loading
Now Loading...
  • Twitter
  • LINE
  • Facebook
  • Instagram
  • weibo
  • WeChat
クリスマス特集 クリスマス特集

WEBマガジン, その他, ロレックス, 時計の雑学, 池田裕之

ロレックスの製造年をシリアルナンバーで確認する方法

  • にほんブログ村

ロレックス 製造年表

今持っているロレックスがいつ頃製造されたものなのか知りたい・・。

購入を検討しているロレックスはいつ頃製造されたものだろう・・。

 

そんな疑問を持つ方はとても多いです。

そこで今回はシリアルナンバーによって製造年を確認する方法をお伝え致します。

付属品や本体に記載されているシリアルナンバーとロレックス製造年表を当てはめることで、その個体の製造年を推測することができます。

 

ロレックスのシリアルナンバーとは?

ロレックスのシリアルナンバーは製造年ごとにあてがわれた、数字もしくはアルファベット+6桁数字です。年式によって法則性があるため、シリアル番号がわかれば、手持ちのロレックスがいつ頃製造されたモデルなのかを判断することができます。

モデル名に該当するリファンレンスナンバー(Ref.)とシリアルナンバーを混同してしまう方も少なくありませんが、リファレンスナンバーはデイトナ 116500LNやサブマリーナ126610LNなど型番ごとに割り振られたナンバーで、シリアルナンバーは各個体ごとに割り振られる番号が異なるナンバーという違いがあります。

デイトナ 116500LN

デイトナ116500LNを例にしてみます。

新品であろうと中古であろうと、デイトナ 116500LNのリファレンスナンバーは「116500LN」であることには変わりありません。ただ、シリアルナンバーは個体ごとに違う番号が割り振られています。

ナンバーにどのような番号が振り分けられているのかは年代によって異なりますが、116500LNに関しては 2010年以降 に発売されたモデルであるため、法則性のないランダムに数字が組み合わせたランダムシリアルが適応されています。

(※2010年以降の個体は番号が足りなくなったため、法則性なくランダムに数字が組み合わさるようになった)

 

尚、基本的にシリアルナンバーが重複することはなく、国際保証書にもしっかり番号が記入されています。

 

デイトナ  16520

ランダムシリアルはシリアルナンバーだけで製造年を確認することが困難ですが、古いモデルであればシリアルナンバーに法則性があるため、おおよその製造年を確認することが可能です。

例えば2世代前のデイトナ16520のシリアルナンバーは年式によって頭文字が「A」だったり「E」だったりしますが、この番号があれば例え保証書や付属品がなくても、いつ頃製造された個体であるかがわかります。

シリアルナンバーの違いによって大きく価値が変わることもあるので、古いロレックスほどシリアルナンバーは重要です。

 

 

製造年の確認方法

ロレックスのシリアルナンバーが刻まれている場所は製造年によって大きく2つに分かれます

 

①2010年G番以前の個体

1987年後半~2010年に製造されたロレックスは頭文字にアルファベットが配されたシリアルナンバーが刻まれています。

これらの個体は6時位置のブレスレットを外してケース側面を見ればシリアルナンバーを確認できます。

ロレックス シリアルナンバー

試しにブレスレットを外してみました。

「STAINLESS STEEL」の刻印の下にシリアルナンバーが刻まれていることがわかります。

ちなみにこの個体のシリアルは先頭がCでした。これは1993年に製造された個体に割り当てられたナンバーなので、これにより後述の製造年表を見ることで製造年が分かります。

ロレックス シリアルナンバー

ちなみに12時側のケース側面にはリファレンスナンバーが記載されています。またブレスを外さなくても保証書があれば、そこにシリアルナンバーとリファレンスナンバーが記載されています。

 

②2010年G番以降の個体

ロレックス シリアルナンバー

2010年G番以降の個体は文字盤の見返り部分にシリアルナンバーが記載されています。これによりブレスレットを外さなくてもシリアルナンバーが確認できるようになりました。ルーレット状に番号が入るため、通称「ルーレット・シリアル」と呼ばれることも覚えておきましょう。

※尚、2010年以降はシリアルナンバーに規則性が無くなったことから製造年が推定できなくなっています。

 

