとしたら、海の王者にあたるサブマリーナ。300mという高い防水性を誇りながらも、ケースサイズ直径40mm×厚さ13mmというスタイリッシュさで、海辺のアクティブな活動にも、街中のワンランク上のレストランでも、良い存在感を放ってくれます。
金無垢サブマリーナはイエローゴールドかホワイトゴールドかの選択となりますが、いずれもサブマリーナをゴージャスに昇華させていますね。
ダイビングやマリンアクティビティがお好きな方にも、インドア派にも、かっこよく着けこなしていただきたい一大シリーズです。

 

サブマリーナ イエローゴールド 116618LB

サブマリーナ 116618LB

ケースサイズ:40mm
文字盤:ブルー
ムーブメント:自社製Cal.3135
パワーリザーブ:約48時間
防水性:300m
定価:3,774,100円

「これぞ金無垢ロレックス!」といったイメージのイエローゴールド製サブマリーナ。SSとのコンビモデルは「青サブ」とも呼ばれますが、青ベゼルは金無垢サブだけの特権です。
デザイン・アイコンは1953年の登場以来一貫して守り抜かれていますが、実はサブマリーナは個性的とも称されます。それは、こういった素材によって色を使い分けるといった、遊び心を感じさせるためでしょう。
確かにSSの黒サブやグリーンサブと比べると、全く違った様相ですよね。

サブマリーナ 116618LB

出典:https://www.rolex.com/ja

サブマリーナ特有のドットインデックスが本当に爽やかな一方で、前述の通り決して無骨さはなく、大きさや厚みを抑えたスタイリッシュさも持ち合わせます。
40代、50代の男性は、ダイバーズウォッチを買おうと思っても躊躇してしまうことがあるかもしれません。なぜかと言うと、高い防水性を持つモデルはえてしてケースに厚みが出やすいためです。
それに、あんまりにも若々しすぎるモデルは大人の男にふさわしくありませんね。
金無垢サブマリーナは、まさに俺の腕時計。腕元をキラリと彩って、周囲を圧倒させてください。

 

サブマリーナ イエローゴールド 116618LN

サブマリーナ 116618LB

ケースサイズ:40mm
文字盤:ブラック
ムーブメント:自社製Cal.3135
パワーリザーブ:約48時間
防水性:300m
定価:3,774,100円
画像出典:https://www.rolex.com/ja

黒面積が大きくなり、スポーティーテイストが強くなったイエローゴールドサブマリーナです。
青とはまた違った、サブマリーナ特有の魅力が広がりますね。
ちなみにゴールドモデルは針やインデックスにもゴールドがあしらわれており、どこまでも華やかさを楽しめます。

 

サブマリーナ ホワイトゴールド 116619LB

サブマリーナ 116619LB

ケースサイズ:40mm
文字盤:ブルー
ムーブメント:自社製Cal.3135
パワーリザーブ:約48時間
防水性:300m
定価:4,062,300円

サブマリーナも、ホワイトゴールドモデルがラインナップされています。
2008年にラインナップに加わりましたが、これがまたとっても上品!ブルーセラクロムベゼルにはプラチナコーティングがされている、と前述しましたが、独特の光沢感と青の爽やかさがマッチしており、大人男子必携の一本。

サブマリーナ 116619LB

出典:https://www.instagram.com/rolex/

ちなみにサブマリーナにホワイトゴールドが投入されたのは116619LBが初。その試みは成功したと言っていいでしょう。
なお、こちらも近年相場を上げており、特にここ数か月ほどの値上がりは顕著。定価に肉薄する勢いです。

今後まだまだ上がりそうとあって、なかなか目を離せませんね。

 

あわせて読みたい関連記事

 

 

