loading
Now Loading...
  • Twitter
  • LINE
  • Facebook
  • Instagram
  • weibo
  • WeChat
自社クーポン自社クーポン

WEBマガジン, ロレックス

世界最高水準の強化耐磁時計お勧め8選!

  • にほんブログ村

衝撃や浸水などといった明らかな原因ではなく、気づかぬ間に機械式時計に不具合を起こさせる「脅威」があります。

それは、磁気帯び

ムーブメントの細かなパーツは金属でできており、磁気に近づけると磁化してしまい、正常な動作が妨げられてしまうケースが往々にしてあります。

 

磁気帯びを避けるには「時計を磁気を発するデバイスに近づけない」といった対策が一般的ですが、もう一つ、磁気帯びへの対抗策が存在します。

それは、耐磁時計をチョイスすることです!

耐磁時計は文字通り、磁気への耐性を身に着けたハイスペックウォッチのことです。耐磁時計は堅牢性に富むことが多く、日常使いはもちろん、非常に高い磁気にさらされた職業従事にも対応するほどです。

この記事では、そんな現代人の必須アイテム・耐磁時計をまとめてご紹介いたします。

 

おすすめ強化耐磁時計

 

磁気帯びと耐磁時計について

機械式時計のムーブメントは細かな金属のパーツで構成されています。
強い磁気を浴びると、それらのパーツが磁化してしまい、精度異常や、動かなくなるといった症状が起きることがありますが、この現象が磁気帯びです。

現代社会と磁気は切っても切れない関係。
例えばスマートフォンやパソコン、ハンドバッグのマグネット・・・
その他多くの身の回りの家電は磁気を発生させています。

磁気帯びをぐっと減らす対策として、時計を長時間磁力源の近くに置かないことと、磁力源からなるべく5cm以上は離すようにすること、などが挙げられます。

おすすめ強化耐磁時計 ムーブメント

昨今の一般的な時計は、全く耐磁性能が無いわけではありません。
ISO(国際標準化機構)では、2約1,600A/m(20ガウス)の耐磁性が義務付けられます。
さらにJIS(日本工業規格)にも磁気に関する規格があり、その基準は約4,800A/m(60ガウス)です。

あまりピンとこないかもしれませんが、これが前述した「日常生活において磁力源に5㎝未満であれば接近可能」ということ。

ちなみにJISはさらに耐磁2種として約16,000A/m(200ガウス)が定められており、これは日常生活における磁力源への1㎝までの接近を可能とした基準です。

しかしこれらの耐磁は飽くまで「一般的な日常生活」上であり、スマートフォンやパソコンなどを想定したものではありません。
IH機器や健康磁気製品(ピップエレキバンなど)は、これを大きく上回る磁気を発生しています。

こういった磁気の影響をいつも気にしなくてはならないとしたら、それは大変なストレスですよね。

また、レントゲン検査技師を始めとした医療従事者やエンジニアなど、日常的に非常に高い磁気にさらされる仕事をする方々にとっては、JISの2種すら不十分と言えるでしょう。

そこで活躍してくれるのが、耐磁時計です。

高級時計 対磁時計

耐磁時計に明確な基準はありませんが、ISO規格やJISを遥かに凌駕する耐磁性を持つ時計が各社で製造されています。
ムーブメントに磁気を帯びさせないようにする手法は様々ですが、いずれも高い技術力により「精度」「耐久性」「耐磁性能」が高い次元で両立されています。

特に近年は耐磁時計として発売されていないモデルでも耐磁性能が備わるようになり、以前よりも磁気の影響を受けづらくなっています。

 

 

おすすめ耐磁時計① ロレックス ミルガウス

おすすめ強化耐磁時計 ロレックス ミルガウス

ミルガウスは1950年代に誕生したロレックスの耐磁モデルです。

名前の由来は1000ガウス(80,000A/m、フランス語でミルガウス)の磁気に耐えうること。高い磁力にさらされる職業人向けに開発され、大きな話題を生みました。

オリジナルモデルが発売された当時は磁力の危機が一般に理解されず、1970年代に一度生産終了。

携帯電話やパソコンが一般的となった現代にその有用性へ再び注目が集まったことから、復活に至りました。

おすすめ強化耐磁時計 ロレックス 116400

出典:https://www.rolex.com/ja/watches/milgauss/m116400gv-0001/magazine.html

ロレックスの対帯磁技術の秘訣は、ケースとムーブメントにあります。

ロレックスが厳選したと称する強磁性合金により高性能磁気遮断システムを構築。

ムーブメントにはロレックスが自社開発したミルガウス専用のCal.3131が搭載されています。パラクロムヒゲゼンマイや非帯磁素材をガンギ車・アンクルに採用するなど、耐磁に特化したモデルと言えます(ただし2015年以降、ロレックスは基幹ムーブメントにパラクロムヒゲゼンマイを標準装備とさせており、デフォルトで優れた耐磁性能を誇ります)。

