• Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • Tumbler

「社会人になり長く愛用できる腕時計が欲しくなった・・。」「責任ある立場についたから、立場に見合う腕時計が欲しい・・。」など、高級腕時計の購入に踏み切る理由は人それぞれです。では腕時計は一体何を基準に選べばよいのでしょうか。

今回は無数にある腕時計の中からあなたに合う1本を見つけられるように、高級腕時計を購入する前に知っておくべきポイントをまとめてみました。

特に腕時計初心者の方にはこれからお伝えする「10」のポイントは必見の内容です!

 

高級腕時計を購入する前に知っておくべき10のポイント

 

知っておくべきポイント①オススメブランドと価格帯

初めての高級腕時計。気になるのはどのモデルを買えばいいのかという点です。結論からいえば、やはり人気ブランドの定番モデルを買うのが一番確実です。

人と被りたくないから、マイナーな時計を探したい!そんな気持ちもよく分かりますが、最初は人気ブランドのエントリーモデルを狙うべきだと思います。低価格帯の時計だけを作るブランドより、低価格帯から高価格帯まで幅広く製造している定番人気ブランドの中から、比較的コストパフォーマンスの良い時計を選んだほうが品質が良く長持ちするため、長い目で見て「お得」なことが多いです。

まずはムリなく購入することができる価格帯の定番モデルから始めてみて、もし本当に機械式時計にどっぷりと浸かりたくなった時に、個性を追い求めたくなるハイブランドに挑戦してみるといった次のステップを考えればいいと思います。

 

では具体的にどんなブランドが良いのか?

 

コストパフォーマンスに優れ、さらにステータス性のある時計といえば定番の「オメガ」「タグホイヤー」がオススメです。最初の1本としては30万円以下で購入する事ができる価格帯が狙いどころです。

 

タグホイヤー カレラ キャリバー5 WAR211A.BA0782

カレラ キャリバー5 WAR211A.BA0782
タグホイヤー カレラ キャリバー5 WAR211A.BA0782

参考価格:15~20万円

数あるタグホイヤーのコレクション中で最も人気が高いモデルがこちら。3針にデイト表示のみの視認性と使い勝手を重視したシンプルなモデルです。オールシーンにお使いいただけるため、初めての一本としても申し分ないです。需要が多いため、価値が落ちづらい点も魅力です。

 

オメガ シーマスター プロダイバーズ 300M 212.30.41.20.03.001

シーマスター プロダイバーズ 300M 212.30.41.20.03.001
オメガ シーマスター プロダイバーズ 300M 212.30.41.20.03.001

参考価格:25~30万円

プロダイバーのために作られたこのモデルは、飽和潜水時のヘリウムガスによる風防破損事故を防ぐヘリウム・エスケープバルブや、潜水時間を計測できる逆回転防止付き回転ベゼルを備えており、機能性の高い逸品です。オメガのコレクションの中でもトップクラスに人気が高く、こちらもなかなか価値が落ちません。

 

金銭的に余裕があるなら

一般的なエントリーモデルの価格帯からは1ランク上がってしまいますが、やはり時計界の王者「ロレックス」の存在は外せません。ステータス性はもちろん、資産価値も高いため最初の1本として最適といえます。

デイトナやサブマリーナ、GMTマスター、デイデイトは高価格帯になりますので、もう少しお安い「エクスプローラー」や「デイトジャスト」をお勧めいたします。

 

 

知っておくべきポイント②オススメのケースサイズ

メンズ用腕時計の主なケースサイズは35mm~45mmほど。また、40mmが一般的とされています。大きくなればなるほど時計の存在感は増していきますが、腕の太さによってはそれがアンバランスに見えることもよくあります。

自分の体格にピッタリあう時計を選ぶのがベストなため、1mmずつ大きさの違う時計を試着してみて、しっくりくる時計を選ぶとよいでしょう。

成人男性の一般的な腕周りは16~17cm程度です。これより太い方でしたら42~45mm径の時計が似合うと思います。逆に細い方は35~38mm程度を選んだほうが良いでしょう。

また、ケースサイズはもちろん「厚さ」や「重さ」も装着感に関わるため、こちらも十分にチェックすることをオススメします。

腕時計 ケースサイズ
タグホイヤー カレラ キャリバー1887 クロノグラフ CAR2014.BA0799

 

