loading
Now Loading...
  • Twitter
  • LINE
  • Facebook
  • Instagram
  • weibo
  • WeChat

WEBマガジン, サブマリーナ, ロレックス, 池田裕之, 腕時計選びのためのお勧め記事

ロレックス グリーンサブ 116610LVを買うなら知っておかなければならないこと

  • にほんブログ村

ロレックス サブマリーナといえば黒文字盤×黒ベゼルをあしらった116610LNが最も人気の高いモデルでしたが、近年はロレックスのコーポレートカラーである「グリーン」を大々的にデザインコードに加えた116610LVの注目度が上がっています。

相場感で言えば前者を凌ぐほどで、116610LVの存在感はますます高まるばかりです。さらに2020年のモデルチェンジによって「生産終了」すると、人気の勢いは青天井に・・・いったい、グリーンサブ 116610LVは、なぜこんなにも私たちを惹きつけるのでしょうか。

そこでこの記事では、一目でロレックスのサブマリーナとわかるアイコニックな存在「グリーンサブ」がどんなモデルなのか、これほどまでに人気を集めているその秘密を、徹底解説していきます。

ロレックス グリーンサブ

 

グリーンサブ 116610LV ってどんなモデル?

116610LVは2010年から2020年まで製造されていたサブマリーナのデイトモデルです。

サブマリーナと言えば、ロレックスを代表するダイバーズウォッチ。1953年にラインナップされて以来、愛され続けてきたロレックス屈指のロングセラーとなります。

この長い歴史の中でいくつかのモデルチェンジが行われてきましたが、116610LV,116610LN,ノンデイトの114060が長らく近年の現行として人気を張ってきました。

基本的にサブマリーナは初代から大きく意匠を変えてきてはいないのですが、116610LVだけはやや異色。と言うのも、冒頭でもご紹介したように、ロレックスのコーポレートカラーであるグリーンを大々的にあしらったモデルというのは、ロレックス史において非常に稀有な存在であるためです。

この意匠から「グリーンサブ」の愛称でも知られるようになった116610LVについて、ご紹介いたします。

 

ロレックス サブマリーナ デイト 116610LV

ロレックス サブマリーナ デイト Ref.116610LV

製造期間:2010年~2020年
ケースサイズ:直径 40mm
搭載ムーブメント:Cal.3135
パワーリザーブ:約48時間
夜光塗料:クロマライト
防水性能:300m
定価:987,800円

「ロレックスのコーポレートカラーであるグリーンを大々的にあしらった稀有な存在」と116610LVを評しましたが、実はグリーンをデザインコードとしたのはこちらが初めてではありません。

それは、116610LVの前世代にあたる16610LV。2003年、サブマリーナ生誕50周年を祝してリリースされたアニバーサリー的モデルです。

16610LVの登場でサブマリーナ人気は一気に高まり、このモデル以降、ロレックスは積極的にグリーンをデザインコードに取り入れていくこととなりました。

ただし、116610LVと16610LVは、当然ながら全く一緒と言うわけではありません。

 

ロレックス サブマリーナ デイト 16610LV

ロレックス グリーンサブ 16610LV

製造期間:2003年~2010年
ケースサイズ:直径 40mm
搭載ムーブメント:Cal.3135
パワーリザーブ:約48時間
夜光塗料:ルミノバ
防水性能:300m

こちらが、前世代の16610LVです。

ぱっと目につく違いが、文字盤カラーでしょう。

16610LVでは黒×グリーンの色使いが行われていたことに対し、116610LVはさらに文字盤にもグリーンが採用されました。

 

また、細かく見ていくとラグが太くなっており2.7mmから4mmになった事で耐久性が向上しています。リューズガードも大型化され、より力強い印象を与えるようになりました。

ロレックス グリーンサブ

左:16610LV  右:116610LV

 

ロレックスが「モデルチェンジ」を行う時というのは、確実にスペックアップを果たした時です。

先代116610LVがどのような時計か、デザイン面にも特筆すべき点がありますが、スペック面に焦点を当てていくと魅力が非常にわかりやすく伝わるかと思います。

スペックについて、解説いたします。

 

グリーンサブの特徴①セラクロムベゼル

ロレックス グリーンサブ 116610LV

グリーンサブ 116610LVの大きな特徴としてセラクロム製ベゼルが用いられている、ということがあります。ちなみに16610LVまでは、アルミ製でした。

このセラクロムベゼル、2005年以降、スポーツロレックスに積極的に採用されている素材です。ちなみにサブマリーナでは、2008年にリリースされたホワイトゴールド製116619LBで初めて搭載されました。