 

ロレックス ミルガウス 116400GV

ロレックス ミルガウス Zブルーダイアル 116400GV

ケースサイズ:直径40mm
素材:ステンレススティール
文字盤:ブラックまたはZブルー
駆動方式:自動巻き
ムーブメント:Cal.3131
防水性:100m

また、ミルガウスはその性能のみならず、シンプルな使い勝手の良さも魅力です。

エクスプローラーIのデザインがベースとなっており、ビジネスに最適なディティールとなっています。

ロレックスのコーポレートカラーであるグリーンがガラスに色づき、アクセントになっていること、初代モデルにあったイナズマ針がオレンジ色で復刻されていることなど、デザイン面でも注目の一本と言えます。

 

なお、現行116400GVはブラック文字盤とZブルー文字盤の2機種がリリースされております。

 

あわせて読みたい関連記事

 

 

おすすめ耐磁時計② オメガ マスタークロノメーター全般

シーマスター ダイバー300M

出典:https://www.omegawatches.jp/ja/

耐磁時計で現在製造されているものは12,000A/m~80,000A/m程度のスペックですが、オメガのマスタークロノメーター搭載機は、1,200,000A/m(15,000ガウス)と従来の耐磁性能を大きく上回るスペックを持ちます。

マスタークロノメーターは軟鉄製ケースを用いるのではなく、ムーブメントのパーツ自体を非磁性体部品で構成する、という非常に高度な製造技術が採用されています。

これにより磁気を遠ざけるのではなく、磁気自体気にする必要がなくなりました。

特にシーマスターに関しては、持ち味である防水性をそのままに、1,200,000A/m(15,000ガウス)の耐磁性能が備わっており、見た目スペックともに最高品質の時計に仕上がっています。

オメガ マスタークロノメーター

出典:https://www.omegawatches.jp/ja/

マスタークロノメーターは順次オメガウォッチに搭載されており、近年はスピードマスターにも採用されるようになっています。
この脅威の耐磁性能は、オメガの中ではもはや当然となりました。

もちろん私たちの日常生活でこれほどの高い磁気に晒されることはありません。
しかし、高い技術を有するメーカーにのみ許されたオーバースペックはそのまま該当モデルの付加価値となり、特別な意味を添えるに至ります。
オメガ自身も「世界初の完全耐磁性能」と自負する、最強耐磁時計と言えるでしょう。

 

オメガ シーマスター ダイバー 300M

オメガ シーマスター 210.30.42.20.01.001

ケースサイズ:直径42mm
素材:ステンレススティール他
文字盤:ブラック・ブルー・ホワイト他
駆動方式:自動巻き
ムーブメント:Cal.8800
防水性:300m

 

オメガ スピードマスター ムーンウォッチ プロフェッショナル 310.30.42.50.01.001

オメガ スピードマスター 310.30.42.50.01.001

ケースサイズ:直径42mm
素材:ステンレススティール
文字盤:ブラック
駆動方式:手巻き
ムーブメント:Cal.3861
防水性:50m

なお、近年ではオメガを代表するシーマスターやスピードマスターといった人気コレクションを中心に、マスタークロノメーター認定ムーブメントは標準装備となっております。

 

あわせて読みたい関連記事

 

 

おすすめ耐磁時計③ チューダー ブラックベイ セラミック 79210CNU

ロレックスの姉妹ブランドとして展開され、現在は独立ブランドとして人気を博しているチューダー。

リーズナブルな価格に注目が集まりがちですが、スペックの高さも業界トップクラスです。

特筆すべきは2021年に発売されたRef.79210CNU。超高耐磁仕様のモデルとして注目される一本です。

チューダー ブラックベイ セラミック 79210

Ref.79210CNはブラックベイシリーズの新定番として登場した端正な顔立ちが美しいモデルです。

ケースにはブラックセラミックが採用され、ベルトも文字盤も合わせてオールブラック仕様となっております。

ムーブメントには超高耐磁性能を備えるCal.MT5602-1Uを搭載し、オメガに次ぐマスタークロノメーター認定機として注目されています。

COSC認定のクロノメーター、15,000ガウス超耐磁、70時間のパワーリザーブ。

時計としての性能は申し分ありません。

可変慣性テンプを搭載することで精度の安定性が向上しており、見た目もスマートかつスタイリッシュなデザインとなっています。

 