40代、50代の男性にお勧めしたい金無垢ロレックス~ヨットマスター~

ヨットマスター 116655

サブマリーナ同様、ヨットマスターもまたマリンアクティビティを想定して生まれたスポーツモデルです。しかしながらコンセプトは「ラグジュアリー」。ダイビングなどではなく、ヨッティングを楽しむセレブをターゲットに開発されました。
まさに、若い方ではなく、40代・50代の理知的で、優雅な大人に楽しんでいただきたい一大シリーズです。

ゴージャスラインのため、ラインナップは全てゴールドが含まれています。ステンレススティール×ゴールド(またはプラチナ)または、オールゴールド。さらに、同じヨッティングでも、本格的なヨットレースに特化し、レガッタクロノグラフ(カウントダウンがついたクロノグラフ)機能を搭載したヨットマスターIIがシリーズに加わっています。

 

ヨットマスター エバーローズゴールド 116655

ヨットマスター 116655

ケースサイズ:40mm
文字盤:ブラック
ムーブメント:自社製Cal.3135
パワーリザーブ:約48時間
防水性:100m
定価:2,618,000円

みんな大好きエバーローズゴールド。ヨットマスターの優雅な雰囲気と合わせると、他のスポーツモデルとはまた違った雰囲気となりますね。
特にこちらの116655の回転ベゼルは多くのスポーツロレックスと同じようにセラミック製ですが、マット仕上げが施されており、エレガンスと遊び心が両立したデザインです。
また、ストラップはオイスターフレックス、文字盤も黒基調とエバーローズゴールドの優美な色味とコントラスト際立つ逸品でもあります。
ヨットマスターは前述のようにいくつか種類がありますが、116655は特に人気が高く、すぐに売れてしまうので欲しい時に手に入れるのが難しいモデルでもあります。さすがロレックス独自合金!!

ヨットマスター 116655

ただ、バーゼルワールド2019にて、新型エバーローズゴールド製ヨットマスターにあたるRef.126655(定価は2,700,000円)が登場し、116655は廃盤となりました。
126655はムーブメントが一新され、新世代Cal.3235を搭載。スペック面で大幅なアップデートが加えられましたが、外装面で大きな違いはありません。そのため今後、新旧モデルで相場がどう動くか読めないところがあります。
気になっている方―自分も含めて―は、なかなかロレックス市場から目が離せませんね。

 

ヨットマスターII イエローゴールド 116688

ヨットマスターII 116688

ケースサイズ:44mm
文字盤:ホワイト
ムーブメント:自社製Cal.4161
パワーリザーブ:約72時間
防水性:100m
定価:4,836,700円

こちらがヨットマスターにレガッタクロノグラフを搭載した上位機種ヨットマスターIIです。3針というシンプルなヨットマスターに比べると、かなりスポーティーな印象ですね。
前で少し軽く触れましたが、レガッタクロノグラフはカウントダウンできるクロノグラフです。ヨットレースはカウントダウンスタートのため、必須機能ということでロレックスが開発にあたりました。ちなみにこのカウントダウンは最大10分までできるとのこと。

ヨットマスターII 116688

ヨットマスターに比べてケースサイズも4mmもアップサイジングされており、イエローゴールドの華やかさと併せて非常に精悍。かなり目立つので、金無垢ロレックスの良いところが存分に出ていると言えます。
重量は254gとずっしり感がありますが、40代、50代の大人の男性の重厚感・存在感は抜群です。

 

ヨットマスターII ホワイトゴールド 116689

ヨットマスター 116689

ケースサイズ:44mm
文字盤:ホワイト
ムーブメント:自社製Cal.4161
パワーリザーブ:約72時間
防水性:100m
定価:5,049,000円
画像出典:https://www.rolex.com/ja

同じくヨットマスターIIの、ホワイトゴールド×プラチナモデルです。
イエローゴールドとは一転。打って変わって端正で上品な印象が強くなりましたね。
ちなみにヨットマスターIIの116689だけはベゼルにもプラチナが使われており、セラミックとはまた違った高級感を醸し出します。

