loading
Now Loading...
  • Twitter
  • LINE
  • Facebook
  • Instagram
  • weibo
  • WeChat

WEBマガジン, オメガ

2021年 オメガの中で一番人気があるモデルは?

  • にほんブログ村

オメガ スピードマスター

みんな大好きオメガ。アポロ計画とともに月面着陸を果たしたスピードマスターや映画『007』でもおなじみのダイバーズウォッチ・シーマスター。あるいは高精度の象徴でもあるコンステレーションにオメガきってのドレッシーモデル・コンステレーションなど、数々の有名モデルを抱えていますね。さらにその中でもデザインや機能にバリエーションがあり、どれを購入しようか迷ってしまう、なんてお悩みを聞くこともあります。

そんな銘品の多いオメガウォッチの中でも、特に人気を集める一本とはどのモデルなのでしょうか。

この記事では、東京銀座にある腕時計専門店GINZA RASINが2020年売上データを基に、オメガの中で一番人気が高かったモデルをご紹介いたします。

この一年間を通してよく売れたモデルは、2021年もオメガ市場を牽引していく存在となることでしょう。

2021年、オメガの人気ナンバーワンはこれだ!!

 

 

 

 

オメガの中で一番人気があるモデル シーマスター300 233.30.41.21.01.001

シーマスター 233.30.41.21.01.001

 

素材 ステンレス
サイズ ケース直径41.0mm
駆動方式 自動巻き Cal.8400(マスターコーアクシャル)
ダイアル ブラック
ベゼル 逆回転防止ベゼル(セラミック)
防水 300m防水

売上ナンバーワンのオメガ。

それは、初代モデルのリバイバルとして、オメガきってのヴィンテージテイストを醸し出す「シーマスター300 233.30.41.21.01.001」です!

ちなみに2018年・2019年は後述するスピードマスター プロフェッショナルが圧倒的ナンバーワン。シーマスター300ももちろんに人気はありましたが、二番手に甘んじていた形となります。

2020年、一転してこの差を逆転させた、シーマスター300とは、どのようなモデルなのでしょうか。

 

シーマスター300は、2014年に「初代シーマスターをリバイバル」というコンセプトのもと、リリースされました。

1957年、オメガはシーマスター・スピードマスター・レイルマスターをその歴史に登場させます。

ただ、シーマスターのプロトタイプはそれ以前、既に開発されていました。

実際に第二次世界大戦下のイギリス海軍に供給していた軍用時計「マリーン」を基に、1948年、民生用に改良した防水時計を発売。その後1957年、さらにプロフェッショナルユースに特化したシリーズとして改めて「シーマスター」が生み出された、という背景を持ちます。

シーマスター 300 マスターコーアクシャル 233.30.41.21.01.001

そんな初代シーマスターのリバイバルだけあり、1950年代当時のヴィンテージな意匠―黒ベゼル×黒文字盤というシンプルなデザイン、視認性を優先したインデックスや太めのアロー針、日付すらないシンプル機構―・・・本当にかっこいいですよね。

 

シーマスター自体は、派生モデルがスピードマスター以上に多く、アクアテラ,プラネットオーシャン,ダイバー300M,プロプロフ等…本当に多岐に渡ります。にもかかわらず、こちらの233.30.41.21.01.001の2020年圧倒的人気と言ったら!

前述の通りスピードマスター プロフェッショナルに後塵を拝することはありましたが、シーマスターの中では例年トップの売れ筋となっています。かつてはアクアテラなどがナンバーワンにくることもありましたが、直近では3年連続シーマスター300に軍配が上がりました。

なぜここまで233.30.41.21.01.001の人気があるのか?普通、派生モデルが多いと人気は分散しがちなのですが、なぜここまで圧倒的なのか?