チューダー ブラックベイ セラミック 79210CNU

チューダー ヘリテージ ブラックベイ セラミック 79210CNU

ケースサイズ:直径41mm
素材:ブラックセラミック
文字盤:ブラック
駆動方式:自動巻き
ムーブメント:MT5602-U(マスタークロノメーター)
防水性:20気圧防水

これだけのスペックを持ちながら、79210CNの定価は50万円台と非常にリーズナブルです。人気の高さから並行新品相場は定価越えとなっていますが、それでもスペックを加味すればお得なモデルであることは間違いありません。

 

あわせて読みたい関連記事

 

 

おすすめ耐磁時計④ グランドセイコー強化耐磁モデル

日本が世界に誇る時計メーカーセイコー。

完全マニュファクチュールを掲げる同社は時計の”精度”に拘り続け、スプリングドライブをはじめとする数多くの画期的な開発を続けてきました。

そんなセイコーにも耐磁を意識し作られた「強化耐磁モデル」が存在します。

グランドセイコー メカニカル SBGR077

グランドセイコー メカニカル SBGR079 / グランドセイコー メカニカル SBGR077

強化耐磁モデルと呼ばれる時計は2012年に発売された4種類の時計が主なラインナップ。機械式モデルであるSBGR079、SBGR077、さらにクオーツモデルであるSBGX089・SBGX091はエンジニアを中心とする多くの人に支持されました。また、そのいずれも公益財団法人日本デザイン振興会より「2013年度グッドデザイン賞」を受賞しています。

ちなみに強化耐磁モデルは、文字板のGSロゴと「MAGNETIC RESISTANT」の表示を赤色に統一していることが特徴的なアイコンです。

この耐磁モデルはムーブメント全体を純鉄で包みこむことにより、クオーツモデルでは40,000A/m、機械式モデルでは80,000A/mの耐磁性能を得ることに成功しました。加えてデザイン性と機能性にも力をいれていることも特徴で、大きくなりやすいケースサイズを抑えつつ耐磁モデルとしては軽く・薄い仕上がりとなっています。

グランドセイコー スポーツコレクション

2021年にはアクティブなデザイン性を持つスポーツコレクション SBGX341 & SBGX がエントリー。

40,000A/mという強化耐磁性能はそのままに、ねじロック式リューズを採用することで20気圧防水機能を得ました。

耐磁性能と防水性能を極めて高い次元で両立されていることは勿論のこと、機械式モデルに比べると薄く軽い設計となっていることも今作ならではの魅力です。

耐磁時計を手軽に使いたいユーザーから支持を集め、強化耐磁モデルの新定番として注目されています。

 

あわせて読みたい関連記事

 

 

おすすめ耐磁時計⑤ IWC パイロットウォッチ

耐磁時計 パイロットウォッチ

耐磁時計の萌芽は1948年、IWCのパイロットウォッチにあると言えます。

1930年代より、IWCはパイロットが実務で使用する本格的なパイロットウォッチを製造してきました。

技術的な特徴としては、航空機器が発する非常に強い磁力からムーブメントを守るために、磁気シールドとして軟鉄製インナーケースを裏蓋に採用していること。

その技術は現代においても受け継がれ、パイロットウォッチの現行モデルには24,000A/m以上の耐磁スペックを有するモデルが多々あります。

IWCの耐磁時計といえばインヂュニアが浮かびますが、パイロットウォッチも必要十分な実力を秘めています。

 

IWC パイロットウォッチ クロノグラフ IW377710

IW377710

ケースサイズ:直径43mm
素材:ステンレススティール
文字盤:ブラック
駆動方式:自動巻き
ムーブメント:Cal.79320
防水性:6気圧防水

IW377710はオーソドックスでクラシカルなクロノグラフ搭載のパイロットウォッチです。

シンプルな外観ながらも抜群の耐磁性を誇る軟鉄性インナーケースや、正確性の高いクロノグラフ・ムーブメントなど、IWCの技術が詰め込まれたロングセラーモデルです。

43mmはやや大型なようにも思いますが、IWCらしいスタイリッシュさが全面に押し出されているため、言うほど重さは感じません。

搭載するムーブメントはCal.79320。最大12時間までの総合タイム計測することが可能です。

 