知っておくべきポイント③ベルトは金属ブレスがオススメ

ベルトには革ベルトと金属ブレスレットがありますが、初心者の人には「金属ブレスレット」がオススメです。その理由はメンテナンスが容易だからです。

革は水分に弱く、湿度の高い日本ではメンテナンスを怠るとすぐに劣化しまいます。また、革ベルトは毎日着けていると汗や湿気ですぐに傷んでしまうため、何本かの時計をローテーションで使う事が一般的。そのため、最初の一本としては「金属ブレスレット」の方が適しています。

金属ベルトは耐久度に優れ、日々の手入れに慣れていない場合は圧倒的に管理が楽です。頻繁に交換する必要もないため、維持費もかかりません。

5連ベルト 金属ベルト

 

参考記事:革製か金属製かどちらにする?腕時計ベルトのそれぞれの種類と魅力
参考記事:腕時計の革ベルトを長持ちさせる方法

 

知っておくべきポイント④押さえておきたい時計の機能

腕時計には多くの機能があります。その中でも「防水機能」「パワーリザーブ」「クロノグラフ」「デイト表示」「GMT機能」は覚えておきたい機能です。

 

防水機能とは

防水とは、外から水が入り込まないようにすること。時計は精密機械な為、水が入り込んでしまうと故障の原因に。。そのため現在では防水機能は時計の標準装備となってます。

一般的な内勤の仕事なら2~3気圧程度の「生活防水」程度でも大丈夫ですが、水仕事の方だと20~30気圧防水は欲しいところ。水に対して神経質になりたくない人は30気圧防水以上のモデルを選ぶのがオススメです。

 

参考記事:機械式時計初心者必見!取り扱いに注意すべき5つのポイント

 

パワーリザーブとは

パワーリザーブは機械式腕時計の持続時間を差します。クォーツ式は電池の力で動きますが、機械式時計はゼンマイを巻くことで動力を得る時計です。そのため、何もせずに放置した場合”一定時間”経過すると止まります。パワーリザーブはその動力がどれだけ持つかの目安となっており、完全にゼンマイを巻いた状態から動きを止めるまでの時間の指標となっています。エントリーモデルですと40~50時間前後のパワーリザーブが多いです。

パワーリザーブ
ジャガールクルト マスターカレンダー ムーンフェイズ Q151842A
このモデルでは12時位置にあるゲージがパワーリザーブです。針が一番右にある状態が最大(40時間)で、左に振れているほど残り残量が少なくなっていることを表します。一番左に達すると時計は止まってしまいます。

 

クロノグラフとは

クロノグラフはメカニカルなデザインによって高い人気を誇る「時間を計測するため」の機構です。日本人に馴染みのある呼び方をすれば、ストップウォッチ機能です。時間を計れる実用性に加え、文字盤の配列が機械的で秀逸なデザインが多いのがポイント。機械式腕時計でトップクラスの人気機構となっています。

 

オメガ スピードマスター プロフェッショナル ムーンウォッチ

タイム計測の基本は「2時位置のボタンを押してスタート→もう一度押すことでストップ→4時位置のボタンを押してリセット」という3段階で行われます。操作の仕方は簡単なのですが、緻密な設計で作られているクロノグラフはとてもデリケートな機構です。故障させないように正しい使い方が求められます。

 
参考記事:【腕時計の基本】「クロノグラフ」って何?その特徴とお勧めブランドは?

 

デイト表示とは

カレンダーを搭載した時計をデイト表示機能といいます。機能性だけでなく、デザインの一部としても人気です。日付だけのシンプルなものもあれば、曜日も一緒に表示してくれるモデルも存在します。

デイト表示
IWC パイロットウォッチ クロノグラフ プティ・プランス IW377706

 

GMT機能

GMTは通常の時間以外にもう1つの時間帯を表示できる機能です。主に日本と海外の時間を知りたい時に使います。海外旅行が趣味の方や海外との取引が多いビジネスマンにオススメ!中には3つの時間帯を表示できるモデルもあります。

GMT機能
ロレックス GMTマスターII 赤青ベゼル 16710

 
参考記事:ロレックス GMTマスターの使い方

 