かなり大きめサイズにもかかわらず、こういったディテールのこだわりがあるゆえに、ボリュームを感じさせず。それでいて存在感は申し分のない逸品と言えるでしょう。

 

ロレックス ヨットマスター42 226659

ロレックス ヨットマスター42 226659

ケースサイズ:44mm
文字盤:ブラック
ムーブメント:自社製Cal.3235
パワーリザーブ:約70時間
防水性:100m
定価:3,204,300円

226659は新開発の脱進機クロナジー・エスケープメントを採用した自社開発キャリバー3235を搭載した2019年新作モデルです。パワーリザーブはおよそ70時間といった高性能ぶりもさることながら、サイズアップした42mmケースが上品でありながらも美しい存在感を放ちます。

黒基調の文字盤にシックなホワイトゴールド。ストラップにはオイスターフレックスがあしらわれ、実用性も抜群です。

 

あわせて読みたい関連記事

 

 

40代、50代の男性にお勧めしたい金無垢ロレックス~スカイドゥエラー~

スカイドゥエラー 326135

2012年に発表され、ロレックス一番のコンプリケーションとして君臨するようになったスカイドゥエラー。これまでのどのロレックスとも異なるデザイン、機構、テイストに驚かされたロレックスファンもいらっしゃるかもしれません。

GMT機能を搭載させていることが特徴なのですが、GMTマスターIIと異なるのはGMT針ではなくセンターより下にセッティングされた回転ディスクで第二時間帯を表示させる、というシステム。

また、ロレックス初となる年次カレンダー(2月の閏月にだけリューズを使って日付を変更すれば、あとは何月でも手動の調整は必要のないカレンダー機能のこと)を搭載させたことでも話題となりました。ちなみに全ての操作はリューズ一つでできるということにも驚かされます。

実を言うと、当店でスカイドゥエラーをご購入される方は、40代・50代に集中しています。スカイドゥエラーはハイエンドラインのためゴールド製モデルも多く、やはり金無垢ロレックスとは40代・50代の俺の腕時計としてふさわしいのだな、と改めて感じました。

 

スカイドゥエラー イエローゴールド 326138

スカイドゥエラー 326138

ケースサイズ:42mm
文字盤:ホワイト,シャンパン,ブラックなど
ムーブメント:自社製Cal.9001
パワーリザーブ:約72時間
防水性:100m
定価:3,960,000円

イエローゴールドケースに革ベルトを合わせると言う、ハイエンドラインならではの逸品がこちらの326138です!スポーツロレックスなのに、まるでチェリーニなどといったドレスラインのような。そんな上質な高級感を感じさせます。
デイトナの116515LNもかつて革ベルトモデルがラインナップされていましたが、ロレックスと革ベルトの相性の良さにはため息が出ます!

スカイドゥエラー 326138

出典:https://www.instagram.com/rolex/

文字盤カラーは現行モデルでは白、シャンパン、黒の三種類。王道の白を選ぶもよし。あるいはシャンパンで思いっきりゴージャスにするもよし。黒で精悍さを出すもよし。
どんなスタイルでも大人の風格を出してくれるでしょう。

 

スカイドゥエラー エバーローズゴールド 326935

スカイドゥエラー 326935

ケースサイズ:42mm
文字盤:ホワイト,ブラック
ムーブメント:自社製Cal.9001
パワーリザーブ:約72時間
防水性:100m
定価:5,172,200円
画像出典:https://www.rolex.com/ja

こちらはスカイドゥエラーの、オールエバーローズゴールドというゴージャス×優美×エレガントという、腕時計における審美性の三重奏とも言うべき逸品です。
文字盤色はホワイトまたはブラックの王道パターンとなりますが、スカイドゥエラーのインデックスやインダイアル、針の配列や大きさの分配が本当に巧みで、王道の一言では終わらない個性を放ちます。
ロレックスの中でも屈指の高価格帯で、相場も定価に肉薄しています。でも、一本持っておけば50代、60代、70代・・・一生のパートナーにしていけることに間違いはありません。