IWC パイロットウォッチ マーク18 プティプランス IW327016

IWC パイロットウォッチ マーク18 プティプランス IW327016

ケースサイズ:直径40mm
素材:ステンレススティール
文字盤:ブラック
駆動方式:自動巻き
ムーブメント:Cal.35111
防水性:6気圧防水

IWCのパイロットウォッチの中でも、特に人気の高いプティプランスシリーズ。

プティ・プランス(Le Petit Prince)は、『星の王子様』の原題です。『星の王子様』『夜間飛行』などを手掛けた作家であり、パイロットでもあったアントワーヌ・ド・サンテグジュペリ氏に敬意を表して、IWCはプティ・プランスシリーズを展開してきました。

美しいデザインに加え高い耐磁性を誇ることからビジネス用の一本として人気です。

 

あわせて読みたい関連記事

 

 

おすすめ耐磁時計⑥ ヴァシュロン・コンスタンタン オーヴァーシーズ

おすすめ強化耐磁時計 ヴァシュロンコンスタンタン 49150/B01A-9745

世界最古にして世界最高級を誇るヴァシュロン・コンスタンタン。

その長い歴史と最高峰の技術は明らかに他社とは一線を画します。

そんな大御所が手がけるスポーツライン「オーヴァーシーズ」は雲上ブランドの耐磁として高い評価を得ています。

高級時計 耐磁時計

オーヴァーシーズは150mの防水機能に流線型のケースが特徴的ですが、実は伝統的に耐磁性能を有しています。

軟鉄製耐磁構造を持つケースを採用したことにより、25,000A/mまでの磁気に対抗でき、雲上ブランドでは珍しいハイスペックな実用機能と言えます。

モダンテイストでありながらも調和のとれたダイアルデザイン、しなやかで端正な意匠は、大御所の風格を思わせると言えるでしょう。

なお、オーヴァーシーズにはいくつかのラインがありますが、中でも比較的お求めやすいのはステンレススティールモデルです。
他にもイエローゴールドやピンクゴールドを用いたデザインなど、スポーツウォッチでありながらフォーマルスタイルのような雰囲気も魅力的です。

 

オーヴァーシーズ オートマティック 4500V

オーヴァーシーズ 4500V/110A-B128

ケースサイズ:直径41mm
素材:ステンレススティールまたはピンクゴールド
駆動方式:自動巻き
ムーブメント:Cal.5100
防水性:150m

オーヴァーシーズ オートマティック 4500Vは、2016年に登場した第三世代のモデルです。

こちらはシンプルな3針で、ケースサイズは41mmと日常使いしやすいデザインがポイントとなります。

ムーブメントのCal.5100は、2つの香箱を搭載することで、超速脱進機に安定したトルクを供給し、約60時間のパワーリザーブを実現。軟鉄製のリングを設けることにより、高い耐磁性能を保持します。

文字盤カラーは現行でブラック、シルバー、ブルー。オーヴァーシーズコレクションの基幹モデル的存在です。

 

あわせて読みたい関連記事

 

 

おすすめ耐磁時計⑦ ボールウォッチ エンジニアシリーズ

おすすめ強化耐磁時計 A-PROOF

出典:https://www.ballwatch.com/global/en/home.html

時は1891年。アメリカの鉄道時計にその起源を持つボールウォッチ。
時計の不正確は即ち鉄道事故に繋がることから、創業以来あらゆる過酷な状況にも信頼できる時計製造を企業理念として成長してきました。

そしてパイロット同様、鉄道産業においても磁力を避けて通ることはできません。

ボールウォッチは独自の時計技術を持つことで有名ですが、耐磁性能においても独自のノウハウを確立しています。

とりわけボールウォッチのフラグシップでもあるエンジニアシリーズは、耐衝撃、耐低温、耐磁、防水性いずれをとっても大変なタフネスを有するミリタリーウォッチとして人気です。

おすすめ強化耐磁時計 ボールウォッチ マグニート

出典:https://www.ballwatch.com/global/en/collections/series/engineer-ii—1.html

エンジニアⅡ マグニート-Sに構築される、80,000A/mの磁気に耐える秘訣はA-PROOF耐磁システム。
ボールウォッチが開発、特許を取得している技術です。

これはケース内部にミューメタル合金製の耐磁シャッター、それを固定するレール、そしてインナーリングを組み込むことによって実現しました。
ミューメタルは透磁率が高いため、自身で磁界を形成、ムーブメントに届くことを防ぎます。

このシステムは、ベゼル操作によって耐磁シャッターの開閉を行うこともまた画期的です。
耐磁シャッターを開くことで、いつでも好きな時にムーブメントの動きを鑑賞することができます。

 