もちろんもともと完成度の高い時計、と言うこともあったでしょう。加えて2017年、前述のマスターシリーズ3兄弟が60周年を迎えたことで、オメガから特別なリバイバルモデルがリリースされたことで爆発的人気を誘発しました。

 

このリバイバルモデルは、「トリロジー」と称してシーマスター・スピードマスター・レイルマスターから各一種ずつ限定品をリリースしたもの。それぞれは限定生産だったため現在は入手しづらいのですが、そのリバイバルと大きくデザインが変わらない233.30.41.21.01.001の認知度が高まるきっかけになったのでしょう。

シーマスター300 233.30.41.21.01.001

定価は税込748,000円、新品並行相場は53万円台~

なお、233.30.41.21.01.001の相場がジワジワ上がっています

事実、2020年4月時点で売上集計した際の新品並行相場は、47万円程度。つまり、約7万円ほど値上がりしているということですね。

 

この相場上昇の要因は、新型コロナウイルスの影響によるメーカーの減産(2020年3月頃から一定期間、スイス本国が緊急事態宣言を表明。それに伴い多くの時計メーカーが工場を一時休止し、供給がストップした)がまず以て挙げられるでしょう。

この減産に加えてモノやヒトの行き来が制限されていることから、国内市場になかなかオメガ新品が流通せず。結果として稀少性が高まることに比例して相場が上昇傾向にあるのです。

これはオメガが高い需要を持つブランドであるがゆえの現象でしょう。新型コロナウイルスによる景気低迷によって高級嗜好品の購買意欲は減退すると言われてきましたが、当店でのオメガの売れ行きはきわめて好調です。

需要(人気)が変わらないのに流通量が減っているがゆえに、相場を底上げしている状態が続いているのです。この傾向は、まだ新型コロナウイルスの影響が色濃いであろう2021年も続いていくと思われます。

さらに言うと、この233.30.41.21.01.001の後継機が2021年にオメガからリリースされるのでは…なんて情報も飛び交っています。真偽の程はわかりませんが、もし233.30.41.21.01.001の生産終了ともなれば、ますます流通量が減っていくことに…!

 

もっとも、オメガはもともと相場が安定して高値傾向にありました。

ロレックスのように定価超えで取引されている・・・と言うわけではありませんが、当店の買取部門でも積極的に高額買取させて頂いているブランドで、「値崩れしづい」「資産価値が高い」と言った魅力を持ちます。

一番人気のシーマスター300は言わずもがな。こういった資産価値の高さが、当モデルの人気をひときわ押し上げていると言っていいでしょう。そのためイニシャルコストは高くなっても、もし手放す時に購入時から大きく損をせず、お得感もまた高いですね。

シーマスターの高い防水性に伴う堅牢性が、経年劣化のしづらさに繋がっており、中古市場での売買も盛んです。

まさに買ってよし・売ってよしの一本であり、2021年もオメガ人気を牽引してくれることでしょう!

 

あわせて読みたい関連記事

 

 

オメガの中で人気があるモデルは?

オメガの中で二番目に人気があるモデル。

それは、同社のフラグシップであり、人類初の月面着陸計画に携行されたムーンウォッチ「スピードマスター プロフェッショナル ムーンウォッチ クロノグラフ 311.30.42.30.01.005」です!

スピードマスター プロフェッショナル 311.30.42.30.01.005

2020年はシーマスター300に後塵を拝する形となりましたが、2018年・2019年と、売上高・売上本数ともにずっとナンバーワンだったのは、こちらのスピードマスター プロフェッショナル 311.30.42.30.01.005でした。

オメガと聞いてまずスピードマスターを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

 

ひとくちにスピードマスターと言っても様々な派生モデルが存在するのですが、このプロフェッショナルはスピードマスターの基幹モデルに当たります。「ムーンウォッチ」の名前でも知られていますね。

1957年に登場した初代スピードマスター、そしてアポロ計画でも用いられた個体から意匠を踏襲していることが特徴で、プラスティック風防やシンプルなマットブラック文字盤が往年の名クロノグラフを感じさせます。

オメガ スピードマスター

 

ムーブメントには自動巻きではなく、当時の宇宙飛行士が着用したものと同様、こだわりの手巻き式を採用していることもミソ。

宇宙空間は無重力で自動巻きのローターの巻き上げが弱くなってしまっているため、あえて手巻きを用いているのでしょう。

ちなみにこの手巻き式ムーブメントCal.1861は、伝説のレマニア社製クロノグラフがベース!レマニアとは、美しさと高精度を兼ね備えたムーブメントのベンダーであり、ブライトリングやブレゲなどにも名機の数々を供給しました(現在はブレゲが吸収)。