 

あわせて読みたい関連記事

 

 

40代、50代の男性にお勧めしたい金無垢ロレックス~デイデイト~

ロレックス デイデイト

「成功者が身に着ける」
そう称されてはばからない威厳と実力を持つのがデイデイトです。
日付と曜日表示機構を持つ時計、と言ってしまえばそれまでなのですが、素材は頑なにゴールドまたはプラチナを採用。フルーテッドベゼルに風格のあるプレジデントブレスレットと、仕様の至るところが超高級品なのです。
そのため、選ばれた人間が着ける、と言われてきました。確かにデイデイトはお若い方と言うよりも、重厚感のある40代、50代の男性に身に着けていただきたいと強く思います。

ラインナップは現行では36mmか40mm。2015年に生産終了しましたが、41mmサイズも存在します。
インデックスや文字盤カラー、デザインなどにもバリエーションがあり、ダイヤモンドなどの貴石をあしらったものも少なくありません。
最高の逸品を選べる、というところも、大人の男性にふさわしいコンセプトですね。

 

デイデイト40 イエローゴールド 228238A

デイデイト 228238A

ケースサイズ:40mm
文字盤:ホワイト,シャンパン、グレーなど
ムーブメント:自社製Cal.3255
パワーリザーブ:約72時間
防水性:100m
定価:モデルによる

バーゼルワールド2015のロレックスブースにおいて、あるドラスティックな変革が発表されました。「新世代」と銘打った、新型ムーブメントCal.3255が発表されたのです。
もともとロレックスで製造されていた3100番台のキャリバーも性能が良く、実用面に申し分はありませんでした。しかしながら3200番台に入るや否や、パワーリザーブを約1日分もアップ。また、耐磁性や耐衝撃性といった実用性、加えて二倍の高精度など、より便利に・より使いやすくなったと大きな話題となったものです。

そんな記念すべき3200番台の第一弾が、デイデイト40に搭載されたのです。そしてこちらが、その記念すべきファーストモデルとなります。

デイデイト 228538A

出典:https://www.instagram.com/rolex/※こちらの画像は2019年に追加された新ダイアル

眩しいまでのイエローゴールドにブレスレットなどデイデイトならではの意匠が映えており、さほどケースサイズはないのに存在感は抜群。
これで外装のみならず、内部にまでロレックスのこだわりが貫かれていると言うのだから、ロレックスファンも、至極の逸品が欲しいと言う方にも自信を持ってお勧めできる一本です。

 

デイデイト エバーローズゴールド 228235

デイデイト 228235

ケースサイズ:40mm
文字盤:ピンク,ブラウン,グリーン,パヴェダイヤなど
ムーブメント:自社製Cal.3255
パワーリザーブ:約72時間
防水性:100m

定価:モデルによる

同じく2015年よりラインナップに加わった、40mmデイデイトのエバーローズゴールドモデルです。
デイデイト全てに言えることですが、様々な文字盤・インデックスバリエーションがあり、パヴェダイヤを敷き詰めたものやストライプ仕上げをしたものなど魅力的なハイエンドも魅力ですが、私の推しはチョコレートブラウンです。
近年同社が力を入れている色合いで、2019年の新作ERG製GMTマスターIIにも採用されていましたね。クラシックでエレガント。エバーローズゴールドの魅力を最大限引き出してくれる色味でしょう。

 

デイデイトII ホワイトゴールド 218239A

デイデイト 218239A

ケースサイズ:41mm
文字盤:ブラック,シルバーなど
ムーブメント:自社製Cal.3156
パワーリザーブ:約48時間
防水性:100m
定価:生産終了

既に生産終了した、41mmサイズのデイデイトです。
小径ケースが流行しているとは言え、まだまだ40mm超えがいい!と言う方もいらっしゃるでしょう。
デイデイトはスポーツロレックスと異なり、比較的流通量が豊富です。そのため生産終了品であっても出会いやすいというのが嬉しいところ。
また、新品と中古の価格差が顕著なため、コンディションの良い中古を購入する、という選択肢もお勧めです。確かにデイデイトはスカイドゥエラーやヨットマスターIIなどと並ぶハイエンドラインですが、探し方によっては意外とコストパフォーマンスが高いという嬉しい側面もあります。