まずは文字盤の見返り部分を確認しシリアルナンバーの刻印が無ければ、ブレスレットを外してケース側面を確認すればよいでしょう。

 

シリアルナンバーと製造年一覧表

シリアルナンバーで製造年を確認する方法は1927年~2010年までに製造された個体で確認することができます。

下記の表と当てはめることで大よその年式がわかります。

※シリアルナンバーの法則はロレックス社が正式に公表しているものではなく、飽くまで推測となります。

 

頭にアルファベットが使われる以前(数字のみ)

(1927年~1987年前半)

シリアル 製造番号
21691~ 1927年
23969~ 1928年
24747~ 1928年
28290~ 1930年
29312~ 1932年
29933~ 1933年
30823~ 1934年
35365~ 1935年
37596~ 1936年
40920~ 1937年
43739~ 1938年
71224~ 1939年
99775~ 1940年
106047~ 1941年 (この年からシリアルが6桁になる)
143509~ 1942年
230873~ 1943年
269561~ 1944年
302459~ 1945年
387216~ 1946年
529163~ 1947年
628840~ 1948年
710776~ 1951年
840396~ 1952年
929426~ 1953年
937170~ 1954年
941699~ 1953年
952892~ 1954年
955466~ 1953年
282632~ 1955年(100万個製造となり、一度リセット)
139400~ 1956年
321884~ 1957年
360171~ 1958年
693808~ 1960年
763663~ 1962年
985015~ 1964年
1259699~ 1965年 (この年からシリアルが7桁になる)
1871000~ 1966年
2163900~ 1967年
2426800~ 1968年
2689700~ 1969年
2952600~ 1970年
3215500~ 1971年
3478400~ 1972年
3741300~ 1973年
4004200~ 1974年
4267100~ 1975年
4538000~ 1976年
5008000~ 1977年
5482000~ 1978年
5958000~ 1979年
6434000~ 1980年
6910000~ 1981年
7386000~ 1982年
7862000~ 1983年
8338000~ 1984年
881400~ 1985年
9290000~ 1986年
9766000~ 1987年
9999999~ 1987年

 

 

頭にアルファベットが使われたもの

(1987年後半~2010年)

シリアル 製造番号
R000001~ 1987年~1988年
L000001~ 1989年~1990年
E000001~ 1990年~1991年
X000001~ 1991年
N000001~ 1991年
C000001~ 1992年
S000001~ 1993年
W000001~ 1994年~1995年
T000001~ 1996年
U000001~ 1997年
A000001~ 1998年~1999年
P000001~ 2000年
K000001~ 2001年
Y000001~ 2002年
F000001~ 2003年~2004年
D000001~ 2005年
Z000001~ 2006年
M000001~ 2007年~2008年
V000001~ 2009年
G000001~ 2010年

 

※シリアルナンバーが8ケタで、英数字がランダムに入ったものは2010年以降に製造されたものになります。2010年以降はシリアルナンバーで製造年が特定できなくなりました。

ただし2010年以降に製造されたモデルでも国際保証書の日付を見れば、おおよその製造年は予測できます。保証書の日付が2018年であればおそらく2017~2018年頃製造ではないか、など。

 

シリアルナンバーに関する豆知識

頭文字がアルファベットに切り替わった直後、1987年〜1991年のシリアルナンバーは先頭が「R・L・E・X」と、ROLEXの文字を意識したナンバーが使用されています。

Aからはじまっていないのがユニークなポイントですね。

尚、ROLEXのOだけが省かれていますが、これは数字のゼロ(0)と判別がしにくかったのでは?という推測が行われています。

ランダム品番においてもOは使用されることはなく、ロレックスは常にユーザーにわかりやすいナンバリングをしてくれています。

ロレックス 保証書

ちなみに「B」と「I」もシリアルナンバーとして使われていませんが、理由としては「B=8」「I=1」と区別がつきにくいことが挙げられます。今後シリアルが足りなくなった場合は解禁される可能性もありますが、現状はまだ存在が確認されていません。

 

 

