loading
Now Loading...
  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • Tumbler

WEBマガジン, その他

フレデリックコンスタントが時計愛好家から評価される理由

  • にほんブログ村

2016年5月にシチズン時計の傘下に入ったスイス・ジュネーブの時計会社、フレデリック・コンスタント 。

洗練された美しさと上品さを兼ね備えながらもリーズナブルな価格で購入することが出来る同社のモデルは近年知名度を急速に高めています。

今回はそんなフレデリックコンスタントが何故世界中の時計愛好家から高い評価を獲得しているのかを解説していきます。

機械式時計最初の一本を求めている方は勿論のこと、サブ機をお求めの方にも是非ご一読して頂きたい内容です。

フレデリックコンスタント 高級時計

出典:http://frederiqueconstant.jp/

フレデリックコンスタントについて

フレデリックコンスタントは創業者であるピーター・スタースと妻アレッタの飽くなき情熱から、1988年にスイス・ジュネーブ郊外のトアネに生まれた高級時計ブランドです。まだ創業してから30年と歴史が浅いブランドではありますが、デザインから開発組立、品質管理に至るまでを全て自社で自社工場で行うマニュファクチュールブランドとして知られており、世界中の時計愛好家から支持を集めています。

フレデリックコンスタントが評価される理由は大きく分けて2つ。

まず一つは「手の届くラグジュアリー」というコンセプト。

そして、フレデリックコンスタントのコアデザインといえるハートビートです。

 

フレデリックコンスタントが評価される理由① 手の届くラグジュアリー

フレデリックコンスタント

出典:https://www.facebook.com/pg/frederiqueconstantjp

フレデリックコンスタントは一般的なサラリーマンでも手にすることができる「リーズナブルな価格帯」に拘っており、手が届かないブランドとなることを良しとしません。

そのため、マニュファクチュールとして高品質の時計を製造しているにもかかわらず、大半のモデルが10~30万円ほどで購入できます。

また華美な装飾を施さないクラシカルなデザインが特徴で、どのモデルも高級感があります。

 

フレデリックコンスタントが評価される理由② 美しいハートビート

フレデリックコンスタント ハートビート

出典:https://www.facebook.com/pg/frederiqueconstantjp

フレデリックコンスタントの代名詞ともいえる「ハートビート(Heart Beat)」。

文字盤に小窓を設けることで機械式ムーブメントの心臓部(Heart)にあたるテンプの鼓動(Beat)を、腕に着けている時も楽しむことが出来る画期的なデザインです。

ハートビートは1994年に世界初のオープンダイヤルとして発表され、瞬く間に世界中に時計ファンの心を鷲掴みにしました。

 

現在はシチズン傘下のブランドとして商品を展開

現在のスイス時計界はグループ化が進んでおり、オメガブレゲなどを傘下に収めるスウォッチグループ、カルティエIWCを傘下などに収めるリシュモングループ、タグホイヤーブルガリなどを傘下に収めるLVMHといった巨大資本グループが日々凌ぎを削っています。

フレデリックコンスタントが属しているのは日本の企業である「シチズングループ」。

スイスのブランドでありながらも、2016年からシチズングループの傘下として時計の製造・販売を行っています。

 

関連記事:腕時計ブランド業界相関図を作ってみました

 

フレデリックコンスタントはなぜシチズンを選んだのか?

実はフレデリックコンスタントは複数のグループから参入の要請を受けていました。1つはヨーロッパ系、もう1つはアメリカ系、そしてシチズン。

マーケットの広さからいうと日本のシチズンは一見不利に思えますが、フレデリックコンスタントが提携を結んだのは意外にもシチズンでした。

フレデリックコンスタント シチズングループ

出典:http://frederiqueconstant.jp/products/list.php?collection=classics&parm=allitems

フレデリックコンスタントがシチズンを選んだ理由。それはシチズンの主力がクォーツ時計で、フレデリックコンスタントは機械式が主力だったからです。

もしフレデリックコンスタントが他のグループの傘下に入ってしまっていたら、おそらく商品展開の優先度は低くなり、これまでのように自由な時計開発は行えなくなっていたことでしょう。

しかし、低価格帯のスイスメイド機械式時計の展開を目指したシチズングループの傘下に加われば充実した補完関係が築けます。

自社の機械式時計を優先的に展開するため、フレデリックコンスタントはシチズングループに加わることに決めたのです。

 

フレデリックコンスタントの主要モデル

フレデリックコンスタントは豊富なバリエーションを持つブランドです。シンプルなクォーツモデルから本格的な機械式時計、さらにはスマートウォッチまで、ありとあらゆる時計がラインナップされています。

どのモデルも上品で美しいデザインであり、価格に関しても一般的なサラリーマンの方でもボーナス一括で購入できる価格帯です。

まさにコンセプト通り「手が届くラグジュアリー」といえるでしょう。

 