アルミと比べて傷や退色に強く、また、独自のプラチナコーティングによって美しい光沢を備えていることも特徴です。

一方でセラミックの加工や着色には大変高度な技術力を要します。そのためセラクロムベゼルが出た当初は黒や青がメインカラーであり、グリーンという色合いを携えた116610LVの登場は、人々に鮮烈なまでのインパクトを与えました。

 

グリーンサブの特徴②ダイバーズウォッチらしい視認性

ロレックス グリーンサブ 116610LV

16610LV⇒116610LVの最大の変更点はなんと言っても文字盤がブラックからグリーンへと変更されたことはお話しました。

さらに言うと、116610LVへきて、サブマリーナがさらにダイバーズウォッチらしいと言える「視認性の向上」も図られています。

と言うのも、これは116610LNや114060にも言えることですが、従来よりもインデックス・針が太くなっており、よりどんな状況下でも見やすいという進化を遂げているのです。

また、夜光塗料がスーパールミノバからクロマライトに変更されています。クロマライトとは2007年頃からロレックスが使用を開始した夜光塗料で、ロレックスの特許取得品です。

ルミノバ(ロレックスではスーパールミノバ)は日本の根本特殊化学株式会社が開発した夜光塗料で、多くのメーカーが今なお使用しています。

しかしながらロレックスでは夜光を独自開発!そのクロマライトとは、ルミノバの約二倍となる8時間の発光を実現し、かつルミノバが緑色の光を放つことに対し、クロマライトは青色発光となることが特徴です。

 

このように、現行でダイバーズウォッチとしてより進化・深化したと言えるでしょう。

 

グリーンサブの特徴③搭載ムーブメント Cal.3135

ロレックス Cal.3135

【スペック】

時分秒、デイトジャスト、クイックチェンジ、ハック機能
クロノメーター認定
パワーリザーブ約48時間
28,800振動/時
製造年:1989年~

 

ロレックスのスペックを語るうえで欠かすことのできないムーブメント。

グリーンサブ 16610LVおよび116610LNの両モデルには、3針+デイトムーブメントの定番Cal.3135が搭載されてきました。

ちなみにCal.3135が搭載されてきたモデルはサブマリーナだけではありません。シードゥエラーやヨットマスターと言ったマリン系からデイトジャスト,オイスターパーペチュアルと、20年以上に渡って使用され続けてきたロングセラームーブメントであり、高い精度と耐久性を併せ持つ名機です。

 

モデル自体のみならず、ムーブメントも進化し続けるのがロレックス。むしろ、ムーブメントこそがロレックスの本懐と言っていいかもしれません。

Cal.3135は前世代のRef.16610系でも採用されていましたが、116610LVではヒゲゼンマイがブルーパラクロム・ヒゲゼンマイに変更されています。

ブルーパラクロムヒゲゼンマイ

出典:https://www.rolex.com/ja/watches/rolex-watchmaking/new-calibre-3255.html

ヒゲゼンマイは、機械式時計の心臓部とも言われる「テンプ」を構成するパーツの一つです。

テンプが振り子の役割をして時間精度の制御を行いますが、その際にヒゲゼンマイが伸縮することでテンプは稼働します。

このヒゲゼンマイ、時計パーツの中で最もデリケート!磁気帯びや衝撃が加わると、時計全体に影響を与えることとなります。

そこで近年では、このヒゲゼンマイをシリコン製にする試みが時計業界では生まれてきているのですが、ロレックスでは独自に開発した素材を採用しています。これこそがブルーパラクロム・ヒゲゼンマイです。ちなみにこちらもロレックスの特許取得技術です。

Nb(ニオブ)とHf(ハフニウム)との合金素材「パラクロム」は独特の青みがかった素材で、こちらを採用することで磁力の影響を受けにくく、従来品よりも約10倍もの耐衝撃性を実現することとなりました。温度変化にも強いため、使用環境下で精度が左右されることも少なくなってきています。

見た目に美しいというのも素晴らしいですね。

 

あわせて読みたい関連記事

 

このように、あらゆる面で進化を遂げた116610LVの人気は非常に高く、特に海外での需要は年々増加傾向にあります。

近年は「高く売れるロレックス」として取り上げられ、注目の一本として評価されています。

 

 

グリーンサブ 116610LVの生産終了と価格高騰

サブマリーナ 116610LV

グリーンサブ 116610LVの定価は987,800円ですが、現在並行店における相場は中古であっても260万円前後~

定価の2.5倍ほどとなる、プレミア価格ですね。

ちなみに黒サブ 116610LNの方は定価943,800円と、グリーンサブよりも低価格となります。黒サブの実勢相場は中古で160万円台~。こちらも生産終了に伴い価格高騰していますが、グリーンサブほどではありません。