ボールウォッチ エンジニア ハイドロカーボン チタン DM1036A-SAJ-BK

ボールウォッチ エンジニア ハイドロカーボン チタン DM1036A-SAJ-BK

ケースサイズ:直径42mmm
素材:チタン×ステンレススティール
駆動方式:自動巻き
ムーブメント:Cal.5100
防水性:50m
耐磁性能:12,000A/m

実用性をより高めた エンジニア ハイドロカーボンの新たなるモデル。モデル名にもチタンとあるように、ケースとブレスレットの一部にチタンを用い軽めの仕上がりとなっています。

ブレスにはウエットスーツの上から着けられるようにエクステンションとダブルロックを備え、装着感も抜群です。

耐磁性12,000A/m、耐衝撃性7,500Gs というエンジニアシリーズならではのタフさは健在。チタンならではの渋さのある色合いもエンジニア ハイドロカーボンのイメージにピッタリです。

 

おすすめ耐磁時計⑧ ジン マグネチック・フィールド・プロテクション搭載機

ジンはドイツの時計メーカーで、正式名称は「ジン スペツィアルウーレン」。
ジン特殊時計会社という意味です。その名の通り、特殊技術を駆使した耐久性に優れる時計を数多く製造しています。
全ての人がどんな過酷な条件下であっても、一生涯愛用できる時計づくりを前提とした、ドイツブランドらしい職人技の光るコレクションが魅力です。

そんなジンは、対帯磁についても独特の手法を執っています。
軟鉄製インナーケースを採用すると、どうしてもケースが必要以上のボリュームを持ってしまうという難点がありました。

ジンは、インナーケースではなく軟鉄製のリングでムーブメントを囲み、さらにダイアルと裏蓋にも軟鉄製素材を使用することで、ほぼ完璧に磁気を遮断。
この特殊軟鉄製素材を、マグネティック・フィールド・プロテクションと呼び、80,000A/mの耐磁性能を実現しています。

おすすめ強化耐磁時計 ジン EZM13

出典:https://www.sinn-japan.jp/ezm13.html

IWC同様、ジンウォッチもパイロットの使用にそのルーツを持ちます。

そのため、耐磁性を始めとした様々なプロスペックを有する、実に男らしい時計と言えます。

マグネティック・フィールド・プロテクションを備えるモデルは無骨なデザインが多く、力強さと実用性を兼ね備える時計をお探しの方にうってつけです。

 

まとめ

帯磁した時計は、お近くの時計店に持って行けば脱磁器によって比較的早めに修理することができます。

しかし目に見えない磁力が、腕時計に影響を及ぼしているかどうかはコンパスなどを使わないと気づくことができません。

加えて、高い技術を要する耐磁性能が加わったハイスペックな時計は、そのブランドの底力のようなものを彷彿とさせ、なんだかロマンを感じます。

磁気を扱う職業に従事されている方を始め、現代に機械式時計を愛用される全ての皆さまが、最も安心して日常使いできる時計としておすすめさせていただきました。

 

あわせて読みたい関連記事

 

各種メンテナンスサービス


この記事を監修してくれた時計博士

廣島浩二(ひろしま こうじ)

(一社)日本時計輸入協会認定 CWC ウォッチ コーディネーター
一級時計修理技能士 平成31年取得
高級時計専門店GINZA RASIN メンテナンスチーム リーダー

1981年生まれ 岡山県出身 20歳から地方百貨店で時計・宝飾サロンで勤務し高級時計の販売に携わる。 25歳の時時計修理技師を目指し上京。専門学校で基礎技術を学び卒業後修理の道に進む。 2012年9月より更なる技術の向上を求めGINZA RASINに入社する。時計業界歴20年

監修記事一覧

  • バウハウスの遺志を継ぐドイツ製時計「ノモス・ユンハンス」

  • 徹底解説!機械式時計の動く仕組み

  • レディース時計の金字塔。ブレゲ クイーンオブネイプルズとは

  • これぞ日本が誇る美技!シチズン カンパノラの魅力

監修記事一覧 >>
監修者一覧 >>

 
RASINオンラインサイトへ RASIN買取サイトへ WATCHES&WONDERS 買取専門ブログ 中央通り店 ナイン店 腕時計入門ガイド 腕時計メンテナンス完全ガイド 腕時計バイヤーズ完全ガイド ショッピングローン最大60回払いまで無金利 時計クイズ
 

WEBマガジンのブログ一覧


時計クイズ
買取専門WEBマガジン
販売サイトへ
買取サイトへ
中央通り店
ナイン店
メンテナンスガイド
腕時計入門ガイド

お勧めアイコン
人気記事ランキング



お勧めアイコン
おすすめ記事

ページトップへ