フレデリック コンスタント 主要モデル① マニュファクチュール

フレデリックコンスタント マニュファクチュール

出典:http://frederiqueconstant.jp/products/list.php?collection=manufacture&parm=allitems

マニュファクチュールコレクションはフレデリックコンスタントのハイエンドモデルです。大半のモデルが限定生産されており、素材・装飾・ムーブメント・ベルトといった全ての部分に最高品質のモノが使用されています。

 

フレデリックコンスタント マニュファクチュール

出典:http://frederiqueconstant.jp/products/list.php?collection=manufacture&parm=allitems

スイス・プラレワット工場にて職人の手作業によって作られたマニュファクチュールコレクションは昨今日本でも人気を博しており、日々その注目度は上がっています。シンプルな3針時計からムーンフェイズやワールドタイムを搭載した複雑時計まで、そのラインナップは実に豊富です。

また、価格は50万円以下のモデルが多いですが、最上級モデルは100万円を超えます。

フレデリックコンスタント トゥールビヨン

FC-975MC4H6

パーペチュアルカレンダー、トゥールビヨンを搭載したコンプリケーションモデル。6時位置がくり抜かれたスケルトンタイプの文字盤からはトゥールビヨンの美しい精密な動きを眺めることができます。

定価は2,617,000円+税という超高額モデルですが、その性能を考えると安くも感じられます。

 

フレデリック コンスタント 主要モデル② スリムライン

フレデリックコンスタント スリムライン

出典:http://frederiqueconstant.jp/products/list.php?collection=slimline&parm=allitems

洗練されたスリムなフォルムが美しい「スリムライン コレクション」はフレデリックコンスタント屈指のドレスラインです。文字盤にはエングレービングの工程で刻まれたギョーシェ模様が施され、とにかくエレガントな印象を与えます。

スーツとの相性も抜群ですが、カジュアルシーンに着用しても違和感がありません。使い勝手のよさは全コレクションの中でもトップクラスです。

 

フレデリックコンスタント スリムライン

出典:http://frederiqueconstant.jp/products/list.php?collection=slimline&parm=allitems

メンズは20万円前後のものが多く、レディースに関しては10万円前後のモデルもあります。コストパフォーマンスの高さは申し分ありません。

また、スリムラインにおいて最も注目されているモデルは文字盤の12時位置がくり抜かれたオープンハート。

テンプの美しい動きを覗けることから非常に人気が高いです。

 

フレデリック コンスタント 主要モデル③ クラシック

フレデリックコンスタント クラシック

出典:http://frederiqueconstant.jp/products/list.php?collection=classics&parm=allitems

クラシックシリーズは、すっきりしたシルエットが美しいクラシカルなコレクションです。

 

フレデリックコンスタント

出典:http://frederiqueconstant.jp/products/list.php?collection=classics&parm=allitems

このシリーズは「高級時計を手の届く価格で」という、フレデリック・コンスタントの哲学が体現されたラインナップが並びます。デザイン性はブレゲにかなり近く、とりわけオープンハートとなっているモデルは人気が高いです。

 

フレデリック コンスタント 主要モデル④ レディース オートマチック

レディース オートマチック フレデリックコンスタント

出典:http://frederiqueconstant.jp/products/list.php?collection=ladiesautomatic&parm=allitems

レディース オートマチックは女性のためにデザインされたコレクションです。2004年に誕生し、売上げのうち1本あたり50ドルを女性や子供を支援するチャリティ活動に寄付しています。

このコレクションにおいてもメカニカルムーブメントの魅力を堪能することができるオープンハートは健在。

フェミニンでありながらも個性的であることから、20代30代の女性から高い支持を集めています。

 

フレデリックコンスタント レディース

出典:http://frederiqueconstant.jp/products/list.php?collection=ladiesautomatic&parm=allitems

現行のレディースモデルは全てオープンハート。インデックスにはダイヤが配され、文字盤にはクロコダイルレザー+シェル素材といった斬新なデザインが目立ちます。

贅沢な印象を与えるモデルが多いですが、定価は20~50万とその性能を考えればかなりリーズナブルです。

ステータス性はエルメスシャネルといったハイブランドに劣りますが、機械式時計の美しい動きを堪能できるという点ではフレデリックコンスタントの方が優れています。

 

フレデリックコンスタント 主要モデル⑤ アールデコ

アールデコ フレデリックコンスタント

出典:http://frederiqueconstant.jp/products/list.php?collection=artdeco&parm=allitems

1940年代に流行したアールデコからインスピレーションを受け、製作されたフェミニンなシリーズ。レディース オートマチック同様、主に女性用のラインナップが並びます。

繊細なエレガンスを重視する方にオススメです。

 

フレデリックコンスタント アールデコ

出典:http://frederiqueconstant.jp/products/list.php?collection=artdeco&parm=allitems