知っておくべきポイント⑤ 現在の定番と流行

服やアクセサリーと同様に、腕時計にも流行があります。以前はフォーマルシーンにはシルバーケースに黒い革ベルトであることが好ましいなど、様々な制約がありました。しかし最近はその風潮も緩和されつつあり、時計選びの「自由度」が高くなっています。

スーツにスポーツウォッチを合わせるスタイルも定番化しており、多くの人気ブランドでスポーツウォッチの売上は格段に上がっています。

スポーツウォッチ スーツ

更に今のトレンドと言えるのが「ブルーの文字盤」「セラミックやカーボンといった新素材」といった特徴。いずれも以前は高額モデルでしか見受けられなかった特徴ですが、現在ではエントリーモデルやミドルクラスのモデルでもよく見かけるようになりました。

また定番のモデルは価値が落ちづらいため、手放すときに高く売れる傾向にあります。特にロレックスの現行モデルは需要が供給を大きく上回っているため、買値の75~80%程度で買い取ってもらえることは珍しくありません。外国為替の状況によっては買った価格より高く売れることもございます。

また、震災の影響から国産メーカーへの関心が高まり、日本が誇る高級モデル「グランド・セイコー」の人気が急激に高まっているのも見逃せないポイントです。

グランドセイコー 時計

 

参考記事:精巧かつ繊細。ジャパニーズウォッチの名門ブランド「セイコー」の魅力を語る

 

知っておくべきポイント⑥ 機械式時計にはメンテナンスが必要

機械式時計のムーブメントは各部品に潤滑油がされていて、この油が経年劣化すると部品にかかる負担が大きくなります。そのままにしておくと時計の精度が落ちる、更には止まってしまうという状態に陥ることになります。

そうならない為に、機械式腕時計は一定期間ごとにオーバーホールをすることが推奨されています。一般的には3年に1回、間を空けても5年に1回はオーバーホールをしたいところです。

機械式時計 オーバーホール

メーカーの正規修理と民間業者で価格や技術に差はありますが、基本的には費用は高くても5万円程度にはおさまります。また、クロノグラフやGMT機能など複雑な機構を搭載すればするほど、オーバーホール料金も高くなります。

特に腕時計初心者の方は、磁器帯びや水のトラブル、ゼンマイ切れ、カレンダー禁止時間帯の操作等により時計を壊してしまうことがあります。

維持費を抑えるためにも、機能が少ないシンプルなモデルを選んだ方が無難です。

 

知っておくべきポイント⑦ 中古はとてもお得!

時計を購入するときに「価格」はとにかく気になるポイント。絶対に新品がいい!という拘りがなければ、中古品は非常にお得です。世間では中古品に対してネガティブなイメージを持つ人もいますが、時計に関していうと”信頼できる店舗”さえ見極めできれば、新品に近いクオリティーの時計を手に入れることができます。

時計並行輸入店

新品で購入するとどうしても割高になりますが、オーバーホールや外装研磨がなされている中古品であれば、品質を落とさずにお安く手に入れることができます。

ちなみに高級腕時計業界で働く方のほとんどが、時計を買うとき「中古品」を買います。為替の動向から時計の値動きを見て、安いときに良い中古品を買うことで、1~2年後に売った際、買値とほとんど変わらないか、買値より高く売れるからです。

 

 

人気モデル:タグホイヤー アクアレーサー 300M WAY101A.BA0746

タグホイヤー アクアレーサー 300M

新品正規価格:194,400
新品平行相場価格:136,000

正規店に拘らず並行店で新品を購入するだけで、これだけ価格が変わります。さらに中古品を購入することで、ここから大きく割り引かれた価格で時計を購入できるため、とてもお得です。

 

知っておくべきポイント⑧ 無金利ローンを利用する

高級腕時計は高額商品であるため、ローンでの購入を希望する方が非常に多いです。以前はローンといえば金利が高く、金額が割増しになってしまうイメージが強いものでした。しかし近年は低金利ローンも増え、更には無金利ローンでの購入も可能となっています。

例えば当店では期間限定で「36回払いまで無金利」キャンペーンも実施しており、エントリーモデルならば月3,000円台にて購入することも可能です。

ショッピングローン 無金利

 
参考記事:年収300万円でムリなくローン完済できる高級腕時計

 

知っておくベきポイント⑨時計は高く売れる!