これ程までに価格が高騰している理由は、新型サブマリーナ126610LVの発売に伴い116610LVが生産終了となったからです。

 

グリーンサブ 116610LVは生産終了

サブマリーナ 116610LV

ロレックス相場ならではの現象として、「生産終了モデル」が価格上昇するというものがあります。

例えばバーゼルワールド2019にて発表されたGMTマスターIIの116710LNや116710BLNR。両モデルは以前から廃盤が予想されており、新作が発表されるまで相場が右肩上がりに上昇し続けました。

サブマリーナ 116610LVも長らく生産終了が囁かれていましたが、2020年9月。新型モデル126610LVの発表に伴い、遂に生産終了となりました。

 

116610LVが生産終了になった最大の理由は、ムーブメントの移行が挙げられるでしょう。

近年、ロレックスは積極的にムーブメントを「最新世代」と自負する3200番系にシフトしつつありました。例えば前述したGMTマスターIIは従来のCal.3186からCal.3285へ移行され、型番も126710へ変化。116710系は生産終了となりました。

この3200番台ムーブメントの最大の特徴は約70時間ものロングパワーリザーブを持っていること。また、正確性・耐衝撃性・耐磁性・エネルギー効率といったスペック面でチューンアップが図られており、まさに最新世代と言うにふさわしい出来栄えです。

ただ、この移行がサブマリーナではまだ行われていませんでした。

ロレックス グリーンサブ 116610LV

そこで、現行サブマリーナが発表されて10年目の節目にあたる2020年、新たなサブマリーナが出てくるのではないか、と予想されたわけです。

結果は多くの時計ファンの予想通り、116710LNは廃盤。126610LVが新たなるグリーンサブの現行モデルとして君臨することになりました。

 

前述の通り生産終了ロレックスの価格高騰は、近年ではもはや常識。

そのためまだ流通している116610LVへの買いが集中し、生産終了時の高騰に備える・・・あるいは本当に欲しい方が、新品や状態の良い中古の流通が豊富な今のうちに買っておく・・・

そんな背景を持つがゆえ、現在高値傾向が続くロレックスの中でも、グリーンサブ 116610LVの価格高騰が著しいのです。

 

なお、新グリーンサブ 126610LVは文字盤が黒文字盤を採用しているため、現行グリーンサブからグリーン文字盤は消えました。

これにより116610LVの価値は更に上がり、数年前よりも遥かに手が届きにくいモデルとなっています。

 

あわせて読みたい関連記事

 

 

グリーンサブの過去の価格推移

グリーンサブの価格はロレックスの相場と共に乱高下を繰り返してきましたが、とりわけ2020年以降は凄まじい高騰を見せています。

下記の価格推移グラフは、当店GINZA RASINで販売した中古グリーンサブ 1166110LVの販売価格の平均を各年(2018年~)で示したものとなります。ほぼずっと右肩上がりなのがおわかり頂けるのではないでしょうか。

 

繰り返しになりますが、グリーンサブ 116610LVはもともと人気の高かったモデルです。

そのため2016年以降、円安傾向がわが国で続いたこともあり、ぐんぐんと相場を上昇させることとなりました。2017年を過ぎた頃には、定価を下回ることがほとんどないといった状況です。

さらに2019年を過ぎた頃から生産終了の噂が取沙汰されるようになると、一気に上昇。

2020年、新型コロナウイルスの影響で消費者の買い控えが見られた時、多くのロレックスモデルは相場が下落しましたが、グリーンサブは高値を維持します。

そして2020年9月に新型サブマリーナ126610系(およびノンデイトの124060)がリリースされると、一時期その実勢相場は過去最高値となる240万円台を記録しました。

ロレックス サブマリーナ 126610LV

※新型グリーンサブ 126610LV。文字盤が16610LVを踏襲したブラックとなっていることが特徴

なお、現在ではその相場観をさらに上回り、260万円台に着けていることは前述の通りです。

グリーンサブ 116610LVはこれだけ相場が上がってなお買い控えは見受けられず、今後も下落は考えづらいと言えるでしょう。

 

 

グリーンサブ 116610LVを中古で買うなら知っておきたいこと

プレミア価格化している上に高騰傾向にあるグリーンサブ 116610LVを買うのは大きな決断です。

少しでも安く買いたいと思うことは誰もが思うことでしょう。

そこでオススメしたいのが中古での購入です。

グリーンサブ 中古

高級時計はメンテナンスさえしっかり施されていれば、中古であっても新品と遜色のない製品を手にいれることができます。

とりわけサブマリーナのように堅牢な設計のモデルは経年に強く、製造から数年が経つ中古でも状態の良好な個体が多く流通している、というのもミソ。もちろん、状態が良かったり比較的製造年が新しかったりするほど高値にはなりますが、安心してデイリーユースできる中古品が多いと言えます。