 

あわせて読みたい関連記事

 

40代、50代の男性にお勧めしたい金無垢ロレックス~チェリーニ~

ロレックス チェリーニ

チェリーニはロレックスの歴史あるドレスウォッチラインです。

コレクション名はイタリア・ルネッサンス期の彫金・彫刻家として知られる「ベンヴェヌート・チェッリーニ氏」が由来。エレガントで美しい作風が魅力のモデルが数多く存在します。

初代モデル プリンスではレクタンギュラー(長方形)ケースが採用されていましたが、徐々にその姿を変え、2014年にはフルモデルチェンジされました。

現行モデルではエバーローズゴールドを用いたラウンドケースが主流で、金無垢ロレックスとして高い評価を得ています。

 

ロレックス チェリーニ デイト 50515

ロレックス チェリーニ デイト

ケースサイズ:39mm
文字盤:シルバー,ブラック
ムーブメント:自社製Cal.3156
パワーリザーブ:約48時間
防水性:5気圧
定価:1,982,200円(税込)

チェリーニデイトは文字盤とデイト機能を持つチェリーニの定番モデルです。

サンビームのギョーシェ彫りが施されており、シックな魅力に溢れます。

エバーローズゴールド×シルバー文字盤以外にもホワイトゴールドケースブルー文字盤、ブルーのアリゲーターストラップの組み合わせなどがあり、バリエーションも豊富です。

3時位置にサブダイヤルとして設置されており、スポーツロレックスにはない高級感を秘めています。

 

ロレックス チェリーニ ムーンフェイズ 50535

ロレックス チェリーニ ムーンフェイズ 50535

ケースサイズ:39mm
文字盤:シルバー
ムーブメント:自社製Cal.3195
パワーリザーブ:約48時間
防水性:5気圧
定価:2,972,200円

チェリーニ ムーンフェイズは、シリーズで唯一ムーンフェイズ機能を搭載したモデルです。ケースにはエバーローズゴールドを使用し、ポリッシュ仕上げでつややかに仕立てられています。

文字盤はホワイトラッカー仕上げ。6時位置にムーンフェイズが配置されています。

メテオライトを活用したムーンフェイズは非常に美しく、40代50代からの支持も厚いです。

 

まとめ

40代、50代の男性が「俺の時計」にするのにふさわしい、金無垢ロレックスをご紹介いたしました!

現在SSモデルが主流とはいえ、やはりゴールドにしか出せない輝き、美しさ、凄み・・・そういったものを感じていただけたら幸いです。

なお、文中でもご紹介しましたが、ゴールドはSSを凌ぐ耐蝕性を誇ります。そのため、一生の資産あるいはパートナーとしてもお勧めできます。

40代・50代を迎えて、ライフキャリアが一段階上がった時。金無垢ロレックスで腕元を飾ってみてはいかがでしょうか。

 

あわせて読みたい関連記事
 
RASINオンラインサイトへ RASIN買取サイトへ WATCHES&WONDERS 買取専門ブログ 腕時計入門ガイド 腕時計メンテナンス完全ガイド 腕時計バイヤーズ完全ガイド ショッピングローン最大60回払いまで無金利
 

2016年新作のブログ一覧


時計クイズ
買取専門WEBマガジン
販売サイトへ
買取サイトへ
腕時計バイヤーズ完全ガイド
メンテナンスガイド
腕時計入門ガイド
正社員・アルバイト求人

お勧めアイコン
人気記事ランキング



お勧めアイコン
おすすめ記事

ページトップへ