高級腕時計は値崩れしずらいことが特徴。そのため、新しいモデルを購入する際に”現在使っている時計”を売る方がとても多いです。また、買取り価格のことを「リセールバリュー」とも呼び、換金率を%で表します。人気モデルはリセールバリュー80%を超えるものもあり、中古価格と買取価格の差額が数万円にしかならなことも。

つまり、人気モデルを購入すれば「しばらく楽しんだあと売る」ことで数万円で高級腕時計を楽しむことが出来るのです。

 

リセールがいい時計

先程お伝えした通り、リセールのいい時計の代表格は間違いなく「ロレックス」です。圧倒的知名度と需要のあるロレックスの時計は、どんなタイミングでも高く買取してもらえます。オススメは「オーバーホール」が必要となったタイミングで売る事。そうすれば、オーバーホール費用分得することができます。

精度が悪い時計は査定価格が減額されますが、時計店は一般ユーザーよりも安い価格でオーバーホールが行えるため、自分で行うよりオーバーホール代金分減額された価格で売ってしまったほうがお得です。

ロレックス 換金率 高く売れる

しかし資産価値と呼べるようなリセールバリューを誇るブランド・モデルは僅かです。ロレックスの「エクスプローラー」「サブマリーナ」「デイトナ」を筆頭にオメガ「スピードマスター レーシング」、パネライ「ルミノール  1950」、パテックフィリップ「ノーチラス」など、需要の高い時計は高い換金率が望めますが、逆に需要が低いマイナーな時計は購入価格と買取価格は大きく差がついてしまいます。

どんなに素晴らしい時計であっても知名度の低い時計は買い取った後売るのに苦労するため、高い買取価格が提示できないのです。

 

知っておくポイント⑩最初の一本にオススメしたいモデル

ここまで紹介したことを踏まえ、是非最初の1本にオススメしたいモデルを2本紹介します。どちらもスーツにもカジュアルにも合うので、様々なシーンで使いまわせる使い勝手のよいモデルです。

 

ロレックス エクスプローラーⅠ

エクスプローラーⅠ
ロレックス エクスプローラー 214270
ロレックスのスポーツモデルの中でもシンプルで飽きのこないデザインが特徴で、どんなシーンやスタイルにも合わせやすい人気のモデル。それがエクスプローラーⅠです。このモデルはロレックスのエントリーモデルとして非常に高い人気をもちます。

リセールバリューは85%以上を保っており、リセールバリューランキングでは常にトップを争っています。並行新品なら65万前後、中古品なら40万円台で購入できることも魅力。中古品を無金利36回払いローンで購入すると月々13,000円ほどで手にすることも可能となります。

高く売れる安心感があるため、気軽に高級腕時計を楽しむことが出来るエクスプローラーⅠはまさに最初の一本として最適ではないでしょうか?

 

オメガ スピードマスター レーシング

オメガ スピードマスター レーシング

出典:https://www.omegawatches.jp/
オメガ スピードマスター レーシング 326.30.40.50.01.002
非常にコストパフォーマンス良好なオメガの「スピードマスター レーシング」。人気のクロノグラフにコーアクシャルムーブメントを搭載した高い機能性を誇る逸品です。

コーアクシャルムーブメントは通常のムーブメントよりもパーツの負担を抑えることに成功したムーブメント。メンテナンス・オーバーホールを行う感覚が長くなり、結果的に維持費が約半分となる画期的な機構です。

デザイン性にも優れたスピードマスターレーシングはオメガのモデルの中でもトップの換金率を誇るため、手放す時も安心。並行新品は30~35万程、無金利36回ローンなら月々1万円以下だって実現できてしまいます!

 

まとめ

憧れの高級腕時計もローンや中古という選択肢を含めると、意外と購入が現実的になります。また、需要の高い”定番人気モデル”を押さえておけば、いざお金に困った時には売って資金を回収することも可能です。

初心者の方はまずは高級腕時計を無理なく楽しむところからはじめるのがオススメ。是非この「10のポイント」を参考に、最初の1本となる腕時計を見つけて頂けたら幸いです。

 

 

  • にほんブログ村
 
RASINオンラインサイトへ RASIN買取サイトへ
バーゼルワールド2018速報  

ロレックス新着商品




WEBマガジンのブログ一覧


バーゼルワールド2018
販売サイトへ
買取サイトへ

お勧めアイコン
人気記事ランキング



お勧めアイコン
おすすめ記事

ページトップへ