スピードマスター プロフェッショナル Cal.1861

出典:https://www.omegawatches.jp/ja/

1950年代後半というスピードマスターの黎明期からレマニアの名は知られており、現在に続く同モデルの基幹ムーブメントを担った立役者的存在です。スピードマスター=高精度クロノグラフという図式を作った功労者とも言っていいでしょう。今なおレマニア社製だから、という理由でスピードマスターが時計ファンたちの話題に上ることはしばしばありますね。

ちなみに余談ですが、2019年、スピードマスター プロフェッショナルの初代から第四世代(~1960年代後半)モデルに搭載されていたレマニア製Cal.321が、当時の金型をもとにに忠実な復刻を果たします。時計業界は騒然となり、スピードマスター プロフェッショナルへの注目度は、いや増しました。

 

こういった「ムーンウォッチ」としての輝かしいストーリー、そしてクラシックかつオーセンティックなデザイン性が人気の理由でしょう。

ケースサイズはやや大きめの42.0mm。とは言え手巻きのため余分な厚みはなく、上品な薄型に仕上がっております。ラグから優美にカーブを描いており、スーツスタイルにマッチする高級時計としても定評があります。

メタルブレスレットは小さめのコマとなっているため、これまたクラシック感を押し出すだけではなく、心地よい装着感にも繋がっています。

オメガ スピードマスター

ただし、実はこのスピードマスター プロフェッショナル 311.30.42.30.01.005に「生産終了」の噂があることをご存知でしょうか?

2014年の誕生以来、オメガの顔を張ってきたモデルが、なぜカタログから姿を消すなどと囁かれているのでしょうか。

この理由は、前述した傑作機ムーブメントに理由が見出せます。

2019年、オメガはレマニアムーブメントを継承しつつも、さらに熟成させた最新世代の手巻きクロノグラフCal.3861をローンチ。すなわち、Cal.1861との入れ替えが行われるのではないか、と言うのです。

この最新世代のCal.3861は、コーアクシャル×マスタークロノメーターを搭載していることが何よりの特徴です。

オメガ スピードマスター

コーアクシャルとは、オメガが1999年から採用し始めた新しい脱進機です(市販化は2007年以降)。この機構の大きな特徴はパーツ同士の摩耗が少なく、従来ムーブメントが「3~4年」であったオーバーホールスパンを、大幅延長するというもの。

一方のマスタークロノメーターは、オメガがスイス連邦軽量・認定局(METAS)と共同で制定した時計の品質規格であり、COSC認定の高精度および15,000ガウスの高耐磁性能が認定機には求められます。

いずれもオメガが誇る最新鋭の機構ですが、その搭載の中心は自動巻きムーブメントで、手巻きクロノグラフには着手されてきませんでした。

しかしながら月面着陸を果たしたアポロ11号から50周年を迎えた2019年、満を持してコーアクシャル×マスタークロノメーターのCal.3861が発表されます。この新ムーブメントを載せたスピードマスター プロフェッショナルがリリースされ、代わって311.30.42.30.01.005は廃盤になるのではないか、と…!

もっとも、311.30.42.30.01.005は2020年末現在、オメガで販売されており、後継機の話もまだ出ていません。しかしながら今後、Cal.3861がスピードマスター プロフェッショナルの基幹機になることは想像に難くないでしょう。

こういった理由で311.30.42.30.01.005への注目度が高まり、買いが集中し、これに伴い相場も上昇しています。

 

なお、スピードマスター プロフェッショナルの基幹モデルはもう一本あります。スピードマスター プロフェッショナル 311.30.42.30.01.006です。

こちらは例年売上ランキングを行うとだいたいトップ3に入るのですが、今回は6位に甘んじました。

では、311.30.42.30.01.006はいったいどのようなモデルなのでしょうか。

スピードマスター プロフェッショナル 311.30.42.30.01.006

二番人気の311.30.42.30.01.005と、外装が酷似していますね。

前者と何が異なるかと言うと、シースルーバックが採用されている、ということ。

従来のスピードマスター プロフェッショナルは伝統的に強固なメタルバックが採用されてきましたが、第六世代(1996年頃~)よりシースルーバックモデルが登場!レマニアの美しきムーブメントを、肉眼で鑑賞できるようになりました。