 

ただし、中古時計は店舗によってクオリティーに差があります。

そのため、口コミに優れる評判のよい店舗で購入するのがポイントとなります。また、できれば中古時計の販売に実績とノウハウがあり、購入した時計に何かあった時、メンテナンスの相談をできるしっかりとした体制を持った店舗をお選びください。

 

中古グリーンサブのリセールバリュー

中古時計を購入する際に「中古品だとリセールバリューが下がるのでは?」と心配される方が多いですが、例え中古で買ったとしてもリセールバリューは下がりません。

新品で購入しても、中古で購入しても、手放す際は同等の評価を受けます。(完全な未使用である場合を除く)

現在の中古グリーンサブのリセールバリュー(買取価格)は116610LVが約220万円、16610LNが約140万円です。

もし116610LVを中古で200万円で買っていたとしても、買取に出せば約20万円が戻ってきます。

グリーンサブ リセールバリュー

リセールバリューが高いモデル程、購入価格と買取価格の差が少ないため、中古での購入がお得です。

もちろん相場の変動によってどれだけ得になるかは変わりますが、これだけ得に楽しめる時計は世界中を見渡してもなかなか存在しません。

 

あわせて読みたい関連記事

 

 

グリーンサブ 116610LVを愛用している芸能人

世界的に人気のあるロレックス。グリーンサブを愛用している芸能人も数多くいます。

116610LVに関してはサッカー選手の大久保嘉人さん、ラデ・クルニッチさん、クリケット選手ジョニー・ベインズトウさん、安田章大(関ジャニ∞)さんなど。

16610LVに関してはナインティナイン 矢部浩之さん、元サッカー選手宮本恒靖などが愛用しています。

色白の方より、褐色系の肌の方に似合う印象です。

 

あわせて読みたい関連記事

 

 

まとめ

人気NO.1 ダイバーズウォッチとしての歴史とステータス性。個性的なデザイン性に加え、確かな実用性。

そしてロレックスというブランド力。グリーンサブ 116610LVはまさにステータスシンボルとして選ぶ最高の一本です。

カジュアルな服装に似合うモデルですがスーツにもよく似合い、格別な存在感を放ちます。

時計にこだわりたい方にオススメしたい逸品として、グリーンサブはこれからも人気を博し続けるでしょう。

あるいは生産終了やさらなる価格高騰の前に、購入をご検討ください!

 

※掲載する情報は2021年9月現在のものとなります。

 

ロレックスのご購入はこちら

 

あわせて読みたい関連記事

 

この記事を監修してくれた時計博士

池田裕之(いけだ ひろゆき)

(一社)日本時計輸入協会認定 CWC ウォッチコーディネーター
高級時計専門店GINZA RASIN 銀座中央通り店(超ロレックス専門館) 店長

39歳 熊本県出身
19歳で上京し、22歳で某ブランド販売店に勤務。 同社の時計フロア勤務期に、高級ブランド腕時計の魅力とその奥深さに感銘を受ける。しばらくは腕時計販売で実績を積み、29歳で腕時計専門店へ転職を決意。銀座ラシンに入社後は時計専門店のスタッフとして販売・買取・仕入れを経験。そして2018年8月、ロレックス専門店オープン時に店長へ就任。時計業界歴18年

監修記事一覧

  • ロレックス サブマリーナを持っているなら知っておかなければいけない事

  • 価格が高騰するロレックスはどれ?時計専門店のスタッフが予測してみました【2019】

  • 10年後も価値が下がらない腕時計ブランド5選

  • 2019年 ロレックスの中で一番人気があるモデルは?

監修記事一覧 >>監修者一覧 >>

  • にほんブログ村
 
RASINオンラインサイトへ RASIN買取サイトへ WATCHES&WONDERS 買取専門ブログ 中央通り店 ナイン店 腕時計入門ガイド 腕時計メンテナンス完全ガイド 腕時計バイヤーズ完全ガイド ショッピングローン最大60回払いまで無金利
 

WEBマガジンのブログ一覧


時計クイズ
買取専門WEBマガジン
販売サイトへ
買取サイトへ
中央通り店
ナイン店
メンテナンスガイド
腕時計入門ガイド

お勧めアイコン
人気記事ランキング



お勧めアイコン
おすすめ記事

ページトップへ