アールデコはその殆どがオーバルケースです。インデックスにはローマンインデックスやアラビア数字が採用され、優雅でクラシカルな雰囲気が味わえます。

また、アールデコは価格に関しても非常にリーズナブルです。

定価10万円台で買えるモデルが大半を占め、中古であれば7万円前後から購入することが可能です。

まさに「高級時計を手の届く価格で」というコンセプト通りのモデルといえるでしょう。

 

フレデリックコンスタント 主要モデル⑥ ディライト

デイライト フレデリックコンスタント

出典:http://frederiqueconstant.jp/products/list.php?collection=delight&parm=allitems

ジュエリーとコーディネートしやすい時計というコンセプトのもと製造されたディライト。柔らかく滑らかで丸みを帯びたラインが特徴的であり、こちらもまた女性から高い支持を集めています。

フレデリックコンスタントはハートビートのメンズモデルに注目が集まりがちですが、実はレディースモデルの評価が非常に高いブランドでもあります。

 

フレデリックコンスタント ディライト

出典:http://frederiqueconstant.jp/products/list.php?collection=delight&parm=allitems

コンビモデルにダイヤインデックス・ローマンインデックスなど、ディライトはレディースウォッチとしての定番デザインが使用されているため、どんなシーンにおいても活躍してくれます。

 

フレデリックコンスタント 主要モデル⑦ ランナバウト

ランナバウト フレデリックコンスタント

出典:http://frederiqueconstant.jp/products/list.php?collection=runabout&parm=allitems

ランナバウトヨットは2009年に開発されたフレデリックコンスタントの新たなるメンズモデルです。

ランナバウトは走ることを楽しむのが前提の小型ボートの総称であり、このシリーズは数々のモーターレースで伝説を残した「ランナバウトヨット」へのオマージュとして製作されました。

 

フレデリックコンスタント

出典:http://frederiqueconstant.jp/products/list.php?collection=runabout&parm=allitems

デザインの特徴はアラビアインデックスと繊細な美しい針。高級感のあるスポーツウォッチとして人気を博しています。

価格は30万~35万円ほど。フレデリックコンスタントの時計としては、やや高価格帯です。

 

フレデリックコンスタント 主要モデル⑧ ヴィンテージラリー

ヴィンテージラリー フレデリックコンスタント

出典:http://frederiqueconstant.jp/products/list.php?collection=vintagerally&parm=allitems

ヴィンテージラリーは古き良きヴィンテージカーへのオマージュとして発表されたスタイリッシュなコレクションです。そのスピード感溢れるデザイン性は30代・40代の男性から熱い支持を受けています。

カーレースでオフィシャルタイムキーパーを務めてきたフレデリック・コンスタントだからこそ作り上げることができたレーシングウォッチの理想形といえるでしょう。

 

フレデリックコンスタント ヴィンテージラリー

出典:http://frederiqueconstant.jp/products/list.php?collection=vintagerally&parm=allitems

ヴィンテージラリーはどのモデルもクロノグラフです。ただ、シンプルな文字盤デザインとなっているため、ビジネスシーン・カジュアルシーン問わず、幅広いシーンで着用することができます。

 

フレデリックコンスタント 主要モデル⑨ オロロジカル スマートウォッチ

オロロジカル フレデリックコンスタント

出典:http://frederiqueconstant.jp/products/list.php?collection=horologicalsmartwatch&parm=allitems

フレデリック・コンスタントのスマートウォッチはデジタル画面ではなく、アナログの文字盤上で時刻が表示する上品なスマートウォッチです。まだ発売されてから間もないシリーズですが、その美しいデザインから現在注目を集めています。

価格も10万~15万というリーズナブルな価格となっているのも魅力的です。

 

フレデリックコンスタント

出典:http://frederiqueconstant.jp/products/list.php?collection=horologicalsmartwatch&parm=allitems

ムーブメントにはコネクテッドムーブメント(クォーツ)を搭載。どのモデルにも活動・睡眠量計、通知機能、ワールドタイマーといったスマートウォッチらしい機能が備えられています。

 

まとめ

高級時計としては低価格帯でありながらも本格的な機械式時計の魅力を堪能することができるフレデリックコンスタント。

シチズングループの一員として現在日本で急速にその知名度を高めています。

初めての機械式時計としては勿論のこと、ロレックスやオメガといったハイブランドの時計をお持ちであってもサブ機として十分にご活用いただけますので、是非この機会にご検討くださいませ。

 

あわせて読みたい関連記事
  • にほんブログ村
 
RASINオンラインサイトへ RASIN買取サイトへ バーゼルワールド2019速報 SIHH2019
 

WEBマガジン新着商品




WEBマガジンのブログ一覧


バーゼルワールド2019
SIHH2019
販売サイトへ
買取サイトへ

お勧めアイコン
人気記事ランキング



お勧めアイコン
おすすめ記事

ページトップへ