スピードマスター プロフェッショナル 311.30.42.30.01.006

ちなみに鑑賞用にリファインされた手巻きCal.1863が搭載されておりますが、基本スペックは変わらず秀逸です(Cal.1861とはパーツの色が異なる)。

 

この311.30.42.30.01.006、本当にお問合せの多いモデルなのですが、前述の通り2020年は人気ランキング6位という結果になりました。

ただしこれは「人気がなくなった」ということでは決してありません。311.30.42.30.01.005同様、生産終了の噂があること。加えてシーマスター300でも解説したように、新型コロナウイルスの影響で仕入れ状況が厳しくなったことから、市場の流通が大幅に少なくなっているのです。これは、今回2位につけた311.30.42.30.01.005も同様です。

そのためどちらも高すぎる需要に供給が追い付かず、価格高騰。

Ref.311.30.42.30.01.005の定価は税込605,000円、新品並行相場は47万円台~

Ref.311.30.42.30.01.006の定価は税込715,000円、新品並行相場は56万円台~

定価を上回るほどではないものの、2020年に入ってから相場をジワジワ上げており、にもかかわらず相変わらず高い人気から、多くの時計店が在庫確保に躍起になっている状態です。

 

こういった背景から、スピードマスター プロフェッショナルもまた、リセールバリューの高さで特筆すべき点があります。

ロレックスやオメガのような人気の高級ブランドは、使った後でも比較的高値で再販しやすく、そのため次に欲しい時計ができた時計の元手にもなります。とりわけムーンウォッチのように歴史があるモデルは例年安定した人気があるため、一過性の流行などにそこまで大きく相場が左右されません。

こういった側面から、初めて高級時計をご購入になる方はもちろん、時計の売買に長けた玄人からも人気を博しているのがスピードマスター プロフェッショナルという存在です。

 

あわせて読みたい関連記事

 

 

三番目に人気があるオメガはシーマスター コーアクシャル マスタークロノメーター 210.30.42.20.01.001です。

シーマスター オメガ 

前述したシーマスター300と名前が似ておりますが、コンセプトが異なります。

Ref.210.30.42.20.01.001の方のシーマスターは1993年に誕生したコレクションで、300mという高い防水性×逆回転防止ベゼル×ヘリウムエスケープバルブ×夜光塗料が施された丸形インデックスなどを有した、本格派ダイバーズラインとなります。ちなみにリリース当初は「シーマスター プロフェッショナル」、後に「プロダイバーズ300」などの名前を経てきました。

誕生25周年にあたる2018年、大幅にモデルチェンジが行われ、よりオシャレで、それでいてハイスペックをも両立する、唯一無二の存在へと昇華されました。

 

なお、素材やカラーにバリエーションが豊富で、いずれもオメガの中で人気上位に食い込む魅力的なモデルばかりです。

シーマスター300M

 

シーマスター 300M

ただ、3位に食い込んだ黒文字盤の210.30.42.20.01.001人気は圧倒的で、定番の強さを感じます。2019年も、シーマスターの中では2番人気に食い込みました。

ちなみにシーマスター ダイバー300Mの中で黒文字盤と同率人気だったのが、青文字盤のこちらです。

シーマスター ダイバー 300M  210.30.42.20.03.001

シーマスター ダイバー 300M 210.30.42.20.03.001

 

もっとも、ご自分の好みやファッションにベストマッチな一本を選択することが一番!