クラスプコードによる製造年の確認

ギャランティーやケースに刻まれたシリアルコード以外にも、クラスプコードで製造年を判別するという方法があります。

ロレックス 製造年 判別

クラスプコードはクラスプにある「ロゴの右」に刻まれたアルファベットの事です。シリアルナンバーとは別に、製造年によって割り振られた固有の番号が存在します。

ブレスレットが交換されていると刻印が変わってしまうため、確実に製造年と時計が一致するとは言い切れませんが、大よその目安にはなるでしょう。

 

ロレックス クラスプコード 製造年

ちなみに英字による表記は1976年以降の個体に採用されており、それより前に製造された個体に関しては数字が刻印されています。

ケース側面のシリアルコードが擦れて見えないという場合は、こちらも確認してみてください。

 

あわせて読みたい関連記事

 

ケースを修理する際の注意点

もし今後ロレックスを売却する予定がある方は、ケース交換によるシリアルナンバーの変更にご注意ください。

ケースが大きく損傷してしまった場合、日本ロレックスで新品のケースと交換することになりますが、新しいケースに刻まれるシリアルナンバーはこれまでと同じではなく、別のシリアル番号が刻印されます。

もし16520の最終品番などを修理に出す場合、シリアルナンバーが変わることで査定が落ちる可能が高いです。

レアロレックスを持っている方は、修理に出す必要がないように、時計を大切に扱ってください。

ロレックス シリアルナンバー

 

また、ロレックスを買う際もシリアルナンバーを余りにも重視しすぎないようにすることが大切です。

世に出回っているロレックスの全てがオリジナルのシリアルナンバーが刻まれているとは限りません。

特に修理歴のある中古の場合、もしかしたらケースがオリジナルではなくなっていることも考えられます。ケースを丸ごと交換することは珍しいですが、「シリアルナンバー=あくまでも目安」であることは心に刻んでおきましょう。

 

 

まとめ

ロレックスのシリアルナンバーはその個体の製造年を推測することができる便利な固有番号です。

2010年以降はランダムシリアルとなり、以前のような見分け方ができなくなりましたが、型式の古いヴィンテージロレックスを購入する際には今でも重宝されます。

中古で付属品のないロレックスを手にした時にも活用できるので、シリアルナンバーが知りたくなった場合は是非この記事を読み直してください。

 

あわせて読みたい関連記事

この記事を監修してくれた時計博士

池田 裕之(いけだ ひろゆき)

(一社)日本時計輸入協会認定 CWC ウォッチコーディネーター
高級時計専門店GINZA RASIN 銀座ナイン店(ロレックス専門館) 店長

昭和57年生まれ 37歳 熊本県出身
19歳で上京し、22歳で某ブランド販売店に勤務。 同社の時計フロア勤務期に、高級ブランド腕時計の魅力とその奥深さに感銘を受ける。しばらくは腕時計販売で実績を積み、29歳で腕時計専門店へ転職を決意。銀座ラシンに入社後は時計専門店のスタッフとして販売・買取・仕入れを経験。そして2018年8月、ロレックス専門店オープン時に店長へ就任。時計業界歴17年

監修記事一覧

  • ロレックス サブマリーナを持っているなら知っておかなければいけない事

  • 価格が高騰するロレックスはどれ?時計専門店のスタッフが予測してみました【2019】

  • 10年後も価値が下がらない腕時計ブランド5選

  • 2019年 ロレックスの中で一番人気があるモデルは?

監修記事一覧 >>監修者一覧 >>

 
クリスマスメンズ クリスマスレディース
クリスマスメンズ クリスマスレディース
クリスマスペアウォッチ RASINオンラインサイトへ RASIN買取サイトへ WATCHES&WONDERS 買取専門ブログ 腕時計入門ガイド 腕時計メンテナンス完全ガイド 腕時計バイヤーズ完全ガイド ショッピングローン最大60回払いまで無金利 時計クイズ
 

WEBマガジンのブログ一覧


クリスマス特集
時計クイズ
買取専門WEBマガジン
販売サイトへ
買取サイトへ
腕時計バイヤーズ完全ガイド
メンテナンスガイド
腕時計入門ガイド
正社員・アルバイト求人

お勧めアイコン
人気記事ランキング



お勧めアイコン
おすすめ記事

クリスマス特集

クリスマス特集L クリスマス特集M

ページトップへ