定価はモデルにもよりますが、売れ筋三番手としてご紹介しているブラック文字盤のRef.210.30.42.20.01.001は税込616,000円、新品並行相場は45万円程度~となっております。

 

四番目に人気があるオメガは、シーマスター アクアテラ コーアクシャルマスター クロノメーター 41MM 220.10.41.21.03.001 です。

シーマスター アクアテラ

アクアテラはシーマスターの中の「エレガンスライン」。

スポーツウォッチとはなりますが、ダイバー300Mのように逆回転防止ベゼルやケース厚を持たず、むしろビジネスユースにふさわしいスタイリッシュな外装デザインが魅力です。

シーマスター アクアテラ

こちらもカラーバリエーションがいくつかあるので、ぜひお好きな一本を試してみましょう。

Ref.220.10.41.21.03.001の定価は税込671,000円、新品並行相場は44万円台~です。

 

そして41mmサイズアクアテラと僅差で人気ランキングに上がってきたのが、こちらのシーマスター アクアテラ コーアクシャル クロノメーター220.10.38.20.03.001です。こちらは、ダウンサイジングして38mmとなった一本です。スペックや相場は41mmサイズと大きく変わりません。

オメガ シーマスター アクアテラ 150M コーアクシャル マスタークロノメーター 220.10.38.20.03.001

しかしながら38mmというサイズ感が、スーツの袖口に上手に収まるとあって、同程度の人気を誇る結果となりました。「アンダー40mmサイズのケースが欲しい!」という男性は少なくなく、安定した人気を保ち続けています。

 

あわせて読みたい関連記事

 

 

以上が、2020年の当店オメガでの人気モデルです。

オメガはロレックスやタグホイヤーなどと並んで高級時計ブランドの「定番」です。

コストパフォーマンスにも優れており、外装・ムーブメントともに長年愛用するに足るスペックを抱えながらも平均価格は40万円程度(モデルにもより、また近年では上昇傾向にありますが)!

ショッピングローンを使えば月々10,000円程度(40回払いの場合)ですので、20代の方にもお勧めです。
(※当店ではショッピングローン無金利キャンペーンを行っております。)

 

また、近年では「コーアクシャル」「マスタークロノメーター」などに代表されるムーブメント開発にとても意欲的で、ますます使いやすく・長持ちしやすい性能を有するようになりました。

実際、オメガの精巧さと性能の良さはF1ドライバーの多くがオメガを愛用している事からも伺えます。

そのため「毎日ガンガン使いたい」と言う方にも、ぜひオメガを一度お手にとってほしいと思います。

 

詳しく商品情報が知りたい方は是非こちらご覧ください。

オメガのご購入はこちら

 

ロレックスの中で一番人気があるモデルを知りたい方はこちらをご覧ください。

参照記事:ロレックスの中で一番人気があるモデルは?

タグホイヤーの中で一番人気があるモデルを知りたい方はこちらをご覧ください。

参照記事:タグホイヤーの中で一番人気があるモデルは?

 

もっと詳しくオメガを知りたい方はこちらをご覧ください。

あわせて読みたい関連記事

 

この記事を監修してくれた時計博士

田中 拓郎(たなか たくろう)

(一社)日本時計輸入協会認定 CWC ウォッチコーディネーター
高級時計専門店GINZA RASIN シニアマネージャー

当サイトの管理者。GINZA RASINのWEB、システム系全般を担当。スイスジュネーブで行われる腕時計見本市の取材なども担当している。好きなブランドはブレゲ、ランゲ&ゾーネ。時計業界歴12年

監修記事一覧

  • アップルウォッチ VS ロレックス 勝つのはどっち?マーケティング戦略考察

  • タグホイヤーは何故こんなに安いのか?高級時計メーカーのブランド戦略考察

  • 40代男性にお勧めしたい高級腕時計6選

  • フランクミュラーはなぜこんなに人気があるのか?高級時計メーカーのブランド戦略考察

監修者一覧 >>

 
RASINオンラインサイトへ RASIN買取サイトへ WATCHES&WONDERS 買取専門ブログ 腕時計入門ガイド 腕時計メンテナンス完全ガイド 腕時計バイヤーズ完全ガイド 東京2020オリンピック 選手の腕時計まとめ ショッピングローン最大60回払いまで無金利 時計クイズ
 

WEBマガジンのブログ一覧


時計クイズ
買取専門WEBマガジン
販売サイトへ
買取サイトへ
東京2020オリンピック 選手の腕時計まとめ
腕時計バイヤーズ完全ガイド
メンテナンスガイド
腕時計入門ガイド

お勧めアイコン
人気記事ランキング



お勧めアイコン
おすすめ記事

ページトップへ